日々

しあわせにと祈る

介護職員は、夜の二日続きの二交代夜勤に疲れている、「早く死んだらいいのに」 特養職員、80代女性を虐待

2016年10月08日 14時02分07秒 | 
「早く死んだらいいのに」 特養職員、80代女性を虐待
その他 2016年10月2日 (日)配信朝日新聞

 三重県四日市市西大鐘(にしおおがね)町の特別養護老人ホーム「よっかいち諧朋苑(かいほうえん)」で、50代の女性職員が、80代の女性入所者のほおを平手で打ったり、枕で顔をたたいたりしていたことがわかった。諧朋苑は虐待行為があったと認め、職員を9月17日付で懲戒解雇処分にした。
 諧朋苑や市介護・高齢福祉課によると、職員は7月~9月初旬、夜勤勤務中に1人部屋に入所するこの女性に対し、「早く死んだらいいのに」などと言いながらほおを平手で打ったり、枕で顔をたたいたりした。枕カバーで顔を覆ったこともあった。
 女性は要介護度5で、寝たきりで意思疎通ができない。女性の息子が部屋にカメラを設置し、職員の行為を撮影。市などに相談し、虐待が発覚した。諧朋苑の内部調査に対し、職員は「魔が差した。ストレスが重なって、ついやってしまった」と話したという。
 諧朋苑を運営する社会福祉法人「宏育会」理事の村中正敏施設長は「ご本人やご家族、利用者の方々に多大な迷惑をお掛けし、申し訳ない」と話している。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 博多ラーメン、細麺が好き、... | トップ | ほんと、雨雨雨の夏でした。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL