日々

しあわせにと祈る

ゲノム審査委の解散に待った 菅氏、国関与強化の方針

2017年04月21日 01時22分06秒 | 行政
ゲノム審査委の解散に待った 菅氏、国関与強化の方針
2017年4月20日 (木)配信朝日新聞

 ゲノム編集をヒト受精卵などに使う研究の審査のあり方について、菅義偉官房長官は19日の記者会見で、「国として責任ある関与をすべきと考えている」と述べた。審査をめぐり、「国の責任」を求める関連学会と、「協力する立場」とする内閣府が対立していたが、菅氏が国の関与の強化を認めた形だ。
 菅氏は「責任ある関与」の方針について、「改めて関係学会にきちんと説明する」と述べ、「今まで以上に学会との連携を密にしたい」と話した。
 内閣府の見解に反発した学会側は、研究の妥当性などを審査する合同の委員会の解散を決定。十分な倫理審査を経ない研究が懸念されていたが、菅氏は「ゲノム編集を用いた研究の適切な審査態勢を構築し、技術の適切な推進に向けて積極的に対応していく」と話した。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉大生に懲役6年求刑 検... | トップ | 鳥インフルH7N9が増加 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL