日々

しあわせにと祈る

子ども手当ては金持ちが貧乏人にほどこす悪方法なり

2009年12月29日 08時55分44秒 | 
ふるさと納税制度
出生地などの自治体に寄付をすると居住地の個人住民税などが軽減される。
各自治体が知恵を絞っている。
ヘッドライン子ども手当を「ふるさと納税」=高額所得者の寄付制度検討-政府 2010年度に創設される子ども手当の受給を希望しない高額所得世帯などを対象とした同手当の寄付制度として、政府が「ふるさと納税」の活用を検討していることが28日、明らかになった。同手当を受給しない場合、生まれ故郷の自治体などに比較的簡単な手続きで寄付できる仕組みを整備する方針。(時事通信)

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/tax_payment_in_hometown/?1262042408

希望しないような「子ども手当てばら撒き方法」
その財源は、借金
それだけで、このシステムは、好ましいとはいえない。
「ふるさと納税」に切り替える?
そのまたお仕事が増えて、公務員はいそがしいいの~
悪施策を作っちゃ、その修正で忙しい
社会保険ジムXXもその修正にこれまた莫大の事務費経費を使っているかと予想する
そこのところの突っ込みは誰もしない・・・・・
なぜなら、国の責任といえばすむし、
その分解決するには人の手がいるわけだし
これって
家に廊下に水まいて、拭いているようなもんだね。
やれやれ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結局、平和な夜の今夜の歌  | トップ | 明日の食事の参考に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL