日々

しあわせにと祈る

中村獅童、初音ミクの成長に感嘆

2017年04月29日 19時40分54秒 | アート美術演劇等
中村獅童、初音ミクの成長に感嘆
記事提供:ORICON NEWS
2017年4月29日
『ニコニコ超会議2017』内イベント『超歌舞伎』を上演した中村獅童 (C)ORICON NewS inc.

 歌舞伎俳優の中村獅童が29日、千葉・幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議2017』内イベント『超歌舞伎』上演後、囲み取材に出席した。最新テクノロジーと伝統芸能である歌舞伎がコラボレーションした同演目で昨年の『今昔饗宴千本桜』に引き続く『超歌舞伎』第2弾。本番を直前に控え、扮装姿で登場した獅童は「去年以上にパワーアップした舞台を見せたい」と気持ちを新たにした。
【写真】中村獅童、妻・沙織さんを初公開 熱いキスも
 今回の演目では『花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』をタイトルに歌舞伎ではおなじみの『世話物』という町人社会の恋物語を展開。「ことしは郭を舞台に初音ミクさんに花魁になっていただきました」と紹介し、「ミクさんも去年歌舞伎にハマっちゃったみたい。日本舞踊を習われて上達ぶりが…踊りが本当にうまくなっちゃった」と成長ぶりに感嘆した。
 「お美しいですし、本当にミクさんとご一緒できてうれしい。いつもは男同士なので、やっぱりきれいどころにきていただけると」と満足げ。ちなみに「奥さんとどちらがきれい?」と聞かれると「難しいところですが、扮装するとミクさん」とリップ・サービスしながらも「(妻は)観に来ます。話はまだしていませんがどうなんでしょう。喜んでもらえるといいんですけど」と円満ぶりを明かしていた。
 「若い方が歌舞伎をサイリウムで応援してくださるのは『超歌舞伎』ならでは。あれだけノッていただけるとやりやすいですし、作ったかいがある」と手応え。「歌舞伎座でやっているような古典も守りつつ、伝統と革新を追及するのが中村獅童の生き方ではないかな」と力を込めた。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研ナオコ「200歳まで生きる」 | トップ | 初音 ミク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート美術演劇等」カテゴリの最新記事