日々

しあわせにと祈る

治りにくい「スキルス胃がん」治療に光…大阪市大、原因たんぱく質特定

2016年10月18日 21時12分20秒 | 医療情報
治りにくい「スキルス胃がん」治療に光…大阪市大、原因たんぱく質特定
2016年10月17日 (月)配信読売新聞

 治りにくいがんとして知られる「スキルス胃がん」の症状が進む原因となるたんぱく質をマウスの実験で特定したと、大阪市立大の八代正和准教授(腫瘍外科学)らのチームが米病理学会誌の電子版に論文を発表した。治療薬の開発につながる可能性があるという。
 八代准教授によると、胃がんは多くの場合、胃の粘膜の上にでき、内視鏡などで検査すれば早期発見できる可能性が高い。しかし、スキルス胃がんは、粘膜の下に隠れるように広がり、進行も早いため、早期発見が難しい。年間1万人以上が発症しているとされ、死亡率も高い。
 チームは、スキルス胃がんの細胞をマウスの胃に移植して観察。その結果、「CXCL1」と呼ばれるたんぱく質が原因となり、がんの周囲に血液中の正常な細胞が引き寄せられ、別の細胞に変化することが判明した。この別の細胞から出る物質が、がんを増殖させるという。
 CXCL1の働きを弱める試薬をマウスに投与すると、がん細胞の増殖や転移の速度が遅くなり、生存期間が延びた。このたんぱく質は人にもあり、八代准教授は「製薬会社などと連携し、できるだけ早く臨床試験を始めたい」と話す。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「非結核性抗酸菌症」急増 ... | トップ | 社会保障費の圧縮を 諮問会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL