日々

しあわせにと祈る

肺炎球菌ワクチン接種43% 「医療新世紀」

2016年12月13日 21時14分14秒 | 医療情報
肺炎球菌ワクチン接種43% 「医療新世紀」
2016年12月13日 (火)配信共同通信社

 65歳以上を対象に2014年に定期接種が始まった肺炎球菌ワクチンの推定接種率が、16年3月末までに20%から2倍以上の43%に増えたことが分かった。製造元の医薬メーカーMSD(東京)が出荷量から推定した。
 自治体によって対象者への通知の有無や公費助成額が異なり、20道府県が依然40%に達しなかった一方、東日本大震災での避難時に接種が進んだ岩手、宮城、福島の3県はいずれも高かった。
 定期接種の対象者は65歳から5歳刻み。14~18年度で65歳以上全員が1度は対象になる。
 厚生労働省によると、肺炎球菌は日本の高齢者の3~5%で鼻や喉の奥に常在し、肺炎や敗血症を起こすことがある。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノロウイルス猛威、近年ない... | トップ | 新型インフルで対策訓練 政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL