日々

しあわせにと祈る

安倍首相:受動喫煙対策を表明 ラグビーW杯視野

2016年10月10日 20時05分20秒 | タバコ
安倍首相:受動喫煙対策を表明 ラグビーW杯視野
2016年10月7日 (金)配信毎日新聞社

 他人のたばこの煙を吸う受動喫煙対策に有効とされる、公共施設や飲食店などを対象にした罰則を伴う新法について、安倍晋三首相は6日の参院予算委員会で、「2020年の東京五輪・パラリンピックや、19年のラグビーワールドカップ(W杯)を視野に、立法措置も含めて検討を進めていく」と述べた。松沢成文氏(無所属)の質問への答弁。
 国際オリンピック委員会や世界保健機関(WHO)は五輪・パラリンピック開催都市に「スモークフリー(たばこのない五輪)」を求めているが、東京には規制がない。
 松沢氏からの「(W杯前年の)18年は(法律の)周知期間とすると、17年に作らなければ間に合わない」との指摘には、塩崎恭久厚生労働相が「W杯までに着実に実効性が担保できるよう、早急に準備を進めたい」と答えた。【野田武】
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涅槃仏あるいはメッチェン山... | トップ | 介護保険の生活援助、要介護... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL