日々

しあわせにと祈る

胃がん内視鏡受診倍増 無料化で関心高まる 16年度、長泉

2017年06月10日 20時49分05秒 | 地域
胃がん内視鏡受診倍増 無料化で関心高まる 16年度、長泉
2017年6月9日 (金)配信静岡新聞

 「がん検診受診率日本一」を目指してがん検診無料化に取り組む長泉町で、2016年度に胃がんの内視鏡検査を受けた人の人数が15年度に比べて倍増した。町担当者は「無料化でがん検診への関心が高まった」と話す。
 同町は16年度、70歳以上としていた無料枠を、がんの種類に応じて年齢などの範囲を広げた。対象は胃、大腸、肺、前立腺、子宮頸(けい)、乳がんの計6種。
 胃がんの内視鏡検診は、無料枠の対象年齢を65歳以上に引き下げた。無料化前の検診料が千円と他のがん検診に比べて高かったこともあり、15年度に506人だった受診者数が16年度は1106人に増加した。町には、これまで検診を受けたことがなかった人からの問い合わせも増えたという。町は本年度、対象年齢を60歳以上まで引き下げる。
 町は本年度も無料化を継続し、対象者に受診表を送付した。受診期間は12日から10月31日まで。町の担当者は「具合が悪くなってからでは遅いので健康な時こそしっかり受診して」と呼び掛けている。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【鳥取】100人の健康 1... | トップ | 薬局・ドラッグストアのたば... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL