日々

しあわせにと祈る

残業代100億支払い指導 15年度、厚労省

2017年01月03日 23時04分48秒 | 行政
残業代100億支払い指導 15年度、厚労省
2016年12月28日 (水)配信共同通信社

 厚生労働省は27日、各地の労働基準監督署が2015年度に残業代をきちんと支払うよう1348企業を監督指導した結果、約9万3千人に約99億9千万円が支払われたと発表した。前年度比で約11万人、約42億5千万円の減少。労働者1人当たり11万円が払われた。
 1社当たりの不払い額が100万円以上になった事案を集計した。企業ごとの最高支払額は1億3739万円で、平均は741万円だった。
 企業数は製造業が最多で332社の計約23億7千万円。次いで商業が267社、計約11億8千万円だった。官公署も3事業所で不払いが発覚し、14人に計約1900万円が払われた。
 労働者からの申告などに基づき監督指導に乗り出し、夜間の立ち入り調査やメールの送受信記録から、労働者が、自己申告による終業時間後も働いていたことを割り出したケースもあった。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新春大型ドラマ『君に捧げる... | トップ | 正月の思い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

行政」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL