日々

しあわせにと祈る

B型肝炎訴訟8人和解 松江地裁

2017年05月19日 08時57分36秒 | 事故事件訴訟
B型肝炎訴訟8人和解 松江地裁
2017年5月18日 (木)配信共同通信社

 全国B型肝炎訴訟の山陰訴訟で原告8人が17日、松江地裁(堀部亮一(ほりべ・りょういち)裁判長)で国と和解した。同地裁の原告269人(遺族も含む)のうち、和解したのは183人となった。
 弁護団によると、8人は島根県の40~60代の男女5人と死亡した50代男性の遺族3人で、5人の症状は肝硬変1人、慢性肝炎4人。症状に応じて300万~3600万円の和解金が支払われる。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもの脳に悪影響、育児で... | トップ | 医院のパソコン、ランサムウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL