日々

しあわせにと祈る

香山リカのココロの万華鏡:「発信休業」あってもよい /東京

2017年08月30日 19時30分31秒 | カメラ
香山リカのココロの万華鏡:「発信休業」あってもよい /東京
2017年8月29日 (火)配信毎日新聞社

 「インスタ映え」という言葉が流行しているそうだ。スマホなどで見られる画像やコメントの情報発信メディアの一つが写真共有アプリ「インスタグラム」。通称インスタ。そこに、より印象的な写真を載せたいと思う人たちが「この風景をバックに写真を撮ったら“インスタ映え”しそう」と使うらしい。
 「いろいろな言葉があるな」と思っていたら、先日、知人から来たパーティーのお知らせメールに「会場はすてきなレストランなので、“インスタ映え”する写真が撮れますよ!」と書かれていた。私はそのサービスを使っていないのだが、そう言われて「よし、それなら出席しよう」と思う人もいるのだろうか。「そんな理由で出席してもらって主催者はうれしいのだろうか。いや、自分でそういうお知らせメールを出しているのだから、きっとそれでいいのだ」などとちょっと考え込んでしまった。
 ときどき診察室でも似たような話を聞く。うつ病などで意欲や活気が低下しているのに、日記形式の情報発信メディアに載せる写真を撮るために外出したり、活動したりしてさらに疲れる、という人がいるのだ。
 話を聞いたときは私も驚き、「スマホでみんなが見るあなたの写真は笑顔でも、実際には気持ちが落ち込んでるわけでしょう。それはおかしいですよ」などと言っていた。しかし「一日でも発信を中止すると友人に怪しまれる」「お弁当の写真を毎日、載せないと子どもが学校で何を言われるか分からない」といった必死の訴えを聴いて、「毎日何かを発信するのは、現代社会では避けられない義務になっているんだな」と思うようになった。
 でも、とくにうつ病などの人にとってはこれは大変なストレスだ。もちろん、写真を撮るために無理してでも外出することがリハビリとなる場合もあるが、それはかなり回復してからの話。初期で症状も重いときは、誰とも連絡せずに何もしないでゆっくり寝ているのがいちばん、ということが多い。
 さらに、うつ病の人に限らず、誰だって「今日は誰にも会いたくない」「そっとしておいてほしい」というときがある。「何がなんでも“インスタ映え”する写真を撮らなければ」と思うこと自体、心の重荷になることもあるだろう。
 私たちの毎日を楽しいものにしてくれる情報発信メディアだが、「今日は休業」があってもよい。新しい技術とは、もっとゆるくつき合っていきたいものだ。(精神科医)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログにいろいろ写真を乗っけよう

2017年03月28日 12時39分44秒 | カメラ
今日は、お友達から、いろいろ、学びました。
これから、写真をつけたブログづくりがややできるかも

この写真は夜暗くなる頃の帰宅時、車の中から、車の後姿を撮ったもの
カメラ目と、自分の目の違いに驚いたです。
自分の目には、こんなに、輝いては見えないものね
もっとも、夜のカメラの撮り方知らない私だから、かえって、面白いと思う。
携帯で撮ったものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日ヘルス&ライフ:私のQOL 医師で自然写真家・井上冬彦さん(62)

2017年03月12日 23時09分30秒 | カメラ
毎日ヘルス&ライフ:私のQOL 医師で自然写真家・井上冬彦さん(62)
2017年3月10日 (金)配信毎日新聞社

 <Quality Of Life>
 ◇人を癒やす写真を追求 「生と死の存在が命をつなぐ」
 医師で自然写真家の井上冬彦さんが、アフリカのサバンナ(草原地帯)で撮影を始めてこの夏で30年になる。野生の世界で目の当たりにする生と死の循環と、診療の場で向き合う命。そのはざまで「生命の本質とは何か」と自分に問いかけてきた。「人の生も死も大きな流れの一部でありそれぞれの存在が命をつなぐ。だからこそ生きる意味がある」と語る。【明珍美紀】
 朝の光を浴びる2頭のキリン。湖のほとりでフラミンゴの大群を背にするシマウマの親子。「サバンナを訪れるたびに見たことのない光景と出合う」と目を輝かす。
 「動物学者になってアフリカの大地に立つ」。少年時代に描いた未来の自分。迷った末に医師になった。「いつかサバンナに」との思いを抱き、大学病院に勤務していた32歳のとき、思い切って旅に出た。動物たちの輝きに魅了され、父から借りた古いカメラで夢中になって写したが現像するとピントがぼやけている。独学で写真を学んだ。東アフリカのケニアやタンザニアへの旅は59回に達した。
 「大自然の営みを伝えたい」と初の個展を開いたのは40歳のときだ。「うれしかったのは、『癒やされた』『元気になった』などの感想が寄せられたこと」。医療と写真が結びついた。
 「人を癒やす写真」を追求するために新たな気持ちでサバンナに向かい、写真集や個展を通じて作品を発表するうちに、こんな感想文を目にした。「すべてのいのちはつながり、私もその一部」。30代の女性が書いたものだ。「医師でありながら私自身は生命に対する明確な哲学を持っていなかった」と振り返る。
 「生命には、生と死のある『命』と、生と死の概念を超えた悠久の時を生きる『いのち』があると思っている」と言う。人間は自我の欲望や感情に縛られ、高度な文明を築きながらも社会は争いや悲しみ、苦しみに満ちている。「でも、それぞれが限りある命を精いっぱい生きることで少しずつ『いのち』の方向に向かっていけばいい」
 写真を続けながら「人を癒やす行為が自らの心を癒やす」と気づいた。「人として、医師として誰かの役に立つ。それが私の人生の質を高める」。生命をめぐる旅は続く。
………………………………………………………………………………………………………
 ■人物略歴
 ◇いのうえ・ふゆひこ
 1954年、東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒。2005年、横浜市で胃腸と内科専門のクリニックを開業。87年、初めて東アフリカのサバンナを訪れ写真活動をスタート。95年に東京で写真展を開き、写真家デビュー。97年、写真集「サバンナが輝く瞬間」(三修社)で第6回林忠彦賞。昨年末、4冊目の写真集「Symphony of Savanna(シンフォニー・オブ・サバンナ)」(新日本出版社)を刊行。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

88歳、自撮りの女王の撮影秘話 ゴリラ・ゴミ袋の中… 婆は笑うに笑えないよ

2016年12月16日 09時27分56秒 | カメラ
88歳、自撮りの女王の撮影秘話 ゴリラ・ゴミ袋の中…
柴田菜々子
2016年9月20日17時57分

ゴリラに扮した西本喜美子さんの自撮り作品=西本和民さん提供
http://www.asahi.com/articles/ASJ9N4PPLJ9NTLVB00M.html

 毛皮風のコートをかぶってゴリラに扮し、柵の間から満面の笑み。地元・熊本市の指定ゴミ袋の中で切ない表情を浮かべる――。そんな「自撮り」作品の数々がネット上で話題に。米寿の写真家、西本喜美子さん。この夏、東京の出版社から写真集も出した。
88歳の自撮りの女王 フツーじゃない写真が話題
 西本さんによると、話題になった自撮り作品は6年ほど前のもの。今は自撮りは積極的にはせず、テレビの取材の時に撮ってみる程度という。取材対応や講演で忙しく、写真は「最近は休み気味」。健康体操と革のバッグ作りにも励む。
 自撮りは、写真の先生でもある長男、和民(かずたみ)さんの写真塾「遊美塾(ゆうびじゅく)」(熊本市中央区)で出たセルフポートレートの「宿題」だった。目に留まったものを小道具にして、あまり出歩けないため家の中や庭先などで三脚を構えて、リモートスイッチを押したという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すっごいね~ 柄木孝志(からきたかし)さんの作品

2014年04月06日 00時45分40秒 | カメラ
すっごいね~ 柄木孝志(からきたかし)さんの作品集



写真: 鳥取県・境港市 ダイハツTANTOのCMで「べたぶみ坂」として一躍全国区になった島根と鳥取の県境を結ぶ江島大橋。 霧に包まれる静かな夜、橋の下に沈んでいく三日月とともに。

江島大橋 柄木孝志(からきたかし)さんの作品


すっごいね~
私はこの大橋を渡るとき、肛門あたりがビリビリってなるよ!
全身もブルブルってね。
特に大根島から境港に渡るとき
昔は橋の両側のガードがなかったので、空に吸い込まれそうになったよ~TT~

え~~~っ
このまま、天国~~~って叫んじゃった~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスのスカイツリー

2012年11月17日 19時33分53秒 | カメラ
クリスマスのスカイツリー
きれいですね~

ほんとはこの電気は自家発電でしょうかと心配しているんですけど・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投票ボタン

blogram投票ボタン