こだわりのEM菜園日記

田舎に帰り小さな畑???で安心・安全な野菜を作っています。
13年目になりますが毎日がとても楽しく充実しています。

映画

2016-12-13 20:47:37 | 農作業
12/13(火)

 今日は雨と予想して映画「海賊と呼ばれた男」を見に行く。
 (予定がメチャクチャ?)

 ・高速道路は霧と予想して7:00家出発・・田染地区は霧なのに高速道路は通行止め無し?。

 ・映画上映は9:30予定も8:50には大分駅ビル着。

 ・有名?なコーヒー店で小説を読みながら待機・・・9:00以降でないとエレベーター動かず。

 ・9:20に映画館受付に行くも10:00上映開始?・・・私がチェックしたのはわさだタウンの映画館?。

 ・昼食は早く帰ろうとして回転寿司に!、何と「関サバ寿司」が出て来ず、待つ!。 
  (関サバ、大分三昧、トロ三昧等シャリ・ネタは最高なのに?)。

 ・大分の「天空の湯」で一風呂と思ったが初めてで時間が無く、あきらめて山香の「風の郷」と思ったら休みだった!、15:10帰宅。

 家で風呂に入る、16:00から19:00まではマッサージに行く。

 昭和の町近くの居酒屋でチョット一杯、20:10帰宅。

 映画は邦画としては役者・CG等出来は高レベル?に有り。・・・小説は読んだ方が?。



 昔、主人公の会社のある工場で爆発事故有り。

 ・私はその日の夜に友達と映画に見に行く、爆発した工場のフレアースタックの異常を見ていた。

 ・次の日の休日に呼び出し有り、破壊断面を切り出すのにドリルで穴があかない!。

 ・私は金属に穴を開ける技術者??。
 
 ・硬い金属のドリルでの穴あけはスピード(回転)をそれなりに落として、送り/回転は思い切って高くしないと!・・・皆さんは送りも遅くしていた!。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トレファノ散布 | トップ | 白イチゴ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
爆発事故 (よりこ)
2016-12-15 22:55:36
その事故で亡くなった現場の主任は高校の3年先輩です。

お父様は当時四日市で私と職場の同僚でした。

誘発事故を防ぐために、窒素?のバルブを閉めに現場に入って取り返しのつかない大きなやけどを負いました。

誰かが行かなければもっと大きな事故になる。

今なら自分は独身だし。

素晴らしい人でしょう。

家族にすればなぜにそれがあなたなの?ですよね。

事故の半年前職場の慰安旅行で広島方面に行った私たちを工場内を案内してくれたのが最後にお会いした機会でした。

万が一にも事故があったら大変だから何重にも安全に注意していると笑って話していたのに。

徳山での大きな社葬の後、自宅でも葬儀がありました。

その時に婚約者が家族の席の端にいたのがとてもお気の毒でした。

自慢の息子だったので、その後のお父様の落ち込みは見ているのもつらかったです。

今主人が原作本を読んでいるところです。

今晩は呼子、明日は姫路に泊まって帰宅します。

帰ったら映画に行こうと話しています。

今日出水の鶴を見てきました。
事故 (oidon53)
2016-12-16 20:50:03
 そうだったんですか。

 福島の原発でも頑張った人有り、その人達の勇気を賞賛します。

 私も、大胆で度胸があると思っていたのですが?????。

 映画は主人公の元奥さんの気持ちが判ると涙が出て来ました!。


 
スタバ (よりこ)
2016-12-20 22:17:09
スタバはないけど大きい砂場があるといった鳥取にもスタバが開店して、ついに全国制覇しましたね。

高速道路のSAにも進出しています。

私はコーヒー門外漢なのですが、星野コーヒーのパンケーキはおいしかったです。

ただね、私は一人で食べ物屋さん喫茶店に入れないいくじなしです。
珈琲 (oidon53)
2016-12-21 21:18:02
 私はコーヒー通ではありませんが、耶馬渓の「豆岳」の焙煎・挽きたてのコーヒーは香が良いと思いますが?。

 
コーヒー (よりこ)
2016-12-23 19:24:19
主人がドリップバッグを愛飲しているので、うちはネットショップで箱買いですよ。

帰省にも持ち帰りおばあさんに飲ませたら90歳からはまってしまいました。

自宅で飲むコーヒーと言ったらフリーズドライしか知らなかったので、とても喜ばれました。

コメントを投稿

農作業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。