75歳、今どきの後期高齢者として

私たち後期高齢者は
これからをどのように
生きてゆけばいいのだろうか。

「健康第一は間違っている」(名郷直樹)---③

2016-10-19 21:26:31 | 読書

「長生きは幸福か」

年齢による幸福度の推移、というグラフで
日本人は高齢になると幸福度が減少し
アメリカ人はそれが増している。

そして日本人の幸福度を判断する際に重視する項目は
「健康」となっている。

幸福度というのは国民性や考え方の違いもあるのではないか。
私は小さいころ 日本は食糧難だったので
今の時代は充分食べることができるだけでも幸せだと思う。

私も又同年代の友人たちも一番恐れていることは
「寝たきり状態」と「認知症」である。

それに長生きなど全く望んでもいない。
病気の苦しみや痛みが怖いだけ。

特に「ぽっくり死」は高齢者の殆どが願うことではないだろうか。
  (確率は限りなく低いだろうが)

ただ この本に書かれていることは全然不愉快ということはなく
なるほどと思えることばかりである。


















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「健康第一は間違っている」... | トップ | 健康第一は間違っている(名... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。