金沢・オカリナ工房「土の音」“Atelier Clay tone”

土で作るオカリナ(Ocarina)の音色を ご一緒に楽しみましょう🎵
初めての方も体験してみてください。

オカリナの四季🎵「星月夜」石川護国神社春季例大祭

2017-04-19 23:09:27 | オカリナ、ライアー
オカリナの四季🎵「星月夜」石川護国神社春季例大祭

例年 4月19日は、石川護国神社の春期例大祭です。

尊き “みたま” をおまつりし、平和と慈愛の世を祈念します。

2日前には満開の垂れ桜も、桜蕊(さくらしべ)のえんじ色が鮮やかな様相となりました。

春の恵みの小雨の中、春期例大祭が厳かに行われました(2015.4.19、朔日、新月)。

大東亜戦争後70年となる年は 日曜に重なり、陰暦「お朔日(ついたち)参り」(※)の日にも重なる稀有な大祭でした。

大東亜戦争〔昭和12年(1937)7月7日~昭和20年(1945)8月15日〕

太平洋戦争〔昭和16年(1941)12月8日~昭和20年(1945)8月15日〕

‐ ‐ 10才で終戦を迎えた方は80才。

式典の最後に、宮司さんが挨拶の中で強調されたのは、

「参詣された皆さんの次代の人達や、孫の世代を連れてきて、皆さんご自身のお参りする姿を見せてあげて…」との痛切な願いです。

大切な歴史を伝える生きた証言者がいなくなってゆくことによる、次代の人達の精神的基盤の薄弱化や立ち位置不明による社会の混乱をも心配されてのことでしょう。

石川県議会議長や知事代理もまた、同義の伝える重要性と平和な社会を強調されました。

式典前座で拝命頂いた「土笛」の奉納演奏では、「ふるさと」等100年以上の歴史を持つ曲等、曲に合わせ唱和する方が多くおられました。

実は懐かしいだけでなく、戦前~戦後を生きた人達にとって、とても深い歌なのです。

⭕唱歌「星月夜」、後に「里の秋」:太平洋戦争勃発の昭和16年(1941)に「星月夜」(歌詞 斉藤信夫‥童謡詩人)として書かれています。

1.静かな静かな 里の秋
  お背戸に木の実の 落ちる夜は
  ああ 母さんとただ二人
  栗の実 煮てます いろりばた

終戦直後の昭和20年(1945)12月24日、NHKラジオで、戦地から日本に帰国(復員)する将兵を励ますための「外地引揚同胞激励の午后」の放送の中では、3番の歌詞を改めたことで GHQ(俗に占領軍)の検閲が通り「里の秋」として放送された。

3.さよならさよなら 椰子(やし)の島
  お舟にゆられて 帰られる
  ああ父さんよ 御無事でと
  今夜も母さんと 祈ります

南方から命からがら引き揚げてくる船の兵士を迎える、当時の国民の切なる思いを込めた歌詞となっています。

★「里の秋」(土笛演奏奉納)♪石川護国神社 春期例大祭:https://youtu.be/kkHE7AfjIxU

★「里の秋=星月夜」 解説: http://go1by1.com/jan/archives/2005/09/post_232.html

演奏奉納のあとには、白山比咩神社の巫女さんたち四人によって、美しい神楽の舞が行われました。

巫女神楽(みこかぐら)は、古代日本での、祭祀を司る巫女自身の上に神が舞い降りるという儀式が元だといいます。

《幸魂奇魂守給幸給 ‐ ‐ ‐ 幸魂(さきみたま) 奇魂(くしみたま) 守給(まもりたまえ) 幸給(さきはえたまえ)》

(※)「お朔日(ついたち)参り」:正月の元旦をはじめとして毎月初めの1日に神社に参拝することを「おついたちまいり」と呼ぶ。神恩感謝の真心を捧げ、無事に過ごせた1か月への感謝と、新しい月への誓いを立てる習わし。
  ───────────
金沢・Atelier「土の音」(in Green note)
TEL 090-4686-4124
  Mail:39green@gmail.com
  ★miniHP:http://clay.crayonsite.net
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オカリナの四季🎵「春祭り・童... | トップ | オカリナのある風景🎵「金沢~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。