趣味の写真帳

 過去に撮影した蒸気機関車から最近撮影した電気機関車まで、鉄道写真が中心ですが、時々鉄道以外の話題も...

カシオペア紀行第5弾(8010レ)

2016-07-25 07:00:00 | 最近撮影した写真
 カシオペア紀行第5弾、続いて上り列車です。
 朋友O氏、Sドクターと一緒に、この日は蒲須坂の定番アングルへ...
 ドクターパワーのお陰でこの日も良く晴れました。(^-^)

 草ボウボウですが、まずは遠方で1枚。 


 ズームで引いて、こちらが本命ショット。 


 更に広角でもう一枚。


 この後6096レを撮影し、行きつけの食堂でアップルカレーを食して帰宅しましたが、食堂でお土産に貰った野菜(かぼちゃと何かの掛け合わせで、名前はコリンキー)を薄切りにし、ピクルスにして食べたら後を引く美味しさでした。(^-^)

 2016年7月18日(月)撮影
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

駆け抜けるハチイチ

2016-07-24 07:00:00 | 最近撮影した写真
 カシオペア紀行第5弾の下り8009レです。
 お天気が悪かったので地元で流し撮りの練習(=本番)です。

 綾瀬川を渡るところ...


 途中のコマは止まり方が悪く...没。

 最後の1枚。


 2016年7月16日(土)撮影
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

駆け抜ける金太郎

2016-07-23 07:00:00 | 最近撮影した写真
 沢山ストックのある金太郎写真から...
 いずれも水曜日の夕方の3057レです。

 綾瀬川を渡る62号機、水面には鴨の番いか、あるいは親子か...
 何も考えずにカメラを振りましたが、後から写真を眺めていて、鴨にピントを合わせ、列車をブラした方が良かったか...

 2016年6月1日(水)撮影

 こちらは33号機、手前の畑では農家のおばさんが休憩中。
 少し前まではご近所の方でしょうか、お二方でお喋りをしていたのですが、列車通過時にはお一方は帰られてしまいました。
 こちらは人物にピントを合わせ、カメラを振らずに撮る訳には行きませんね。(笑)

 2016年7月6日(水)撮影
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

青タキと緑タキ

2016-07-22 07:00:00 | 最近撮影した写真
 相変わらず梅雨空が続いていた7月中旬、原色に戻ったEF652139は運用表通りに流れて二日連続でヒガハスへやって来ました。
 日中の一番暑い時間帯に8685レを牽いて下って行きました。

 時折日射しが有りましたが、通過時は黒い雲が近づいて来ていて、撮り終わった後ポツポツと降って来ましたので、雷雨にならないうちに早々と切り上げました。

 2016年7月14日(木)撮影

 翌日は高崎線の運用に繋がって、朝の8877レに入りました。
 夜半に降っていた雨も上がって小康状態。上手い具合だと思っていたら、危うく上り電車に被られる所でした。
 ゆっくり来てくれたので何とか抜けました。


 そして、夕方の8876レで上ってきましたが、雨が降っていたので出撃は見合わせました。(^^ゞ
 2016年7月15日(金)撮影
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

蓮田の蓮(7/13)

2016-07-21 07:00:00 | 蓮田花暦
 毎週水曜日は早起きして配給の送り込み単機を狙いに行っていますが、昨日はサボりました。(^^ゞ
 で、記事の方は先週の水曜日のことです。
 この日は原色赤プレに戻ったEF652139が8179レで下るとのことで、財源があることを願って、そちらをメインで朝練です。
 
 ただ、残念ながらお天気はどんよりと梅雨空...まぁ、雨が降っていないだけで良しとしましょう。
 で、曇りの下り列車メインとなれば、蓮アングルを選択です。

 先ずは配給の送り込み単機(単8935レ)、この日はEF8180でした。

 ここの蓮田はここ数年咲くのが遅く、この日は周辺の田圃にはみ出したところしか咲いていません。

 4072レは金太郎22号機の牽引、カラフルな海上コンテナが魅力的です。


 そして本命の8179レ、タキ14輌を牽いてEF652139がやって来ました。

 蓮田は未だ花芽が少なく、咲いているのもほとんど遠い所でした。

 2016年7月13日(水)撮影

 EF652139は今週も、一日ズレていますが同じ運用で廻っていますね。
 昨日、蓮田を見た感じでは、田圃にはみ出した方は花芽が増えていて沢山咲きそうですが、肝心の蓮田はやはり花芽が少ないです。
 今後、手前の方に沢山咲くのかどうか...
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

107系廃車回送

2016-07-20 07:00:00 | 最近撮影した写真
 北関東へ行くと頻繁に見かけた107系、あまりシャッターを押したことは有りませんでしたが、その107系も211系に追い出されて徐々に廃車になって行くんですね。
 高崎線を107系の廃車回送が上ってくるとのことで、暑い最中に近所へ撮りに行きましたが...

 先日583系などを撮影した超望遠アングル、やっぱり陽炎で輪郭がフニャフニャ、解像感も悪くまともな写真になりませんでした。(ーー;)


 列車は宮原停車で1番線に入って来ます。
 クネクネとポイントを渡ってくるところをズームで引き付けてもう一枚。
 この位の距離だと陽炎の影響はほとんど無いですね。


 宮原で15分ほど停車するので、宮原カーブか大成橋へ行けばもう1カット撮れたのですが、あまりの暑さにめげて帰ってきました。(^^ゞ

 配9734レ、EF641031
 2016年7月12日(火)撮影


 ちなみに、1枚目と同じアングルで583系の前に撮影した写真です。
 曇りの早朝なら陽炎も立たず、この程度には写ります。


 5764レ、EF652057
 2016年7月8日(金)撮影
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤブカンゾウ

2016-07-19 07:00:00 | 蓮田花暦
 カシオペア紀行の上り列車を撮影した11日、ガソリン入れついでにT先輩とヒガハスへ立ち寄ると...
 用水路脇の土手には沢山のヤブカンゾウが咲いていました。
 以前はこんなに見なかったのですが、徐々に増えているようです。
 ただ、その名の通り草藪の中に生えているので、ちょっと撮り難いと言えば撮り難い...

 周辺の草をちょっと整理して、咲き終わった花柄をもぎ取って、当初よりは大分綺麗になりましたが...
 やっぱり、花ピンではなく列車ピンにしました。(^^ゞ
 今にも雨が降ってきそうな空模様でした。


 4091レ、EF210-5
 2016年7月11日(月)撮影
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「エッシャーの世界」展

2016-07-18 07:00:00 | ノンジャンル
 7月10日(日)、この日が最終日となる「エッシャーの世界」展を見に水戸まで出掛けてきました。
 場所は千波湖の畔に建つ茨城県近代美術館、こんな所でした。


 ロビーにはロダンの彫刻が幾つか展示されていました。

 
 で、お目当てのエッシャーの世界展、会場は2階で、150点ほどの版画や資料が展示されていて、なかなか見応えがありました。

 M.C.エッシャー、オランダの版画家で、昔から好きな作家の一人です。
 多分、こういう絵(版画)を何処かで一度はご覧になったことが有るのでは...


 あまり好きな言葉ではありませんが、「だまし絵」の作家として有名になってしまった人です。
 自分も中学生の時だったか、そういう絵からエッシャーのことを知りましたが、今回初めて見る初期の作品は実際に存在する風景や建物を描写した、絵画で言えば風景画のような作品で、エッシャーの別の一面が見られました。


 そして、そういう絵から幾何学や遠近法を駆使して、実際には絶対にあり得ない絵や、平面の正則分割などへ発展して行く様子が良く理解出来ました。
 今回、わざわざ水戸まで出向いた甲斐がありました。

 作品自体の写真撮影はもちろん禁止ですが、こうして作品を大伸ばししたものが二ヶ所で壁に掛けてあり、其処では自由に記念撮影が出来るようになっていました。


 最終日のためかお客さんが多く、版画自体は大きくてもせいぜい60cm程度で小さい版画も多く、皆さんが近づいて見るためにちょっと窮屈な感じでした。展示方法には一考の余地がありそうです。
 この後、「エッシャーの世界」展は静岡市美術館~札幌芸術の森美術館と巡回するようです。

 昨年春には上野の国立新美術館でルネ・マグリットの絵画展を見られ、今年はこのエッシャーの版画展と、2年続けて好きな作家の作品をたっぷりと見られたことは大きな喜びでした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カシオペア紀行第4弾

2016-07-17 07:00:00 | 最近撮影した写真
 カシオペアの車窓の灯りを狙うには時期的に未だ早すぎるのですが、天気予報では雨が降ることになっていたので、それなら少し北へ行けば大分暗くなって、闇鉄とまでは行かないものの車窓(の灯り)は撮れるだろう、と出かけて見ましたが...

 お天気の回復が思ったより早く、雨は止み、一部青空も見えてくる始末...
 空は随分明るくなって、普通に写真が撮れる状況になってしまい、車窓の灯り狙いは脆くも崩れ去りました。(/_;)

 普通に撮るなら、こんな草ボウボウで足回りが隠れる場所ではない方が良かった...

 8009レ、EF8197
 2016年7月9日(土)撮影


 上りはまたまたT先輩のお世話になり、暑い日でしたが黒田原の有名な撮影地へ...
 ここへ来たのは何年ぶりか...
 すっかり灌木が生い茂って、撮影場所がかなり限られてきましたね。

 先ずは遠方で一枚。


 こちらが本命ショットです。 


 8010レ、EF8197
 2016年7月11日(月)撮影
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

583系上京(7/8)

2016-07-16 07:00:00 | 最近撮影した写真
 583系秋田車が上京してくると言う事で、この日は早起きして近所へ...線路際には早朝からファンの姿がチラホラ。

 2070レと5764レが前菜、上り一番電車を見送って、いよいよ(回送列車ですが)メインディッシュです。
 曇天で日は射しませんでしたが、懐かしいはくつるマークに感激。(笑)


 引き付けてもう一枚。



 そしてその日の夕方のヒガハス、お客さんを乗せた583系「上野発の夜行列車で行く青森・函館の旅」号がカシオペア(8009レ)のスジに乗って北へ旅立ちました。
 平日にも拘わらず、結構な数のカメラマンでした。
 この1編成6輌しか残っていませんので、13連とか9連とか、もう贅沢は言えません。東北本線を走ってくれるだけで良いのです。

 屋敷森をバックに、軽くズーム流しです。 


 そのままズームアップしてカメラを振ったら...画面上部が窮屈でした。(;^ー^A


 慌ててカメラを少し上向きにし、最後尾も撮影。
 お客さんも車掌さんも、カメラマンを見ていますね。


 583系は横から見ても正面から見ても格好良い!
 普段電車は撮らない佐倉ですが、583系だけは別です。(笑)

 2016年7月8日(金)撮影
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

父と息子

2016-07-15 07:00:00 | 音楽雑記
 7月10日(日)夜、NHKTVで初めて父親の指揮する姿を見ました。
 父親の名前はネーメ・ヤルヴィ(Neeme Järvi)です。
 そう、息子の名前は現在N響首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)です。

 以前、拙ブログの記事「またまた5番」で、ブルックナーの交響曲第5番の演奏時間を比較しましたが、原典版で一番早かったのがネーメ・ヤルヴィの演奏でした。
 そんな訳で、以前からどんな指揮者なのか興味があって、CDでしか聴いたことが無かった指揮者の生の演奏(と言っても実況録画)を今回初めて聴いた(見た)次第です。

 演奏された曲は、
  カリンニコフ 交響曲第1番 ト短調
  ベートーヴェン 交響曲第6番 ヘ長調 作品68「田園」
の2曲でした。

 ベートーヴェンの交響曲第6番、若かりし頃は退屈な曲だと思っていてほとんど聞きませんでした。ベートーヴェンの9曲の交響曲で順位を付けるとすると、自分の中ではいつも最下位でした。(;^ー^A
 でも、今は違います。
 歳を取ってからは、ベートーヴェンの第6番やブラームスの第2番(この曲も昔は4曲の中で最下位でした)を好んで聞くようになりました。
 3歳の孫はセロ弾きのゴーシュのアニメが好きで、第6番をかけると「ゴーシュの音楽」と言っています。(笑)

 閑話休題

 番組の冒頭でネーメはインタビューに答えて、
 ・伝統的なテンポでの演奏
 ・テンポの緩急よりも、良い演奏をすることが重要
 ・私のテンポはその時によって違う、早かったり遅かったりは脈拍次第...
と言うようなことを言っていました。

 とすると、あのブルックナーの快速特急は余程脈拍が速かったときに録音されたものなのか...
 テンポの緩急は演奏の善し悪しに大きく関係すると思いますが、「良い演奏」の意味するところとは何なのか...
などの突っ込みは、まぁ止めといて...

 ベートーヴェンの第6番を指揮するネーメ。(TV画面をデジタルカメラで撮影)


 カリンニコフの交響曲第1番は初めて聞いた曲なので、何とも書きようがありません。
 で、ベートーヴェンの第6番ですが、至ってオーソドックスな演奏でした。あのブルックナーの第5番のような特急列車ではありません。
 演奏時間は40分少しで標準的、聞いていても拙速な感じはなく、ゆったりとした良い演奏だったと思います。

 昔は自分の中で第6番が最下位だったため、CDはおろか、FMをエアチェックした中にもほとんど第6番がありません。(演奏される機会も少ないのかも知れませんが...)
 聴き比べる対象が少ない中で、以前にM.ヤンソンスがバイエルン放送交響楽団とベートーヴェンの交響曲全曲演奏を行ったときのものが有りましたので、これと聴き比べてみました。
 その結果、演奏時間自体はネーメの方が少し短いのですが、聞いているときのテンポ感覚はヤンソンスの方が速く感じます。不思議なものですね。


 一方、息子の方は主席指揮者ですから、最近頻繁にN響の定期に登場していて、年末にはベートーヴェンの第9番、今年になってブルックナーの第5番が少し前にFMでは実況中継、TVでも録画が放映されていたので、見たり聴いたりしました。
 歳の差を差し引いても、父と息子は顔立ちも違えば音楽も大分印象が違いますね。

 そもそもN響の並べ方からして違います。父は20世紀型で、向かって左から第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの順で、コントラバスが右奥という配置でした。(TV画面をデジタルカメラで撮影)


 一方、息子の方はN響の配置を対向型としています。
 向かって左に第一ヴァイオリン、右に第二ヴァイオリン、正面右がヴィオラ、左がチェロ、コントラバスは左奥です。(TV画面をデジタルカメラで撮影)


 ちなみに、比較したヤンソンスも対向型でした。
 最近はブロムシュテットとかティーレマンとか、対向型にする人も多いですね。
 いつも書きますが、オーケストラの配置は対向型の方が面白く、好みです。

 さて、お父さんの方は17日(日)にもN響を振った演奏(シューベルトの未完成など)が放映されるようなので、また見てみたいと思います。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

カシオペアクルーズ上り

2016-07-14 07:00:00 | 最近撮影した写真
 前回のカシオペアクルーズ上りは関西方面に旅行中で撮影出来なかったので...
 今回は再びT先輩のお世話になって、東北本線をちょこっと北上して来ました。

 仙台の鉄友N氏から馬牛沼定刻通過のメールを受信、ここも定刻通りやって来ました。
 手持ちで真正面から撮ったので庇が目立たないかと思いましたが、そうでも無いですね。


 直ぐに撤収して追っかけ開始。
 大勢のファンが待つヒガハスでもう一度撮影することが出来ました。

 地面スレスレにカメラを構えて撮ったので何とか水鏡になりましたが、カエルでも跳ねたのか水面に丸い波紋が...(ーー;)

 2016年7月5日(火)撮影
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

4054レコレクション

2016-07-13 07:00:00 | 最近撮影した写真
 金太郎纏めて放出の第二弾はヒガハスを上る4054レです。

 最初は33号機、雲一つ無い爽快な朝でした。


 同じく33号機、無線を飛ばして別アングルから撮影。
 田植え直後で、何とか水鏡。

 2016年5月12日(木)撮影

 続いて10号機、畦道の黄菖蒲を添えて...

 2016年5月18日(水)撮影

 最後は小雨降る中、2号機。
 2エンド先頭でしたが、このアングルではパンタが綺麗に抜ける2エンドの方が良さそうです。

 2016年6月29日(水)撮影
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

間一髪セーフ

2016-07-12 07:00:00 | 最近撮影した写真
 復活カシオペアクルーズ第2弾はT先輩と一緒に上越国境を越えて...
 関東地方は曇りで途中小雨が降っていたところもありましたが、国境のトンネルを越えるとお天気は少し回復し、高曇りでした。

 当初は別の場所で撮る予定でロケハンしたのですが、残念ながら行き方が良く分からず断念。

 次善の策として、以前から一度行ってみたいと思っていた有名なS字カーブにやって来ました。
 通過の3時間ほど前でしたが、既に先客多数...何とか場所を確保して、蒸し暑い中待機。

 本命30分前の下りの普電でアングルを確認。
 その後、予期せぬディーゼルカーの下り回送もやって来ましたが、無線機を車の中に置きっぱなしだったので、危うく撮り逃すところでした。(^^ゞ


 11時半を過ぎて、お天気は随分回復して青空も少し見えて来ましたが、逆光気味のトップライトなので高曇りの方が良かった...

 定刻少し前、前方に居るカメラマンが盛んに振り返って後方を気にしています。
 何か上り列車が来るのかなぁ...などと考えていると、定刻より少し遅れてやっと本命登場。

 EF641032とEF81133の重連が重々しい音と共にカシオペアを牽いて来ました。
 狙いの位置2ヶ所で無事撮影し、通り過ぎる客車の車窓を眺めていると...後方からいきなり越乃Shu*Kura登場。
 カシオペアがもう少し遅れていたら完全に被られて撃沈でした。

 それでは時間を逆回しして...

 行きすぎる越乃Shu*Kura。
 キハ40の改造なんですね。初撮影です。(^^ゞ


 アテンダントのお姉さんもカシオペアを見ていたかな?


 カシオペアが全部通り過ぎないうちに越乃Shu*Kuraが画面に入って来ました。


 その僅か12秒前に最後のカットを撮っていました。

 もう一度画面を下にスクロールして時間を追ってご覧下さい。全部で17秒間の出来事でした。

 この日は夕方から拘束されているので追っかけは出来ず、ここ一ヶ所の撮影で終わりでした。
 列車密度の低いところで、まさか被り寸前になるとは思ってもいませんでした。
 無線機を忘れずにいたら、「上り下り接近」の声が聞こえていて、ハラハラドキドキで心臓に悪かったかも...(笑)
 折角の遠征で、しかも一発勝負が被られなくて、本当に幸運でした。

 でも、ビデオを回していた人は良いシーンが撮れたでしょうね。

 2016年7月2日(土)撮影
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

EF652139

2016-07-11 07:00:00 | 最近撮影した写真
 このところちょくちょくとEF652139が動き始めましたね。
 2週続けて隅田川~東タ間のシャトル運用に入った様ですが、撮りに行けず...

 国鉄色に戻されて、初めて撮影したのは5月末の鉄道ふれあいフェアで展示されている姿でした。

 2016年5月28日(土)撮影

 そして、丁度その1ヶ月後のことでした。
 カシオペア紀行撮影で週末~週初めの早起き癖が続き、この日も5時前に目が覚めて...
 何気なく貨物チャンネルを見ていると、EF652139が5764レで高崎線を上ってくるではありませんか...
 急いで着替えて外へ出ると雨が降っています。
 曇りだったら超望遠アングルと思いましたが、雨なので近場の撮影地へ...
 流石に誰も居ませんでした。
 
 国鉄色に戻ったEF652139が秩父ホキを牽いて上ってきました。

 2016年6月28日(火)撮影

 次はお天気の良い日に東北本線を走る姿を、と思っていましたが...

 7月6日(水)、やはり貨物チャンネルを見ていると、早朝の8583レ(単機)で下った模様です。
 実は4時過ぎに一旦起きたのですが、天気予報とは違って雲が厚かったので、配給の送り込み単機狙いの朝練には出ませんでした。

 で、8583レで下ったからには8584レで上ってくる筈なので、所用の合間にちょこっとヒガハスへ行ってみると...何と上りも単機でした。

 どっかのTV番組ではありませんが...Youは何しに宇都宮へ??
 2016年7月6日(水)撮影

 日の長いうちに3071レや3070レに入って貰いたいものですね。
 
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加