大滝寛のブログ

演劇を中心とした大滝寛の活動報告。そして釣りのことなど。

11月3日山本有三記念館で朗読します

2015-10-19 18:19:31 | Weblog

山本有三記念館で「秋の朗読会」に出演します。是非読んでみたい作品の中から今回「女おや」を選んでみました。11月3日の文化の日、18時から19時半です。
詳しくは三鷹市山本有三記念館HPをご覧下さい。入館券300円でお聞きいただけます。井の頭公園も近く三鷹界隈のお散歩も楽しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大倉山の梅林

2015-02-16 00:13:11 | Weblog
地元大倉山の梅林、そろそろ咲いてるかなと歩いてみました。まだこれからが楽しみですが、所々で花を咲かせ始めている種類もありました。赤いのは野梅という名前らしい。やばい。今日も風が冷たかった。
明日は甲府へ行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡ツアー、無事終わりました!

2015-02-16 00:03:10 | Weblog

静岡最後の公演地 清水から富士山を仰ぐ。
沼津からの富士も、もちろん富士宮の富士も立派でした。
青空に大きな富士を見ると自然と心が清々します。
静岡県の皆様ありがとうございました。充実した日々でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士宮「女の一生」

2015-01-28 12:20:42 | Weblog

旅は続いています。
富士宮、浅間大社から富士山を撮りました。
富士山麓の水が清々しく流れています。
富士宮焼きそばを食べに「つぼ半」というお店に行きました。赤司さんと松山愛佳とおかみさん。
57年ものの鉄板なのでラードをちょこっと使うだけで美味しく焼けるそうです。しつこくなくて旨いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「女の一生」富士宮へ

2015-01-27 14:49:05 | Weblog

Mt.富士がホテルの窓からダダーンと見えた!立派です。見事な雄姿です。
私もあのように静かに堂々としていたいものであります。
「女の一生」静岡シリーズで今日は富士宮へ来ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島原で焼き牡蠣を食べアイナメを釣る

2014-12-22 23:57:08 | Weblog

島原での休演日、一人でぶらり旅をしました。有明海を見ながら歩いていると「漁人市場とっとと」という活魚なんかを食べさせてくれる店に遭遇。牡蠣がうまそうなので焼いてもらっていただきました。5個1200円。つるつるっと食べてしまいました。うまっ。頭ごと揚げた、海老天丼も。
満腹になって歩いていると、海浜公園あたりの堤防が私を呼んでいます。寒いけどちょっとだけ試してみようかと、コンパクトロッドを出してみたわけです。
寒っ。そんなとき竿先がぴくぴくしはじめました。アイナメでしょ、
でもそのあとは続かず、竿と鳥と足です。冷えきってしまいこりゃあかんと撤収。お風呂を探して島原へ戻り「ゆとろぎの湯」へ。鏡を見ると寒風にさらされ眼は真っ赤。こごえた体をゆっくりと暖めました。
あー、寒かった。休日のぶらり旅は大好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直方(筑豊)

2014-11-17 21:22:07 | Weblog




第三セクター1両編成の平成筑豊鉄道でゆく筑豊シリーズ

飯塚、直方、田川

今日は直方から田川へ

電車とお見送り風景



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小倉から

2014-11-17 21:01:30 | Weblog

「女の一生」今月9日から九州に来ています。小倉から始まり、はや9日。
北九州は劇場も宿も恵まれていて、とてもありがたかったです。
舞台の方はどうやら好評のようでまずは第一関門通過というところでしょうか。

外は急に寒くなってきました。明日から下関です。
小学4年生から中学1年生まで住んだことがあります。懐かしい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女の一生近畿ツアーの寄り道

2014-11-03 08:38:02 | Weblog

近畿ツアーは彦根から始まりました。朝ホテルの自転車を借りて彦根城へ。
ひこにゃんは時間で現れるらしい。
そして京都伏見の寺田屋へ。
公演地の呉竹文化会館から歩いていけました。寺田屋事件 坂本竜馬にしばし思いをはせます。若獅子の会の龍馬の舞台を見たばかりなので幕末が甦ります。すぐ横を流れる宇治川派流。ここ走って逃げたのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「女の一生」 奈良公演

2014-11-02 08:17:50 | Weblog

文学座公演「女の一生」の近畿ツアー10月からスタートしました。合間を縫って奈良平城京へ!以前朗読した「朱雀門」鬼と貴族の若者とのすごろく対決。思い出します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加