タカサンの一口馬主日記

2009年から始めた一口馬主の経過やエピソード・感想を綴るブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウインバレリーナ 近況

2014-04-25 17:43:14 | ウインバレリーナ
14/4/23 助 手 栗東坂       55.3 41.5 27.9 14.3   馬ナリ余力

2014年4月24日(木)

 先週17日(木)にトレセンへ帰厩したウインバレリーナは、昨日23日(水)に坂路コースで帰厩後初となる追い切りがかけられました。担当の長谷川調教助手を背に単走でスタートすると、後半へ向けてペースを徐々に上げていこうと鞍上に手綱をしごかれますが、ラスト1F辺りからは追う動作をやめ、最後は流してゴールを迎えています。4F55秒3、ラスト1F14秒3と時計も少し掛かってしまいました。
 騎乗した長谷川助手は「道中で何度かバランスを崩す場面があったので、最後は無理をさせませんでした」と追い切りを振り返ります。それでも「前走後の放牧はこの馬にとっていい休養になったと感じますし、感触的には悪くないですよ。馬体が大きくない馬なので、あまり調教を詰めてやり過ぎてしまうのは良くないと思いますし、来週もサッと無理をさせないように追い切ってレースへ向かいたいと思います」と予定を語っていました。
 なお、追い切り明けの本日24日(木)は厩舎周りの引き運動で調整されており、5月10日、新潟土曜5R芝2000m牝馬限定戦へ中騎手で出走に変更はありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相変わらず稽古は動きませんね 恐らく体重もさほど変わってないかと。
 
ただ芝の平坦は恐らく一番合っている条件だと思うので、再来週のレースはまさに正念場になりそうです。
 
そこで5着に入らないとさすがにやばいでしょう。
 
前走のように前で運べればチャンスは有るはず
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッドシェリフ 近況

2014-04-24 18:13:08 | レッドシェリフ

14.04.23

(橋口厩舎)
坂路1本の調整でした。
 坂路 65.5-48.0-32.4-16.8 馬なり
助手「先週末より調教を再開しています。乗り出してからも歩様に硬さが出た様子もなく、レースの反動はなさそうです。飼い食いも相変わらず旺盛ですし、次走に向けて引き続き良い雰囲気で進めていけそうです」

14.04.24

(橋口厩舎)
坂路1本の調整でした。
 坂路 68.9-50.2-32.9-16.3 馬なり
橋口調教師「引き続き坂路で軽めでしたが順調に調整しています。週末から速いところを始める予定です。前走は見どころのある競馬だったので、次走は勝ち負けを意識して仕上げていきたいと思います」

 

 

レースの反動も無く良い感じです

来週のレースでは久々に勝ちを意識してレースを見れるかも

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッドアーヴィング 急遽今週出走へ!

2014-04-24 18:03:57 | レッドアーヴィング

14.04.23

(松永幹厩舎)
本日は坂路にて追い切りました・
 坂路 55.1-39.2-25.3-12.4 強め
松永幹調教師「この中間も順調に調整しています。今日の追い切りでは、前半は溜めて、終いをしっかり伸ばす理想的な追い切りを消化することができました。引っ掛かったり、無理に抑え込んだりすることなく、リラックスして走れていましたね。助手は『乗り難しい馬だが、ギリギリまで追い出しを我慢して追い出すことが出来たように、今日は息がピッタリ合ったし、これまでで1番納得のいく追い切りが出来たと思う。状態は1度使って上向いている』と話していました。今は状態がとても良いので、予定を1週早めて今週土曜日の福島(障害オープン)に西谷騎手で向かうことに決めました。明日は運動程度に障害練習をする予定です」
※今週26日(土)福島5レース・障害オープン(芝3380m)に出走を予定しています。想定から除外の心配はありません。

14.04.24

(松永幹厩舎)
本日は障害コースで軽めの調整でした。
西谷騎手「テンションが高くならないよう、障害を見せるだけの軽めの調整に留めました。松永幹調教師や厩舎スタッフから出来は良いと聞いていましたが、今日跨ってもそれが伝わってきましたね。流して走らせても自らハミを抜くような感じでリラックスして走っていましたしね。ストレスなどで苦しくなってくると右にもたれるような面を見せることがありますが、今日は真っ直ぐ走っていました。あとは距離が延びてどうかというところはありますが、休み明けを使ったことで息の持ちも違うと思います」

 

 

 

 

体調が良いとの事で、急遽今週出走になりました

レースにどんどん使ってもらえるのは有り難いですが、テンションや馬体重にまだ不安のある馬なので、その点は大丈夫なのでしょうか

ただメンバーは今回もそこまで強くはなさそうですし、距離さえ克服できれば上位争いを期待できそうです。

今回はとりあえず目指せ馬券圏内

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイン 2歳馬近況

2014-04-24 17:46:07 | ウイン

何かと忙しく、ブログがほっぽらかしになってました

最近現役愛馬がだらしなく、興味は早くも今年デビューの2歳馬にいってます

その中でもウインの2歳愛馬達は早期デビューも多そうで期待しています

ウインガニオン 牡

2014年4月23日(水)

 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「乗り込みは引き続き順調で、動きには安定感も出てきました。弱点はこれといってなく、このままドンドン進めていけそうですね。今のところ、芝、ダートとどちらかに適性が偏った印象はなく、どちらもこなしてくれそうな雰囲気ではあります」と話していました。
 
 
ウインジラソーレ 牡
 
 
2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「調教でのモタれ癖もなくなり、だいぶまっすぐ走れるようになってきました。精神的な落ち着きが出てきた点はプラスですし、あとはもう少し馬体の成長がほしいところです。今のところこれといった不安はありませんから、今後はもっとピッチを上げて攻めていくことができそうです」と話していました。
 
 
ウインユニファイド 牡
 
 
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「まだゲートの出が速くないため、引き続きゲート練習は必要と感じますが、調教の動きに関してはなんら問題はありません。気性は基本的には素直ですから、このまま入厩へ向けて順調に進めていけそうです」と話していました。
 
 
 
ウインカルミナ 牝
 
 
2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「以前はかなり余裕のある体つきでしたが、乗り込むにつれて徐々に無駄肉が取れ、ようやくちょうどいい馬体になってきました。乗り込みは順調ですし、すぐに仕上げに向けて進められそうな雰囲気もありますが、まずはもう少しゲート練習に時間を掛けていきたいと思います」と話していました。
 
 
ウインソワレ  牝
 
 
2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「今週は坂路コースで追い切りを行いましたが、余力残しの手応えで、しまいまでしっかりとした動きを見せていました。シャープで素軽い走りをする馬で、動きは順当に良くなってきましたし、この様子なら実戦の走りも楽しみになってきますね」と話していました。
 
 
ウインオベロン  牡
 
 
2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「昨日22日(火)には坂路の1本目にウインハインズとの併せ馬の追い切りを行い、ラストまで楽な手応えのまま余裕を残して先着を決めていました。動きの良さは相変わらずですし、あとは入厩に向けてゲート練習をこなしていきます」と話していました。
 
 
 
 
 
全馬順調ですねー
 
中でもガニオンは『これといって弱点はなく』とありますし、更新の度にコメント内容が良くなってる気がしますし、オベロンは相変わらず動きは良さそうですし、何と言っても馬体が素晴らしい
 
6頭の中でも現段階ではこの2頭が抜けて良さそうですね。
 
 
さて愛馬デビュー一番星はどの馬になるのかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッドオーラム 4/13(日)忘れな草賞に出走し7着!

2014-04-15 12:55:59 | レッドオーラム

今週愛馬6頭出走の最後が忘れな草賞のオーラムでした

ここまで、5連敗 3番人気でしたし、戦前の小牧騎手のコメントからもかなり期待していたレースでしたが

結果は7着 かなりショックで振り返るのも気が重いです。

ただ、今回はパドックは今まで以上に引き手に甘える素振りを見せて、まともに真っ直ぐ歩けてませんでしたし、返し馬も口を割ってかなり入れ込んでいたのははっきりと判りました。

レース前からかなり嫌な予感はしましたが。 

レースも心配していた通り、後方のまま最後まで見せ場も無く7着と惨敗でした

 

14.04.13

4月13日レース後コメント
小牧騎手「今日は返し馬の時からイレ込んでいて、レース前に体力を消耗してしまった感じですね。ゲートの中でもチャカチャカしていて、スタートではタイミングが合いませんでした。今日はある程度は前で競馬を進めようと思っていたのですが、一完歩出負けする形でリズムを掴みきれませんでした。終始外を回る形だったこともありますが、直線では追ってもほとんど反応がなくて・・・。今日はテンションが高かったことで、力を出しきれずに終わってしまいました。自分が長い距離が向いているのではと進言しただけに申し訳なく思っています」

 

 

今回は、距離云々ではなく、やはりレース前に勝負は決していた感じです。

ただ、メンバーが軽かった今回の結果はまだまだオープンでは厳しいと言わざるをえませんし、今後はまず自己条件での勝利を目指してもらいたいですね。

 

一旦放牧なのか続戦なのかは判りませんが、しっかり立て直してもらいたいと思います。

 

 

それにしても今週は6頭出走し4着が最高 人気以上に走ったのはシェリフだけとかなり残念な結果でした

 

この感じだと、またもや連敗街道が続きそうな予感

 

2歳馬がデビューし勝利するしかないような気もしてきました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加