さいの神

日曜日にさいの神がありました.



点火の様子.


するめや餅を焼こうとするが熱い!


けむりが高く上る.


火をとり囲む.
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

今日でバスの運行が終わり・・・

今日で長岡-蓬平線のバスの運行が終わります。
12月15日からはジャンボタクシーによる「コミュニティバス」の運行に変わります。でも本数が半分近くに減るため、地域の高齢者や高校生、太田小中学校の子供たち、不自由さは目に見えています。特に定期的に病院に通っている方は、本当に困っています。今回のコミュニティバスは、暫定平成20年6月30日までです。7月1日からの運行についてはこれからの協議になりますが、本当にバスを必要としている町民の意見をよく聞きながら、きめ細かいコミュニティバスの運行ができるといいな!と思っています。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

太田地区にも雪が・・・

早いものでもう師走、ここ太田にも白いものがチラチラ・
最近のだるまさんと、六地蔵さん、ちょっと寒そうです。
いつもどなたかが、地蔵様をお参りしてくれています。
有難いことに「浄財」をあげて下さる方もおられます。
浄財は(太田コミュニティセンター)で大事に保管させて
戴いております。 花も時々どなたかが手向けていただいてます。
私も毎朝お顔を見てから出勤しています。
ほんとにありがたい事です。群馬県曹洞宗青年会の皆様、
大変ご無沙汰しております。寒くなってきましたが、身体に気を付けて
元気でお過ごし下さい。またお会い出来るのを楽しみにしております。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自然散策の写真

私の能力不足で複数の写真を入れる事ができません。
自然散策の写真をもっと見たい方は、災害ボランティアセンターのブログにリンクして下さい。上村さんすみません!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

太田に復興祈念 「稚児六地蔵」建立

三年前の10月23日午後5時56分、川口町を震源とした大地震が発生。68名の尊い命が奪われた未曾有の災害となりました。太田でも2名の命が奪われました。
私たちはこの災害を忘れることなく、又風化させることなく後世に語り継いでいかなければならないと思っています。 この稚児六地蔵は、群馬県 曹洞宗 青年会様から寄贈していただいたものです。今年の3月、前橋市で行われた、劇団四季の
チャリティミュージカル(王子とこじき)に青年会様から招待していただきました。その時の収益金で寄贈していただいたものです。私たちはこの「稚児六地蔵」を日々お参りすることで、亡くなられた方の御霊をなぐさめ、そして被災地の復興していく姿を見つめつづけてほしいと願っています。通行される人たちも、そっと手を合わせてお参りしてくれる事を願っています。 9月26日建立、10月22日青年会様の僧侶14人による、開眼法要、追悼供養がしめやかに執り行われました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋の自然散策 IN 蓬平


コミセンとボラセンと太田小学校と地域の人たちとみんなで蓬平の山に行ってきました。10月16日、天候晴れ、太田小学校の総合学習(太田の食文化を知る)を
テーマに、蓬平風きのこ汁(しょうゆ味)、濁沢風きのこ汁(みそ味)、焼き豆
焼き芋等、盛りだくさんで子供たちも大喜びでした。総勢50人ほどで、地域の人は
子供たちに、子供たちは地域の人に、たくさんの元気をもらったようです。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

この姿はもう見れなくなるのか!

地域の命綱、バス。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

公共交通(定期バス)が廃止になる

平成19年12月15日をもって、越後交通㈱は、太田地区(蓬平線)のバスの廃止を
信越運輸管理局 新潟支局に届け出ました。
地震前は、1日13便ほど走っていたバスが、地震後は、5便に減り不自由を感じていた地域の人たちが、地震前の本数に戻してもらいたくて、署名運動やバス回数券の一斉購入等の運動をしてきました。その甲斐があってかどうか、越後交通の増便は出来なかったものの、新潟県、長岡市のおかげで、村松回転場から蓬平までの間を基金を利用しての、コミュニティバスとして4便を走らせることができました。
太田地区は中山間僻地だという認識を私はもっています。地震後は高齢者の割合がとても多くなり、中心部に向かう唯一の交通手段が、バスで、という住民方が多くいます。又、高校生が学校に通うのもバスなのです。そしてもうひとつ大きなことは、太田小中学校が、長岡市で唯一の「学区外通学認定校」だということです。
子供たちのほとんどが、バスで通ってきているのです。そんな中でのバスの廃止。
中山間地の切り捨てとしか思えない。今、とても注目をあびて、復興のシンボルともなりつつある山古志地域でも、同日での廃止が決定しています。ふるさとに帰り、みんなで頑張ろうと、掛け声ばかりで、実際はだんだんと見放されていってるようにおもいます。折しも国会では「地域格差」が取りざたされていますが、どこまで行政は中山間地のことを考えているのでしょうか? 
今、本当に地域が一体となって、バスのことも含めて考えていかなければならないとおもいます。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

太田の花

地震から三回目の春。太田にもあちこちで花がひらいています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

集会所が再建

新潟日報電子版より一部引用.

中越地震で大きな被害を受けた長岡市濁沢町でコミュニティセンターが再建され、住民ら関係者が16日、記念式典を開いた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ