江戸川区小岩の大野電機です。

電気店の日常業務(エアコン、スイッチ交換など)での出来事などを写真添付で書き込みして行きたいと思います。

野球放送がご覧に成りたいとBSアンテナ設置のご依頼です。4K対応BC453SK取り付け

2017年05月03日 18時40分00秒 | 工事

お客様、プロ野球横浜のファンです。地上波の放送が少なくなり、BS視聴をご希望です。

お任せのご発注ですので、少し先の放送開始に成りますが、最近発売された4K対応の

BSアンテナにさせて頂きました。DXアンテナ BC453SK(金具付き)

(現状の電波の送り方が右旋偏波です。既存のBSアンテナでも取り付け時期が比較的

新しいアンテナは、右旋の高い周波数で送られてくる4K放送を受信出来るかと思われます。

4Kは他に左旋偏波が有りますが、現行のBSアンテナでは、この放送は受信出来ません

ので、ご注意ください。)ご興味のある方:総務省の4K説明サイト です。横浜DeNAサイト

BSアンテナと設置位置確認用の測定器です。DXアンテナの4K8K説明サイトですが、

年月が経過するとリンク切れると思いますのでご了承ください。

当店は、測定器と信号発生器を購入済みですが、マンションなどの集合住宅の数値の

管理がSDメモリーに入ると思っての購入でしたが、発生器使用の時には、メモリーに

残せない事が判明しました、時間的にまだ必要無い方は、今しばらくお待ちの方が

無難かと(あくまでも私の見解です。集合住宅での計測では、デジカメの動画で各周波数の

数値を確認して、手書きのデータで報告の形にしました。)

 今回は、寝室への直接入力ですので、発生器は使用していません。

BS放送でのアンテナ方向と仰角の確認です。

(東京ですと38度ですが、北海道と沖縄では大分違うようです。)

他の国に、電波が飛ばない様に衛星のアンテナを調整しているようですが、

韓国でも受信出来るようですね。

一応、CS放送(110度)でも確認しました。

上に見えるBSアンテナは、新築時に施工されたものです。

クラシック音楽をお聞きに成る専用の部屋に単独で入っている事が、

3年ほど前に寝室にTVご購入頂いた時に判りました。

 下のBSが今回、当店で施工させて頂いたDXのBC453です。

このまま、1Fの寝室まで、直接に配線工事でした。

 建築時に、何でBS対応ブースターを入れて、配線しなかったのか、

非常に疑問です。(お客様、建築費を値引きなどされる方では無い

ので&地デジも古い隣家のアンテナから分岐の処理で?)

 寝室のTVでBS受信できました。設置後、一度店に戻りましたが、

NHKのBS受信の解除の処理を忘れていた事に気が付いて、請求書を

作成して、再度ご訪問で、電気店専用のBS解除の電話にお客様同意の上で、

音声と数値での入力で、処理が終了しました。(結構時間が掛かります)

 当店に、ご依頼ありがとうございます。

 

下記をクリックして頂くとブログランキングがUpするようです。         

(ごめんどうでも)宜しければ、ご協力お願いします。 

 皆さまのご協力で何とか3位以内のようです。      

 東京では、・・・まだまだ。   

 ************************************************
〒133-0056
東京都江戸川区南小岩5-17-19
大野電機商会   大野 敏彦
当店の主な資格・登録などは下記でご確認下さい。
http://www.ohnodenki.com/shikaku.htm
電話03-3657-4232 FAX03-3657-4232
http://www.ohnodenki.com/
東京都電機商業組合も加盟しています。
http://www.tokyo-ds.com/
全日本でんき屋ネットワーク協同組合加盟店です。
http://djnet.or.jp/
************************************************

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小岩鯉のぼり会の皆さんが本... | トップ | 商品まとめて購入頂きました... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。