新米ペアレントの営業日誌

2005年3月1日に秋田県大仙市にオープンした大曲ユースホステルのペアレント(経営者)が日々の出来事を送ります。

網張温泉・休暇村岩手網張

2016-06-21 23:44:39 | 温泉


まだまだ在庫がたくさんありますが、本日は方向転換して、雫石に向かいました。国道46号線の仙岩峠は秋まで所々工事で片側規制です。雫石では以前入浴できなかった網張温泉の休暇村岩手網張温泉に。



出発が遅れたため、到着が昼食時になり、空いている時間だったので、まずは施設から徒歩7~8分の山中にある露天風呂、仙女の湯。



入浴料400円に値上がりしていました。単純硫黄泉で源泉76.7℃、pH4.1のお湯が加水のみあり、加温、循環、消毒なし、掛け流しで使用。管理がほとんどされていない「野湯」を想像していましたが、ちゃんと湯船が出来ていて、施設の少し離れた露天といった感じで少し気抜けしましたが、貸切状態で隣の滝のマイナスイオンとともにご機嫌入浴となりました。



続いて、休暇村の内湯22湯もハシゴ。館内のお湯は仙女の湯とは異なる源泉ですが、泉質は同じ単純硫黄泉で源泉72.9℃、pH4.1で、こちらも加水のみ、掛け流しで使用。



気温がまだ低く、仙女の湯の加水がほとんど止まっていて、濃い状態だったよぅで、内湯が薄く感じてしまったのは、気のせいでしょうか。帰り道ではしっかり硫黄臭にまみれていました。

一時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中山平・花渕荘、東鳴子・なんぶ屋

2016-06-20 23:38:54 | 温泉


週末が終わりましたので、さっそく本日も温泉ツアー。今日は先日出掛けて、やはり良かった鳴子温泉までまた足を伸ばしてしまいました。今回のスタートは中山平地区の花渕荘。



入浴料500円(本100円引)。浴室には内風呂が一つ、露天一つ。自家源泉の単純温泉で源泉72.1℃、pH7.1のお湯を加水、加温なし、循環、消毒ありで、掛け流しで使用。浴室全体は温泉臭が漂い、湯口では薄っすらと硫黄臭のする無色のお湯で、茶色の湯花があるようでした。事前の調べでは露店は別源泉を使用とのことでしたが、今回は内湯と同じお湯を使用していたようでした。外観は立派な旅館系かと思っていましたが、中は湯治宿に近い感じで、落ち着く雰囲気でした。



今日2湯目は、東鳴子地区まで走り、旅館なんぶ屋に。入浴料500円(本50円引)。赤湯共同源泉でナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉で源泉66.4℃、pH7.4のお湯を加水、加温、循環、消毒なし、掛け流しで使用。



内湯1つ、露天一つに茶褐色透明、微アブラ臭のお湯が張られていて、ぬるめの湯船で気持ちよくなりました。鄙びた感の強い東鳴子温泉では、一番きれいな設備かもしれません。

時々一時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金矢温泉・ホテル銀河パーク

2016-06-19 23:33:51 | 温泉


今日は天気が回復したので、昨日の続きで畑作業。本日はトマトとキュウリの畝に大きな支柱をたて、防鳥ネットを張ったところで時間切れ。ネットの長さが少し足りず、後日買い足して、追加分を張る予定です。



さて、先日の花巻台温泉ツアー1回目では合計4湯入り、最後の一つは花巻温泉から南にある金矢温泉ホテル銀河パークでした。入浴料500円(温泉本で100円引)。いかにも公営の施設という感じで、浴室には大きな内湯が一つ、露天一つ。



単純硫黄泉で源泉43.1℃、pH9.0のアルカリ性で加水なし、加温、循環、消毒ありで使用。無色透明でしっかりと消毒臭のするお湯でしたが、ヌルヌル感が残っているのは、pH9の威力なんでしょうか。台温泉の上がり湯としては十分でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肥料袋の撤去

2016-06-18 23:11:39 | 畑・工作


今日は日曜大工ならぬ週末農園の日。この処温泉ツアー強化月間なので、放置状態になっていて、苗の植え付けを行った時に、簡易ハウスとして肥料袋をかけていましたが、トマトやキュウリが頭を出し始めましたので、今日は雨の中、袋を撤去して、伸びた部分を支柱に括り付ける作業となりました。



ナスなどは、大きな葉をつけ始めましたので芽カキと同時に下の葉は雨で泥ハネすると病気にもなりますので、バッサリと落としてすっきりさせました。



昨年途中で枯らしてしまったしし唐も、ここまではほぼ順調。ジャガイモは開花と同時に枝葉を大きく広げ、畝間に余裕をもって植え付けましたが、間を歩けないほどに広がっています。

時々

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳴子温泉・ホテル瀧嶋

2016-06-17 23:01:55 | 温泉


温泉巡りの強化月間、2日間の休息後の本日は、一気に待望の鳴子温泉ツアーとなりました。本来昨年秋にも来る予定でしたが、本業繁忙のため延び延びになっていました。国道108号線、鬼首と鳴子温泉間の花渕バイパスが昨年10月に開通し、荒雄ダムそばの難所を通る必要がなくなり、時間は10分弱の短縮となりました。



最初の温泉は、鳴子地区にあるホテル瀧嶋。入浴料500円。浴室は受付(2階)から下がったフロアに。自家源泉の瀧嶋3号泉でナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で源泉70.7℃、pH7.8のお湯を加水のみで加温、循環、消毒なし、掛け流しで使用。微かに白濁で浴室は温泉臭、湯口のお湯はアブラ臭とも金気臭ともいう感じ。

とても温まる感じの湯でした。ここにはもう一つ、薬湯と呼ばれる1、2号源泉を使用した風呂がありますが、そちらは掃除中で今回入浴できず。また来る必要があります。

時々

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花巻台温泉・観光荘

2016-06-16 23:58:53 | 温泉


先日の花巻台温泉ツアー1回目の3湯目は、台温泉の入り口近くにある観光荘。ここは入口に日帰り入浴可の看板が出ており、他は入れるかどうかわかりにくいので、助かります。



入浴料400円。受付前には券売機もあり、日帰り入浴の方が多いようです。この日の男性用浴室は3階。数年前に改修工事をしたとのことで、受付周辺とは雰囲気が違い、とてもきれいな浴室でした。共同源泉の台温泉混合泉(阿部の湯、滝の湯、寿の湯混合)でナトリウム-硫酸塩・塩化物泉、源泉71.3℃、pH8.2のアルカリ性で加水、加温、循環なし、消毒のみありで掛け流しで使用。浴室には内湯が一つだけ。

ここの消毒ありというのは、清掃時に塩素系を使用とのことのようで、お湯からは消毒臭はなく、浴室全体は温泉臭なのですが、お湯からは微妙にアブラ臭が感じられました。設備も整っていて、気軽に日帰り入浴に来る方が多いのも理解できました。入口脇には温泉卵を作れるようにもなっていました。

のち
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花巻台温泉・藤助屋

2016-06-15 23:55:51 | 温泉


先日の花巻台温泉ツアー1回目の2湯目。中嶋旅館に入浴後、湯休めもほとんどなしで斜め向かいの湯治宿、藤助屋に入浴となりました。玄関はほぼ民家で開けるのを躊躇うほど。中も民家でしたが、地下に降りたところにある浴室はしっかりと湯治場状態でびっくり。でも数ある台温泉の中でも湯治宿系では普通の光景のようです。



共同源泉の2合泉と自家源泉の薬師の湯源泉の混合泉で源泉50℃、pH8.4のアルカリ性の単純温泉。加水あり、加温、循環、消毒なし、掛け流しで使用。浴室には浴槽が2つあり、奥の浴槽は熱すぎて入れず、44℃ほどの手前の浴槽に気合で入浴となりました。

温泉臭のする浴室ではわかりませんでしたが、源泉が出る蛇口のお湯からは硫化水素臭がしっかり感じられました。ぬるい風呂より熱い湯船が好みなので、しっかり温泉に入った気になるいい風呂でした。ちなみに、この宿には浴室が一つしかないので、女性が入浴中には、待つことになるようです。

のち
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿角大湯・上の湯共同、宿・花海館

2016-06-14 23:49:35 | 温泉


6月での温泉記録更新に向けて、今日は県北まで遠征に出ました。1年ぶりの玉川温泉ルートで2時間ちょっとで鹿角に到着。最初は以前休みだった上の湯共同浴場。入浴料は200円に値上がりしていました。



ナトリウム-塩化物泉で源泉64.5℃、pH7.8のお湯を加水、加温、循環、消毒なし、掛け流しで使用。ほかにある鹿角大湯温泉の共同浴場の中では広い湯船があり、蛇口、シャワー、石鹸等はなし。熱めのお湯が多い大湯ですが、43℃ほどだったようで、外が暑かったこともあり、すんなり入れました。



次に入浴したのが、すぐ近くにある宿・花海館。入浴料500円。他に入浴客がおらず、男性用が掃除中だったため、女性用風呂に入れて頂けました。お湯は上の湯源泉に自家源泉を混ぜたもので、ナトリウム-塩化物泉で源泉54.2℃、pH8.0で加水、加温、循環、消毒なしで、浴槽だけでなく、蛇口やシャワーなどもこの温泉を使用していました。



お湯は上の湯共同浴場とほとんど同じようなものでしたが、こちらの方が掃除直後の一番湯だったこともあり、また設備もきれいで、ご機嫌入浴となりました。

時々
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台温泉・福寿館

2016-06-13 23:48:35 | 温泉


先週に続き、本日も無料の高速区間を利用して花巻の台温泉に出向きました。前回はぼんやりした記憶での湯巡りだったので、今回はしっかり下調べしました。最初に目指したのは、中島旅館の手前にある湯治宿、福寿館。

いかにも湯治宿という感じの施設で、掃除の関係で女性用の風呂を利用させて頂きました。半地下に降りたところにある浴室は、大きな施設ではありませんが、きれいでした。入浴料350円。お湯は共同源泉の2号泉と自家源泉の新雀の湯源泉の混合泉。自家源泉は単純温泉で、52.6℃、pH8.7のアルカリ性で加水のみありで掛け流しで使用。



温泉臭が漂う浴室内には無色透明のお湯があふれていました。湯口で嗅いでみたら、しっかりと硫黄臭があり、2号泉の痕跡も残っていました。本日1発目の湯ということもあり、気持ちよく入浴できました。

一時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食用菊の支柱立て

2016-06-12 23:45:55 | 畑・工作


週末は飛び込みのお客様対応と温泉施設や道路が混んでいるので、自宅待機となりますので、その時間を使って畑作業となります。今回は、昨日、食用菊が伸びてきて、これからの梅雨時期の荒れた天候で倒れる恐れが出てきたので、早々に支柱を立ててみました。隣の紫色の食用菊も、今年もかなり順調に伸びてきて、追ってこちらも支柱で支えてやる必要がありそうです。

今日は、夕方の雨予想を前に、裏の駐車場、奥の農道などに一気に除草剤を撒きました。10時に撒き始めて終わったのが12時。予報では午後6時以降となっていたので、薬が効く6時間はあるだろうと思っていましたが、午後4時過ぎには雨が降り始めて、20分ほどの夕立状態でしたが、後半戦で撒いた場所では少し時間が足りなさそうなので、効果が無事に出てくれるか心配です。これがうまくいけば、7月の草刈りはだいぶ楽が出来るはず。その効果は来遊にはわかると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加