新米ペアレントの営業日誌

2005年3月1日に秋田県大仙市にオープンした大曲ユースホステルのペアレント(経営者)が日々の出来事を送ります。

三崎公園、有耶無耶の関

2016-09-06 23:10:01 | 観光地


先日のにかほ象潟観光地ツアーでは、小砂川集落で清水を見たりした後は、山形県との県境にある三崎公園に向かいました。ここは羽州浜街道の最難関地区。観音崎、大師崎と不動﨑の三つがあることから三崎公園と呼ばれているとのこと。この道は、平安時代の大同2年(807)に大和朝廷の東北平定に伴う街道整備で開かれたといわれ、その頃東北各地を行脚して、山形の立石寺(山寺)など多くの寺を作っていた慈覚大師円仁が作った草庵があったとも云われています。



公園の中は、散策路が整備されていますが、その散策路は階段だったり、かなり急な坂道だったりと、散策というより登山に近い状態。



またその山中には、「有耶無耶の関」があったとも云われます。これは山に人食い鬼がいて、神の使いの鳥が鬼がそこにいるときは「有耶」、いないときは「無耶」と鳴いたという伝説に由来するとのこと。ここと象潟のすぐ南、関宿の2つの説があり、どうも、山形県では三崎(遊佐町)にあるといい、秋田県では関地区にあると云っているようです。

のち時々
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小砂川、ラーメン伊原純平

2016-09-05 23:01:29 | 食文化


先日のにかほ象潟観光地ツアーでは、象潟の街中を散策後、昼食を兼ねて小砂川集落に向かいました。国道7号線から海側に入ったところにある小砂川集落の入口に、看板のない暖簾だけが目印のラーメン店がありました。



秋田県内の海側、最南端のラーメン店とも云えるこの店は、名前がなく、ネット等ではオーナーの名前で「伊原純平」と呼ばれているそうで、ここが目的の店で正解でした。

シンプルないわゆる街の食堂状態で、メニューも4種のラーメンのみ。ラーメン(大)は750円で、細縮れ麺に澄んだ醤油スープはさっぱりでおいしく頂きました。近くには食事処がほとんどないので、知っているとついつい度々利用してしまいそうな店でした。



食後の休憩を兼ねて川袋地区の海岸に行ってみたら、沖の岩場にウミウを発見して、少し得した気分になりました。

のち

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

由利海岸波除石垣

2016-09-04 23:56:59 | 観光地


先月の花火の前に出かけたにかほ象潟観光地ツアーでは、岩城亀田の後は無料の高速道路を使って一気ににかほ市金浦まで行きました。その先日にもこの辺りは散策したのですが、今一場所の特定が中途半端で、帰宅後ネットで場所を再確認してきました。

最初は金浦地区の海沿いにある由利海岸波除石垣。これは江戸時代に羽州浜街道として整備された道を波から防ぐためのもので、一部が現存して国の史跡指定されています。知らないと海岸の防波堤の一部かと間違えるほどで、浜街道と名がつく通り、かつての街道が海際ギリギリにあったことがうかがえます。



その後金浦で幾つかの場所を見て廻り、象潟へ。通過することや温泉がほとんどだったこの街を初めてゆっくりと散策。松尾芭蕉の奥の細道の北限とも云われ、街中には多くの案内板が見られましたが、実際にその時代のものはほとんどないようでした。ただその中で、象潟公民館は時代は江戸ほどありませんが、白いモダンな建築は目を引きました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土田牧場、新山神社、三望苑

2016-09-03 23:52:23 | 観光地


先日の鳥海山周辺観光地(?)ツアーでは、にかほ高原でその眺めの良さに大満足したあとは、すぐ近くにある土田牧場に立ち寄りました。平日でしたが、そこそこのお客さんが喫茶、食事コーナーには来ていて、さすが有名観光地と思いました。そのメニューや売店の商品を見て、またさすが有名観光地と実感。ここは観光牧場ではなく、本気の牧場で、裏の放牧地にはジャージー牛が放牧されていて、とてもいい雰囲気でした。



その後は高速道路を使って由利本荘市に戻り、幾つかの場所で写真撮影。最後は冬に裸参りが有名な新山神社に。山の中腹、100段を超える石段を上がったところにひっそりと神社はありました。冬の裸参りの際にテレビで出てくるのは、その石段かと雪の時期を想像しました。



新山神社から北に車で進んだところにある三望苑。高台にある公園といったところで、ここからも日本海がきれいに見え、この日は天気も良く、高台からの綺麗な景色を満喫するツアーとなりました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁賀保高原、ひばり荘

2016-09-02 23:47:56 | 観光地


順番が逆になりますが、先日の秋田市の前に出かけた鳥海山周辺の観光地ツアーでは、実は冬師湿原もよかったのですが、そのあとに行ったにかほ高原も予想よりもはるかにいい場所でした。多くの方は、新潟方面から国道7号線を北上して秋田に入り、山側にずらっと風力発電の風車が並んで見える場所です。



ここにはにかほ市営のひばり荘という休憩施設なるものがありました。おしゃれな建物で、中には食堂などもありますが、展望デッキからの眺めは、とてもよく、南に風車越しに鳥海山が、西は日本絵画見え、行った日は台風後の快晴だったため、男鹿半島から太平山まで見ることが出来ました。



特に西の海には、島が3つも見え、一つは飛島、もう一つは粟島というのはわかりましたが、3つめはもしかして佐渡ヶ島?と思って、降りて管理人さんに聞いたら、栗島という島だとのことでした。でも帰ってきて調べてみると、粟(あわ)島とも栗(くり)島とも表記されている新潟県に属する島があるだけで、実際の栗島は見つからず、形状やかすれ方からすると本当に佐渡ヶ島が見えたのかもしれませんでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田市、旧国立新屋倉庫

2016-09-01 23:45:09 | 観光地


昨日は秋田市の千秋公園の後は、新屋地区の散策となりました。新屋地区は秋田市でも雄物川を渡った場所にあり、最初に行ったのが、橋を渡ってすぐにある秋田公立美術大学の敷地内にある旧国立新屋倉庫。

現在は美術大学のアトリエや隣接する新屋図書館の一部としても使用されており、中にはレストランになっている場所もあり、一般の人でも入れる場所があります。



駐車場側で写真を撮っていたら、歩いていた方から裏も行けることを教えて頂き、アトリエの中を通って、裏側に行ってみました。そちら側は、かつて荷物(主に米)搬出用に線路が引かれていて、線路自体は撤去されていますが、プラットホーム的な雰囲気がありました。うまく使えば酒田の有名な観光地の一つ、山居倉庫といい勝負が出来たと思ったりしました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田市、千秋公園

2016-08-31 23:41:56 | 観光地


前日の鳥海山観光地(?)ツアーで、ほにかほ市、由利本荘市のツアーが終わりましたので、今日から県庁所在地、秋田市の観光地(?)ツアー開始です。最初に本日訪ねたのが、駅からすぐ、観光客も「とりあえず」行くことが多い、千秋公園。

過去に何度か出掛けたことはありますが、じっくり見たことがありませんでした。千秋公園の最大の問題が駐車場。広小路から県民会館方面に入った松下門跡近くに数台分ありますが、有料で利用料金が不明確だったこともあり、中町共同駐車場を利用。



千秋公園は江戸時代に佐竹氏が建てた城で、明治に廃却されたことでその時代から残っているものは少ないようです。一番目につく、久保田城表門は平成13年に復元されたもの。一番奥にあってかつては天守閣の代わりとしても利用された御隅櫓も平成元年に復元されたものです。知らないとこの御隅櫓が天守閣?と勘違いされがちですが、ここには天守閣がなかったため、この御隅櫓が7、8本も建っていたとのこと。

二の丸公園入口にある佐竹史料館も今回初めて入りましたが、普通の観光客なら所要時間10分程度?といった感じで、思っていたより見応えがなかったです。ここはボランティアガイドの待機所にもなっていて無料で予約なしでお願いできるとのことですので、時間があれば利用して、いろいろ話を聞きながら千秋公園を廻ってみた方が面白そうでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風、岩手に初上陸

2016-08-30 23:40:25 | 季節
今日は変則的に動く台風10号が統計史上初めて岩手県に上陸し、一気に日本海側に抜けていきました。直前までここ大曲も直撃ルートかと思われましたが、北にコースがずれたため、風雨もそんなに激しくはなく、また短時間に終わったため、畑や建物などに被害はなく、あっけにとられるほどでした。

上陸した岩手県では高齢者施設が洪水で大被害を受け、亡くなった方もあったようで、東日本大震災からまだ5年しかたっていないのに度重なる自然被害で、お見舞い申し上げます。

今年は前半は台風の発生が遅れ、8月以降はその分台風が次から次へと日本を襲撃しており、当YHには物理的な被害は出ていないものの、天候不順からお客様の足が遠のいているという経済的な被害が出ている状態です。例年だと朝晩涼しくなる8月末ですが、今年はまだまだ日中は暑さが残っていて、そういう点からも「変な天気」が続いています。



一時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にかほ市、冬師湿原

2016-08-29 23:35:00 | 観光地

(冬師湿原)

昨日の花火のお客様の出発後、十分な休息をとれたので、本日は朝から鳥海山周辺の観光地(?)ツアーとなりました。

法体の滝から鳥海山の登山口の一つ、5合目の祓川登山口まで車で上がり、登山口すぐにある竜が原湿原と祓川神社を見て、その後は修験の道を下る形で、木境大物忌神社を見学。道なりに降りて、花立牧場を通り、その西に広がる冬師湿原というところにも行ってみました。


(竜が原湿原)

ここはあまり今まで聞いたことのない場所で、実際に行くとアクセスは未舗装道路だったりするので、多くの観光客が来ている場所とは言えないようですが、鳥海山が非常にきれいに見える場所としてカメラマンなどには人気の場所のようでした。行った日は残念ながら鳥海山頂は雲に隠れ、全景は見えませんでしたが、その分一面のススキ原で、早くも秋の雰囲気に満ち溢れていました。

春はこのススキの野焼きが一斉に行われるとのことで、テレビのニュースでも放映されていたかもしれませんが、今まであまり気にしなかったみたいで、実際の場所を見たらその春の野焼きも見てみたいと思いました。

時々
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花火翌日は静かに

2016-08-28 23:33:29 | 季節
今朝、朝食を終え、花火観戦のお客様が三々五々出発となり、大曲の街も夏が終わりました。当YHもいつもだと、花火翌日にも飛び込みのお客様があることが多いのですが今年は珍しくお客様なしとなり、一転して静まり返ったYHとなりました。お陰様で昨日、一昨日の睡眠不足を一気に解消すべく休息をとることができました。

明日以降も夏休み最後の学生さんの利用がこの時期あることが多いので、油断するわけにはいきませんが、少し時間的に余裕が出来そうなので、また観光地ツアーの再開を考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加