大前研一のニュースのポイント

世界的な経営コンサルティング 大前研一氏が日本と世界のニュースを解説します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地方が日本という国を破綻させようとしている/ユーロと世界経済

2012年01月17日 | ニュースの視点
先月23日付の英フィナンシャル・タイムズ紙は、「日米欧の政府が銀行と絆を強めるわけ」と題する記事を掲載した。これは、三菱東京UFJ銀行がバランスシート上に抱える日本国債の保有残高が、企業や個人への貸出残高を初めて上回ったことを紹介。2012年は西側諸国でも国債購入圧力が高まるとして、主要なテーマの1つになると分析したものになっている。

これは非常に良い指摘だと思う。銀行の本来の役割とは「産業の血液」であり、預かった資金を必要なところへ流し、循環させていくことだ。ところが、今の世界経済の情勢では、総じて産業界には資金ニーズがない。一方で、資金ニーズがあるのは「国」で、いずれの国も国債を買いに走っている。

先進国には資金は集まってくるのに、高齢化と共に消費が減退し、今回の欧州金融危機のようなことが起こると投資ニーズもなくなり、投資先が見当たらない。すると資金が向かう先は新興国ということになるが、ここも投資リスクは高いため敬遠されがちだ。ゆえに、資金ニーズが最もある「国」へ資金が流れ、国債が買われていくという構図が出来上がっている。

こうした状況を生んだ背景を考えると、どこの国を見ても「国民」に問題があると私は考えている。国民が政府に要求をぶつけすぎているのだ。日本の場合で言えば、地方が国に依存するという形で現れていると私は見ている。

日本では全ての国会議員は地方出身で、国から地元に何かを還元させることが自らの仕事だと思っている。すなわち、国会議員が主導して地方が国を破綻させる手伝いをしているわけだ。それゆえ、私は常々、経済的に自立した「道州」を基盤とする道州制が必要だと訴え続けているのだ。何となく優しい顔をしている地元利益誘導の政治家が、実は一番の「破壊者」だと思う。

6日のニューヨーク外国為替市場でユーロが円に対して3日続落した。一時は1ユーロ=97円87銭まで下がり、約11年ぶりの安値を更新した。

主要通貨に対するユーロの騰落率の推移を見ると、2002年以来、各国の通貨毎に特長的な動きをしていることが見て取れる。ユーロは主として発足以来、米ドルと英ポンドに対しては強い傾向にあり、今米ドルは少し戻してきているという状況だ。なぜか、豪ドルに対しては一貫して弱い状況だ。

日本円に対しては、ずっと強かったものの、ここ数年で一気に情勢が変わり、弱くなっている。ニュースなどでは「円高」と騒がれているが、ユーロ発足以前の欧州通貨単位ECU(エキュー)の頃と比べると、今のレベルは「円高」というレベルではない。欧州経済危機に対して何かしらの答えを見出せず、年を越してしまったために、やや円高に振れているという程度だと思う。

また主要国の株価指数推移を見ると、ダウ平均は去年の1月に比べて5%程度上がっているのが分かる。FTSE100もそれほど悪い数字ではない。それに対して、日経225と上海総合が、15%~25%と大きく落ち込んでいる。

バブルがはじけてしまったから、上海はさらに今年も落ち続ける可能性が高いだろう。英米の落ち込みが低いのは、国家財政は厳しくても企業の業績が良いからで、企業と国家が乖離してきている状況が現れてきたのだと私は感じている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税制の抜本的な政策を/民主... | トップ | 苦戦するコダックに対して、... »

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-01-18 12:59:30
>日本の場合で言えば、地方が国に依存するという形で現れていると私は見ている。

おまえは地方の実態が分かっているのか!

Unknown (Unknown)
2012-01-18 15:09:58
日本の国債が買われるのは日本円がまだ安全だからだろ!
基軸通貨のドルとユーロがボロボロだから円に投資先が向かうだけの話でしょう。

ギリシャの国債崩壊で見えてきたのは、ギリシャ国債を作って売った国際金融会社とその国債を投資運用目的で買った金融機関(銀行、生保、ヘッジファンド、国々)たちが仕掛けた博打詐欺ゲームでしかない話を無理やり一般国民が悪い話にすりかえることは本当に汚いやりかたです。このやくざがやるような博打方法をてこに一般国民の税金を支払いに当てようとする人たちの神経が私には理解できません。 ただの詐欺にタカリと言いがかりをつけて金を巻き上げている話を正当化する経済解説伝道者がおそろしい。
基本は貸手と借手とトランプのカードを配っている人たちの話。 損する人がいるということは得をする人がいるということですから。

ギリシャの国民の半数が公務員は今に始まったことですか?何十年前から同じですよ。 国際金融が作った博打詐欺ゲームのカモにされただけの話なのに。 公務員が悪いみたいな話にすりかえて、テレビや新聞による洗脳ですかね??? 日本が本当の意味で国際化するのは今がんばって働いている人たちやその子供たちが限られた情報サプライから開放される時ですね。日経新聞を読め読めと未就職者に日々宣伝しているが、恐ろしいですね。インターネットのおかげで世界中に流れている新聞が読める時代が来ているのに、日本は情報鎖国なのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2012-01-18 18:35:38
地方と言わず、市民運動家、ポピュリスト、環境運動家、自然エネルギー業者と騙されているバカ、を加えてほしいです。
Unknown (Unknown)
2012-01-18 19:19:52
大前研一も加えてほしいです。
Unknown (経済)
2012-01-18 21:01:25
>ギリシャ国債を作って売った国際金融会社は、
・国債(借入証書)を作ったのはギリシャ政府で国家の支出で半分とかは公務員の給与とかです。金融会社は正当か少し高めな手数料を得ていると思います。

>その国債を投資運用目的で買った金融機関(銀行、生保、ヘッジファンド、国々)たち
 ・転売したり利息を得ているだけだと思いますが、銀行、生保は客から預かった預金を運用しなくては成り立ちませんから。あなたは銀行に預金していないのですか。

>仕掛けた博打詐欺ゲームでしかない話。
  ・具体的に説明してください。、想に入らないでください。

>を無理やり一般国民が悪い話にすりかえることは本当に汚いやりかたです。このやくざがやるような博打方法をてこに一般国民の税金を支払いに当てようとする人たちの・・
・借金で収入以上の生活していたのはギリシャ国民ですよね。高利貸しの様な利息を請求していませんよ。借金の返済期限が来ても返せる当てが、返済のための借金を貸してくれる所が無くなってしまったんですよね。やくざが取り立てては居ないですけど、生活を倹約して返せるようになったら返して下さいとお願いしても、倹約生活を拒否してるんですよね。

>ギリシャの国民の半数が公務員は今に始まったことですか?何十年前から同じですよ。
・自分の働き以上の収入と生活をずっと国の借金(国債)でしていたんですよね。これ以上公務員の給料も、借金を返しながら予算も生活も払う金が無くなっちゃったんですよ。税金を払う人が居ないのだから。

>日経新聞を読め読めと未就職者に日々宣伝しているが、恐ろしいですね。
・日経新聞を読めばこんな被害妄想を抱きません。自分の働き・収入以上の生活を借金で暮らせば、証文を持った借金取りが来て、払えませんなどと言えない事は解るはずですよ。

>国際金融が作った博打詐欺ゲームのカモにされただけの話なのに、公務員が悪いみたいな話にすりかえて、神経が私には理解できません。  
・何処にでも詐欺師まがいも居ますよ、でも其ればっかりを誇大に妄想するのは如何なもんでしょうか。バランス感覚が無いですね、君は収入以内で生活していますよね。

>ただの詐欺にタカリと言いがかりをつけて金を巻き上げている話を正当化する経済解説伝道者がおそろしい。
・借金が返せなくなって、自分の生活資金も無くなってしまった。借金を棒引きにされた方はかなわないですよ。普通の利息どころか元金の半額でよいからと言っているのに、棒引きにしろと言ってる方が悪いと思いませんか?。
Unknown (Unknown)
2012-01-19 00:41:43
なんか必死ですね。
ギリシャの公務員の給与を払えないからユーロ圏の国々がバタバタ傾くってことですよね。
ギリシャの公務員はよっぽど給与をもらっているってことですか?
Unknown (経済)
2012-01-19 08:23:13
>ギリシャの公務員はよっぽど給与をもらっているってことですか

夕張市を想像すればいいじゃないでしょか。産業が無くなってしまって(元々ない)、借金で設備投資をして結果、収入が得られず借金が返せなくなってしまった。
市民は悪くないが、甘い夢を見て市政に賛同して一時当たり前の生活ができた。
・市が借金での投資が失敗してしまった。
・産業が無い、税収がな市政だから元々過疎消滅する運命だった。

大阪市も昔の縁故で市の職員をどんどん増やした。例えば収入のない人をゴミ収集の職員に雇い、他の仕事をしないので昼は暇なのに職員と同じ給与退職金を得る様な人が沢山いて、強い組合が人道的に福祉と言ってとその人らをガンと守っているらしいと聞きます。
確かに社会弱者を守ることは良いことだが、中には昼からパチンコしたり羽目を外してしまう職員もいるようだ。
税収が充分ありあり、働いている人もパートで苦労している人が多いキツイ時代なのに、面倒見きれないレベルにまで市の借金が膨らんでしまったと言う事だよ。

世の中には裕福な人もペテン師もいるし、貧富の差は出てくる。裕福な人は全てペテン師ではない。
世の中が全てペテンだと思うのは君の心に問題が発生したと言う事が問題なのだと思う。
Unknown (経済)
2012-01-19 09:01:11
>ユーロ圏の国々がバタバタ傾くってことですよね。


ユウロの多くの銀行がギリシャの国債(借金証書)を買っている。ギリシャがデフォルトして国債が紙くずになったら、買ってた銀行はどーなる? どこかつぶれる銀行も当然出るから、銀行間で貸し借りが無くなる(流動性が枯渇する)⇒多くの銀行が資金に困り潰れる、預金している国民は預金がゼロになる。

半分でいいし、延長するから破産したと宣言しないでくれと頼んでいるのに、組合とか公務員とか野党が、生活が困るから節約は厭だと、実際に底辺の人たちは困ると思う。しかしユーロから出たくない、借金は返したくないとギリシャ人は言ってる。
当然、良く言われない。
Unknown (Unknown)
2012-01-19 09:11:00
>日経新聞を読めばこんな被害妄想を抱きません。

日経読んでた人はバブル崩壊に気がつかなかったって言ってましたが。(≧д≦)
Unknown (経済)
2012-01-19 09:28:12
>日経読んでた人はバブル崩壊に気がつかなかったって言ってましたが。(≧д≦)

被害妄想は亡くなりますよ。被害妄想が無くなるまで読んでください。その人はどこ読んでたんですか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュースの視点」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事