大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

「愚かな国民の愚かな選択」って・・・懐かしいなあ・・・そのセリフ

2016年06月27日 | お題
こんにちは イギリス、EU離脱しちゃいましたね。 「あるかもしれない」と思っていても、いざ目の当たりにするとさすがに絶句しました。まるで重病だった家族が死んだ時のような気分。「もうすぐその時が来る」と分かっていても、衝撃から逃れることはできません。大きな変化に直面すると、脳は思考回路を切ろうとするのでしょうか? あるいは一種の鎮痛作用なのでしょうか?  しかしそれより衝撃的だったのは、その . . . 本文を読む
コメント

『全国共通第一次総理大臣(およびその他政治家)評価能力試験』 試験問題作成委員会   第一回検討会議

2016年06月22日 | お題
こんにちは 舛添元都知事がいなくなりました。テレビで流される話題は、 「後継者には、どんな人がいいの?」 多くの答えは、 「お金にクリーンな人」 う~ん、みなさんこの答え、どう思いますか? これでいいのでしょうか? 我が家の愛犬は、とてもできた奴で、生まれてこのかたお金に汚いことをしたことがありません、それどころか興味もありません。天ぷらとか寿司は好きですが、領収書をくれとは絶対い . . . 本文を読む
コメント

孫子の火攻め

2016年06月20日 | お題
こんにちは いきなりですが、孫子の兵法は全部で13篇あります。その12番目は、火攻篇です。火攻めの仕方。ところが、水攻めの篇はありません。どうして火攻めだけをハイライトしたのでしょうか? 水攻めは紛失したか、書くのが間に合わなかったのでしょうか? それとも孫子は、火攻めは特に注意が必要だと思っていたのでしょうか? ネットでは炎上という言葉がよく使われます。今回辞任に追い込まれた舛添都知事問 . . . 本文を読む
コメント

政治家の進化

2016年06月16日 | お題
こんにちは 舛添都知事辞任から一夜明けました。話題は選挙に変わったようです。 「次の都知事候補者は誰か!」と「参議院選挙とのかねあいは!」 そして「候補者の候補者」の名前をあげ、不安になったり、文句を言ったり。 それを見ながら、いつものように、もやもや~っとします。たぶんみなさんも同じでしょう。 「まともな候補者はいるのか?」と「運よくまともな奴が当選しても、どうせすぐに腐るんだろ」 . . . 本文を読む
コメント

都知事選費用100億円! 高い? 安い?

2016年06月15日 | お題
こんにちは 舛添都知事、辞職されるそうですね。 どうしてあんな、馬鹿みたいな嘘を繰り返したのか? どうしてあんな、国民を馬鹿にする発言を繰り返したのか? あまりの稚拙さに、「これは国民に対する政治テロか?」とすら思っておりました。 テレビ報道では、様々な分析がされています。「狂人レベルの金銭欲、自己顕示欲のせいだ」とか、「何が何でもオリンピックで旗をもらいたいほど幼稚なのだ」とか言う意見が . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (16) 

2016年06月13日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・1813年2~3月、ロシア、プロイセン、スウェーデン、英国が同盟。ナポレオンの大欧州帝国を崩壊させる。 ・スウェーデン国王は、ベルナドット。かつてのナポレオンの部下。  *ベルナドットの裏切りより、ナポレオンの統治能力の低さが問題。  *評価基準・評価方法がぼろぼろの指揮官は、部下に馬鹿だと思われる。  *馬鹿な指揮官は裏切られる。  *軍人にとって奇襲攻撃を受け . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (15) フランス対ロシア戦争

2016年06月10日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・イギリス、政府も国民も、大陸人と価値観を共有していなかった。だからキャプテンドレイクの戦略を忠実に守っていた。すなわち、「大陸に大国を作らせるな。大陸国家を相互に対立させよ」  *我々は、中国やロシアに対してどう接するべきか、真剣に考える必要があるのではないか?  *商売人は金だけを評価基準にして中国やロシアを見るが、本当にそれでいいのか?   中国軍艦が接続水域初 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (14) 

2016年06月09日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・1809年5月13日、ナポレオン、バイエルンから300キロの進撃の後、オーストリア首都ウィーンを無血占領。 ・歴史にみる限り、「首都を攻撃すること」と「首都を占領する」ことは作戦的意味が全く異なる。  ・首都を攻撃するとは、首都を必死で防衛しようとする「敵軍を撃破」すること  ・首都を占領するとは、敵国民に敗北感を味わわせるという政治的意味はあっても、軍事的意味は . . . 本文を読む
コメント

マムシの善三

2016年06月08日 | お題
こんにちは 羽鳥慎一モーニングショーで、面白い企画をやっていました。なに? 舛添要一東京都知事の第三者による検証会見について。それがどうした? どこでもやってる? 舛添要一東京都知事の評価ではなく、検証をした『「弁護士の評価」を評価しよう!』という企画。 検証されたのは佐々木善三弁護士先生様、森本哲也弁護士先生様。佐々木弁護士先生様は、かつて「マムシの善三」と呼ばれた凄腕検事様だったそ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (13) 

2016年06月07日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・1808年8月15日、フランス軍、サラゴサの包囲を解除し撤退。 ・8月21日、フランス・ジュノー軍、英・ウェルズリー軍を攻撃するも撃退される。そしてリスボンの市民が一斉蜂起。ポルトガルにて孤立。 ・8月30日、ジュノー軍、降伏し海上から退却。 ・ナポレオン、「スペインに展開するフランス軍は、郵便局員に指揮させなければならない」  *対ゲリラ戦は、地域を網の目に . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (12) 

2016年06月05日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・スペインの併合 ・スペイン国王カルロス4世は、国民をかえりみない王だった。 ・スペイン王妃は、宰相ゴドイと不倫。ゴドイが政治実験を握っていた。 ・ゴドイが、ナポレオンに申し入れ。  ・スペイン領土の3分の1をフランスに、3分の1をスペインに、残り3分の1は自分にくれ ・ナポレオン、渡りに船と話に乗る。  *ナポレオンは何がしたかった?  *「いっぱい中毒」、「た . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (11) 

2016年06月02日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・1806年11月30日、ナポレオン、ポーランド侵攻。決戦には至らず厳冬を迎える。ナポレオンは、不拡大戦略をとる。 ・1807年1月、フランス軍ネー第六軍団、ナポレオンの不拡大戦略を無視して、東プロイセンのレストック軍団と小競り合いをはじめる。  *人間は、待つのが苦手。  *優秀であることの評価指標の一つは、「待てる」こと。  ***脳はなぜ待てない? ・180 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (10) イエナの大追撃

2016年06月01日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・1806年10月15日から11月7日、軍事史に残る大追撃が行われた。 ・プロイセン、ブラウンシュワイク軍もホーヘンローヘ軍も、ハルツ山地を越えてマグデブルクに逃れなければならない。 ・ナポレオンは軍を二分  ・マグデブルクに直接追撃する部隊  ・ベルリンを先行して攻略する部隊(第3,5,7軍団) ・マグデブルク追撃部隊をさらに2分   ・左翼追撃縦隊(ミューラ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (9) イエナ会戦

2016年06月01日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・1806年8月、ドイツの伝統的結合対「神聖ローマ帝国」消滅 ・神聖ローマ帝国の皇帝フランツ2世は、フランツ1世と名乗り、オーストリア皇帝のみとなった。 ・プロイセン国内は、親フランス派が退潮し、親ロシア派が主流となった。 ・プロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は優柔不断だったが、皇后のルイーゼは軍服を着用し、軍馬に乗りフランス打倒を叫んだ。 ・これに . . . 本文を読む
コメント