大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (8) 三帝会戦

2016年05月30日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・1805年11月14日、ナポレオン、ウィーン占領。 ・11月15日、ナポレオンはブリュンに戦力を集中することにした ・アウステルリッツの三帝会戦 ・11月28日、同盟軍はブリュン北東オルミュッツに集結。 ・同盟軍10万8千、ナポレオン軍6万5千。 ・ナポレオンは、三方の敵に囲まれていた。またまた内線作戦 ・ロシア皇帝とクツゾフは、南下しフランスの背後連 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (7)

2016年05月30日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・「海洋国家にとって対岸に強力な国家が出現することを許していては国家戦略が成り立たない。それは悪夢である」(抜粋)  *この論理のもとに太平洋戦争が始まった。  *アメリカは、いつまで中国に耐えられるか?    *それとも、中国は脅威ではないのか?  *あるいは、アメリカは没落したのだろうか? ・1803年5月16日、英仏戦争開始 ・1803年12月2日、皇帝ナポ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (6)

2016年05月30日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・アルプス越えとマレンゴ会戦 ・間接近接戦略機動 ・包囲されているジェノヴァのマッセナ軍救出に直進せず、オーストリア軍の背後連絡線を先に断つ。それから救出。  ・敵にこちらの真意を悟られない  ・敵を常に不安にさせる  ・敵に防御準備をさせない  ・全方位防御させたらしめたもの   ・全てを守ろうとする物は、全てを失う   ・孫子曰く、「備えざる所無ければ即ち寡( . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (5)

2016年05月28日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・エジプト侵攻作戦 ・1798年1月、ナポレオン、英国侵攻作戦軍司令官に任命。 ・ハノーバーとハンブルクの占領より、エジプトを占領することを提言 ・政治家は承認。人気の高いナポレオンを追い出したかった。 ・軍事史に見る限り、世界の大部分の政治家は党派を結成する傾向があり、国家の国益よりも党利党略を優先する。これは「政治活動の負の原則」(抜粋)  *歴史的問題と . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (4)

2016年05月28日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・サン・ヴィンセンテ沖会戦   ・英艦隊15隻VSスペイン艦隊27隻  ・スペイン艦隊 9隻、18隻の2列縦陣  ・英ジャービス提督は、スペイン18隻に接近戦をしかける  ・ネルソン提督、それを無視  ・スペイン7隻の頭を抑え、砲撃戦  ・乱戦となり、英国勝利。4隻拿捕   ・ネルソンの行為は、国家法「海軍戦闘教令」に反していた。 ・ネルソンは罰せられなかった。それ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「悪の遺伝子」 (最終)

2016年05月24日 | 悪の遺伝子
こんにちは 読書メモ ・ジョン・マッコスキー 邪悪な成功者ともっとも関連があるのは、クラスターB。演技的、感情的、常軌を逸している。 ・境界性パーソナリティ障害は、おそらく人類の1~2% ・アメリカの精神科外来患者で10%、入院患者の20%。女性は、男性の3倍多い。 ・境界性パーソナリティ障害  対処行動の特徴   スプリッティング   投影   非難を他人に向ける   ものごとをコ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (3)

2016年05月24日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ ・初動で勝つには、欺騙と迅速な機動が必要になる ・敵の翼側をすり抜ける   ↓  背後連絡線を襲う   ↓  方向転換して、敵の主力を背後から襲う ・欺騙の目的は何か?  ・戦力の相対的優位を得るため   *敵をばらばらにし、小さくなった敵の集団に襲い掛かる  ・迅速な機動を容易にする   *なぜ?   *敵を拘束する?   *敵の妨害なく主力部隊を動かす? . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「悪の遺伝子」 (3)

2016年05月24日 | 悪の遺伝子
こんにちは 読書メモ ・脳の中を見るもっとも強力な道具が「核磁気共鳴イメージング」(MRI)。水分子を刺激し、可視光線とわずかに異なる周期の電磁波を放出させる。組織によって水分子の量がちがうから、X線写真のように見ることができる。 ・MRIのビデオ版が、機能的MRI(fMRI) ・反社会的人物は、脳梁に奇妙な点がある。 ・脳梁は神経の高速道路。左右の脳をつなげている ・反社会的人物 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「悪の遺伝子」 (2)

2016年05月23日 | 悪の遺伝子
こんにちは 読書メモ ・遺伝子の組みあわせで、生まれつきのパアーソナリティ障害が発現する。 ・軽度の場合、環境によって発現する。きっかけはストレスらしい。  ・暴力、いじめ、酒、薬物。 ・マイケル・イーガン、「認知能力に関わる特定の対立遺伝子が統合失調症と関連があることを明らかにした」 ・前部前頭葉の機能異常を示す対立遺伝子を発見。 ・遺伝子は、リスクであっても運命ではない。 ・ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「悪の遺伝子」 (1)

2016年05月20日 | 悪の遺伝子
こんにちは 読書メモ 「悪の遺伝子」 バーバラ・オークレイ博士 イースト・プレス ・「邪悪な成功者」とは  「うわべは魅力的で、権力に取り入ることに関しては天才的である一方、支配力を得るため、あるいは私欲のため、とんでもない裏切り行為を平気で働く人物」抜粋 ・邪悪な成功者を理解するためには、従来のように心理学や神経科学だけでは解明できない。遺伝学が重要となる。 ・遺伝学的に見れば、「人 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (2)

2016年05月20日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ  ・フランス歩兵戦闘ドクトリン、“突撃縦隊”  ・大体を単位とする横隊の陣形を縦深に配置  ・必要に応じ、すぐに横隊陣形に展開  ・物理的、心理的に攻撃の重心(主攻)を形成 ・突撃縦隊の価値は、その柔軟性と多様性  ・指揮官にとって大部隊の統制が容易になる  ・山地戦闘も可能  ・行進縦隊から戦闘(突撃)縦隊への展開が容易  ・信号命令が簡単   *指揮官の戦術、指 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭 (1)

2016年05月19日 | ナポレオン
こんにちは 読書メモ 「ナポレオン戦争全史」、松村劭、原書房 ・第二次世界大戦後、学校教育の場においては、英雄・名将、豪傑などについて学生や生徒に紹介することは、GHQの指導もあって、徹底的に否定された。(抜粋)  *だから今の政治家、経営者、学者が駄目なのか? 仮面ライダーしか知らない? ・まして、優れた軍人の生涯を教えることは、「軍国主義の復活」を招くとして、日本のほとんどの知識人、 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ「公務員はなぜ認知症になりやすいのか」 長谷川嘉哉 (2)

2016年05月07日 | 公務員はなぜ
こんにちは 読書メモ ・血管性認知症  ・異常性欲  ・感情失禁(いつも会う人に、「会えて良かった」といって泣く)  ・まだら痴呆(状態が良い時と悪い時の差が激しい) ・なぜか?  ・アルツハイマー型認知症は、脳細胞が変性して死んでいっているので変化の波が少ない  ・血管性認知症の場合、血流が良ければ調子が良いし、悪くなれば悪くなる。  ・血流が悪くなる最大の原因は水分不足 ・アルツハ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 番外編

2016年05月06日 | 読書メモ
こんにちは 読書メモの参考動画探していたら、こんなん出てきました。 【正論】石原慎太郎『「日本死ね」ブログの投稿者は韓国でも中国でも行ったらいいんだよ』堺屋氏「○○国行ったらいい」 堺屋太一、渡辺昇一、石原慎太郎。かつて尊敬していた人々です。ですがこれ見て・・・ご長寿早押しクイズを思い出しました。 ご長寿早押しクイズ名人戦2004年総集編 うーん、いくら高齢化社会とは言っても・・ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 『「しぐさ」の心理学』 ジョー・ナヴァロ  (4)

2016年05月06日 | しぐさの心理学
こんにちは 読書メモ ・辺縁系の反応の後には、必ず「なだめ」の行動がある。 ・脳は、気を静め、普通の状態に戻ろうとするのだ ・「なだめ行動」は、心の状態をとてもよく表し、並外れた正確さを持っている ・女性のなだめ行動、喉元にある窪みを手で隠す、指先で触れる  ・不快  ・比較的重要な情報  ・悩んでいる、脅かされている、落ち着かない、精神的に不安定、怖がっている   ・不快行動(身を . . . 本文を読む
コメント