大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

INVICTUS

2016年04月30日 | メモ
こんにちは 映画『インビクタス』見ました。 マンデラ氏について、いつかゆっくり調べてみたいと思っていたのですが、これまでついついサボっていました。 そろそろ、ちゃんと本を読もうと思います。 劇中に、詩が出てきます。 私は詩というものに、全く興味がありませんでした。軽蔑すらしていたかもしれません。 口先だけで、言葉を操って、遊んでいるだけのような気がしていたのです。 なるほど、詩とは、こう . . . 本文を読む
コメント

「もう半分も減った」? それとも、「まだ半分もある」?

2016年04月29日 | お題
こんにちは 三菱自動車、売り上げが半分に減っているそうです。 三菱自の客離れ深刻、1日当たりの新車受注半減 みなさん、どう思いますか? 三菱自動車の売り上げは、 「もう半分に減ってしまった」と感じますか? それとも 「まだ半分もあるのか?」と感じますか? 人間は、新しく得ることの喜びより、持っているものを失う苦しみのほうが遥かに大きいそうです。 それは、人間がサルだったころか . . . 本文を読む
コメント

不思議ちゃんリーダーの不思議な脳味噌

2016年04月23日 | お題
こんにちは さてさて、世界中で様々なリーダーたちが、絶好調です。 三菱自動車は、またまた不正が発覚しました。 三菱の不正問題にはまだ続きがあるかもしれない。清水和夫が緊急寄稿 相川哲郎社長は、意図的で組織的だったと説明し、「私は不正を知らなかったが、経営者として責任を感じる」と発言していました。みなさんは、この説明、どう思いますか? 「不正」が意図的で組織的というのは、それが会社の評価基 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 『あなたのお金と投資脳の秘密 神経経済学入門』 (8) 嫌悪

2016年04月20日 | 神経経済学入門
こんにちは 読書メモ ・後悔は、どうしてこんなに辛いのか? ・大脳皮質の一部に『島』という部分がある。 ・『島』は、痛み・嫌悪・罪悪感を生む出来事を評価する。 ・前帯状皮質と同様に、島の全部にも紡錘細胞が存在する。 ・紡錘細胞は、環境の変化に合わせて行動を調整する。 ・紡錘細胞は、人と類人猿特有である。 ・人の前頭島部皮質の紡錘細胞は、チンパンジーの30倍。  *環境の変化に合 . . . 本文を読む
コメント

災害対策計画、どうして説明しないの? できないの?

2016年04月18日 | お題
こんにちは 熊本地震の被災者のみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。 最初の地震発生から、4日たちました。 外野は余計な口を出さず、現場である役人や政治家が、動きやすいようにじっと見守る。どうやらその期間は過ぎたような気がします。なぜ? 混乱が拡大している。 このような大きな災害があるたびに頭をよぎる疑問があります。 緊急対策本部は、どんな仕事をしているのだろうか? 総理大臣 . . . 本文を読む
コメント (2)

読書メモ 社会契約論(ジャン・ジャック・ルソー) 第一篇 (2)

2016年04月15日 | 社会契約論
こんにちは 社会契約論、読書メモ、続き。 第五章 常に最初の合意に遡らなければならない ・群集を服従させることと、社会を統治することとの間には、常に大きな差異がある。(抜粋) ・ばらばらの個人が個別に、一人の人間に屈従する時、それがどんなに大勢であろうと、そこには主人と奴隷しかいない。 ・そこには人民もいなければ、首長もいない。 ・それは集合体でしかなく、結合体ではない。 ・そこ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 社会契約論(ジャン・ジャック・ルソー) 第一篇

2016年04月14日 | 社会契約論
こんにちは 読書メモ、『あなたのお金と投資脳の秘密』が終わりに近づいてきました。 そこで次の読書メモ、ルソーの『社会契約論』を織り交ぜていきます。 これについては『・・・投資脳の秘密』と違って、かなり私の個人的解釈になっていくと思います。小説用のメモですので、ご勘弁を。ですから、できればみなさんは原文を読まれることをお薦めいたします。 もし「もうすぐ世界が崩壊する。その前にたった1冊だけ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 『あなたのお金と投資脳の秘密 神経経済学入門』 (7) 後悔

2016年04月13日 | 読書メモ
こんにちは 今日も読書メモ。 ・後悔は、どんな時に強く感じるか?  ・結果が、どうしようもないものではなく、自分のせいであるとき  ・他にも選択肢があったのに、それを選ばなかったとき  ・目標近くまできて、ニアミスしたとき  ・やらなかった過ちではなく、やった過ちの時  ・自分の行動が、普段の行動から逸脱していたとき ・間違いを犯さないことは無理。だが、間違ったときに後悔しないことは重要 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 『あなたのお金と投資脳の秘密 神経経済学入門』 (6) 驚き

2016年04月12日 | 読書メモ
こんにちは ひさしぶりに読書メモ。 ・「脳は、期待するものと実際に得るものとのわずかな差に、ひどく敏感に反応する」  *誤字脱字が許せない人  *完璧をめざす人  *間違いを受け入れられない人 ・驚かないようになるためには、経験することが一番 ・神経科学者R・ダグラス・フィールズ、「環境の全てを正確に記録することには、進化的な価値はほとんどない」抜粋  *進化とは修正能力 ・「間違っ . . . 本文を読む
コメント

頭の良い役立たず、地位を持った役立たず、金を持ってる役立たず

2016年04月11日 | お題
こんにちは 数日前のニュースになりますが、パナマ文書でアイスランドのグンロイグソン首相が辞任に追い込まれました。 アイスランド首相辞任 「パナマ文書」暴露のオフショア会社で アイスランドには首相と大統領がいるそうです。偉い人がいっぱいいるんですね。さて、どっちが偉いんでしょうか? 大統領は象徴でしかなく、実質的な権限は首相にあるそうです。ロシアとは逆。そして今回辞任に追い込まれたのは、実権 . . . 本文を読む
コメント

政治家の通信簿

2016年04月09日 | お題
こんにちは 民進党の山尾議員。さっそく、釈明会見をしましたが・・・ 山尾氏政治資金問題 政府・与党側から批判 具体的な証拠も出さず、「秘書がやった」 毎度の説明に、毎度抱く疑問。さて、みなさんにお尋ねします。 「私は、不正なんかやっていない! これは、陰謀だ!」 と言った秘書は、かつていたのでしょうか? 勉強不足で、私も知りません。はっきりしたことは言えません。でも、多分、どうせ、 . . . 本文を読む
コメント

リーダーの『しつけ方』

2016年04月05日 | お題
こんにちは テレビで流れた、野党議員の金銭問題。 民進党・山尾志桜里政調会長「事実確認中」と繰り返す 週刊新潮指摘の疑惑めぐり 「野党に期待するより、与党をしつける方が先だな」とか思っていたら、記者の一人が、とても鋭い質問をしました。 『いつまで?』 ひたすら「調査中だ」と繰り返す政治家に、「いつ説明できるんだ?」と詰め寄ったのです。 『リーダーはしつけられるのか? どうやってリーダ . . . 本文を読む
コメント

買収ドクトリン

2016年04月03日 | お題
こんにちは さて、前回からの続き。 「トップの不正は、なぜ懲罰が軽いのか?」 東芝の社員は、これから大変になるでしょう。それに比べて、幹部たちの懲罰はあまりにも軽い。 宮崎謙介議員は、不倫で議員辞職。それに比べて、甘利明元大臣は、悠々自適の引き篭もり生活。あまりにも軽い。 東芝社長も安倍首相も、それを「良し」と評価する。 みなさん、なぜだと思いますか? 当たり前? 偉い人の特権? 世 . . . 本文を読む
コメント