大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

KOIKE DECLARATION  (小池宣言)

2016年10月18日 | お題
こんにちは


「トランプやクリントンより面白けりゃ、それでいい」
若い頃から若年性認知症の気があったロックンローラーが、東京都議会で言っていました。これについては全く同感。
今、世界で一番面白いのは、
「ティー、オー、ケー、ワイ、オー、トッキオ、イエ~ッ、ロックンロー」


IОCが、東京オリンピックのボート会場に、韓国を検討しているそうです。
ボート・カヌー、韓国開催も=現計画難航なら選択肢―IOC

「ええっ! そりゃあせっかくだから、韓国でやってほしいけど、これはこれでなんか頭きちゃうね」
憤慨する妻に、
「わっはっは、典型的な詐欺の手口じゃねえかよ。やっぱ、こいつらこの程度の人間たちなんだ。知ってるか? これって専門用語でソビエト型交渉術って言うんだぜ」
「何、それ?」
ソビエト型交渉術については、いずれまたの機会に。
さらに面白いのは、その後。

「はぁっ・・・IОCもIОCなら、東京都も東京都だよなぁ・・・文句言えねえじゃねえかよ」
<東京五輪>ボート会場 都、IOCに安い金額を虚偽報告


妻曰く、
「ここまでぐちゃぐちゃになっちゃったら、もうオリンピックしない方がいいんじゃないの? オリンピック辞退するのは恥ずかしいかもしれないけど、オリンピック開催したって恥ずかしいよ。どっちにしたって日本の恥を晒すなら・・・」
やっぱりお安い方でお願いします。
「いや、日本に恥をかかせない方法がある。それどころか、全世界・・・、いや人類史において尊敬と共に日本の名を刻む方法が一つだけある! こうするんだ!」


夕暮れ時、荒廃したギリシャオリンピック跡地に立つ小池百合子東京都知事。ライトに照らされ、静かに、そして確固たる決意で話かける。
「東京は、東京都民のために、日本国民のために、そして世界人類のために東京でオリンピックを開催することを決めました。オリンピックは社会を良くすると思っていたのです。ところがいざ準備を始めてみれば、世界を良くするどころか、社会を悪化させることに気がつきました。人類はサルから進化しました。運動能力だけはなく、知力を選択したのです! 社会を築き、互いの連携を選択したのです! 今更、サルに戻ることはできません! よってここに、東京都民のためだけではなく、日本国民のためだけではなく、世界人類のためにっ!」
ドーンッ! バチバチバチバチッ!
空一面を覆う緑の花火。
「東京は、オリンピックを返上しまっす!」

「どうだっ!」
にたりと笑って妻に言うと、
「花火代が無駄」
「・・・・・・・・・・・・」


さて、本日みなさんに考えていただきたいのは、

・オリンピックは、社会を良くするのでしょうか? 悪くするのでしょうか?
・わずか1~2秒の差、1~2回の差、1~2センチの差に、どれほどの意味があるのでしょうか?
・オリンピックに意味があるとするならば、何にあると思いますか? 何を評価すべきだと思いますか?





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書メモ 「眠れない一族 ... | トップ | 最終形究極完全体人間 ザ・... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL