大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 16

2017年08月14日 | 世界全戦争史
・ フランス政治学者ガストン・ブートゥール
 ・ 全ての文明は、戦争によって滅びた
 ・ 全ての文明は、戦争とともに登場した
 ・ 社会体制の優位を決定するのは戦争である
 ・ 戦争は、文明接触の最も強力で効果的な様式
 ・ 武力によって心理的孤立状態を打ち破る
 ・ 戦争は、流行伝達の担い手になる
  ・ 戦争で、どの国が勝ったのかを見極める方法
   ・ 軍服のスタイルを見る
   ・ どの国の軍服が真似されているか
   ・ ナポレオンの時はフランス軍服が手本
   ・ 第一次世界大戦後は、イギリス軍服が手本
   ・ 今は、アメリカとソ連軍服が手本

・ つまり戦争は、社会生活の移行手段でもある
 ・ 加速度的な移行様式。抜粋

・ 軍事的分野における移行推移
 ・ 最初に勝者の正義が普遍的なものとして普及(評価基準が移行する)
  ↓
 ・ 敗者の正義が徹底的に否定される
  ↓
 ・ 兵器技術が伝達される
  ↓
 ・ 勝者の戦闘ドクトリンが普及する
  ↓
 ・ 戦略思想が誇らしげに語られる
  ↓
 ・ 勝利軍の趣味趣向が流行する
  ↓
 ・ 敗戦国の女性が、勝利国の男性に憧れる

・ たとえば、織田信長の鉄砲戦術は、ポルトガルの宣教師から習った可能性が高い
 ・ スペインコルドバ将軍がフランス軍に対して使った戦法

・ ドイツグデーリアン将軍の電撃戦
 ・ イギリス機甲軍団長フラー少将の「機甲戦」から学んだ


・ ここで改めて、「戦争とは何か?」
・ ハンチントン博士
 ・ 戦争とは、文明と文明の衝突である

・ フランス政治学者ガストン・ブートゥール
・ では文明が衝突したとき何が起こるか?
・ 新しい文明が生まれるのか?
・ それとも負けた文明が支配されるのか?
 ・ 文明は融和することはないだろう
 ・ 文明とは人間の情感であるから
 ・ つまり負けた文明は抑圧されるか、滅びることになる

・ ハンチントン博士
・ 文明の区分
 ・ 西欧文明
 ・ 東方正教会文明
 ・ イスラム文明
 ・ ヒンドゥー文明
 ・ 中華文明
 ・ ラテンアメリカ文明
 ・ そして日本文明
・ 日本文明は、どの文明とも共通しない孤立的文明

・ つまり日本文明の価値観による世界の軍事史観は、世界に通用しない危険性がある
・ 何がいいたいのか?
 ・ 世界の軍事史を学ぼうとするなら、「各時代」の「戦域や戦場」を意識しなければならない

  * 普通の日本人の感覚で戦争を語ると危険である
  * 「戦争は悪い」と言うのも良いが、同時に戦争が起こった場合についても語れるようになれ
  * それが世界に対して説得力を持つ
  * 世界は、日本人ほど「被害者様」に優しくない

・ 「時代」とは何か?
・ フランス政治学者ガストン・ブートゥール
 戦争は、もっともはっきりとした年代的手がかりであると同時に、人が賛成しようとしまいと、戦争は歴史の時代をかくするはっきりした区切りでもある

 * 日本が、歴史に区切られることがないように、心底願う

・ 何が言いたい?
 ・ 騎馬隊に鐙(あぶみ)がない時代は、チャリオット(馬車洗車)と歩兵が軍隊の主流であった。
  ・ 戦域は小さかった
  ・ だから文明が接触する範囲は狭かった
  ↓
 ・ 鐙と鞍が発明され、軍隊の主役は騎兵になった
  ・ 戦域が広くなった
  ↓
 ・ 小銃が開発されると、歩兵が主役になった
  ・ 戦域が小さくなった

・ 海では、
 ・ ガレー船
  ・戦域は海
  ↓
 ・ 帆船
  ・ 海洋
  ↓
 ・ 蒸気船
  ・貯炭場の位置が制海権の範囲を決めた

・ さて、今はロケット・ミサイルの時代である。文明の衝突はどうなるのだろうか?


* グローバリズムというのは、善でもなければ悪でもない
* グローバリズムは、善にもなるし悪にもなる
* 他の文明の人間たちの、価値観、ものの考え方・見方を吸収するという目的であれば善
* すなわち「人間の行動を理解する」のが目的であれば善である
* 人工知能と同じ。知的レベルが向上する(見方・考え方の幅が広がる)とともに、他国の侵略から身を守れる
* もし目的が、「いっぱいお金が欲しい」ということであれば悪
* カルタゴのように、金に釣られて滅ぼされるだけ
* 安倍政権の言うグローバリズムは、どっちだろうか?








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書メモ 世界全戦争史 松... | トップ | 読書メモ 世界全戦争史 松... »

コメントを投稿

世界全戦争史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL