大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

理解する市民と信じる奴隷

2017年07月08日 | ROU
こんにちは


 友人がさらに突っ込んできました。
「豊田真由子の問題は、安倍政権が抱える他の問題と違うだろ。個人の問題で、自民党の問題じゃないんじゃないか?」
この問いについて、みなさんはどう思いますか?

 「あのさ、お前、信じている政党はあるか? 信じている政治家はいるか? どの政党、どの政治家かは答えなくていい。質問は、『信じている政党・政治家はいるか?』だ」
「え? ・・・今まで自民党が他の政党よりましだと、思っていたけど・・・」
「それは、どういう意味だ? 『自民党を理解していた』という意味か? それとも『自民党を信じていた』という意味なのか?」
 みなさんは、どう思いますか?

 「俺には、豊田真由子のスキャンダルも、対テロ法案も、憲法改正も、菅・稲田・金田の発言問題も、加計・籠池問題も、官邸による完了への圧力問題も、官邸によるマスコミへの圧力問題も、安倍チルドレンの違法行為も、繰り返される強行採決も、全て全く同じ問題に見える」
「というと?」
「これら全ての根底に流れる共通の問題がある。安倍内閣は、国民が理解することなんて望んでいない。安倍内閣は、国民に信じることを強いるだけだ。それどころか、考える国民を排除しようとしている。つまりこいつらは、国民を国民とは考えていない。国民を、ただの奴隷や家畜程度にしか考えていないってことだ。だから秘書を家畜扱いするし、国民を馬鹿にしたような説明をしたり、説明を求められても逃げ回る。『奴隷や家畜ごときが理解する必要はない』ってことだ」
「・・・・・・その説明・・・・・・すっげえ良く分かる! 『市民は理解する。奴隷や家畜は信じるだけ』か。たしかにこいつら・・・カルト教団だ」


 さて、今日みなさんに考えていただきたいのは、

・あなたは、どの政党、どの政治家を信じていますか?

・あなたは、どの政党、どの政治家を理解していますか?





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーベ真理教 | トップ | ブラックモノサシ »

コメントを投稿

ROU」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL