大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

生きる

2017年09月22日 | 日記
今、愛犬が生き方を教えてくれている 長年、苦楽を共にしてきた相棒だ 毎日ひきつけを起こし、呼吸ができず、窒息しかける 毎回私は、口に指を突っ込み、気道を確保し、人工呼吸をする 破裂しそうな真っ赤な眼を見ながら、何度「死んだ」と思っただろう 痙攣が治まるとよろよろと立ち上がり部屋中を徘徊する 私と妻は、彼を抱き、近くの公園に行く 誰もいない深夜の公園 地面に降ろすと彼は歩く よろよろと右回りで . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 52

2017年09月20日 | 世界全戦争史
・ BC331、10月、アレクサンダー大王、バビロン無血占領  ↓ ・ 11月、アレクサンダー大王、スサを占領  ・ ちなみにスサは、イランイラク戦争の戦局を分ける激戦地  ↓ ・ 12月、アレクサンダー大王、ペルセポリス占領し焼き払う  ・ 古代ペルシャの首都  ・ アテネ焼滅(BC480)に対する報復   * 150年前の恨み?   * アレクサンダー大王ですら、感情を消化できない?  ↓ ・ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 51

2017年09月19日 | 世界全戦争史
・ BC331、10月1日、ガウガメラの戦闘(続き) ・ マケドニア軍、右前方へ斜行前進  ・ 戦闘陣形は維持  ・ 奇襲   * たったこれだけ   * だが、人間の心理   * 戦局眼とは、人間の心理を操ること  ↓ ・ ペルシャ軍困惑  ↓ ・ ペルシャ軍左翼、つられて左に移動  ↓ ・ 陣形中央と左翼の間に間隙発生  ↓ ・ アレクサンダー大王、コンパニオン騎兵に攻撃前進命令  ↓ ・  . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 50

2017年09月19日 | 世界全戦争史
・ BC331、10月1日、ガウガメラの戦闘 ・ マケドニアアレクサンダー大王軍4万5千名 VS ペルシャダリウス軍20万名  * アレクサンダー大王は、ダリウスをどう見ていたのだろうか? ・ ダリウスのペルシャ軍  ・ 基幹戦力は、騎兵、チャリオット戦車、戦象  ・ 最も頼りにしていた傭兵部隊のギリシャ歩兵がイッサスの戦闘で撃破されていたため    ・ 歩兵の戦闘陣形、縦深のある長い二列横隊 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 49

2017年09月18日 | 世界全戦争史
・ BC331、4月~9月、アレクサンダー大王、メソポタミア北部に進撃  ・ ダリウスがメソポタミアに集結中の報  ↓ ・ ペルシャ軍、ガウガメラに集結  ・ 20万名  ↓ ・ アレクサンダー大王、休止  ・ ペルシャ軍から11キロ  ・ 偵察と戦力回復  ↓ ・ ダリウス、再度和平申し入れ  ・ 3万タレントの金  ・ ペルシャ領半分  ・ 王汝  ↓ ・ アレクサンダー大王、拒否  ↓ ・  . . . 本文を読む
コメント

安倍のための国民? 国民のための・・・誰?

2017年09月18日 | 世界全戦争史
こんにちは  安倍内閣が解散するそうです。    安倍晋三のための総選挙。  日本国民は、どう評価・判断するのでしょうか?  さて、今日皆さんに考えて頂きたいのは、 ・ 自分のために国民の支持を利用しようとする安倍晋三首相。金正恩との違いを、理由を添えて説明しなさい。 ・ 金正恩と同じ評価基準で生きている北朝鮮国民。日本国民との違いを、理由を添えて説明しなさい。 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 48

2017年09月16日 | 世界全戦争史
・ アレクサンダー、シリアとパレスチナ占領  ・ テュロス攻略の最中、一軍を派遣  ↓ ・ ガザのみは頑強に抵抗  ↓ ・ ペルシャ王、和平申し入れ  ・ 一万タレントの金  ・ ユーフラテス河威勢の領土割譲  ・ ダリウスの王女との結婚  ↓ ・ アレクサンダー、拒否  ・ ペルシャ全土の解放要求  ・ 王女との結婚にダリウスの同意は必要ない ・ 解放とは、征服を正当化する口実用語である  * . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 47

2017年09月15日 | 世界全戦争史
・ BC332、1月~8月 ・ フェニキア、テュロス軍港攻略  ・ 陸地から800メートル沖の小島  ・ ペルシャ海軍の主軍港 ・ アレキサンダー、小島に届く幅60メートルの突堤建設開始  ・ 1月~8月まで続く  ↓ ・ テュロスの激しい抵抗  ・ 火船を用いて突堤建設妨害  ・ しばしば突堤と攻城櫓が炎上  ↓ ・ アレクサンダー  ・ 陸上からの建設力倍増  ・ フェニキア諸都市から船をか . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 46

2017年09月15日 | 世界全戦争史
・ イッサスの戦闘、BC334、10月 ・ ペルシャダリウス三世、マケドニア軍背後連絡線切断  ・ トルコ南部、イスケンドラム近傍  ・ アレクサンダー大王がシリアへ南下するとの報に即応  ・ 兵10万  ↓ ・ アレクサンダー大王、反転  ・ 兵3万  ↓ ・ イッサスの戦闘  ・ 3万 VS 10万、3倍  ・ ペルシャ軍、ピナルス河(東から西)北側に布陣   ・ 縦深の大きい戦闘陣形  ↓ . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 45

2017年09月14日 | 世界全戦争史
・ アレクサンダー大王の目標は世界制覇?  ・ 当時において世界とは、地中海周辺  ・ 民族を超える文化共同体を造る野心はなかった  ・ むしろ融合や習合社会の構築  ・ なぜそう言える?   ・ 当時の宗教は、共生していた    ・ 相互に良いところを採りあって習合     ・ ギリシャ文化、自然主義     ・ アケメネス朝ペルシャ、ゾロアスター教(拝火教)      ・ 世界最古の一神教 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 44

2017年09月14日 | 世界全戦争史
・ アレクサンダー大王、BC356~BC323 ・ マケドニア王であり、事実上のペルシャ皇帝 ・ フィリップ二世を父、エピロスのオリンピアを母 ・ マケドニアのペラで生まれる ・ 13~16歳の間、ギリシャ哲学者アリストテレスが家庭教師 ・ BC339、フィリップ二世のトラキア征服作戦参加  ・ 17歳でビザンチウム攻略 ・ 18歳の時、第四次神聖戦争参加  ・ ケラニーアの戦闘では右翼 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 43

2017年09月09日 | 世界全戦争史
・ ダリウス三世、?~BC330 ・ 「敗将に歴史なし」 ・ ダリウス三世の人となりを知る記録はない ・ アレクサンダー大王の宿敵ペルシャ軍  ・ 規律が正しかった  ・ 文化水準が高かった  ・ ギリシャ兵は、ペルシャ兵を尊敬した  ・ 野生を失った国家の修飾おような軍隊だった ・ ダリウス三世  ・ 17代目の王  ・ 最後の王  ・ 戦争経験のない王  ・ 戦術的にも戦闘指揮においても . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 42

2017年09月09日 | ROU
・ マケドニア、装甲歩兵の戦闘陣形  ・ 驚くほど今日の陸軍の編成に似ている  ・ 四角形の陣形が基本思想 ・ 装甲歩兵の編成 ・ テトラルキャ(小隊)、64名の装甲歩兵 ・ タキシアルキャ(中隊)、二個小隊 ・ シンタグマ(大隊)、二個中隊 ・ キリアルキャ(連帯)、四個大隊、1024名 ・ 基本ファランクス(師団)、四個連隊、4096名 ・ 装甲歩兵、4096 ・ ペルタスト(後方)、20 . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 41

2017年09月08日 | 世界全戦争史
・ マケドニアの軍事システム、BC350~BC320 ・ BC359、フィリップ二世は王位に就くや完全にマケドニア軍の改編を実行  ・ ギリシャの愛国的戦士とギリシャの精強な傭兵の巧みな組み合わせ  ・ 戦士の能力と限界、装備の性能について徹底的に分析  ・ 科学的に検討された歴史上初めての軍隊  * まさに部下の評価  * 馬鹿なリーダーは評価ができない   * 馬鹿なリーダーの部下はBUT . . . 本文を読む
コメント

読書メモ 世界全戦争史 松村劭、H&I出版 40

2017年09月07日 | 世界全戦争史
・ BC342、ペルシャ、アルタクセルクセス三世、再度エジプト遠征  ↓ ・ 小アジアの配備兵力が手薄  ↓ ・ フィリップ二世、東方に軍を転じる  ・ 戦争目的、黒海までの領有  ・ 覇権の拡大から領土の拡大に政策転換 * 状況によって目的は変化する * 保有資源によって目的は変化する * 北朝鮮の目的は、変化したか? * これまでの北朝鮮の目的は何だったか? * 今、北朝鮮の目的は何か? * . . . 本文を読む
コメント