脱原発四万十行動

脱原発四万十行動のブログです。

月例デモ→月例スタンディングスピーチ

2017-05-17 11:38:56 | Weblog

意外やった。
.......思ってもみいひん結果やった。

今月の第2土曜日、月例デモとミーティング。
1時間ほど皆で話し合った。
私の提案「月例デモは止めて、随時、その時々に判断してデモをしよう。」と言う事について、みんなの考えを聞いた。

私としての考えは、皆とにかく忙しい。
一人で何役もこなす現実があり、毎月のデモと重なる事が多い。
子供のいる人は学校の用事もあるし、地域のイベントも無視できない。
何より、今の安倍ちゃんの出してくる矢継ぎ早の法案に伴う反対運動や学習会などがあると、優先順位としては脱原デモは下位になる。
それは仕様がないと思うし、私だってそんな時はある。
だけど、今年に入ってからは特に顕著で、先月は参加者は2人だけだった。(私とてっちゃん)。事前に¥2200払って、許可申請しているので急遽取りやめもお金がもったいない。
きっと、皆も私の提案にホッとして賛成してくれるだろうと予想していた。

ところが、出席者8人の内、私と保留のてっちゃんを除いて6人が、口をそろえて、ま、遠慮深げではあったけど「はんたーい」。
えっ?なんで....あんた、忙しいやろ?あんたも大変やろ?

曰く、「忙しくても、ここに来るのが、みんなの顔を見るのが、デモで声を上げるのが、僕のエネルギー源なんや。」
曰く、「何時も来れないけど、気持ちは来てるし。」
曰く、「今止めたら、きっと、もうみんなでデモせえへんと思う。」
曰く、「止めるの嫌や。来んのに悪いけど。」
曰く、「もったいないやろ。今まで続けてきたのに。6年もやで。」
曰く、「こんな3万人程度の町で、毎月デモやる所があるか」
とまあ、こんな事です。

ありがたいやら、驚くやら。
とにかく、月例でやっていく事が決まり、
内容はお互いの負担軽減を考え、
許可申請¥2200は出さず、
デモではなく、サイレントで6丁目交差点までプラカードを掲げながら歩く。(シュプレヒコールしなければデモにならないらしい)
交差点に着いたら、其々がスピーチ。
細かい事はその時々に連絡しあう。
という結果に落ち着いた。

来月からもやります。
脱原発四万十行動月例スタンディングスピーチ  山本祐子

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月12日「太陽の蓋」上映会会... | トップ | 6月10日スタンディングスピーチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL