フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

8月11日(金) 曇り

2017-08-12 10:56:13 | Weblog

一度、7時ごろに妻が掛けた目覚まし時計の音で目が覚める。しかし、睡眠時間4時間では寝たりないので、二度寝をする。

トースト、ベーコン&エッグ、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

現代人間論系で非常勤をされている宮本先生(東工大助教)から、彼女がコーディネーターを務める東工大の社会人アカデミーの連続講演会「深化する生命」のご案内をいただいた。昨年の連続講座「宇宙と深海」はとても面白かったが、今回も期待できる。

 詳しくは→こちら

昼食は冷やし中華。ごまだれで。

夕方、卒業生のアヤノさん(論系ゼミ6期生)と蒲田駅で待ち合わせて、「まやんち」へ行く。髪がずいぶん短くなりましたね。

私にとっては今シーズン7個目の、彼女にとっては人生初のピーチメルバ。

先月の11日にNHKの『グレーテルのかまど』という番組で、ピーチメルバの作り方を放送したそうである。彼女はたまたまそれを観ていて、メルバがオペラ歌手の名前であること(それは私も知っている)、アイスクリームが食べたいが喉を冷やしてはのでたくさんは食べられないメルバのために彼女のファンであるシェフが創作したデザートであることを教えてくれた。

番組でのレシピは→こちら 

紅茶はシャングリラを注文。 

夕食は「phono kafe」で食べることにした。 大原さんに電話をして、これから伺うことを伝える。

今日の彼女のワンピースはお母様がお若い頃に着ていたものだそうである。母と娘はお顔も体型も同じらしい。紺絣(こんがすり)を思わせる柄とスッキリしたデザインが新鮮だ。

「phono kafe」には6時半ごろ到着。夕暮れの明かりの中で、お店の壁やドアのペールブルーとワンピースのディープブルーがマッチしている。

店内に入ると、カフェ仲間のMさんがいらいた。中学校の家庭科の先生をされているが、4月にお子さんを出産され、現在は育休中である。最近は、週に一度か二度、お子さんはご主人に任せて「phono kafe」にいらしているらしいが、お会いするのは出産後初めてである。「カフェのある生活」が復活してよかったですね。

ご飯セットを注文し、おかず6種をシャアする。

ほうれん草と長芋のナムル風(左) 玄米と豆腐のタルト人参ソース掛け(右)

ネギポテトの油揚げ包み

ラタトゥイユ(左) ベジミートのタルタルソース(右)

丘ひじきと長ひじきのクルミソース

食べ始める前に大原さんに写真を撮っていただく。アヤノさんは姿勢がいいですねと大原さんが言った。あっ、気づかれましたか。そうなんです。写真を撮っているとそれに気づきやすいのですね。背筋が伸びているのと丸くなっているのとでは、写真に撮った時の印象が全然違う。

彼女からスマホのアプリを1つ教えてもらった。「shazam」というのだが、店内でかかっている音楽のタイトルがわかるというアプリである。「phono kafe」では大原さんのご主人のCDがかかっていることが多いので、さっそく試してみる。有名なアーティストの曲ではないから(失礼!)、分からないだろうなと思ったら、分かったので驚いた。 

NAPH(ナフ)の『Estuary』(入江)というアルバムに収められている「Fluctuation Of The Lake Surface」という曲だ。「湖面の波動」。アルバムはお店で売っています。

デザートはミニケーキと小豆茶。

普段はミニケーキにはチョコレートケーキは使わないのだが、今日はサービスとのこと。ご主人の曲が認識されたので嬉しかったのだろう(笑)。

彼女は小豆茶は初めて。「美味しいですね」

物販コーナーにおいてある鉄琴を叩くアヤノさん。「大原さんが厨房に入っている時はそれを叩いて呼ぶのです」と私がいうと信じてしまった(嘘ですからね)。 「すみませ~ん」と言って呼ぶのです。

彼女と大原さんのツーショットを撮る。

店を出て、駅まで彼女を送って行く途中で、本日最後のポートレートを撮る(読者モデル風に)。

夏カフェは今日のように夕方からもいいですね。次回は秋が深まった頃にでも。

8時半、帰宅。3時、就寝。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月10日(木) 曇り | トップ | 8月12日(土) 晴れたり... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事