フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

5月11日(木) 晴れ

2017-05-14 20:59:16 | Weblog

8時、起床。

トースト、サラダ、紅茶の朝食。

お昼に自宅を出て、大学へ。

今日は陽射しが強い。28度くらいまでいくだろうと天気予報が言っている。

3限は大学院の演習。ドクターが1名、マスター2年が3名、マスター1年が3名、学部4年(先取り履修)が1名という構成だが、今日はマスター2年のうちの2名が欠席だったこともあり、マスター1年がよく発言をした。よいことである。臆することなくどんどん発言して下さい。

演習を終えて、研究室でコンビニおにぎりの昼食。鮭、昆布、梅干が基本だが、今日は昆布と梅干がなくて(品切れなのか)、ふだんあまり食べることのないシーチキンと鮪を買ったのだが、いまひとつだった。

茶を淹れた急須を廊下の流しで洗う。

 真夏日や急須の影の濃きところ  たかじ

教員ロビーに行くとき渡り廊下から真っ白い雲の片鱗が見えた。

見通し晴しのよい場所に出て見ると、積乱雲の上層が太陽の光で白く輝いているのだった。夏の産声が聞こえるようだ。

少し前まで咲き乱れていた八重椿は「花はどこへ行った?」という感じになっている。

落ちた花のガクの残骸が残っているばかりである。

新緑もいつのまにか色濃くなってきている。

5限は講義「日常生活の社会学」。前回のレビューシートの質問に応えていたら、時間がかかって、予定していた内容の3分の1くらいが次回まわしになってしまった。

6限の時間にゼミ4年生のIMさんのゼミ論指導。彼女は昼に名古屋で就活(面接)があり、東京に戻ってきて、そのまま研究室にやってきた。お疲れ様だね。

差し入れてくれたのは名古屋銘菓「鬼まんじゅう」。蒸しパン(?)の中にさつま芋が入っているこの味は、なんだか懐かしい。

9時に帰宅。

夕食はカレーライス。

いつもであればカレーライスのお替りをするところだが、今日は白いご飯にほぐした鮭とタラコで白いご飯をいただく。

刺繍作家のヤンヤンさんから作品展のDMが届いていた。

会場は高円寺の銭湯「小杉湯」のギャラリーで、会期は6月いっぱいだ。

銭湯併設のギャラリーとは珍しい。銭湯の待合室を利用しているようである。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月10日(水) 曇り | トップ | 5月12日(金) 晴れ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む