フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

11月17日(木) 晴れ

2016-11-20 10:20:53 | Weblog

6時半、起床。

いつもよりだいぶ早起きである。

西の空にはまだ月が残っている。

一階の雨戸を開けると野良猫のなつが部屋に上がってきたので、食事を与える。

普段より早起きしたのにはわけがある。校正ゲラを朝一番でポストの投函するためである。

朝の街の風景。駅へ向かうサラリーマンや学生の姿はまだまばらだ。

外から戻って、トースト、目玉焼き、紅茶の朝食。

お昼に家を出て、大学へ。

3限は大学院の演習・・・のはずであったが、4名の学生のうち、1名が風邪で欠席、報告者のS君も風邪で体調が悪そうだったので、無理はいけないと即刻帰ってもらい、Sさんの修論指導に切り替える。

昼食は、3限と4限の間の時間に、東京駅→大手町の乗り換えのときにオアゾビル地下の惣菜屋で買ってきた地鶏の照り焼き弁当を食べる。

4限はS君のゼミ論指導。

4限と5限の間の時間に、S君からいただいたお団子(胡麻あん、みたらし)を食べる。

5限は講義「ライフストーリーの社会学」。

7時半、帰宅。

先日の信州旅行の途中、松本のブックカフェ「栞日」でやっていた古河郁個展「幾何学の風景」で購入した作品が作家さんから送られていた。

古河郁「天文学者」。

中世の天文学者のイメージが、フレスコ画風の作風とマッチしている。

夕食はポースソテー、茶碗蒸し、サラダ、茄子の味噌汁、ご飯。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月16日(水) 曇り | トップ | 11月18日(金) 晴れ »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事