フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

6月29日(木) 曇り時々晴れ

2017-06-30 12:36:27 | Weblog

8時半、起床。

トースト、ハム&エッグ、、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

ハム&エッグやベーコン&エッグというときのエッグは目玉焼きのことなのだろうか。漠然とそう思っているが、炒り卵やゆで卵のときもそういうのだろうか。

お昼に家を出て、大学へ。

3限は大学院の演習。

演習を終えてからの昼食はおにぎり2個。今日はゼミ論個別指導が2件あり、そのときにスイーツを食べる可能性大なので、おにぎりは2個にしておく。

3時からN君のゼミ論指導。マドレーヌを差し入れていただいたので、紅茶を淹れる。

5限は講義「日常生活の社会学」。

研究室に戻って、Uさんのゼミ論指導。ロールケーキを差し入れていただいたので、紅茶を淹れる。

8時頃、大学を出る。

「あゆみブックス」の店先にアウトレット本(50%オフ)が出ていて、その中から『東宝青春映画のきらめき』(キネマ旬報社)を購入。2400円→1200円。50%オフでなかったら購入したかどうかはわからないが、「内藤洋子と酒井和歌子の時代」という帯の文句に惹かれた。

「1966年から73年にかけて、東宝の青春映画には確かに新しい波が起きていた。そして、それは二人の新人スターに集約されると言っても、決して過言ではないだろう。その二人とは、内藤洋子と酒井和歌子。」(7頁)

その時代は私にとって中学・高校時代に相当する。たしかに当時の思春期の男子は内藤洋子派と酒井和歌子派に二分されていたように思う。不思議なことに「両方とも好みのタイプ」という者はいかなったように思う。そして私は酒井和歌子派であった。中学の親友は内藤洋子派であった。われわれは北杜夫の「どくとるマンボウシリーズ」の愛読者であったが、この点に関しては決して相容れることがなかった。その後、彼は慶応高校から慶応大学へと進んで行ったが、これも内藤洋子派らしい進路であったと言わざるをえない。

夕食はメロの西京焼き、コンニャクの白和え、サラダ、かやくご飯(鶏肉とごぼう)、ワカメの味噌汁。

デザートはさくらんぼ。

9月9日(土)、10日(日)に京都大学で日本家族社会学会大会があるのだが、京都のホテルを検索し、予約する(8日と9日)。やっぱり京都のホテルは高い。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月28日(水) 雨のち曇り | トップ | 6月30日(金) 曇り »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事