フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

7月23日(土) 晴れ

2016-07-24 21:55:33 | Weblog

8時半、起床。

ハムトースト、サラダ、紅茶の朝食。

11時20分に蒲田駅で卒業生のみずきさん(論系ゼミ4期生、2014年卒)と待ち合わせ、「まやんち」へ。開店時刻(11時半)少し前だったが、すでに入口の前には5,6人の客が並んでいた。

私にとっては今季4個目の、みずきさんにとっては人生初のピーチメルバである。紅茶は東方美人。 

ピーチメルバはコンポートした桃、ラズベリーソース、バニラアイスクリームの三要素から構成されるが、形態はとくに決まっているわけではない。「まやんち」のピーチメルバは私に星雲を想起させる。

ピーチメルバ星雲。

今日は土曜日ということで、ピーチメルバ目当ての私のゼミ卒業生が他にも来ていた。下の写真は3期生のホナミさん(右端)と彼女の妹さんである。お二人と今日遭遇するであろうことは、昨日、ホナミさんから届いたメールで知っていた。ホナミさんとは別の日に「まやんち」にピーチメルバを食べに来る約束をしていたのだが、生憎彼女の仕事の都合で取りやめなった(来年に延期)。しかし、私と来ることは断念したホナミさんだが、ピーチメルバ自体への欲望を抑えることはできず(彼女は去年一度食べているのである)、今日、妹さんを誘って、遠路はるばる(八王子方面から)蒲田までやってきたというわけである。

もう一人、2期生のエミさんもお一人でいらしていた(彼女から帰り際に挨拶されるまで気づかなかった)。彼女は初ピーチメルバのはずである。

これから何度か土曜日に来るが、土曜日のテーブルの予約は11時半から12時までの間に入店する場合に限られるので、卒業生たちとの遭遇が繰り返されるかもしれない。

「まやんち」ではセオリー通り、ピーチメルバだけを食べ、昼食は別の店に移動する。いくつかの候補の中からみずきさんが選んだのは「西洋料理SUZUKI」であった。陸橋を渡って、東口から西口へ。 

アーケードの商店街ではなく、多摩川線の線路沿いを歩く。

踏切を渡る。

到着。 

ランチト(2人前)+ビーフシチュー(1人前)を注文。

ビシソワーズ(ジャガイモの冷製ポタージュスープ)。

本日のランチは海老フライと若鶏のコンフィ。

看板メニューのビーフシチューは外せない。

「お腹がポンポコリンです」とみずきさんが言った。最初、わざとそういうおどけた言い方をしたのかと思ったら、どうもそうではないらしい。子供の頃に自然に覚えた言い方で、「お腹いっぱいです」(おなかがポンポンです、お腹がパンパンです)の意味らしい。「それって『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマ、「おどるポンポコリン」のポンポコリンですよね?あれはタヌキの腹鼓の音で、「お腹がいっぱい」の意味はないと思うけど」と私が指摘すると、彼女は顔を赤らめた。

店を出て、商店街を駅の方に歩いていたら、子供神輿や山車を引くたくさんの子供たちと遭遇した。 

神輿をかつぐ真似をする。

太鼓を叩く真似もする。

これが正真正銘、「おどるポンポコリン」です。これでもう間違うことはないでしょう(笑)。

本日最後のカフェは大井町の「pottery」へ。

「pottery」のマダムに「卒業生です。航空会社勤務ではありません」とみずきさんを紹介すると、マダムは微笑んで、「テレビ局にお勤め?」と聞いてきた。女子アナでもありませんから(笑)。

注文したブレンドコーヒーはウェッジウッドの美しいいカップ&ソーサーで運ばれてきた。

これでみずきさんは8大カフェ制覇(スーパーグランドスラム)にリーチをかけた。残る最後の一店は「カフェゴト―」なので(これは意外だった)、グランドスラムとスーパーグランドスラムのダブルリーチというわけだ。同じゼミ4期生のカホさんとこの時点で並んだ(カホさんの最後の一店は「トンボロ」)。決着は「秋カフェ」か。でも、カホさんは先日研究室に来て報告してくれた件(具体的には書けません)をめぐってだんだん忙しくなるだろうから、私とカフェをしている暇はないかもしれない。グランドスラム4期生一番乗りはみずきさんの可能性が高くなったのではないかな。

マダムが「写真、お撮りしましょうか?」と言ってくれたので、お願いする。

これから先輩のお宅のホームパーティーにお呼ばれしているというみずきさん。プレゼントをラッピングするリボンをどこかで買っていきたいというので、たぶん大井町の駅ビル(アトレ)の中にそいういうものを扱っている店があったような気がしますと教えて差し上げる。 彼女とは駅の改札で別れた。次回は「カフェゴト―」で会いましょう。

4時過ぎに帰宅。

夕食は回鍋肉。

今夜も夜更かし。3時、就寝。 


この記事をはてなブックマークに追加

7月22日(金) 曇り

2016-07-23 23:28:01 | Weblog

8時半、起床。

トースト、サラダ、紅茶、梅ソーダの朝食。 

梅ソーダは昨日阿比留先生からちょうだいした自家製の梅ジュースの原液を炭酸水で割ったもの。朝の食卓にふさわしい爽やかな飲み物。

午後、妻と「まやんち」へ。

食事+ピーチメルバで私は当初サンドウィッチを予約していたのだが(妻はキッシュ)、期間限定で私はまだ味わったことがないルバーブのパイもいいなと思って、電話で変更を伝えておいた。ルバーブは大黄(だいおう)という和名のシベリア産の蓼科の植物だが、茎の部分だけを見ると蕗のように見える。「さくさくのパイの上に、ごろごろとルバーブを散らし、煮詰めて味を凝縮させたジャムを乗せ、さらに、クランブルで食感を出し、極め付けは、自家製バニラアイスクリーム」(「まやんち」HPより)。美味しそうなのだが、私はミスを犯してしまった。

パイに気を取られて、アイスクリームが添えられていることを失念していたのだ。

ピーチメルバとアイスクリームが被るっているではないか!私としたことがなんて初歩的なミスを・・・。落胆する私に妻が言った、「キッシュは分けてあげないからね」。(でも、最後に一口だけ分けてくれました)

「まやんち」を出て、その足で大学へ。

アイスクリームをダブルで食べてしまったミスを帳消しにするために「メーヤウ」に入る。

タイ風レッドカリーを注文。口の中に残っているアイスクリームの甘さを払拭する。

5限・6限はゼミ。今日が春学期最後のゼミ。今日は通しで3年・4年合同で行う。

休み時間のスイーツは3年生のKさんが準備してくれた。

4年生はこれからライフストーリーインタビューとゼミ論が控えているが、大学生活最後の夏休みをしみじみと味わって下さい。

3年生は春学期に発表した関心のあるテーマを参考文献を読みながらじっくりと深めて下さい。

夏休み中も私はたまに大学には来ますから、個別相談には応じます。

誰もいなくなった教室。学生たちは飲み会に行ったが、締め切りを越えてしまった原稿を抱えているため、失礼する。

秋学期にまた会いましょう。よい夏休みを。

夕食は、大手町駅=東京駅での乗り換えの途中、「屏南」で。

「屏南」といえば、担担麺である。

10時過ぎに帰宅。


この記事をはてなブックマークに追加

7月21日(木) 雨

2016-07-23 09:23:05 | Weblog

8時、起床。

ハムトーストと紅茶の朝食。

11時過ぎに家を出て、蒲田駅で同僚の阿比留先生と待ち合わせ、「まやんち」へ行く。 今夏、「まやんち」にピーチメルバを一緒に食べに行く予定の人には卒業生が多いが、卒業生以外にも、教員、作家、歯科衛生士、そして妻がいる。

阿比留先生は「まやんち」は初めて。

キッシュ・セット、紅茶、そしてもちろんピーチメルバを注文。

原則として私はピーチメルバをデザートとしては食べない。まずピーチメルバを食べ(空腹な状態で心ゆくまで味わい)、食事はその後で他の店で食べる。しかし、今日はこの後、私は早稲田大学へ、阿比留先生は上智大学へ行かなくてはならないので、食事もここで済ませることにしたのである。 

久しぶりの「まやんち」のキッシュ。松本のカフェ「chii ann」でキッシュを食べたとき、「まやんち」のキッシュの味を思い出したが、それは当然のことで(後から知ったのだが)、「chii ann」の奥様は「まやんち」のお菓子教室で勉強をされた方だったのだ。

キッシュを食べ終え、ピーチメルバが運ばれてきた。阿比留先生の顔が思わずほころぶ。「食べ方があるのですか?」と聞かれたので、桃→アイス→紅茶の順序で回って行くのです、続けて桃を食べたり、アイスばかり口に運んだりしてはなりません、と指導する(紅茶については注文のときにストレートティーを勧めた)。内心、「うるさいことをいう人だ」と思ったかもしれないが、「わかりました。郷に入らば郷に従えですね」とおっしゃて、その通りの作法で食べられた。素直な方なのである。

食べ終えてから、私は阿比留先生と話したいことがあった。それは彼女が『yurufemi magazine』vol.1(2016年4月)に寄稿されたエッセイ「『語られない流産』について語ってみること」についてだった。

 「去年の冬、私は妊娠5か月で流産した。1人目を妊娠した時には妊娠初期から切迫流産になったりしていた私が、2人目の今回はなにごともなく順調に安定期を迎え安心しきっていたため、あれよあれよという間に自分が流産してしまうとは思いもしなかった。/・・・(中略)・・・記憶にある限り私の人生であんなに声をあげてないたことはなかったと思う。/なにも流産したのは私だけではなく、友人との個人的な関係の中ではしばしば耳にする話だ。しかし、流産の話が公の場では話されない(話される場合には、往々にして次の妊娠や出産の報告と一緒になされる)ということに以前から私は疑問をもっていた。なんだが流産が「語られてはいけないこと」にされているような気がしたし、語られる時には次の妊娠や出産の報告と一緒になされて、亡くなった子が単独で存在してはいけない存在として扱われているようで、亡くなった子がそんな扱いをされている(ように見える)ことに憤りを覚えていたのだ。そして、親の側から出される語りも「流産したりして色々つらいこともあったけれど、無事また幸せがやってきました」というかたちでしか存在を許されていないように見えて、なんだかやりきれないと思っていた。」(87頁) 

「でも、だからこそ、新たな妊娠や出産とセットにすることなく流産のことを語る場や機会が少しでもあったらよいのではないかと思う。それも流産経験者だけの閉じた世界で語るのではなく、もっとオープンでパブリックに「たしかにあの子は存在していたんだよ」と伝えられるような場や機会が。」(90頁)

引用したのはエッセイの最初の部分と最後の部分だ。間の部分で、阿比留先生は「流産という経験について」そして「流産について語ることについて」語っている。大変に読み応えのある文章であった。そういう感想を彼女に伝えた上で、この文章が書かれたのは今年の1月頃だったそうなので、それから半年が経過したいまの気持ちなどについてお尋ねしたかったのである。

真摯に答えていただいて、ありがとうございました。また、お話を聞かせてください。

なお、『yurufemi magazine』についての情報(目次や購入方法など)は→こちら

 1時に「まやんち」を出て、京浜東北線で東京駅までご一緒し、そこで私は東西線、阿比留先生は中央線に乗り換えた。

2時から大学院の社会学コース会議。

会議を終え、小腹が空いたので、ラウンジでおにぎりを買って来て食べながら、研究室で夕方まで仕事。

7時、帰宅。

夕食はラムチョップのロースト。

また2本か・・・。(今日は夕方におにぎりを食べたからいいけど)

デザートは葡萄。いただきた葡萄はこれでお終い。

今夜も夜更かし。


この記事をはてなブックマークに追加

7月20日(水) 曇り

2016-07-22 02:50:25 | Weblog

8時、起床。

トースト、目玉焼き、サラダ、紅茶の朝食。

9時半に家を出て、大学へ。

10時半から大学院の社会学コース会議。

昼食は、本部キャンパスに行く用事があったついでに「フロム・ハンド・トゥ・マウス」(略して「フロハン」)で食べる。

生ハムサンドとアイスティー。

戸山キャンパスに戻る途中、以前「maruharu」があった場所に新しいビルが建っていることに気づく。

一階に入っている店は何の店だろう? こちらからではよくわからなかった。

12時15分から現代人間論系の会議。先週の水曜日に予定されていたのだが、運営主任会が異様に長引いて(2時から始まって7時までかかったそうだ)今日に延期されたのである。

2時から教授会。しかし、私の尾骶骨のあたりの皮膚の痛みは限界に来ており、これからおそらく4時間はかかるであろう長時間の会議には耐えられそうもなかったので、欠席させていただく(あとから聞いたところでは終わったのは7時だったそうだ。5時間だ!)。

「あゆみブックス」で、鷲尾清一『素手のふるまい アートからさぐる〈未知の社会性〉』を購入。

7時、帰宅。

夕食はサーモンと野菜のレンジ蒸し。

デザートは葡萄。

3時、就寝。


この記事をはてなブックマークに追加

7月19日(火) 晴れ

2016-07-22 01:25:37 | Weblog

9時、起床。

トースト、サラダ(炒り卵)、紅茶の朝食。

午後から大学へ。

広島で梅雨明けを迎えたが、帰京して、梅雨明け前に逆戻りしてしまった。広島ー東京間のどこかで梅雨前線を追い越してしまったようだ。今年は人生初、二度の梅雨明けを経験することになるわけだ。

昼食はコンビニおにぎり3個。

5限は講義「現代人のライフスタイル」。

6限は演習「個人化の社会学」。

授業を終えて、夕食は「ごんべえ」でとる。

カツ丼とうどんのセット。店員さんが新しい人になっていたが、やはり外国の人で、「アタタカイウドンニマスカ、ツメタイウドンニシマスカ?」という質問がすぐに聞き取れず、「はっ?」と聞き返してしまった。「あなたが落とした斧は金の斧ですか、銀の斧ですか?」と女神に聞かれてキョトンとしてしまったキコリのようであった。

食事を終えて、地下鉄に乗る前に、「カフェゴト―」で一服する。

この土日月の三連休は会合やら出張やらで「連休」という感じはしなかったが、かといって「働きづめ」というわけでもなく(卒業生らとの社交)、公私混成(混同ではなく)的な三日間だった。本当は一日完全休養日(孤独な時間)があって、新しい週に入りたかったが、それはないものねだりというもので、あれこれの締め切りが目白押しの一週間が始まった。そのまた先には試験・レポートの採点天国的一週間(二週間?)が待っている。箱根駅伝でいえば往路第5区(箱根山)のスタート地点に立っている心境である。

決戦前夜、アイスココアを飲む静かなひととき。

10時過ぎに帰宅。


この記事をはてなブックマークに追加