フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

1月20日(金) 曇り 小雪ぱらつく

2017-01-21 10:46:33 | Weblog

8時、起床。

トースト、サラダ、紅茶の朝食。

10時に家を出て、大学へ。

冬らしい曇天だ。雪になるかもしれないとのこと。

今日は修士論文の口頭試問の日。普通の授業はすべて休講だ。

11時15分から私が主査をしていSさんの口頭試問を研究室で行った。

昼食は「ごんべえ」で。忍者うどん。

生協戸山店で村上春樹の新作の予約をして、春樹本の20%割引兼をもらう。

会議等があって、夕方に大学を出る。

蒲田の有隣堂でNHKの俳句と短歌のテキストを購入。

「巻頭名句」(大石悦子選)から三句。

 一枚の餅のごとくに雪残る 川端茅舎

 春浅き木立の上の空のいろ 柴田白葉女

 春寒や貝のはなさぬ海の砂 いのうえかつこ

今日、ゼミがないので早く帰ることを妻に伝えていなかった。電話をして、「phono kafe」で夕食をとることにする。

ご飯セットを注文する。ご飯は二人とも軽めで。ただし量は二人同じではない。なぜなら男性客と女性客はそもそも茶碗の大きさが違うからだ。したがって私は男性用の軽めで、妻は女性用の軽めとなる。

おからコンニャクの竜田揚げ(手前)、ヤーコンの白和え(奥)。

キノコの和マリネ(左)、ごぼうのフリット(右)。

ルッコラと長いひじきのクルミソース

夜の時間帯は常連さんが多い。私たちが店に入った時、整体師のTさん一家がいて、後から中学教師のMさんや、会計事務所のKさんがやってきた。

「phono kafe」の夜が更けていく・・・と書きたいところだが、7時閉店(ラストオーダー)なので「更ける」というところまではいかない。


この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木) 晴れ

2017-01-20 16:28:19 | Weblog

8時、起床。

トースト、サラダ(鶏のササミ)、紅茶の朝食。

朝食をとりながら

昼前に家を出て、大学へ。

研究室のあるフロアーのエレベータの前の空間にたくさんの段ボール箱が積まれている。どこかの研究室から本を搬出するようだ。

昼食はコンビニおにぎり三個。鮭、昆布、梅干しが基本なのだが、今日は梅干しがなかったので、とり五目にした。

2月24日に書店に出る村上春樹の新作『騎士団長殺し』(全二巻)の予約販売の大学生協のチラシがメールボックスに入っていた。予約すると15%オフで買えるのか(普段は10%オフ)。しかも村上春樹本が20%オフで買えるサービス券が付いてくるとのこと。かなりお得な話ではなかろうか。

3限は大学院の演習。

5限は講義「ライフストーリーの社会学」の教場試験(理解度の確認)。受講生は111名なので、今回は補助監督員は付けてもらえない。一人で453教室(けっこう大きい教室である)をあちこち動き回る。

回収した答案をチェックしたら、教員名が空白のものが何枚かある。教員の名前も知らずに授業を受けていたのだろうが、あるいは、授業はほとんど出ないで、試験だけ受けにきたのだろうか。まあ、それはまだよいとして、他の教員の名前を記入したものが1枚あった。「安藤先生」。う~ん、でも、採点には影響しませんけどね。

7時半、帰宅。

夕食はひしゃも、サラダ、野菜たっぷりの汁、ご飯。なんだかヘルシーな夕食だ。朝食っぽい感じがしなくもない。

明日は修士論文の口頭試問がある。じっくり目を通していかなくてはならないので、今夜のウォーキングはお休み(妻一人で出かけて行った)。

2時、就寝。 


この記事をはてなブックマークに追加

1月18日(水) 晴れ

2017-01-19 18:33:54 | Weblog

8時、起床。

「なつがウンチをしたわ」と妻が言った。また畳の上にウンチをしてしまったのか!と思ったら、そうではなかった。ダンボールに猫砂を敷いて置いておいた猫用トイレの中にちゃんとしていたというのである。えらいぞ、なつ!

猫用トイレはなつが夜を家の中で過ごすようになったときから置いておいたのだが、それを無視して、畳の上にしてしまったので、私が寝る前になつをちょっと外に出して、排泄を外でさせてから(しかたどうかはわからないのだが)、再び家の中に入れるようにしていた。妻は妻で早朝から(なつが家の中で粗相をする前に)なつを外に出すようにしていた。おそらくウンチを畳の上でしてしまったときにウンチをトイレに流す前に猫トイレにおいて匂いが残しておいたのが功を奏したのかもしれない。ここが自分のトイレの場所なのだと理解したのだろう。やはり頭のよい猫である。これで安心して私たちも眠れる。

パン、サラダ(鶏のササミ)、紅茶の朝食。

今日は午前中から会議がある。9時半に家を出て、大学へ。

いまJR東本では「ドラゴンボール」のスタンプラリーが行われているのだが、蒲田駅には「餃子」(チャオズ)のスタンプが置かれている。蒲田といえば羽根つき餃子が有名だが、それにからめての配置なのだろう。

10時半から大学院の社会学コース会議。

会議を終えて、昼食を食べに出る。「すず金」はしらばくお休みするようである。

昨日の夕食に続いて「五郎八」で食べることにする。

昨日はお蕎麦は食べなかったので、今日はニシン蕎麦にした。

注文をしてしまってから、財布を研究室に忘れてきたことに気付く。またやってしまった。女将さんにそれを言ったら、「いいですよ。今度で」と言ってくださったので、安堵して食べる。近くのテーブルに事務所の顔なじみに職員さんがいて、「お貸ししましょうか?」と言ってくれたが、いえいえ、それにはおよびません。蕎麦だけに「つけ」でいただきます(座布団一枚!)。

2時から教授会。今日は紛糾するような議題はなくて、サクサクと進んで、4時過ぎに終わった。

明日の講義の試験問題を作って事務所で印刷してもらう。授業にちゃんと出ていれば難しい問題ではない。

6時に大学を出る。

蒲田に着いて、「有隣堂」を覗いたら、「幻冬舎文庫冬の読書フェア」というコーナーがあって、そこで4冊ほど購入。大人の恋愛をテーマにした小説が多いようである。そういう路線でいっているのだろうか。

 有川ひろみ『不倫幸福論』

 吉本ばなな『不倫と南米』

 小川洋子『ホテル・アイリス』

 村山由佳『アダルト・エデュケーション』

夕食は豚しゃぶ。牛よりも安くて美味しい。私は牛しゃぶよりも豚しゃぶの方が好きなくらいである。

食後に、昨日、原田君からお土産にいただいたどら焼きを食べる。上品な味わい。

デザートはイチゴ。

食後しばらく休んでから、妻とウォーキングに出る。そのとき家の中にいたなつも一緒に外に出る(一緒にウォーキングするわけでなく、家の中において行かれるのがイヤなのだろう)。妻は30分ほど歩いて先に戻るので(私は+30分)、なつを家の中に入れてやってくれと頼んでおいたのだが、私が帰ってみると家の前の道になつがいるではないか。玄関を開けると自分から入って行った。妻に「入れてやらなかったの?」と尋ねたところ、「入れようとしたのだがけど、入りたがらないのよ。道の方を見て、あなたが帰ってくるのを待っているみたいなの」と言った。う~ん、ちょっと胸キュンとする話ではなかろうか。しばらくなつを膝の上に乗せて(自分から乗りたがるのだ)、よしよしと撫でてやる。

風呂を浴びてから、昨日録画しておいてドラマ『カルテット』の初回を観る。実に面白い。脚本がいい。 『最高の離婚』、『問題のあるレストラン』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の坂元裕二の脚本である。坂元祐二に外れなし。コミックや小説を原作とするドラマが多い中、高いクオリティーのオリジナル脚本を書き続けていることに驚かざるをえない。

初回の再放送を21日(土)の午後2時からやるそうである。


この記事をはてなブックマークに追加

1月17日(火) 晴れ

2017-01-19 09:12:24 | Weblog

8時半、起床。

クロワッサン、ポテトサラダ、紅茶の朝食。

 午後から大学へ。昼食は電車に乗る前に「グッディ―」で。

本日のランチセット(ジャンバラヤ、サラダ、スープ)。

食後のコーヒーもセットに入っている。

「グッディ―」は煙草が自由に飲める喫茶店だが、今回の健康増進法改正案では、こういう店は営業ができなくなる。「テラスドルチェ」も「カフェドコバ」も「ポッタリー」も、先日初めて入った「リオ」も、みんなそうだ。禁煙や昭和は遠くなりにけり、だ。

4限は院生の研究指導。ドクターのS君の報告。

6時過ぎに、実践女子大学の原田君が研究室にやってくる。彼は私が早稲田大学に1994年度から教え始めたときの最初の学生である(3年生のときの調査実習のクラスにいた。同じクラスには弘前大学の高瀬君もいた)。彼は早稲田を卒業後、都立大学の大学院に進学し、高橋勇悦先生(都市社会学)の下で勉強をし、31歳のときにいわき明星大学に就職し、数年後、実践女子大学に移り、現在に至っている。最初に彼と会ったときの私の年齢をすでに越えている。奥様は同業者で、5歳のお子さんがいる。

背の高いのは学生の頃からで(当たり前だが)、185センチくらいある。いささか、いや、かなりか、痩せすぎの体重も学生時代と変わらないそうだ。

彼はロックバンドでドラムを担当していた・・・というのが学生時代の彼についてのイメージの中核にある。だから彼から大学院へ進みたいと聞いたときは驚いた。大学院受験の推薦状にもロックに夢中だった青年が学問に目覚めたみたいなことを書いた(笑)。しかしあとからよく話を聞いてみると、普段からよく勉強をする学生だったようである。

先日、彼は初めての単著を出版した。

原田謙『社会的ネットワークと幸福感―計量社会学でみる人間関係』(勁草書房)

ライフストーリー(質的研究)と計量社会学と方法論は違うが、私もこのテーマにはとても関心がある。拝読させていただきます。

「五郎八」へ食事に行く。 

枝豆。

田楽。

薩摩揚げ。

 カツ煮。

カキフライ。

揚げ茄子。

お新香。

大学教師に共通するあれこれの話題で大いにおしゃべりをしたが、勤務先が女子大であることと、奥さんが同業者というのは私とは決定的に違う点で、その辺の話はとくに面白かった。

支払いの時、「今日は僕にいいかっこをさせて下さい」と言って、テーブルの上の伝票をとりあげた。ごちそうさまです。

「カフェゴト―」に来たのは初めてだそうだ。長身の彼がケーキを選んでいる姿はどこかユーモラスである。

「ハーフ&ハーフ」という手法があることを説明すると、「それ、いいですね」と彼は同意し、チーズケーキとイチジクのタルトをチョイスした。飲み物は私はシナモンミルクティー、彼はブレンドコーヒー。

「カフェゴト―」には閉店の時間(9時50分)まで滞在した。彼の奥さんからメールが入り、「はい、いまから帰ります」と返信していたようである(笑)。

働き盛りで、お子さんも小さいということで、どうぞ健康にはくれぐれも気を付けてくださいね。

今日は愉快な時間をありがとう。卒業生とのネットワークが私の幸福感の大きな要因の1つであることは間違いありません。また会いましょう。

11時、帰宅。


この記事をはてなブックマークに追加

1月16日(月) 晴れ

2017-01-18 13:58:20 | Weblog

8時半、起床。

今日は午後に人間ドックを受診するため、朝食は抜き。7時半までなら朝食OKなのだが、そんなに早くは(私の生活時間では)食べられません。

12時半に家を出て、大学へ。

毎年この時期に大学指定のリーガロイヤルホテルの中にあるクリニックで受診している。年末年始は食べ過ぎになる傾向にあるが、それを抑制する効果を期待している。

1時半のスタートで、段取りよく進み、1時間ちょっとで終わった。体重の1.5キロ増(昨年比)は甘受するとしても、腹囲の〇センチ増はいただけない。なんとかしなくてはならない。

胃のバリウムが腸内に停留しないように検査の後は下剤を与えられるのだが、私は便秘と頭痛には縁がないので(なまじ下剤など飲んだら下痢で苦しむことになる)、水分をたっぷりとる程度で十分である。

クリニックのラウンジの窓からは大隈庭園や大隈講堂が見える。

クリニックではホテル内の店舗で使用できる1500円の食事券が出るのだが、それは家で食べるパンの購入に充て、昼食は「早稲田軒」でとる。これもいつものことである。

さて、何にしようかな・・・。

水分をとる意味もあって、ワンタンメンを注文。実はほぼ毎年そうなのだ。

デザートは「D-style TOKYO」で。

ケーキはサンマルクをチョイス。

紅茶はアッサムをミルクで。

ケーキは美味しかった。でも、なぜこのケーキを「サンマルク」(聖マルコ)と呼ぶのだろう?

今日は授業も会議もない。夕方まで研究室で雑用を片づける。

6時半に大学を出る。

7時半、帰宅。

妻には「今日はホテルのショップでパンをあれこれ購入したので、夕食はパンに会う料理を」とメールでお願いしておいた。

ラムチョップ、ポテトサラダ、野菜と卵のスープ、そしてパン。

妻は「メロンパンが美味しかった」と言った。

食後、少し休んでから、妻とウォーキングに出る。そのときなつも一緒に外に出て、私たちが戻ってくるのを家の前で待っている。忠犬ハチ公のような猫である。

2時、就寝。


この記事をはてなブックマークに追加