フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

6月26日(日) 晴れ

2016-06-27 12:21:15 | Weblog

8時、起床。

明太子のお茶漬けとサラダの朝食。

パンではないのはお昼に「パン日和あをや」に行くからである。

11時半ごろ、家を出る。

矢向駅から「パン日和あをや」までの線路沿いの道にはいろいろな花が咲いている。

この踏切を渡るともうすぐだ。  

開店時間の12時に到着。

すでに先客が一組いた。池上から来たご夫婦のようである。

飲み物はレモネードで決まりだが、注文は待ち人から来てからにしよう。

そろそろやって来るだろう。

ホナミさん(論系ゼミ3期生、2013年卒)登場。彼女はここは二度目なので、店で待ち合わせたのだが、近所まで来てちょっと迷われたようである。

レモネードを注文。6月のドリンクだが、7月も8月も飲みたい。

ホナミさんと会うのは4か月ぶりだが、長かった髪をバッサリと切った。

*2016年3月20日、「カフェゴト―」にて。

夏らしい。

しかし、「もったいない」と私などは思うわけだが、もちろん本人だってそう思ったであろうし、だからそういう思いを振切って長い髪を切ることにはたんに「夏だから」という以上の意味があるわけで、よく聞くのは「失恋」(からの再起)ということだが、ホナミさんの場合はそれではない。

一人暮らしの開始。

実家と少し離れた場所で一人暮らしを始めて3週間ほどが経つ。私もそうだったが、東京に実家がある者にとって、親元を離れて暮らすことは一種のあこがれである。私は結局、結婚するまで親と一緒に暮らし、それからは妻と(少しして子どもとも)暮らし始めたので、私の人生には一人暮らしという時期がなかったのだが(これからあるとすれば老年の一人暮らしだ)、ホナミさんは25歳にして一人暮らしに踏み切ったのである。

本日のスープはさつま芋と鶏肉のタイカレー。

ベーコンとチーズのオープンサンド。

サーモンとアボカドとクリームチーズのサンド。

食後のコーヒー。

一人暮らしを始めて最初の課題は日々の食生活だが、それはなんとかなっているそうである。友人から譲り受けた電気炊飯器に電気コードが付いてなくて(入れ忘れたのだ)、しかたなく鍋でお米を焚いたのだが、これが実に美味しかったそうだ。

これまでは夕食は家に帰ってからのお楽しみだったのだが、自分で作るときは(一週間分をまとめて下ごしらえせているので)、今日の夕食の献立があらかじめわかてちるので、昼食をそれとかぶらないようにたおる習慣がついたそうだ。

心配だったのは朝ちゃんと起きられるかということだったが、むしろ早く目が覚めるようになったそうだ(おかげで慢性的な寝不足らしい)。

梅雨の晴れ間の日曜日である。実は、ホナミさんとは先週の日曜日の約束だったのだが、彼女が体調崩して(6月は繁忙期であったようだ)、一週間順延になったのだが、先週同様、晴れてよかった。

ご主人に写真を撮っていただく。

彼女は明日の朝食用にチョコクロワッサンを1つ買った。

カフェの梯子は矢向駅のそばの「ノチハレ珈琲店」をめざす。

矢向駅前で。お隣の尻手(しって)には彼女のお祖母さんが住んでいて、ときどき会いに行っているそうだ。

矢向商栄会通り。

「ノチハレ珈琲店」に到着。しかし、ドアの外から中をのぞくとあいにく満席だった。目が合ったご主人が済まなそうにお辞儀をする。「ノチハレ」という名前だけあって、梅雨の晴れ間で混んでいるのかもしれないが、去年開店して、すっかり地元のカフェとしてて定着したのはよいことである。

また来ますね。

それではということで、蒲田のカフェに行くことにする。どこか、空いているでしょ。

蒲田駅に着いて「phono kafe」に電話したらちょうど満席だったが、一応、行ってみて、なお満席であったら、「あるす」に行こうと思ったが、そろそろ席を立とうとしていた常連さんがいらして、われわれに席を空けてくれた。

私は梅ソーダ、ホナミさんは梅ジュースを注文。とても爽やか。

「パン日和あをや」のレモネードは6月で終わりだが、こちらの梅ソーダ(ジュース)は夏の間やってます。

スイーツの代わりに惣菜を数品注文し、それを待っている間、奥の和室で、ホナミさんの特技を見せてもらう。

実は彼女、サイヤ人なのである。

元気玉を作れるのだ。

地球のみんな、オラにちょっとずつ元気をくれ!

はい、スーパーサイヤ人になりました。

以上(笑)。

昨日のゼミ同期のサキさんに倣って、あなたもスーパーグランドスラムをめざして下さい。

注文したものが運ばれてきたので、テーブルに戻る。

ポテトの油揚げ包み。

玄米ビーフンの春巻き。

夏野菜の揚げ浸し茗荷添え。

いずれも昨日食べて美味しかったものだ。お茶うけにちょうどよい。

食べながら隣の席の常連の男性客とおしゃべりをする。彼はこのビルの一室にお住いのタクシーの運転手さんで、いろいろと面白い話をうかがうことができた。血糖値がかなりお高いようだで、一度、病院に行くことをお勧めしたが、「行くと入院させられちゃくから」とその気はまったくないようである。でもね・・・。

店を出る前に大原さんに写真を撮っていただく。

ちょうど常連のMさんが入って来られた。いつもと雰囲気が(メイクの仕方が)違うので、どうしたのかと思ったら、結婚式(8月の予定)の衣装の写真をいま撮って来られた帰りだという。それは、それは。

ホナミさんが「学生さんかと思いました」というので、「いやいや、あたなと同じ年頃の方で、中学の家庭科の先生をされているのです」と教えて差し上げる。今日もここで日記(ほぼ日手帳)を書かれるのだと思う。結婚されても、孤独の時間、自分と向き合う時間は大切にしてください。

一人暮らしを始めたホナミさんは、自分と向き合う時間が増えただろう。自分と向きあえる人は、他者ともちゃんと向きあえる人である。

祝一人暮らしの開始。よく食べて、よく寝て下さい(そのためには適度な運動を忘れずに)。そして適度なおしゃべりもね。また、会いましょう。

ホナミさんを駅まで見送る。

駅前では参院選の選挙運動が始まっていた。

夕食は回鍋肉。

それからポテトサラダ、卵と玉ねぎの味噌汁、ご飯。

アマゾンに注文していた本が届いた。

浅野智彦『「若者」とは誰か』増補新版(河出ブックス)

筒井淳也『結婚と家族のこれからー共稼ぎ社会の限界』(光文社新書)

1時半、就寝。


この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(土) 薄曇り

2016-06-26 19:23:12 | Weblog

8時、起床。

トーストと紅茶の朝食。

将来の世界史年表(コンパクト版)に必ず載るであろう出来事が起こった。国民投票というのは怖いものである。

シュペングラーが『西洋の没落』第一巻を書いたのはいまから百年前、1918年のことだった。その背景にはアメリカとロシアの台頭があったわけだが、今回は外部の脅威ではなく、内部の分裂である。むしろギボンの『ローマ帝国衰亡史』(第一巻は1776年)を想起すべきか。

12時ちょっと前に家を出る。

「風の谷」に新しく植えられた街路樹が風に晒されている。

今日がとくに強い風が吹いているわけではない。常にこんなふうなのだ。成長が妨げられるのは当然である。

駅で卒業生のサキさん(論系ゼミ3期生、2013年卒)と待ち合わせ、「phono kafe」へ。

サキさんがこの店に来るのは二度目だ。

前回は2015年の3月21日。同期のマイコさん、ユリさんと一緒だった。そのときは3人同時にグランドスラム(カフェゴト―、SKIPA、まやんち、phono kafeを制覇すること)を達成したのだった。

今日はこれからサキさんはスーパーグランドスラムを達成する日になるのだが、その話は後で。

 ご飯セットを注文。

ネギポテトの油揚げ包み。

ブロッコリーのタルタルソース添え、玄米ビーフンの春巻き。

丘ひじきとキノコの梅酢和え、玄米ビーフンの春巻き(もう一人前)。

夏野菜の揚げ浸し茗荷添え。

せっかくなので食べ始める前に大原さんに写真をお願いする。

食後は私はコーヒー、サキさんは小豆茶。

サキさんは私大の職員をしているが、最近、郊外のキャンパスから都心のキャンパスに異動になったそうだ。通勤時間はかかるようになったが(1時間半)、仕事終わりの社交はしやすくなった。

予約はしていなが、「まやんち」に行ってみる。幸いすんなり座れた。

 

私はフォレノアールを注文。サキさんはメニューをじっくり眺めてガトー・バナーヌに決めたようだが、私がフォレノアールを注文するのを見て、「私もそれにしてます!」と言った。あの熟考は一体なんだったのだろう(笑)。紅茶は私は東方美人、サキさんはローズ茶。

フォレノアールはたぶん今週で終わり。チェリーの酸味とココアのやさしい甘さを堪能する。

さて、本日最後のカフェは大井町の「ポッタリー」だ。

「大井町は初めて?」と聞いたら、そうではないという。

「四季劇場」に何度か来たことがあるそうだ。そうでしたか。

「ポッタリー」に到着。 

注文を取りに来たマダムに、「航空会社にお勤めの方ではありませんよ」(笑)と紹介する。マダム、ニコニコする。 

ブレンドコーヒーを2つ。

美しいカップでしょ。

これでサキさんは二期生のアオバさんに続いて、2人目のスーパーグランドスラム達成である。おめでとう。その跡を振り返ってみると・・・

 2013年7月30日 カフェゴト―

 2014年2月2日 SKIPA

 2015年3月21日 まやんち あるす phono kafe

 2015年8月20日 パン日和あをや

 2015年12月15日 トンボロ

 2016年6月25日(本日) POTTERY

惜しまれるのは去年の12月15日にリーチがかかってから最後の一店を訪問するまで6カ月かかったことである。この間、今年の3月に彼女とは一度会っている(そのときは「たかはし」で食事をして「カフェゴト―」でお茶をした)。つまり、その気になればもっと早く、一番乗りで、スーパーグランドスラムを達成できていたはずなのである。彼女自身そのことはわかっていて、自分が一番乗りになることを確信していたのだが、一期生・二期生の先輩たちをさしおいて、あまりに早い一番乗りというのも気が引けて、タイミングを見計らっていたところ、アオバさんに先を越されてしまったのである。それを知ったとき、彼女は思わず「ええー!」と叫んで天を仰いだ。その叫び声を隣室で聞いたお母さんが「どうしたの?」と声を掛けてきたそうである(笑)。つい3週間前(6月4日)のことである。

教訓:チャンスを掴みとるのに遠慮はいならい。

マダムが「写真、お撮りしましょうか?」と言ったくれたので、お願いする。

今回の教訓を生かして、私生活では幸せのチャンスはしっかりと掴んでくださいね。

サキさんとは大井町のホームで別れた。

5時ごろ、帰宅。

夕食はポトフ。

デザートは帰りがけに蒲田駅で買ってきたザクザク(シュークリーム)。

ラグビーの日本大代表とスコットランド戦をTV観戦。日本が宿敵に勝利するために組まれた興業のような印象を受けたが、ランキングの差、歴史の差というものを、見せつけられる結果となった。

1時半、就寝。


この記事をはてなブックマークに追加

6月24日(金) 曇り

2016-06-25 22:53:15 | Weblog

8時、起床。

トースト、サラダ、紅茶の朝食。

10時半ごろ、家を出る。

路傍の雑草に小さな黄色い花が咲いている。

『いつかきっとこの恋を思い出して泣いてしまう』の主人公のような気分で写真に撮る。

風の谷では植樹作業が続いている。

日比谷線の六本木駅で降りて、国立新美術館へ地下道を行く。

もうすぐ地上に出る。

ルノアール展が開催中であるが、私のお目当ては別である。

第36回同人書作展。

卒業生で句会仲間でもある竹内愉咲さんの作品。 

王羲之の「蘭亭序」を書にした。臨書ではなく、創作。

「蘭亭序」とは何か。

「中国,東晋の書家王羲之の散文。王羲之が永和9 (353) 年に謝安、孫綽ら41人の文人を集めて催した蘭亭曲水の宴で,出席者がつくった詩をまとめたものにつけた序文。会の由来,情景から,人生の無常を嘆じる感慨を記したもので,六朝時代の代表的散文の一つとして古来日本でも親しまれてきた。」(ブリタニカ国際大百科事典小項目辞典より) 

「蘭亭序」の本文と書き下ろしは⇒こちら

愉咲さんは「蘭亭序」の8行目、「是日也天朗気清」(是の日や、天朗らかに気清く)から書にしている。

彼女がオール漢字の作品に挑んだのは今回が初めて(これまでは谷川俊太郎の詩やブルーハーツの歌の詞を書にしていた)。

ある部分を大きな字で書き、ある部分を小さな字で書くことは、創作においてしばしば用いられる技法だが、中央の部分を大きく書くのが一般的らしいが、愉咲さんの作品は反対に両側の部分を大きな字で書いている。

ゴツゴツとした岩盤の真ん中を滝がサラサラと流れ落ちているように見える。

実は、愉咲さん、師匠から指摘されて初めて自分のとった手法が異例なものであることを知ったそうだ。

 私は書はまったくの素人だが、愉咲さんの書は好きである。

のびやかにして、凜としている。

優秀賞を受賞され、会場のメインストリートに展示されている。

愉咲さん登場。

彼女は私よりも一足先に会場に来ていた。作品を前にして記念撮影。

 

 他の作品を観て回る。

「どの作品が一番凄いと思いますか」という私の質問に、「これです」と彼女があげた作品がこれ。作者は鈴木群佳さん。

外に食事に出る。

食事の前に喫煙所で一服。

かなり様になっているが、実は愉咲さん、喫煙歴は1年である。

和食にする。

 満席だったので、しばらく外で待つ。

 

それにしても表情の豊かな人である。

すき焼き丼を注文する。(愉笑さんは天丼を注文した)

彼女のスマホに入っている作品の写真を見せてもらう。

この写真は今回の作品を自宅で書いているときのもの。

近くのカフェでお茶。 

さて、彼女はこれから渋谷で生徒さんに書を教える。私は大学で授業だ。

地下鉄に乗る前に食後の一服。

次回は蒲田に来てもらって、「まやんち」でピーチメルバを食べてから、「歓迎」で蒲田名物羽根つき餃子を食べる約束をした。

大学へ。

3時からK君のゼミ論指導。「ドトール」のケーキをもってやってきた。

5限・6限はゼミ。

5限は3年・4年合同ゼミで、3年生のM君、S君、Mさんの発表を聴く。

本日のスイーツは3年生のIさんが準備してくれた。

6限は学年に分かれてのゼミ。私は3年ゼミに出る。テキストを使ったディスカッション。来週から2冊目のテキストになる。

授業を終え、夕食を「五郎八」で食べる。

天丼セットを注文したのは、昼間に愉咲さんが食べた天丼のことが頭に残っていたせいかもしれない。

10時ごろ、帰宅。「あら、今日は早いのね」と妻。たぶん6限を定時(7時45分)で終わり、さっと大学を出て、食後のコーヒーなど飲まずに帰ればこれくらいには帰れる。

1時半、就寝。


この記事をはてなブックマークに追加

6月23日(木) 小雨のち晴れ

2016-06-24 08:59:12 | Weblog

8時、起床。

トースト(バター&ジャム)、サラダ、紅茶の朝食。

近頃、トーストにジャムを塗ることが増えたのは寝不足気味で疲れが取れないからである。疲労に甘味。毎年、6月はそうだ。6月には祝日がない。6月にも祝日を。いや、6月にもゴールデンウィークを。「毎月、第一週をゴールデンウィークにします」という公約を誰か選挙で言わないものだろうか。党の如何を問わず、全力で応援しますけどね。世相も明るくなると思いますよ。

9時半に家を出て、大学へ。

風の谷。おらら、ツツジだけじゃないんだ。やっぱり新しく街路樹を植えるんだ。やれやれ。今度はハナミズキではなく別の木を植えるようであるが、また立ち枯れにさせたらホントに怒るぞ。

2限は大学院生の研究指導。

昼食は研究室でコンビニおにぎり。

3限は大学院の演習。今日から2冊目のテキストの講読を始める。

4限は演習「個人化の社会学」のグループ発表の事前相談。

5限は講義「日常生活の社会学」。

昼休みを間に挟んで4コマ連続は疲れた。

6時半に大学を出る。朝方は雨模様だったが、すっかり晴れた。最近はこういうパターンが多い気がする。

7時半、帰宅。

風呂を浴びてから夕食。主菜は麻婆茄子。

それから春雨サラダ、シラスおろし、ワカメと葱のスープ、ご飯。

食事をしながら、録画してあった『水族館ガール』の初回を観る。先週から始まったNHKの金曜ドラマ(全7回)で主演は松岡莉優。食卓で見るのにちょうどいい感じのドラマだ。松岡が初めての主演で頑張っている。

あれこれ本を読み漁っていたら、深夜になった。2時半、就寝。たぶん明日の朝食のトーストもバター&ジャムだな(苦笑)。


この記事をはてなブックマークに追加

6月22日(水) 曇り

2016-06-23 02:05:17 | Weblog

8時、起床。

今日は授業、論文指導、会議もない水曜日。自宅で仕事の一日になる。

トースト(バター&ジャム)、サラダ、紅茶の朝食。

自宅には毎日のように宅配便が届く(8割方は妻への荷物だ)。ダスキンの人や生協の人も来る。その度に玄関に出て行かなくてはならないので、本当は半パンに半袖の肌着というスタイルが一番楽なのだが、もうちょっとちゃんとした格好でいなければならない。

アマゾンで注文した本が届いた。おおたとしまさ『ルポ 父親たちの葛藤ー仕事と家庭の両立は夢なのか』(PHPビジネス新書)

3時頃、散歩に出る。

工事中の専門学校のガーデンになにやらオブジェが置かれるようである。

ズームで撮ってみる。楽団のようである。

別の方向からズームで。いずれ包帯のような白い布は外されるのだろうが、ミイラ男あるいは満身創痍の兵士たちの楽団のようでこれはこれでシュールではなかろうか。

「カフェドコバ」で遅い昼食をとることにする。

チキングラタンのセットを注文すると、とりあえずコーヒーが運ばれてくる。

チキンドリアとサラダの皿が大きな皿にのって運ばれてくる。大きな皿とはいっても、二つの皿を合わせたより直径は小さいので、このままフォークやスプーンを使うと皿がカタカタいう。なおで、サラダの皿はテーブルの上に移動させ、大皿の中央にドリアの皿を置く。こうすればカタカタいわなくなるが、お店の人がこのやり方を推奨しているかどうはわからない。テーブルがサラダのドレッシングや汚れるからだ(自分で拭きますけど)。

食後、コーヒーのお替りをしてもらって、持参した本をしばらく読む。

 帰宅して、ジムに行くこともチラッと考えたが、5月22日の句会の日のブログをまだアップしていなかったので、それをすませることにする。先日も大学院の演習のとき学生から、「先生、まだ句会の日のブログがアップされていませんが・・・」と指摘されたのである。演習とは何の関係もない話しなのだが、気になっている人はいるようである。

句会の日のブログをアップしてから、風呂を浴び(やれやれ)、夕食。アジの干物、サラダ(鶏のササミ)、オクラと納豆と冷奴、なめこの味噌汁、ご飯。

デザートはサクランボ。佐藤錦とのこと。今年初である。

 2時を回ったころに就寝。


この記事をはてなブックマークに追加