フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

12月1日(木) 曇りのち晴れ

2016-12-02 14:26:23 | Weblog

8時半、起床。

12月だ。壁掛けカレンダーの最後の一枚になった。

トースト、サラダ、紅茶の朝食。

10時前に家を出て、池袋へ。 

サンシャインシティワールドインポートマート4Fで開催中の「第38回 東京書作展」。

卒業生で、句会仲間でもある、書家の恵美子さんは一足先に会場に来ていた。

今回、彼女の作品が「東京新聞賞」を受賞した。 

彼女の作品は、太宰治の短篇「ア、秋」を書いたものである。

本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからないから、常に詩材の準備をして置くのである。
「秋について」という注文が来れば、よし来た、と「ア」の部の引き出しを開いて、愛、青、赤、アキ、いろいろのノオトがあって、そのうちの、あきの部のノオトを選び出し、落ちついてそのノオトを調べるのである。
 トンボ。スキトオル。と書いてある。
 秋になると、蜻蛉(とんぼ)も、ひ弱く、肉体は死んで、精神だけがふらふら飛んでいる様子を指して言っている言葉らしい。蜻蛉のからだが、秋の日ざしに、透きとおって見える。
 秋ハ夏ノ焼ケ残リサ。と書いてある。焦土である。
 夏ハ、シャンデリヤ。秋ハ、燈籠。とも書いてある。
 コスモス、無残。と書いてある。
 いつか郊外のおそばやで、ざるそば待っている間に、食卓の上の古いグラフを開いて見て、そのなかに大震災の写真があった。一面の焼野原、市松の浴衣(ゆかた)着た女が、たったひとり、疲れてしゃがんでいた。私は、胸が焼き焦げるほどにそのみじめな女を恋した。おそろしい情慾をさえ感じました。悲惨と情慾とはうらはらのものらしい。息がとまるほどに、苦しかった。枯野のコスモスに行き逢うと、私は、それと同じ痛苦を感じます。秋の朝顔も、コスモスと同じくらいに私を瞬時窒息させます。
 秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル。と書いてある。
 夏の中に、秋がこっそり隠れて、もはや来ているのであるが、人は、炎熱にだまされて、それを見破ることが出来ぬ。耳を澄まして注意をしていると、夏になると同時に、虫が鳴いているのだし、庭に気をくばって見ていると、桔梗(ききょう)の花も、夏になるとすぐ咲いているのを発見するし、蜻蛉だって、もともと夏の虫なんだし、柿も夏のうちにちゃんと実を結んでいるのだ。
 秋は、ずるい悪魔だ。夏のうちに全部、身支度をととのえて、せせら笑ってしゃがんでいる。僕くらいの炯眼(けいがん)の詩人になると、それを見破ることができる。家の者が、夏をよろこび海へ行こうか、山へ行こうかなど、はしゃいで言っているのを見ると、ふびんに思う。もう秋が夏と一緒に忍び込んで来ているのに。秋は、根強い曲者(くせもの)である。
 怪談ヨロシ。アンマ。モシ、モシ。
 マネク、ススキ。アノ裏ニハキット墓地ガアリマス。
 路問エバ、オンナ唖ナリ、枯野原。
 よく意味のわからぬことが、いろいろ書いてある。何かのメモのつもりであろうが、僕自身にも書いた動機が、よくわからぬ。
 窓外、庭ノ黒土ヲバサバサ這(は)イズリマワッテイル醜キ秋ノ蝶ヲ見ル。並ハズレテ、タクマシキガ故ニ、死ナズ在リヌル。決シテ、ハカナキ態(てい)ニハ非ズ。と書かれてある。
 これを書きこんだときは、私は大へん苦しかった。いつ書きこんだか、私は決して忘れない。けれども、今は言わない。
 捨テラレタ海。と書かれてある。
 秋の海水浴場に行ってみたことがありますか。なぎさに破れた絵日傘が打ち寄せられ、歓楽の跡、日の丸の提灯(ちょうちん)も捨てられ、かんざし、紙屑、レコオドの破片、牛乳の空瓶、海は薄赤く濁って、どたりどたりと浪打っていた。
 緒方サンニハ、子供サンガアッタネ。
 秋ニナルト、肌ガカワイテ、ナツカシイワネ。
 飛行機ハ、秋ガ一バンイイノデスヨ。
 これもなんだか意味がよくわからぬが、秋の会話を盗み聞きして、そのまま書きとめて置いたものらしい。
 また、こんなのも、ある。
 芸術家ハ、イツモ、弱者ノ友デアッタ筈(はず)ナノニ。
 ちっとも秋に関係ない、そんな言葉まで、書かれてあるが、或いはこれも、「季節の思想」といったようなわけのものかも知れない。
 その他、
 農家。絵本。秋ト兵隊。秋ノ蚕(カイコ)。火事。ケムリ。オ寺。
 ごたごた一ぱい書かれてある。

これを全文書いている。そして一部を取り出して大きく書いている。

 秋ハ夏ノ焼ケ残リサ。と書いてある。焦土である。夏ハ、

 シャンデリヤ。秋ハ、燈籠。とも書いてある。コスモス、無残

審査員の評。

「秋のイメージを綴った太宰治の短編を鮮やかな筆致と深く柔らかい線質で叙情的に書き上げた。凝った章法で充実した傑作。」

「傑作」という言葉はそうそう簡単には使わないだろう。

「受賞の喜びを全身で表現して下さい」という私の注文に彼女は控えめに応えた。

コマネチか? 

「無残」という字が一番書きたかったそうだ。

 一つ下のレストラン街の中華料理店で昼食を食べる。確か去年のこの店で食べた。

私は高菜チャーハン。

高菜がたくさん入っているのはいいのだが、高菜の漬物を使っているのだろう、塩味が強い。一度、湯通しをして使ってほしい。

恵美子さんはマーラー麺。いかにも辛そうな色をしている。少し分けてもらって食べた。辛いが、美味しい。

デザートに胡麻団子。

人気TV番組「プレバト」の言葉を使えば、「特待生」を経て、「名人」への道を着実に歩いているっている恵美子さんである。 

会場を後にし、大学へ。これから授業や論文指導が目白押しである。

3限は大学院の演習。

4限はS君のゼミ論指導。

5限は講義「ライフストーリーの社会学」。

6限はMさんのゼミ論指導。

全部のタスクを終えて、夕食は「奈津」で食べる。 

ニラレバ炒め定食。

10時、帰宅。

弘前大学の高瀬君から林檎が届いていた。

 

いつもありがとうございます。今年はスケジュールが合わなくて9月の青森・函館旅行では会えませんでしたが、ぜひ来年は。

明日から二泊三日のゼミ(3年生)合宿で鴨川セミナーハウスへ行く。 


この記事をはてなブックマークに追加

11月30日(水) 曇り

2016-12-01 09:39:56 | Weblog

9時、起床。

トースト、サラダ、紅茶の朝食。

10時過ぎに家を出て、目黒へ。

11時から編集作業が進行中の論文集の件で「学文社」のT社長と相談。

相談は2時間ほどに及んだ。一緒に出版社に行った池岡先生と目黒駅前の「丸富水産」という居酒屋で昼食をとる。

二人ともアジフライ定食を注文。

ふっくら、カラリと揚がった旨いアジフライだった。フライにして美味しいい魚介類はアジとカキが双璧だろうと思う。(後記:エビを忘れてました)

池岡先生から新著をいただく。

池岡義孝・西原和久編『戦後日本社会のリアリティ』(東信堂)

その足で大学へ。

いささかの時間差があるが、食後のコーヒーは「ぷらんたん」で。

今日は冬の曇天だ。

教員ロビーのメールボックスに来年度の早稲田大学仕様の能率手帳が入っていた。2017年1月から2018年3月まで、つまり年単位の手帖と年度単位の手帖を合わせた仕様になっていて、便利である。不思議なことに、市販の手帖でこの仕様のものはない。なぜだろう。1月始まの手帖と4月始まりの手帖の2タイプを出すよりも、この方がよいと思うのだが、2タイプ出した方がトータルの売り上げがいいからだろうか。

今日は6限に授業がある。「現代人間論系総合講座2」という論系の専任教員が全員、一人一回ずつ、講義を担当する科目である。

私は、前期の「総合講座1」で「カフェ文化論」というテーマで話をし、今日は「ブログ生活論」というテーマで話をした。

写真は講義の最後にリアクションペーター(感想)を書いてもらっているところ。受講生は14名で、本日の出席者は12名(モグリの学生が1名)。ゼミより受講生が少ない講義というのは初めてである(たぶん)。

夕食は「ごんべえ」でいつものカツ丼セット。

注文のとき、私が言う前に、「ご飯は軽めですね」と店員さんが確認した。はい、そうです。そのうち、注文する前に、「カツ丼、ご飯軽めですね」と確認されるようになるかもしれない。

「あゆみブックス」で本を4冊購入。財布に2000円しか入っていなかったので(確認してびっくり)、めったいに使わないJCB早稲田カード(JCB)を使う。カードは何かのために持ってはいるが、基本的に私は現金主義である。カードだとどうしても使いすぎてしまうのである。

ジェイ・ルービン『村上春樹と私』(東洋経済新報社)

片岡義男『万年筆インク紙』(晶文社)

亀和田武『60年代ポップ少年』(小学館)

『幼年の色、人生の色』(みすず書房)

帰りの電車の中で、一冊一冊パラパラと読む。楽しいひと時だ。周囲を観ると、みなスマホを見ているか、居眠りをしている。自分がハインラインのSF小悦『夏への扉』の30年間の「冷凍睡眠」から目覚めて街に出た主人公のような気分になる。電車の中で本を読むという行為は、知らないうちに世界から消滅してしまったかのようである。


この記事をはてなブックマークに追加

11月29日(火) 晴れ

2016-11-30 02:44:48 | Weblog

7時半、起床。

トースト、カレー、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。昨日と同じメニューだが、カレーの器と紅茶のカップが違う。カレーのある朝の食卓は幸せだ。「昨日のカレー、明日のパン」という木皿泉の小説・ドラマのタイトルが思い浮かぶ。このカレーは「一昨日のカレー」だけれど。

急ぎの仕事が入る。3限と5限に予定していたゼミ論指導(K君とH君)の延期をメールで連絡する。

午後、大学へ。事務所に昨日提出した書類に不備があり、修正したものを再提出。

4限は院生の研究指導。おやつは「銀の鈴」で買ってきた鯛焼き。胡麻あんと白玉が入っている変わり種で、初めて食べたが、中華料理の胡麻団子は好物なので、これも美味しい。私にとってはこれ(一匹)が本日の昼食なり。

4時半に大学を出る。本当に日没が早くなった。

これからさらに早くなる。

いまさら貼紙に気づいたのだが、「あゆみブックス」の営業時間が変更になっていた。「ご不便をおかけいたします」とあるから短縮されたに違いないが、前は何時から何時だったのだろう。24時までというのは十分に遅くまでやってくれていると思うが、以前は25時くらいまでやっていたのだろうか。

地下鉄に乗ってから、ケータイを研究室に忘れて来たことに気づく。明日は午前中に他所に行く用事があり、大学へは午後から出るので、ないと不便である。神楽坂で降りて、引き返す。

6時過ぎに帰宅。

夕食は焼き魚(カマスの開き)、つみれ団子、サラダ、卵と玉ねぎの味噌汁、ご飯。

千枚漬けも。これは私の好物。

デザートは「あるす」でいただいた柿。

深夜、明日の授業(現代人間論系総合講座2)の資料をコースナビにアップする。

テーマは「ブログ生活論」。「ブログ論」ではなく、「ブログ生活論」としたところがポイントで、「ブログのある生活」「ブログを書くことが習慣となっている生活」についての考察である。春学期の「現代人間論系総合講座1」では「カフェ文化論」について話したが、カフェが対面的空間における「サードプレイス」であるとすれば、ブログはネット空間における「サードプレイス」である。カフェでは私は客であるが、ブログでは私がマスターである。

3時、就寝。


この記事をはてなブックマークに追加

11月28日(月) 晴れたり曇ったり

2016-11-29 00:01:14 | Weblog

7時半、起床。

トースト、カレー、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

書斎で仕事をしていると、インターホンが鳴って、「〇〇証券の者です。いまご挨拶に回っております。名刺をお渡したしたいのですが、お受け取りいただけないでしょうか」という女性の声がした。「〇〇証券」という名前は知っている。たんに知っているだけではなく、ゼミの卒業生でそこで働いている者がいる。きっと同じように、寒空の下、担当地区を回っていることだろう。「わかりました」と言って、玄関先に出ていく。名刺を受け取り、定期預金のパンフレットを受け取る。「普通預金の30倍の利率になっております」というので、「30倍!」と思ったが、考えてみると、0.01の30倍でも0.3に過ぎなのである。小学生の頃、小遣いを銀行に預けていて、ときどき預金通帳を眺めては利息が付いたことを確認してほくそえんでいたものだったが、いまは利息の額を見ても腹が立つだけである。「証券に関心はおありになりませんか?」と聞かれ、「はい、あまり関心はありません」と答える。「あまり」どころか「全然」ないのだが、スーツの下にセーターを着ているとはいえ、コートも着ずに自転車を漕いで地区を回っている人に、「全然」という言葉は使えなかった。「失礼します」と挨拶する彼女に、「ご苦労様です。寒い中、大変ですね」と言うと、彼女は一瞬言葉に詰まった様子で、おいおい、まさか泣き出すんじゃないだろうなと思ったが、もちろんそんなことはなくて、「ありがとございます」と言って自転車を押して去って行った。私には彼女がマッチ売りの少女のように見えた。

昼食は「マーボ屋」に食べに行く。

回鍋肉セットを注文。

私が店に入ったとき、他に客はいなかった。ご主人は「今日はイルカさん(注:近所の「イルカ整骨院」)がお休みなので、お客さんが少ないです」と言った。整骨院で治療を受けてからここに昼食を食べに来る人がけっこういるらしいのだ。患者は年配の人が多いと思うが(亡くなった母も通っていたことがある)、治療の後は食欲が出るのだろうか。

「マーボ屋」から帰ると、野良猫のなつが玄関先のマットの上にいて、私が玄関のドアを開けると、私よりも先にサッサと中に入って行った。野良猫のプライドはどこに行ってしまったのか。その様子をお隣のNさんの奥様が見ていて、「まあ、なっちゃん、家の中に入っていちゃいましたね」と言ったので、しばらく立ち話をしていると、なつは私がなかなか入って来ないので、玄関の上り口のマットの上で毛づくろいを始めていた。

夕方、「phono  kafe」に顔を出す。

レモンジャムとココアのケーキを注文。先日、卒業生のマイコさんと一緒に来た時に、初めて食べて、美味しかったので。

「これに合う飲み物はなんでしょう?」と大原さんに尋ねると、「紅茶か、ハニーブッシュ、コーヒーでも合うと思います」とのことだったが、小豆茶を注文した。「聞いといて・・・」という顔を大原さんはしたが、たんに聞いてみただけで最初から小豆茶に決めていたのである。これが「まやんち」であれば、「このお菓子にはどんな紅茶が合いますか」と尋ねて、そのアドバイスに従うところだが、いまはその真似をしてみただけである。大原さんもそれは承知で、私の遊びに付き合ってくださっているのだ。

常連のMさんが来ておられた。5カ月を過ぎたとこで、安定期に入っているが、風邪を引いても薬を飲めないのがつらいそうだ。

12月24日は「phono kafe」ではクリスマスディナーが企画されている。限定3組である。今日はそれを申込みに来たのだ。Mさん夫婦も検討中のようである。

「パン日和あをや」でもクリスマスディナー(ランチも可)の企画があるが、こちらは24日一日限りではなく、その前後数日間やっているので、25日にうかがおうかと考えている。 
 
「まやんち」では23日と24日の二日間、クリスマスケーキと紅茶のみのメニューで営業する(および注文されたクリスマスケーキの引き渡し)。こちらには23日にうかがおうかしらと考えている。
 
なじみのカフェでクリスマス企画をやっていることろはこの3つだけだろうと思う。

夕食は鶏団子と野菜のスープ、鮪の山かけ、サラダ、ご飯。

ご飯が晋君です。

デザートはイチゴ。


この記事をはてなブックマークに追加

11月27日(日) 曇りのち雨

2016-11-28 08:03:00 | Weblog

9時、起床。

トースト、カレー、サラダ(ゆで卵)、牛乳、紅茶の朝食。

食後に昨日アスカさんからいただいた「とらや」の最中を食べる。老舗の味。

昼食は妻と「phono kafe」で。 

ご飯セットを注文。二人ともご飯は軽めでと注文したが、私の方が量が多い。どうやら男性と女性ではもともとのご飯の量に差があり、したがって「軽め」にも男性版と女性版があるようである。

里芋と長芋の摘まみ揚げ。これは2つ注文。

ベジミーとの唐揚げタルタルソース

 ルッコラと長ひじきのクルミソース

パパイヤと人参のサラダ

ハヤト瓜と白菜の梅肉和え

玄米ラーメン(4種)を買って帰る。これスープがあっさりした味で好きである。巷では蒲田はラーメン激戦区と言われているが、大部分のラーメンは私にはスープがギトギトしていてダメである。私の感覚では、日本蕎麦も中華蕎麦も小腹を満たすためのものであって、満腹感を味わう食べ物ではない。

「phono kafe」を出て、妻は買い物に、私は「あるす」に食後のコーヒーを飲みに行く。

その前に花屋に寄って花を買う。

今日は「あるす」のご主人の83歳の誕生日なのである。

例によって「営業中」の札は出ていないが、ドアは少し空いていて、私が近づくと中から奥様が出迎えて下さった。

お誕生日おめでとうございます!

モカを注文。

コーヒーを飲み終えると、紅茶がサービスで出てくる(帰るときには庭に成った柿をいただいた)。

お二人の写真を撮る。奥様の誕生日(4月22日)のときにも花をお贈りし、お二人の写真を撮ったが、そのときの写真はご自宅の居間に飾ってあるそうだ。

「営業中」の看板を出さなくなった「あるす」は半分店仕舞いをしたようなものだが、依然として私の生活を構成する「8大カフェ」の1つでありつづけている。どうぞお元気で。

夕食は妻の希望で「天味」へ行く。

明日は妻の誕生日なのだが、月曜日は「天味」は定休日なので、前倒しで今夜行くことにしたのである。

妻と来るときはたいてい「季節のコース」(3800円)を注文する。

お通し(あんきも)

活車エビ(頭)。塩でカリッと。

活車エビ(胴)

白魚。

銀杏。晩秋ですね。

むかご(「零余子」と書く。自然薯の蔓にできる小さな芋のようなもの)。「竹風堂」の山里定食で食べたのが最初だったが、こちらは粒が大きい。

ワカサギ。

牡蠣。生牡蠣でもなく、焼き牡蠣でもなく、ミディアムレア―のクリーミーな食感。美味い!

マコモダケ(「真菰筍」と書く。真菰は竹ではなくイネ科の植物だが、茎の部分が筍に似た食感がすることからこう呼ばれている)。

白子(鱈)

薩摩芋と百合根。薩摩芋の天ぷらは薄くスライスしたものが多いが、ここでは薪のように割って、ガッツリいく。ホクホクです。

食事は小エビのかき揚げ丼と蜆の味噌汁。

甘目の丼たれが美味しい。

デザート(アイスクリーム)

ご馳走様でした。


この記事をはてなブックマークに追加