今日もFun to ride!

自転車を中心にした内容を綴ります

新春初買い

2018-01-08 12:45:56 | 日記
昨日は、ハーフマラソン1か月前なので、本番想定ラン。
投入したコンプレッションウエアが絶妙で、ハーフを1時間45分20秒で走行。
口熊野の目標タイムは1時間50分なので、これでバッチリ。
そして本題。
今年の初買いは、写真を見て気付くかな。

この写真でどうでしょう?


新型ペダルのXPRO12を投入しました!
実は、昨年7月の生誕50周年に注文しました。
やっと、入荷。
有名なタイムマニアでポディウム社のK氏が厳選していることでしょう!
ちょっと奮発して12にしたので、カラーは完璧にマッチしてます。

お約束の体重測定。

カタログ値と一致してます、マビックとは大違いだ(笑)
使っていたペダルの重量は

だから、片側23gの減量です。
外周部の軽量化は効果が大きいというから、ペダルがぐるぐる回ったりして。

本日はあいにくの雨なので、来週あたりインプレします。
乞うご期待!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AG新春初走り

2018-01-03 16:31:34 | 日記
昨日は、ラン17キロの後、小中学校の同窓会に参加。
35年ぶりに会う人もいて、結構懐かしい時間を過ごしました。
2次会まで行って離脱。
最終は、5次会まであったそうな、タフな人はタフ。

1日、2日と飲酒量が控えめだったので(というか、だんだん飲めなくなっている)本日は快調。
アバンギャルドさんの恒例三社参りに行きました。
和歌山店、熊取店ともに約15名ずつ。
30名が淡嶋神社で合流し、記念撮影後に解散というパターンです。
合流までは、矢宮神社、伊太祁曽神社を参拝。
写真は、伊太祁曽神社での記念撮影。
センターに位置取った写真を、しんちゃん店長のアルバムからいただきました(^^)

通常、一年間で一番のまったりライド。
でも、今日はあられも舞うような寒さだったので、矢田峠ではしさんとアタック全開走を決行。
一気に、塩じーくんにちぎられましたが、体はポッカポカ。
これで火がつき、その後のサイクリングロードでは、はしさんのアタックに飛び乗り向かい風の中を高速巡行。
ここでも、塩じーくんが独走でした。彼の走りは、切れ味鋭いです。

サイクリングロードを終えても、西脇交差点付近からの上り坂や、帰りの追い風平地を爆走と、
よく考えてみれば、普段ほとんどしない高強度の連続。
1日と2日の運動で体が活性化したようで、めちゃめちゃ踏めました。
まったりの中にも、高強度のリピートと、三社参りというより良い練習ができました(笑)

ちなみに、本日の空気圧は6BAR。
やはり、これくらいが上り・平地ともに絶好調で、特に平地のコスミックは空気を切り裂くように進みます。
一方、横風はふらつきまくり。気を許してはいけません。
バイクとホイールの性能を久々に引き出すような、我ながらナイスラン。
時折、こんな走りを取り入れたいなあ。

これで、7日間の年末年始休業は終了。
明日からまた一年が始まります、体を壊さないように頑張るぞー!

今日の走行距離:85キロ、走行時間:5時間00分、平均出力:102W
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新春アターーック!

2018-01-01 17:30:33 | 日記
あけましておめでとうございます!
2018年がスタートしました。
今年も、出しゃばらず、やるべきことを地道にコツコツこなそうと思います。
堅実に、石橋を叩いて安全を確かめながら前進しますよ!

さて、例年は新春に和歌浦方面の絶景を眺めながら新春初走りをしてきましたが、
今年は思い切って、タイムアタックにしました。
休みのときくらいしかそういうことができないし、一年間の基準値を明確にするためです。
コースは海南高原、やる前から嫌気が差します(^^;

ちなみに、ニューホイールの空気圧は約7bar。ちょっと硬い感じですね。
スタート後は、無理しすぎないように、じわーっと脚にかかるくらいで踏みます。
第1計測地点のヘアピンは、10分30秒で通過。予定通りです。
第2計測地点のヘアピンは、15分35秒で通過。こちらも予定通りです。
ここから、タレないように頑張ります。
「富良野」看板前を21分35秒で通過、なんとか頑張ってます。
ちょっと行ったら、台風21号の爪痕を残す区間。
第3計測地点のヘアピンは、25分46秒で通過。ここで希望タイムを越えちゃいました。
気持ちを切らさないように最後まで走りますが、ゴール前のもがきはしません。
結局、30分43秒でゴール、平均出力214Wでした。
ということは、おそらくFTP値が200W。
目標の30分切りはかないませんでしたが、ここからスタートです。
2018年は、このタイムをどこまで縮めることができるか、ちょこちょこタイム計測します。
ローラー練の指標は、FTP値200Wで設定します。

ところで、マビックコスミックプロカーボンUSTの登坂性能は、全く問題なしでした。
軽量ホイールではタイムが出ない私ですが、自分のフィーリングにマッチしているホイールに感じました。
空気圧を5、6、7と試してきましたが、6barくらいが一番ええ感じと思います。
帰りに横風を体感しましたが、ボーラよりも風圧を受ける気がします。
上り重視で横風対策なら、発売が延期されている「キシリウムプロカーボンUST」がいいかもしれません。
発売されたら手持ちのホイール2つを売却して、購入しようかと思うくらいです。
こちらは、冬のボーナスくらいの目論見で!

貴重な、年始のお休み。
明日はランニング、明後日はAG初走りの予定です。
今年もよろしくお願いします。

今日の走行距離:28キロ、走行時間:1時間20分、平均出力:133W
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年が暮れてゆく

2017-12-31 17:56:00 | 日記
本日大晦日、2017年もあと数時間です。
年々、月日が経つのを早く感じます。
さて、2017年を振り返ってみると、
異動、新車購入、成果捻出、50歳到達、マラソン挑戦・・・などなど、いろいろありました。
増えたものは、人脈、体重、ランニングの距離、カブトの幼虫の数・・・かな。
写真は、年末に行ったカブトのお世話の様子。
ちょっと気を許すと、昆虫マットがフンだらけ。
それでも、気持ち悪いくらい元気にウヨウヨ動いています。
このケースに72匹。別のケースには約40匹。
このまま来年の夏を迎えたら、部屋がカブトの楽園みたいになっちゃいそうです。

一方、減ったものは、自転車の脚力、お金、自転車の走行距離・・くらいか?
今年の年間走行距離は4219キロで、昨年からマイナス1000キロ。
機材は増えても、走れるだけの力なし。
いや、機材は手放しながら新たに投入するので、そんなに増えてないかもね。

トータルして、体調を崩すことなく激務に耐えたので、よかった一年だったように思います。
来年は、どんな年なんやろ?
人生楽ありゃ、苦もあるんだから、次は苦の出番かな(汗)
やっぱり、大事なことは真面目にコツコツ、しかも大変な時こそ冷静に対処できる力。
そして何より、逆風に耐えられる精神力とそれを支える体力。
来年もできることは精一杯、しかし、燃え尽きるまで頑張りすぎない!
これくらいのスタンスでやってみようかと思います。
お世話になった皆様、ありがとう!
そして、来年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マビックコスミックプロカーボンSL USTインプレ

2017-12-24 17:34:02 | 日記
木曜日と金曜日に連続飲み会をこなし、土曜日はヘタレて休養。
本日、雲間にうっすらと太陽が見える中、楽しみにしていたニューホイールのテストライドに行きました。
40ミリのミドルハイトホイールです。
付属品として、黄色いスイスストップのブレーキシューが付いてきますが、リムが黄色くなるのをためらい、シマノのカーボンリム用シューを使っています。
ブレーキシューが当たる面は、ザラザラの加工がされているそうですが、よくわかりません(^^;
ブレーキの効き具合は、全く不満はありませんでした。


こき出してすぐに感じるのは、走行感の軽さ。
これが、「転がり抵抗は15%減」と言われる感覚なんでしょう。
主観値として、キシリウムプロエグザリットと同じ走行感では、時速がプラス3km/hです。
とにかく、軽々進み、脚が楽チンです。

上りは、猿坂で試してみます。
20日前には、コスミックカーボンエグザリットで走りました。
その時とはモチベーションが違いますが、明らかに走りが軽いです。
猿坂は、距離1.4キロで短い上りですが、これくらいならグイグイ上れます。
ヒルクライム用ではありませんが、十分上りもこなせます。

ただ、ブレーキシューとリムの間隔がこれくらい↓だと、上りでトルクをかけた時にリムがよれてシューと接触します。

もし、これを横剛性というのなら、ちょっとマイルドなのかも。
ダンシングした時に、ホイールがしなりながら前に進んでいるのなら、まあええんじゃないでしょうか。

自己ベスト5分1秒の坂を、6分47秒、平均出力247Wで走りました。
こんなに真面目に走ったのは、実に久しぶりです。
左右のペダリングバランスは、51:49でなかなかよし。

大阪側に下って孝子峠を上り返し、和歌山へ。
下りも不安なところは一切なし!
雑賀崎まで来て、昔AGランキングで走った上りでタイム計測。
自己ベスト1分20秒の坂を、1分48秒、平均出力302Wで走りました。
5年以上前のベストタイムに及ぶことは当然無理ですが、ここでも「走っている」感が心地よかったです。

明和中からの直線で、時速40km/hオーバーで走行。
持続時間は短いですが、平地もよし!
約3時間のライドを終了しました。

このホイールで威力を発揮しそうなレースコースは、はりちゅうみたいなアップダウンのコースだと思います。
あと、鈴鹿2時間ソロやヒルクライムレースで、タイヤレバー2本、チューブ1本、CO2ボンベを持っておけば、パンクしてもまた走れます。
何より、クリンチャーならパンクしたらタイヤが外れて転倒する危険もありますが、チューブレスなら一気に空気が抜けないだろうから大丈夫。
あらゆる地形に対応できるし、チューブレスは脚への負担も少ないので、グランフォンドでも相性がいいのではないかな。

レースならチューブラーがいいかもしれませんが、限りなくそれに近いチューブレスもありですね。
練習でも、マビックのUSTならパンク修理で従来のような苦労がないので、クリンチャーよりメリットがありそうです。
ホイール1本であらゆるコースに、また、レースから練習まで対応させたいなら、ベストなホイールだと思います。

いつか、上りでタイム計測し、長い上りでの走行感をレポートしてみます。
それには、もうちょっと鍛えないとね(汗)

今日の走行距離:70キロ、走行時間:2時間51分、平均出力:168W

コメント
この記事をはてなブックマークに追加