佐世保☆お日さまの家☆店主のつぶやき

日々感じたことを思いのまま綴ってます。

"膣"について②

2017-05-31 17:11:32 | 膣ケア
妊活子宮整体お日さまの家
助産師山田です(*^-^*)

今回は膣ケアがなぜ必要なのか
を書きたいと思います(^-^)




自分と向き合うとか、
排卵日を知るとか、
出産時の裂傷リスクを減らすとか、
冷えや尿漏れを改善するとか、
色々とあるのですが、

今回はあえて一つ。


膣を萎縮させたくないから。


自分とは関係ないと
思う方も少なくないでしょう。。。

しかし、

結構、関係あるのですよ~(*_*)


満足感ある性交渉が週に2回以上
無い方にとっては。
(自分で満たすことも含む)

今の日本でどれだけの女性が
クリア出来てるでしょうか(^-^;

※回数をクリアしていても、
体と心の痛みを伴う性交渉では、
かえって傷ついてしまいます。




ご自分の指で触ってみて、
痛みが少しでもある方は要注意です。


膣の中にヒダが無い方も
萎縮傾向にあります。



そして、閉経後の萎縮は
顕著です。


エストロゲンの減少により、
皮膚粘膜の潤いが保てないのです。

そうなると、膣粘膜は乾燥し、
薄くなります。


姿勢が悪いと、
内臓は下へ下へと重力に逆らえず
子宮や膀胱下垂が起きます。


膀胱も膣の方に落ち込んでくるんです。


私は産後、尿漏れで悩んでました。

当時23歳ですよ(^-^;

お産の時は息むだけ、息み、
お腹の上から押され、
姿勢も悪く、
産後はあまり横になってませんでした。

はっきり覚えてます。

膣の方から触った時に膀胱らしきのが触れてたことを。


でも、今は触れないんです。
尿漏れも、ないんです。


ただ、膀胱が触れてた場所の膣粘膜は
薄くなっているんです( ̄∇ ̄;)


膣ケアしてると、自分で今の状態に
氣付けます。

小さな傷にも、氣付けます。

感触の違いにも氣付けます。

そして、自分には膣があるんだっ!
て認識します。


女性なんだっていうことを
改めて認識します。


それが、どんなに素晴らしいことか。



膣ケアについては
グループレッスンは考えていません。

個別レッスンのみです。

一対一、あなたの子宮と膣に向き合わないと、腑に落ちない感じがするのです。

もちろん私が膣に触ることは無いですよ。

でも、ヒダや柔らかさの感触を知って欲しいので、リアルに再現された模型を使います。


自分の膣の衰えが、
多少なりとも改善してきたからこそ、

助産師として色んな女性の膣に触れてきたからこそ、伝えたいのです。


特に35歳以上の方
閉経された方
性交痛がある方
卵巣摘出された方


一度試す価値
あると思います。


お日さまの家
ohisamanoie@docomo.ne.jp































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "膣"について① | トップ | 妊活中の在り方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

膣ケア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。