goo

進化の時代。後押し。


 FBIがクリントン氏のメール追求問題を打ち切ったという声明を直前に出したということは、両陣営のバックの手打ちが完了したということのように思います。クリントン氏はアメリカとイスラエルの関係強化を密約して、手打ちにしたのかもしれません。これでクリントン氏が大統領に選ばれる可能性は高くなりました。


 安倍政権はクリントン氏との関係を深めておりましたので、日本政府にとってはクリントン氏が選出される方がメリットが高いことと思います。
 クリントン氏は本来であればやはり8年前の時に選ばれるのが、体力的にも時代的にもちょうど良かったと思います。一般的に中年になってからの8年はあっという間でありますが、クリントン氏にとってのこの8年という期間は随分と長かったのではないでしょうか。それはこの8年で時代が変わってしまったからです。クリントン氏が得意だった時代はもう終わりを告げ始めているからでした。


 ここからは私的な備忘メモであります。


 やはり自分の良心に沿って生きることが、本人にとってどんどんラクな生き方となり、良心に抗って(あらがって)生きることは、どんどん苦しい生き方となる時代に突入しているように思います。


 自分さえ良ければという心や、他人を犠牲にするという判断は、自分の生き方が辛く苦しく行き難く感じるのです。しかし一方、自分が苦労しても他人のためになる他人の役に立つという生き方は、生きることがラクになるのではないでしょうか。


 それは強風や坂道を歩くことに似ています。自分の良心に沿って生きることは、まるで追い風のように後押しをされます。あるいは下り坂のように抵抗なく歩みを進めることができます。
 しかし自分の良心が、心の内側の声が反対する行為は、強い向かい風に逆らって歩くような辛さ、急な登り坂を進むような苦しさを感じる傾向が強くなっていくように思います。


 人類が変わる時はこのような時代が人類の進化を後押ししている時なのではないでしょうか。そして時代は確実に私達人類を進化させるように、大きな潮流が動き出しているように思います。


 極限まで進んだ社会の貧富の差が解消するのは、富裕層の心の変化から始まります。貧困層からのデモや革命からではないのです。富裕層の彼らが、自分の良心に逆らう生き方をどんどん苦しく感じていくこと。逆に貧しい人々を助けて喜んでもらうことが「ラクな生き方」になって行くことから解けていきます。こうして貧富の差は、自然といつの間にか、消えてしまっているという社会になるように思います。
 それは雪国の春の雪解けのようです。日に日に、人が通る道から雪が解けてゆき、気がつくともう建物の陰にしか雪は残っていません。と思っていたら、いつの間にか陰に残っていた雪も消えていた。そのようにして自然と、人々の我良しの心が消えなければならない時代に突入していたのでした。(妄想です)


 自分の心に素直な人から、進化の変化が始まるのかもしれません。しかし人によってはエゴの心が強い人もいることでしょう。そういう人は身体からダメージが来るのかもしれません。老化が進むという形で、身体の方がギブアップしていくかもしれません。
 逆に自分の心に素直な人は身体のダメージはほとんどなく、老化の進行も発生しずらいことでしょう。細胞が本来持つ寿命の体内時計の通り、120年という身体本来の寿命まで健康に生命活動が進む世の中になるかもしれませんね。


 自分の良心に耳を塞ぐ場合は、かつてはそれは容易にできたことでしょうが、もう時代がそれを難しくさせます。従って心の内側の良心の声を無視したとしても、今度は自分の肉体の細胞を誤魔化すことはできなくなる。ということです。というように思いました。(妄想備忘メモ)



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« 「富の夢(ア... 人は前兆を認... »
 
コメント
 
 
 
こんなのツイありました。丸っとコピペです。 (Unknown)
2016-11-08 09:35:47
朴槿恵氏退陣騒動について、馬渕睦夫氏「何らかの意図があってこのタイミングで表に出て来たと考えざるを得ない」、西岡力氏「日韓関係は韓米同盟が崩壊した時に最悪になる」次の大統領は親北、親中の可能性大で、対馬が尖閣のような第一線になることも考えておくべき。
https://twitter.com/sumerokiiyasaka/status/795654679099080704?lang=ja

青山繁晴氏「FBIはロシアのトランプ支援は隠す一方で、ヒラリーのメール問題は再捜査。この真相はまだこれからだが、そこまでアメリカはおかしくなっている」
https://twitter.com/sumerokiiyasaka/status/795632018872627200

CGS河添恵子・杉田水脈「女子のインテリジェンス」より。ビル・クリントン時代に江沢民のマネー・ハニートラップ攻勢に米政府・国務省や有力企業がしてやられ、共産党に急接近し、台湾や日本をパスして今に至る。抜き差しならぬ米中の灰色の癒着関係はここから始まった
https://twitter.com/sumerokiiyasaka/status/793058523508727812
 
 
 
雪解けが来るといいな (Melati)
2016-11-08 10:37:08
富裕層の雪解けが早く来るといいなと思います。
でも悲しいかな、貧富の差の激しい居住国で感じますのはここではその日はまだ遠そうだ、、です。

私の様なド庶民には、富裕層の心境など想像つかないのですが、自分だけ良ければという気持ちが溶けるきっかけとして、よく有りがちなのが、自分がその立場になった時に初めて他者の辛さが分かった、、というのがありますね。

突然の災害や事故や病気で今までの財を健康を、当たり前を失った時、お金ではどうにも成らない事もこの世にある事を痛感した時、などもきっかけになるかも知れません。
そんな様なドラマもこちらには多いです。

でもこれからの時代はその様な直接的なきっかけが無くても、自然と自分さえ良ければが恥ずかしい、苦しいと良心が気付く時代になっていくのでしょうか、、。

こちらで有名な大金持ちビジネスマンで
「金持ちでいる事に飽きた」と言った人がいましたー。
飽きる=虚しい つまらない、と言った心境か?
そんなセリフを一度位言ってみたいものだ、、、と密かに思ってしまった自分はやっぱりド庶民だなぁ、、、。
でも普通に食べていければ、それでもう充分に感謝です。


 
 
 
Unknown (まみい)
2016-11-08 10:44:56
なんだかホッとする文章ありがとうございました。

最近の選挙は接戦が多いですね。



まるぞうさんの意見には強く同感です。

ケンカのあとの後味の悪さといったらありません。
勝ったはずなのに完敗の気分。。。

良心(両親)に従って生きたいです。

久々に電話してみようかな・・・?
 
 
 
要・注意事項 (真実一路)
2016-11-08 14:00:03
まるぞうさんは、お仕事上で 手応えある追い風をひしひし感じておられるのでしょうか? 行間からすご〜く"手応え香"を感じるのは私だけ?(*^^*)

さて、クリントン氏バックCIAは どうにかFBI関連を丸め込んだようですが、、あのもうひとつ厄介な"中"と金・癒着関係があることが気ががりです。

中露が目論む、"対米・怒り心頭の国々"のドル基軸外しがかなりあちこちで進行しているのも 見逃せません。

ドル覇権が、美味く行かなくなると?…軍事など各国どう動くのか?ザワつかないとよいのですが…。

米災害が大規模に起こったら起こったで、、そのスキをチャンスとばかりに突いてくる可能性大ですし…、、、悪行三昧の大ツケは、いずれにせよ‥払わなければならない所まで来ているように感じます。
 
 
 
自分の心に素直とは… (Unknown)
2016-11-08 15:32:15
良く言われの言葉ですが 今ひとつわかりずらいのです。
例えば 自分の最も苦手な事をしないといけない場面で どうしてもつまずいてしまい 自分としてはもう逃げたくなるけれど 周りは自信を持って!必ず出来ると言う。自分でも精一杯努力してこの山を乗り越えようと思う。でも結果は良い出来ではなかった場合、
出来は悪くても精一杯頑張ったんだ 次はもう少し克服するぞ!と思う事でしょうか?
自分の心に正直になれば 嫌なことからは逃げることと思うのです。でもそれでは進歩がないですよね。
その時々で 自分の出来る限りの事をして
結果は気にせず 次があると思うことでしょうか?
意味不明ですみません どっちが自分の心に正直なのでしょうか?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-08 18:18:17
英国や米国のように経済政策を製造業から金融業にシフトするともう元には戻れなくなるようです。本来持っている植民地政策のノウハウで他国に金融業を勧めマネーを英米の富裕層は吸い上げます。そして日本とドイツの製造業を骨抜きにしてようやくグローバル化の完成です。
 
 
 
進化のさきがけ (うさぎのロン)
2016-11-08 22:49:01
もし、富める者から意識の変革が起きて、良心に沿った進化の時代になっていくとしたら、それは、日本が先駆けになる以外考えられません。西欧は、教科書で習った範囲で申し訳ないのですが、市民は自由と平等を革命という下からの層からの突き上げで勝ち取ったと思うからです。フランス革命、ドイツ革命、ロシア革命しかりです。富の象徴である王族や貴族は、死刑にされたり暗殺されていますから。
 やはり、次なる進化は、今まで地球上の歴史に於いて何処にも存在しなかった繁栄の価値観を持てる民族でないとあり得ないと思いました。希望的観測も込めて、日本から進化が始まって欲しいと心から思います。
 
 
 
自分の心に素直さんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2016-11-09 09:52:10
私は「逃げずに、自信を持って!必ず出来ると言う。自分でも精一杯努力してこの山を乗り越えよう」とは思わないです。
「結果が良かったか悪かったか」も重要ではありません。

自分が段取リストとして、今回は何を見落としていたのか、トラブルの前兆を見つけることができていたか。だけがこだわりのポイントです。

・きちんと上司に報告をこまめに上げられていたか。
・相手の3手先を読んで行動できていたか。
・小さな前兆を見逃さない謙虚さがあったか。

自分自身への挑戦であるだけです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-09 21:20:04
自分への挑戦かぁ…なるほど。ありがとうございます😊😊
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。