goo

外貨準備の考察。前編。

ばらまきの財源は?

 日本政府の海外ばらまきについて考察します。以前にも書いたことがあるかもしれませんが、読者の方のご質問があったため、まとめてみます。
 安倍政権はあちこちの国に出向いては○○億円援助する。○兆円援助する。という景気の良い話しをぶちあげておりますが、そんな海外にばらまくお金があるのなら、日本の国民を豊かにして欲しい。税金を海外に使わないで欲しい。そのように思う方もいらっしゃるかもしれません。

 マスコミの報道などを見ると、あたかも私達の税金が、国内で使われるべき税金が、安倍総理の外交によって海外にばらまかれている印象を受けます。しかし実際は違うのです。国内で使うことができない減らないお金が海外に使われているのです。

 日本で使えないお金?減らないお金?それって一体なあに?



ドルで貯めてドルでしか使えない

 それは外貨準備というブタ貯金箱のお金であります。ドルが貯められております。その金額は1240億ドル(約140兆円)です。
 これは日本の円が大暴落した時に買い支えるために、基軸通過であるドルを大事に貯め込んでいるわけです。
 しかし日本の円が大暴落することは、終戦直後ならともかく今の国際社会では有りえません。しかしそれでも日本の外貨準備が増え続け、中国についで世界2位です。(中国の外貨準備はきな臭い話がありますが、今回は割愛します。カッツ・アイ!)


 外貨準備は日本国内向けには使えません。そもそも法律で外貨準備は国内向けには使えないのですが、そもそも外準はドルで貯めているからです。このためもし国内の国民のために使おうとするとドルを円に替える必要があります。
 つまり国際為替市場でドルを売って円を買うということになります。すると市場にはドルが増えて円が減りますから、ドル安円高になります。日本の貿易上は円高は好ましくありませんから、外貨準備を円に替えて国内で使うのは難しいわけです。



 しかしこの外貨準備は海外に投資して運用しているため、利息がどんどん入って来てこのように増加の一途です。何か羨ましい話ですが、このお金は日本国内には使えません。
 中国は今や外貨準備がもの凄い勢いで減少していますが(詳細実態は明かされていません)日本の外貨準備は増える一方であります。



三方一両得の錬金術

 この増える一方の外貨準備を、せめて増えた分だけを海外の融資として提供しています。これが「ばらまき」とマスコミが言う海外援助の財源であります。
 円借款以外の通常の海外支援とは、国内で使えない増える一方の貯金箱のドルを、増えた分を海外に融資している。これが「ばらまき」と言われるものの実態であります。国内で使うべき税金を海外にばらまいているわけではないのです。


 特に安倍首相が海外援助を行う時は、日本の企業のお偉いさんをたくさん引き連れて行きますね。これは融資したお金でインフラ整備する時は、日本企業に発注してね。という交渉のためです。
 つまり日本国内には使えない「ドルの外貨準備」を国内企業に還元する錬金術と言えます。



・国内で使えないドルを日本企業に還元する
・外交戦略としてその国との結びつきが強くなる
・低利または無利息でインフラの融資を受けられる 



 三方一両得であります。
 しかし日本がこのようにお金持ちであることを私達日本人はどれほど正確な情報を知っているでしょうか。外貨準備も増える一方(中国は激減中)。外国への貸付(対外債務)も世界最大です。



つづく



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« 吸い取るもの... 外貨準備の考... »
 
コメント
 
 
 
こんにちは (いねふり太郎)
2017-04-03 12:35:05
それはわかりましたけど、そのブタ貯金箱する
ドルは、どうやって、どこから手に入れるんでしょうか。
 
 
 
きっと、若者達の目が輝く (関西主婦です。)
2017-04-03 13:25:50
三方両得の錬金術とは、なるほどですね。
日本のODAは、双方両得の知識は、ありましたが、使えない外貨を有効に使うとは、日本の人々は知らないことが多すぎますね。外交、国際支援、現地雇用など、入れてみると、六方両得ぐらいになりますね。
さて、産経新聞のコラムにアメリカの保護主義も技術や製品供給は、自国では賄いきれないので、日本が頼りになるのではないか、という内容が、ありました。
日本を自虐的に放送するメディアが、正されて今日の記事の内容や、日本の今までの貢献、これからの展望が、きちんと若者達に伝えることが出来れば、彼らも未来に希望を持ちもっと目が輝くに違いありませんね!なんとかしたいものですね。
 
 
 
m(__)m。 (Unknown)
2017-04-03 13:53:34
初めて知りました。教えて頂いてありがとうございます。m(__)m。
 
 
 
しつもんです (ままです)
2017-04-03 16:23:16
わかりやすい解説で、多方面のお話、いつも楽しみに読ませていただいております。
とても基本的なことだと思うのですが、今回の記事を読んでいて、疑問に思ったので質問させてください。
「融資したお金でインフラ整備する時は、日本企業に発注してね」という交渉で、日本の企業に還元されるのはわかるのですが、その際やりとりされるお金もドルですよね。企業がドルで儲け、日本国内に還元しようとすると、やはり円を買うことになり、円高につながってしまうのではないのですか?
基本的なことですみませんが、ご教授願います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-03 18:21:04
今日も勉強させて頂いてありがとうございます。
マスコミは「お餅政権の海外バラまき」としか言わず、外貨準備の事を知らない国民は、それを真に受けておりますね。
かく言う私も、こちらで教えて頂くまでは「国内がこんなに天災で大変なのに、国民の税金で〜?」と、思っていた一人です。
これからは周囲でそんな意見を聞いたら、今日のお話をしてみます。
ありがとうございました。明日も楽しみにしています。
 
 
 
ありがとうございます。 (ほっぺこ)
2017-04-03 18:44:42
はじめまして。とてもわかりやすく説明してくださって感謝します。
日本人はほとんど知らないかもしれないですね。あのようなマスコミの報道の仕方では。残念な今の状態ですが、少しずつ改善しているような気がします。
 
 
 
Unknown (チャメゴン)
2017-04-03 22:53:47
ドルで貯めてドルで遣う「ブタ貯金箱」、始めて知りました。大変勉強になりました!! お餅さん、本当にありがとうございます。
 
 
 
Unknown (amapola)
2017-04-04 11:17:23
まるぞうさんの御蔭でずいぶん物知りになりました。

有り難う御座いました。毎日楽しみに読ませて頂いてお

ります。
 
 
 
Unknown (まるぞうレシピファン)
2017-04-04 11:31:46
いつもありがとうございます。
まるぞうさんは餃子はお好きですか?
私は餃子が大好きです。店で食べるのはもちろん、家で作って食べる餃子も大好きです。
まるぞうさんの餃子レシピも是非公開をお願いしたいです。
 
 
 
ままですさんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-04-04 12:06:07
鋭いご質問ありがとうございます。本日の記事に書いたようにドル建てのODAの97%は紐付きではないです。訂正いたします。
日本企業の紐付き援助は円借款で行われることが多いようです。その場合は円で日本企業に払われます。
 
 
 
質問です (Unknown)
2017-04-04 12:35:07
表の単位の所を見ると、「10億ドル」となっています。という事は、外貨準備高は1240億ドル(約14兆円)の10倍ではないですか?
 
 
 
ご指摘くださった方へ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-04-04 12:40:27
誤記でありました。ご指摘ありがとうございました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。