goo

過去が変わる?についての考察つづき。


白も黒も同時に存在している量子力学の世界

 量子力学という学問があるそうです。この世界をミクロにミクロに見ていくと、その宇宙はどうなっているか。ということを研究する学問です。

 たとえば物質を成り立たせている原子。しかしこの原子の状態は確定することができない。というのが量子力学の世界なのです。
 たとえばある原子が放射線を出しているかどうか。
 「出している確率はこれこれ」「出していない確率はこれこれ」というところはわかりますが、じゃあこの原子は放射線を出しているの?と聞かれると、「それはどちらでもない」というのが量子力学での正解なのです。
 今この電子は「放射線を出している状態」と「出していない状態」が重なった状態である。それが正解なのです。



シュレディンガーの猫

 シュレディンガーという人がこういう仮説を考えました。ある箱の中にその原子が放射線を出したかを計測する機械を設置します。そして放射線が検出されるともう毒ガスが噴霧されるように仕掛けておきます。加えて、その中に猫を一匹入れておきます。そして箱の蓋をします。



 さてこの箱の中の猫は生きているでしょうか。死んでいるでしょうか。
 もしその原子が放射線を出していれば、毒ガスが出ますから死んでしまっています。しかし放射線を出していなければ、無事生きています。ニャア。
 しかしその原子の状態は確定することはできないのです。「放射能を出している状態」と「出していない状態」が重なった状態である。としか言えません。

 ということはこの猫も「生きている状態」と「死んでいる状態」が重なっている状態である。としか言えないわけです。ニャア。



 そして人(観察者)がその蓋を開けて見た時、始めて猫が生きているか死んでいるかが観測されます。原子が放射線を出していたかどうかがわかります。



観察する前からとっくに白黒ついているもんじゃろ。ちがう?

 私達の日常生活の感覚ではなかなか上記の不確実性の観念は信じられません。
 蓋を開けるかどうかの前に、猫が生きてるか死んどるかわかるはずだろ。ごるあ。生きていてかつ死んでいる状態?そんなことあるわけないじゃろが。と。

 しかし宇宙のミクロを研究する世界の天才たちが辿り着いた結果は、人が観測して白黒がつくまでは、どちらもあり得るという重なった状態なのです。ということなのでありました。





私達が認識していない過去は、存在するとは言えない。

 これは過去が変化する。未来と現在が変わる時に同時に過去も変化する。という考え方に似ています。

 その過去の事実は認識されない限り、「そういう過去があった状態」と「そういう過去がなかった状態」が同時に重なった状態であるのです。過去とはシュレディンガーの猫のように、私達が認識するまでは、どちらの状態も同時に存在している状態なのです。



発見された事実によって過去が変わる

 たとえば過去のある記録や古文書や遺跡など、世紀の大発見が行われると、それはシュレディンガーの箱が開けられたことになります。「あったかもしれない状態となかったかもしれない状態が重なった状態」から「あった状態」へとなります。これは過去が変わったと言って良いでしょう。量子力学の視点では。

 それらの記録や古文書や遺跡など、存在を知っている人がごく少数はいても公に世間に知られることがないのであれば、やはりそれは、知らない大多数の社会では「なかったこと」になります。ふむふむ。

 ということはその事実を知っている少数の人達と、その事実を知らない大多数の人達では「過去が異なる」と言えるのです。
 そんな馬鹿なと言われるかもしれませんが、まあ一つの思考実験として聞いてください。でも現実とは私達が思っているような確実な世界ではなく、こんにゃくのような不確実な現象の干渉波に過ぎないのです。時間は過去から未来に一直線に流れるのではなく、未来と現在と過去がここにこの場所に同時に存在するのですから。なんちゃって。



消えていく事実によってもまた過去が変わる

 このように新しい過去の事実が多くの人に認識されると、その社会での過去が上書きされたと言えます。未来と現在が変わった時に同時に過去が変わっている一つのケースです。
 これとは逆に消えていく過去もあります。多くの人が忘れた過去。消滅した記録、遺跡、言語。人々の記憶から消えていった無数の文明たち。
 これらの文明はかつては確実に存在していました。その文明で喜怒哀楽を経験した人達はたくさんたくさんいたことでしょう。
 しかし今その文明は私達にすっかり忘れ去られてしましました。それは再び「そういう文明があったかもしれない状態」と「そういう文明はなかっただろう状態」が同時に存在する不確定の海に戻って行くのです。



 新しく追加される過去といつの間にか消えていく過去。これは今のこの現在に縁があるかで決まっていきます。
 今の私達の現在に深い過去が、私達に認識される過去となるのです。そして現在が(未来とともに)変化する時、縁が薄くなっていった過去はゆっくりと忘れされれ、不確実性の海に還って(かえって)いくのです。


現在と未来と過去。不確実性の海から紡ぎ出される干渉縞

 それはまるで干渉波の模様が変化していくかのごとくです。私達が今いるこの現在の周波数が変わると、その現在が構成している干渉波の模様が変わります。同じように、未来と過去も同時に変わります。この現在と最も縁のある過去が不確実性の海から私達が認識することとなり、縁が薄くなった過去は干渉波の模様が消えるように、再び不確実性の海に戻ります。





 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« 妄想話ですみ... あるホームレ... »
 
コメント
 
 
 
なんだ (薫風亭奥大道)
2017-05-18 11:53:20
基本的には私が言わんとしていたことと同じではないですか。線路がどうのこうの言うからもう!ぶつぶつぶつ……。
 
 
 
ちょっと違うかもしれませんが。 (Unknown)
2017-05-18 12:28:31
去年だと思いますが、週刊誌SPA!が面白い過去の記事を見出しにしてました。

「俺たちはバカなのか?次、総理大臣になってほしい人・・・3位菅直人2位鳩山由紀夫1位舛添要一」

これSPA!の9年くらい前の記事だそうです。なんか笑えました。私達、見る目ないんですね~(^-^;

順位はちょっと違ったかもしれませんが、人物名は確かにこの3名でした。

過去は変わるってこういうことでしょうか??
 
 
 
おかげさまで ()
2017-05-18 16:38:46
この記事が、僕の世界のパラレルワールドをガッコンしてくれました。。。ありがとうございます。このブログ見るのよろこびです。
 
 
 
Unknown (みきぷる)
2017-05-18 17:29:44
倒れてるニャンコかわい~い! てか、ややこしくて、まるぞうさん妄想クラブの幽霊部員に成りそうです。 過去が変わる?認識で
変わる、、覚えてる過去、忘れちゃった過去、幾重にも浮かんでくるし、新たに知る過去もある。 なんて不確実な過去達。ていうことは、未来も、今も、不確実?いや、今だけは確か? 個人的に何通りも作れて、人の数だけあって、、数字に現せないくらい沢山の過去、今、未来が在る? でもコノ世の現れは、ひとつ、、みんな幻?頭悪くて駄目だぁ。 
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-18 18:55:42
補足の考察有難うございます。何となく掴んだ感じは、例えば《現在》こちらのブログ読者様にとっては、このブログ、まるぞう様の存在は確かな現実のもの。
例え実際お会いする事もなくとも、まるぞう様という男性が日本のどこかで生きておられる、という認識。

でも同じ現在に生きている非読者にとっては、このブログ存在はおろか、まるぞう様の存在さえ現実ではない。ですが、未来にこちらと繋がり、読者となった時、過去にはなかった存在が、実は過去からあったものなんだ、と認識が変わるー過去が変わる。

同様に現読者でも、将来こちらを忘れてしまった場合、過去には確かに自分の中で存在していたのに、忘れてしまった《未来》というその時点では無かったものに変化してしまうー未来が変化。
では現在だけは確実なのか?と言えば、これも個人、観察者が何に焦点を当てているか?によって、ある人には現実の存在が、ある人にとっては存在しない。箱の中の猫論と似ています。よって現在さえも幻想ー。

と、こんな感じが出来の悪い頭で考え、ハートで感じたことです。もし勘違いの点があれば、そのまま勘違いしていたくないのでツッコミ&ご教示頂ければ幸いです。いつも有難うございます。
 
 
 
違うかも? (Unknown)
2017-05-18 21:57:06
先祖は過去、自分は現在、子供は未來。感謝供養で過去を喜ばす。子供の教えを聞いて考え直す。過去から未來までに遺伝子の繋がり。だからなんだ。んんん。わかりません。おわり。m(__)m。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-18 23:39:58
まるぞうさん、すみませんが、さっぱりわからなかった。もう少しわかりやすく教えて頂けませんか?実験に使われた猫さん無事だったのですか?かわいそうに。
 
 
 
ハートで感じたさんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-05-18 23:49:50
投稿頂いた内容と、私が今朝書きたいと思った内容は、ほとんど同じです。ありがとうございます。
 
 
 
実験で使われた猫さんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-05-18 23:53:52
シュレディンガーの猫は脳内仮想の話であって、実際の猫さんが使われたことはありません。から安心してください。
シュレディンガーの猫の要点は、慢心になりがちな人間でありますが、いつも謙虚に頭を垂れる稲穂かな。ということであります。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-19 01:56:10
まるぞうさんコメントしていただきすみません。脳内仮想でしたか!
倒れた猫さんがいるなら可哀想!だと早とちりしてしまいました。ハートで感じるさんのコメント何回か読み、少し理解することができました。
 
 
 
例えば (しげぞう)
2017-05-19 09:36:55
ついこの間までは「南京大虐殺」や「慰安婦」は真実であったけど、ある時点でガッコンとワールドが移動して、それは捏造であると日本人に広まってきた、ていうことですかね。
うまくいけば「南京」や「慰安婦」はやがて忘れ去られなかったことになるけど、ワールドが移動してなければそれらは真実として確定し、日本はもっと苦しんだでしょうね。
 
 
 
表層意識と深層意識とアンテナ感度 (Unknown)
2017-05-19 10:21:13
まるぞうさんの記事と皆様のコメントを読み考えてみました。覚えてる記憶の殆どは表層意識からのものかなと思うの?表層意識は自分の都合の良い様に、または感覚的に物事をとらえるような気がするの。アンテナの感度が、高い人は自分の人生も俯瞰で、とらえる事が出来と思うの。深層意識(顕在意識、集合意識)にアクセス出来るからなのだと思うのです。あくまでも個人的な感覚なんだけど、深層意識はアカシックレコードに繋がっているような気がするの。もしもコレが真実だとしたら、個人のアンテナを壊そうとする巧妙な仕掛けがこの世界に溢れてる気がするの。アンテナの感度が、上がると過去の出来事も気がつかなかった事実を発見する。結果、感謝したり、落胆したり、修正したり。まるぞうさんのブログもアンテナの感度が高い人は、たとえ、まるぞうさんのブログを知らなくてもその内容が、真実の片鱗だとしたら、深層意識で、共有していると思うの。私もまるぞうさんのブログを読んでいるけど忘れると思うの。でも、その時その時に、真理の片鱗を感じとってまるぞうさんのブログに共鳴していたら、その時なんらかの反応起きていると思うの。その反応は個人の域を超え集合意識に入ると思うの。コレが人が、1人では悟ることが、出来ないと言うことなのでしょうね。上手い表現が、出来なくてもどかしのですが。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。