goo

聖と邪と。ムハマンドの預言。


 聖と邪についての中道の考察。本当はあと1回ほどでこのシリーズは終わるように考えていたのですが、ユダヤと皇室。ユダヤとキリスト教の話題になってしまうと、どんどん脱線していってしまいます。
 本当は昨日や今日などは、年末にあたり時事問題の考察などを書きたかったのですが。もう少しだけ、妄想を書き留めさせて頂きたいと思います。



パレスチナ人こそ古代ユダヤの末裔


http://d.hatena.ne.jp/boogierock/20100528/1275053430

 遺伝子検査の結果、パレスチナ人とシリア人は古代ユダヤ人の末裔であることがわかりました。そしてこのパレスチナ人とシリア人とは虐殺を受けている民族であります。

 自分たちこそ本物のユダヤだと主張している人達(イスラエル)こそが、実は遺伝子的に本当のユダヤの末裔である民族を根絶やしにしようとしている。

 本物と主張する中に邪を潜ませるのは彼らの典型的なやり方であるのでしょう。キリスト教という宗教が魔人イエスによって起こされたのも、古代ユダヤ民族を抹殺するためのものであったと私には思えてならないのです。

 話しは少し脱線しますが、それが、なぜ極東の島国でユダヤの契約が秘密として隠されているか。という理由でもあるかもしれません。もしそれが世界史のオモテに出れば、必ず抹殺されることになりますから、「徹底的に秘せ」が、極東における神からの啓示であったことでしょう。



イスラム教。古代ユダヤの系統を引き継ぐ。

 イスラム教の開祖であるムハマンドはユダヤ教ではありませんでした。しかし古代ユダヤの祖、アブラハムの血を引いていると想像できます。彼も「契約の民」の末裔であったのではないかと思います。イスラムにも伝わる割礼の儀式が古代ユダヤの証明であるかもしれません。日本にも皇室に割礼の儀式が伝わっているのと同じように。

 さてオリジナルのユダヤ教の一族から預言者が出たのは、聖人イエスが最後であったようです。もう残念なことに今のユダヤ教の人達の中からは、預言者は現れるのは難しいことでしょう。人々が預言者を求めるところにはもう本物の預言者があらわれないことでしょう。
 とくに、預言者の啓示とは、人々がそれぞれ自分の心の中の唯一神から「無言」に受け取る時代になっているのであれば、なおさら。


 さてムハマンドの時代です。彼が歴史上、最後のユダヤの預言者となりました。そしてその最後の預言者は、正統なユダヤ教徒からは発生しませんでした。正統のユダヤ社会ではない、まだキリスト教に破壊されていない地域(社会)において、ヤハウェの大天使(ガブリエル)から呼ばれたとコーランは伝えます。

 話は脱線しますが、これは日本史において、幕末において北朝の皇室が途絶えたときに、長州に隠れて存続していた南朝の皇統から明治天皇が輩出されたことと似ているように思います。本家ユダヤ教=北朝。新興イスラム教=南朝。そのような系譜に思えます。どちらも元は同じアブラハムの子供たちであり、古代ユダヤの遺伝子を運ぶ人達です。
(残念ながらイスラム教もまた、ムハマンドの死後、彼らの約束を維持することは失敗したかのように思えます。それほど、唯一神を心の中で維持する伝統は困難だということです。もうこの約束が維持され残されているのは、大どんでん返しの隠された日いずる国のみであります。)



キリスト教対イスラム教の構図

 閑話休題。上記が、キリスト教(魔人の宗教)と、イスラエル国家が、パレスチナ人とシリア人に対するのと同じように、徹底的にイスラム教(古代ユダヤの末裔)を排除しようとしているのかという本質的な理由です。そして今なぜ世界のあちこちで紛争が終わらないのか。という理由であろうと思います。

 なぜイスラエルがパレスチナ人を迫害するのか。なぜシリアで紛争が終わらないのか、なぜイスラム教徒=テロリスト。という刷り込みが西側のマスコミによって繰り返し行われるのか。

古代ユダヤの末裔=パレスチナ人でありシリア人。原理主義ではないイスラム教徒
魔人イエスの末裔=キリスト教右派、イスラエル右派、エジプトの一つ目魔神を崇拝する人達。

 妄想ですと断り書きをいれても、もう書いててどんどん怪しい内容になってしまいますので、話を元に戻します。



当時の中等社会におけるユダヤの啓示=コーラン

 イスラム教は私達日本人にとってとても馴染みが薄い宗教です。過激な宗教であるとか、女性蔑視の宗教であるという認識が強いのではないでしょうか。
 しかし、ムハマンドがヤハウェ(アッラー)の大天使から、啓示を受けた内容は、私達一般人の思う「イスラム教」とは異なるようです。


「神は両方の性に、生まれながらの尊厳を与え、どちらも地球上での神の信託者としました。(参照:クルアーン17章70節、2章30節)」

 ムハマンドを通して語られる預言(神様から預かった言葉)では、男性も女性でも神性なる陰陽であると伝えられております。

 もちろん現代の日本社会と当時の中東社会は大きく異るでしょう。その差分を差し引いても、ムハマンドが述べている言葉に流れている言葉は、女性に対する尊敬の心でありました。コーランとは、父性のヤハウェ(=アッラー)の言葉であります。女性には、母であれ妻であれ娘であれ、最大の敬意を払って、そして大切に守りなさい。そういう厳しい父親の言葉であるように私には感じられます。



 イスラム教における女性観については下記サイトをご参照ください。
http://www.islamreligion.com/jp/articles/2132/

 もちろんイスラム教徒の中には、女性差別や女性蔑視の人達もいることでしょう。ただしそれは、ムハマンドが伝えた大天使の啓示とは無関係あるいは正反対に解釈されたものであると思われます。
 それはたとえば聖人イエスが「隣人を愛せよ」と伝える啓示を人々に残しても、現代のキリスト教国家の中には「隣人を攻撃迫害」している人達がいるのと同じです。
 聖なる言葉が、エゴによって正反対に解釈されることは、どこでも起きることであります。それが聖なる言葉であればあるほど、魔なる邪(よこしま)な解釈にすり替えられる危険性が高いと言えます。



 さて聖と邪の陰陽について。もう少しだけ続きます。
 来年もよろしくお願いいたします。


 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 44 ) | Trackback ( 0 )
« 聖なるもの。... 聖と邪と。あ... »
 
コメント
 
 
 
今年も更新有難うございます。 (ちゅぶ)
2016-12-31 12:27:54
いつも楽しく読ませていただいております。
まるぞうさんの本日の記事も興味深い考察ですね。実に参考になりました。
今日も一日平穏にすぎることをお祈りするとともに
皆様が良い年末年始をお過ごしできるようお祈りいたします。
有難うございます。
 
 
 
有り難うございます。 (トルコ石)
2016-12-31 12:33:49
来年も宜しくお願い致します。

まるぞうさん、皆さま、良いお年を。
 
 
 
御礼 (塩おむすび)
2016-12-31 12:56:09
まるぞうさん、本年も大変お世話になりました。沢山のこと、冷静に学ばさせて頂きました。お料理のことも(^-^)
毎日更新して頂けること、勉強させて頂けること、質問して返答してくださること、感謝御礼申し上げますm(__)m

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
イスラム教における誤解トップ10 (Melati)
2016-12-31 13:16:07
まるそうさん、私がまさに紹介させて頂かこうかな、と迷っていたサイトを貼って下さり有難うございます。ついでに同サイト内のイスラム教における誤解トップ10といのが面白いので貼らせて頂いても宜しいでしょうか?http://www.islamreligion.com/jp/articles/10650/
この中に書いてありますが、預言者ムハンマドがコーランの著者である、これも違うのです(彼は文盲でした)
月をシンボルとし、月神を信仰するなどなども誤解。
昨日の記事から拝読させて頂いて、ああムスリム以外の方々の見識はやっぱりこうなんだー、でもムスリムから見たら全然違う話しだー、総合理解って難しいなぁと感じる点もありました。

これだけはどうしても、という点がいくつかありますので書かせて下さい。「イスラムにおける最初の預言者」は、《アダム》なんですー。一番最初の人類が預言者だったそーで。25人の預言者がコーランには出て来ますが、それら全ての人々はイスラムとしての教えだった、という認識なんですよー。よってイスラムは1400年前に樹立されたのでなく「その教え自体は」最初から在った、と。
だから聖イエスもイスラムの教えを説いていたし、イスラムはユダヤ教から派生したのではないのです、とモスリムは信じています。ええっー、何その超ド級の古代妄想、頭ダイジョーブ?と思ってしまわれるでしょうが、これが普通のムスリムの認識みたいです~。

まるぞうさんは話1割で読んで下さいとわざわざ書いて下っていますし、この投稿も大した知識がない、日本人ナンチャッテモスリムのおばさんが書いた超妄想話と思って読んで下されば幸いです。正直私も何が真実か何て解らないし、色々な考えを知ってもっと理解を深めたいなぁと思っています。

ああ、大晦日にこんな超長文でごめんなさい。興味のない方には詰まらない話だと思いますが思い切って書かせて頂きました。(内容的に問題があれば不掲載でもOKです)
今年もこちらで沢山の事を勉強させて頂き、本当に有難うございました。皆さま良い年末年始を!
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-31 13:20:25
今年も様々な視点から考えさせらる記事に勉強させていただきました。有り難うございます。
キリスト教も仏教も弟子達が宗教としてしまったと個人的には考えてます。イスラム教もしかりですが。結局は後の人々が自分達に都合のいいように曲解した教えが広がり宗派が派生したように思えます。だからまるぞうさんの言われる"魔"はイエスやブッダ、ムハンマドの言葉に乗り弟子達に憑依したのではないかと思いました。続きを楽しみにしています。
良いお年を。
 
 
 
御礼 (Unknown)
2016-12-31 13:33:53
まるぞうさん、いつも興味深い話題を有難う御座います。楽しく拝見させて頂いています。今後とも宜しくお願いいたします。良いお年をお過ごし下さい。
 
 
 
有難うございました。 (Froken3)
2016-12-31 13:51:05
ブログを読ませて頂いて有難うございました。来年もよろしくお願いします。Canonのプリンターに印刷しようとしたら印字されません。家庭用のですけどインクを交換して最初の一枚だけ少し印刷され次から白紙になってしまいました。中の白いリポンを交換しないとだめなのでしょうか?(>人<) !!
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-31 14:22:41
聖なるもの 邪なるもの
またもや興味深く気になるシリーズです。

今年もありがとう御座いました、これからも宜しくお願い致します。
 
 
 
良いお年をお過ごし下さい (北信の実践者)
2016-12-31 14:25:25
こんにちは。まるぞうさん、読者の皆様。今年も色々と勉強させて頂き誠に有難うございました。新年に向けて健康に留意してお過ごし下さい。
 
 
 
ありがとうございます! (Unknown)
2016-12-31 16:24:59
まるぞうさん、お忙しい毎日の中、丁寧な分かり易い記事を届けてくださって、ありがとうございます。どうぞお身体だいじになさって、良いお年をお迎えください。
 
 
 
ありがとうございます。 (よしの@)
2016-12-31 16:35:55
いろいろ教えて頂いてありがとうございます。お疲れさまです。よいお年をお過ごしくださいませで御座います。m(__)m。
 
 
 
御礼 ()
2016-12-31 17:07:58
毎日のブログありがとうございます。好奇心が刺激されて楽しみにしています。感謝です。
 
 
 
よいお年を (桜島が見えます)
2016-12-31 17:11:12
知らないことを沢山教えていただきました。来年もよろしくお願い致します。酉年ですね、私もやっとバトンタッチ。
 
 
 
良いお年を♪ (P+○)
2016-12-31 17:12:44
今年もいろいろ興味深い内容のブログを読ませていただき、ありがとうございました。

24日の一般参賀の記録は、じ〜んとしました。
この前、ある反対集会の(現政権と皇室)チラシを目にしたばかりだったので。
(こちらは、読むとどんよ〜りします)
一般参賀のブログは、晴れやかで清らかな感じがふわっとしますね♪

来年も楽しみにしています。
 
 
 
まるぞうさんありがとうございます (Unknown)
2016-12-31 17:13:59
まるぞうさん
ブログを通じて、たくさんのことを教えて下さり、ありがとうございます。
良いお年をお迎えください❗
来年も、よろしくお願いいたします❗
 
 
 
今年一年有難うございました。 (Unknown)
2016-12-31 17:49:11
まるぞうさん、今年も一年毎日記事を楽しく拝見させていただき感謝します。自分にはとても勉強になり大変有難いです。
また、来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお過ごしください。
 
 
 
まるぞうさん~✨ (みきぷる)
2016-12-31 17:51:07
今年も有り難う御座いました~! アホなわたすにも興味わく、目からウロコの数々の記事(本日のも。日本人がんばるわのよ!普通に生きてるだけやけど)楽しみにしています。 このブログのお蔭様で、首相官邸や都知事さんのブログにも意見などを出せました。 良い新年を、、。 
 
 
 
伊勢参拝 (くまむー)
2016-12-31 18:03:10
まるぞうさん毎日ありがとうございました。

今年は本当に苦しい年でした。
食費も少なく納豆味噌汁ご飯も多かったです。
年末どうするかと悩んでいたら、思いがけなく突然賞与が頂けました。
旦那さまにお願いして、今日は日帰りで伊勢参拝に行く事ができました。
初めて夫婦で伊勢参拝しました。(いつも年末は私1人で行きます)
今日は特に内宮さんは去年より少なく感じました。
1年のご褒美のような1日でした。

来年も毎日楽しみにしています。
よろしくお願い致します。
 
 
 
Unknown (たま♪)
2016-12-31 18:49:24
時事問題じゃないのですかー。(って、単に私の都合です^^;)
ハワイでの安倍さんの演説をテレビで見て、さすがにこれを見れば、朝日新聞派の実家の両親も安倍さんを見直すだろう、、、と思っていたのですが。
実家で父親の話を聞けば、預金封鎖がコワイから、ドルに換えただとかなんだとか話していました。相続税対策やらなんやら、子孫のためでやっていることなので文句は言えないのですが「預金封鎖なんてないよ、国債は国民に借金してるだけなんだから、海外に借金してるわけじゃないでしょ?」って言ってみたら「お前は、本当にバカだ。騙されて踊らされて。そういえば、お前は安倍が好きだとか言ってたな。あのバカを。あいつは戦争を始めるぞ!」と言っていた。「なんでよ、ハワイの中継見なかったの?」「見るか。俺はあいつが出た瞬間にチャンネルを変える」てなわけで。安倍は悪党という目に蓋を選んでいる父親なのでした。「お父さんはバブルがはじけるときも見ないフリしてたよね。ま、何も投資してなかったから関係も被害もなかったけど。不況になんかなりっこないって言ってた、あの時の事なかれ主義は何にも変わっていないのね!」と言ってやろうか、と思ったけど、やめた。言ったところで、無駄なのだ。それに、円をドルに換えたって大した実害はない。(と思う)株とかギャンブルしてるわけじゃない。親のお金なんだから、好きにすればいい。と思い、話題を変えました。
安倍さんの話をふつうに聴いてくれれば、感じるものがあるはずなのですが、安部アレルギーの人は、映っただけでチャンネルを変えてしまう。
母親は、「そこまで行って委員会」を見てるので、父寄りでも私寄りでもなく中立。(小池大臣は嫌いらしいけど。)原発とかは私も反対だけど、民主党よりかマシ。ってところで母親とは意見がまあまあ合う。父親とは永遠に意見が合うのは無理だなーと思います。
まるぞうさんは、朝日新聞を読む奥様に根気強くお話しされましたが、私は娘の身分で父親にそういう話をする元気はないなー、て思ってしまいました。
親の政治観には不干渉しかないかもしれません。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-31 19:35:40
まるぞうさんの 片方を否定して片方に偏っては生けない、が私の胸の内を揺さぶりました。今もあります。なんか泣きたくなります。両方殺してたんじゃないかって。嫌いなものは私が産んだのでした。大好きも何かを無視してではないけれど嫌なものを見ないためではおかしい。私は何をどう選別して愛し冷淡になるのか、見てやろうと思いました。
まるぞうさんのコメントの色々な記述が私を驚かせ泣かせたり慰められています。
その恩恵に対し、どう御礼を申し上げれば良いのかわかりません。私、まるぞうさんにご縁を持ててよかった!まるぞうさん有難うございます。良いお年をお迎え下さいませ。
 
 
 
今年も本当にありがとうございました! (Unknown)
2016-12-31 19:39:18
まるぞうさん、今年も沢山の事を教えてくださり本当にありがとうございました!
毎日、様々な方面に渡るお話や重要な解説をしてくださり、勉強させて頂いて本当に感謝です。
お身体にはお気をつけて、来年も宜しくお願いいたします!
良いお年をお迎えください!
 
 
 
心を込めて。 (ruru1122)
2016-12-31 20:06:45
まるぞうさん初めまして。
私は今年まるぞうさんのブログに本当に救われました。
心から感謝しています。

今年は私にとってはとても苦しい試練の年でした。でもまるぞうさんのブログのおかげで、そんな中でも前向きに頑張ることができました。つらくても苦しくても泣くことはありませんでしたが、まるぞうさんのブログを読んで心が前向きになった時、ありがたくてありがたくて涙が止まりませんでした。
おかげさまでその試練を乗り越えて、無事心静かに大晦日を迎えることができました。
あの日あの言葉の数々に出会えて本当に良かった。
まるぞうさん、本当にありがとうございました。

そして世の中のわかりにくいことも、まるぞうさんには色々教えていただきました。目からウロコがいっぱい落ちました。ブログのタイトルにもよく感心させられました。毎日本当にありがとうございました。

どうぞお身体を大切に、良い年末年始をお迎え下さい。
まるぞうさん、本当にありがとうございました!

 
 
 
良いお年をお迎え下さい♪ (ハンナ一号線)
2016-12-31 20:13:22
まるぞうさんの、この一年も素晴らしい考察を有難うございました。
本当に楽しく拝読させて頂きました。
まるぞうさんの主観でも何でもいい、もっと色んなお話しを伺いたい!!
そう願って居ましたら年の瀬に来たこのシリーズ(笑) 巷であふれかえって飽き飽きしていた陰謀論ではないまるぞうさんの考察のその奥深さに感激しながら、遠い遺伝子の旅を観て居ます。
人類の弱さ、儚さ、脆さ、強さ、その全部を受け止めながら、暮れて行く今日と明日からもまた、おひさまと共に自身の遺伝子の旅を続けたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
真実の歴史へ (鶴と亀)
2016-12-31 20:13:56
まるぞうさん、今年はいろいろと深い啓示をありがとうございました。来年もより深い人類の歴史を紐解いて下さることを期待しております。もうそろそろ人類は過去の真実の歴史を知る段階にあると思われます。宇宙の歴史もです。
 
 
 
Unknown (72me)
2016-12-31 20:36:53
今回テーマとして取り上げられた内容は、私が最も興味をそそられるものなので、楽しみに拝読させて頂いております。
日ユ道祖論について、あまり良い感情を持てずにいる私は、自分を納得させる落とし所を見つけたくて、でもまだ答えは見つからない。

今年も1年を通じて、まるぞうさんの私的考察をのぞき見させて頂きました。
楽しかったー。
来年も、よろしくお願い致します。
 
 
 
ありがとうございました。 (うさぎのロン)
2016-12-31 20:48:54
 まるぞうさん、今年もありがとうございました。今日の記事で私も理解を進める事ができました。また、Melatiさんのコメントも大変勉強になりました。
 日本人が古代ユダヤの末裔とどの様な繋がりがあるのかは、パレスチナやシリアを見ていると、もう少し時代が進まなければ表にしないほうがいいかもと、思います。
 日本にいる日本人には、中東の流れは分かりにくいと言います。でも、このシリーズのお陰で宗教から入っていくことで理解が進みました。ありがとうございました。
 まるぞうさん、読者の皆さん、良い年をお迎え下さい。来年もどうぞ宜しくお願いします。


 
 
 
 
ありがとうございました。 (うさぎのロン)
2016-12-31 20:50:28
 まるぞうさん、今年もありがとうございました。今日の記事で私も理解を進める事ができました。クルアーンを初めて知りました。目からウロコでした。また、Melatiさんのコメントも大変勉強になりました。
 日本人が古代ユダヤの末裔とどの様な繋がりがあるのかは、パレスチナやシリアを見ていると、もう少し時代が進まなければ表にしないほうがいいかもと、思います。
 日本にいる日本人には、中東の流れは分かりにくいと言います。でも、このシリーズのお陰で宗教から入っていくことで理解が進みました。ありがとうございました。
 まるぞうさん、読者の皆さん、良い年をお迎え下さい。来年もどうぞ宜しくお願いします。


 
 
 
 
ありがとうございました (Unknown)
2016-12-31 20:52:28
自分一人では思いつかない角度からのまるぞうさんの考察をなるほど~と思いながらブログを読ませていただきました。とても勉強になりました。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。どうぞ良いお年をお迎えください。
 
 
 
ありがとうございました (しろしろやぎ)
2016-12-31 21:16:12
まるぞうさんのブログで多くの事を学ばせていただいております。今年も 本当にありがとうございました。まだまだ右往左往している 自分の心を静かに見つめていきたいと思っております。
 
 
 
Unknown (まみい)
2016-12-31 21:21:46
家族総出での大掃除で、今日一日はつぶれました(*_*;
まるぞうさんから教わった「1手、2手、3手先を読む」ができなかった大掃除でした。。。思ってたよりも障子の張替えはふくらはぎの筋力を必要とするのでした。

来年は、もうちょっと先を読んで何事もできる人間になれるよう、ひたむきに生きよう、と思います。

まるぞうさんも、読者の方も、良いお年を!

 
 
 
今年もありがとうございました (旅にゃんこ)
2016-12-31 21:44:21
まるぞうさん、今年もいろいろな記事を読ませていただき、ありがとうございました!私は、もうひとりのまるぞうさんが、まるぞうさんを見ているような記事に特にハッとさせられます。今回の続きを始め、来年も楽しみにしています。
よいお年をお迎えください!
 
 
 
Unknown (たけ)
2016-12-31 22:11:47
数年前に質問させていただいた者です。
普段はコメントは残しませんが、ずっと毎日楽しみに読ませていただいております。ブログ続けてくださって、有難う御座いますm(_ _)mまるぞうさん、これからも 色々お聞かせくださいませ。
良いお年を…
 
 
 
ありがとうございました! (Unknown)
2016-12-31 23:04:48
まるぞうさん、今年も一年間楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。

また来年も、本家と共に記事を楽しみにしています。どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
 
 
 
Unknown (みーたろう)
2016-12-31 23:14:54
まるぞうさんいつもブログ更新楽しみにしています。まるぞうさんはお仕事お忙しいと思うのにいろいろな事に詳しくて深くてすごいなーと感心します。仕事の休み時間にブログを拝見しているのですが更新されているとウキウキして何度も読み返しています。来年もどうぞよろしくお願いします。よいお年を!
 
 
 
皆様、良いお年を! (ハルカ)
2016-12-31 23:39:37
まるぞうさん、今年もありがとう。
思考のフレームワークを柔軟にする大切さ。
ダンドリストのすすめ。
時事と見えない時事の考察。
見えないものほど力になります。ありがとう。

シリアは難とか国を保てるかしら。
明日からの世界の仮想敵国は国ではなく、自然災害に変わるかもしれない。

寒い日が続きます。
皆様ご自愛下さい。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-31 23:50:08
まるぞうさん 今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
明けましておめでとう御座います。 (Unknown)
2017-01-01 00:11:20
今年も宜しくお願い致します。ありがとうございます。m(__)m。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-01-01 00:28:59
まるぞうさん、あけましておめでとうございます。いつも拝読させて頂いています。そして時々お世話にもなっています。
まるぞうさんにとって良い年であることを、心より祈っています。
 
 
 
感謝です。 (音分とん)
2017-01-01 01:04:06
まるぞうさん、こんばんは。明けましておめでとうございます。一年間ほぼ毎日blogを拝見させていただき、ありがとうございました。毎日更新されるようになってから、とても面白く、時に心に沁みながら、沢山勉強させていただいています。日本がどんどん好きになります。出産の際にまるぞうさんや読者の方に励ましていただいた事も有り難い事でした。今年も毎日無事に拝見出来ることを祈っています。ありがとうございます。
 
 
 
Unknown (夏小町)
2017-01-01 01:08:57
明けましておめでとうございます。
昨年もブログをありがとうございました、本年も宜しくお願い致します!
 
 
 
もうカウントダウンは過ぎたかな (三月の桃日和)
2017-01-01 01:10:25
まるぞうさん、2016年中のすべての、そして今日(昨日かなもう?)の記事もありがとうございます。
ムハンマドがアブラハムの血を引いている、で思い出したことがあります。たしかイシュマエルだっけ、と名前がアタマに浮んできたので、調べてみました。以下、創世記からのマトメです…
>アブラハムはかなり年齢が進んで、その妻のサラも75才。子供はムリだと諦めたサラは、夫につかえめのハガルを差し出しアブラハムは受け入れる。ハガルはすぐに妊娠、ところがサラとハガルが不仲に。アブラハムはサラをたてたのでハガルは逃げ出すが、途中で天の使いに説得され、アブラハムの元に戻る。産まれたのは長男でイシュマエルという名が与えられた。
この説得したと言う天使はハガルの息子に関してこう言う預言をします。
「彼は野生のろばのような人になる。彼があらゆる人にこぶしを振りかざすので人々は皆、彼にこぶしを振るう。彼は兄弟すべてに敵対して暮らす」(創世記. 16:12)。
この直ぐ後に正妻のサラが身ごもり、イサクを出産。イシュマエルは母と供に砂漠に放逐されるが生き延びてアラブ人の祖先となる。
ユダヤ人とイスラームの伝統の間では、イシュマエルを全てのアラブ人の先祖とみなしている。(ウィキペディアより)

やっぱりアラブと古代ユダヤは異腹ではあれ兄弟でした。世界中あちこち、みんな兄弟ですねー。でも兄弟というのは相克が激しいものなのでしょうか。女の私にはピンときませんが。
今年もよろしくお願いいたします。桃
 
 
 
新年"無事"あけましておめでとうございます! (真実一路)
2017-01-01 01:42:39
今年もひたすら "真実" 求め!…、地球物語を表と裏から眺めてゆきたいと思いま〜す!←←←アノ世での「答え合わせ」が楽しみデス。。。
 
 
 
あけましておめでとうございます。 (シルファママ)
2017-01-01 02:15:35
いつもブログを拝見させていただいて、ありがとうございます。 今年もよろしくお願いします😃
 
 
 
Unknown ()
2017-01-01 12:08:52
皇室に割礼の儀式?
聞いたことがありません。
どこかに証拠の文献が残っているんですか?
妄想が過ぎますね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。