goo

新卒候補生の君たちへ。その6。三手先を読む。


 新人のあなたが部署に配属されたとします。まず大抵やらされるのが電話の取次ではないでしょうか。今日もまたあなたの部署に電話が掛かってきます。

「はい、◯◯会社△△部ですが」

「あの、まるぞう会社の丸山と申しますがBさんいらっしゃいますか?」

さてあなたは先輩のBさんの机を見ます。どうやらBさんは席をはずしているようです。

「Bですが、只今席におりません。」

もしあなたの電話対応がここで終わりであるなら、残念ながらあなたは「プロの段取リスト」としてはまだまだ先が長いと言わざるを得ません。



■3手先まで相手の反応を想定する

 私が入社した時、同じ部署にある先輩がおりました。その先輩は、今から思うと本当に社会人として大切なことを私に幾つも教えてくれていたのdすが、その先輩はしゃべり方がぶっきらぼうで言葉も悪かったので、私は全然まともにその方のアドバイスを聞いていなかったと思います。バカちんでありましたから。


 しかしその先輩が教えてくれた事で一つだけ明確に覚えているものがあります。
「まるぞうよ、お前なあ、自分が何か上司に報告する前に、必ず相手が何て言うかを事前に頭の中で想定するんだ。そしてお前が返事したことについて、次に相手はどう言ってくるか。をもう一度頭の中で考えるんだよ。これをだな、3手先まで考えんだよ。
 いいか、まるぞう。俺ぐらいになったら、✕✕さん(当時の所属長)なら、こう指摘するだろうっていつも3手先まで想定してんだよ。だから俺の報告はいつもピシッと1回で済むだろうが。
 まるぞう、お前は1手復先も考えないで、その場限りの鶏頭の回答なんだよ。だから毎回あんなに注意されんだよ。
 わかったか?3手先まで想定すんだよ」


 当時の私は1手先まで考えるなんて困難でした。相手の反応を想定するなんて、そんな面倒くさいしたくない。というのが本音でした。


■3手先を読むのは訓練で誰でも上達する

 将棋や囲碁の達人は自分が打つ手に対して、何手先もいつも読んでいることでしょう。会社の仕事もそれと同じなのでした。
 最初は何手先も読むのはとても難しいように思えますが、でもそれは将棋や囲碁と同じで、真面目に懸命練習すれば、誰でも上達するワザなのでした。



■電話の応対でわかる。あなたは何手先まで読めていたか

 さて冒頭の電話です。あなたは「Bさんは席におりません」と答え会話を終わらせました。しかし相手はなぜ電話を掛けてきたのでしょうか。単純にBさんが今席にいるかどうかを調査確認するために掛けたのでしょうか?
 違いますね。相手の丸山さんはBさんに電話の要件があったのです。しかもメールではなく電話ということは、何か急ぎであるとか、込み入っている話しだということが想像つきます。
 これが相手の次の手を読むということです。


 そうです。では相手の次の手を読むとするならば、あなたはどう対応しますか?
「只今Bは席を外してますが、、、(といって行き先掲示板を見ると、B先輩は「営業まわり帰社16時」と書いてあります)Bは16時には戻ってくる予定です」
 そのように答えることができるはずです。ね。ずっと段取リストに近くなりました。
 しかし残念ながらそれではまだ不十分なのです。


 相手はきとBさんに自分から電話があったことを伝えて欲しいと思うことでしょう。例の件、急いでいるんだということを意思表示したいのかもしれませんし、折り返し電話が欲しいかもしれません。ですから本当はここまで相手に言えると良いです。
「只今Bは席をはずしておりますが、、、16時には帰社する予定です。お電話があったことを伝えておきましょうか?」
 ね。なかなかいいですね。しかしこのあとも会話が続くようです。


丸山「じゃあ、すみませんが、戻られたら折り返し電話頂けるようにお伝え願えますか?」
あなた「はい。そのようにBに伝えます」
丸山「よろしくお願いします。ガチャン」


 さあ、上記の会話で問題はないでしょうか。このまますぐ電話を切る相手も丸山さんも問題がありますが、まず第一にあなたはちゃんと相手の会社名や名前を覚えていますか?電話番号も聞いていますか?
 さて16時になりB先輩が戻ってきます。
「先輩。先ほどお電話がありました。」
「うむ。ありがとう。で誰からだった?」
「それが、その、なんとか会社の、、、ええっとなんとかさん。電話あったことだけB先輩に伝えてって、急に切られてたのでよくわかりませんでした。」
「どんな人だった?」
「えっっと、おじさんでした。う〜ん。あと男の人でした。」
「バッカも〜ん。」



■3手先を読む訓練の良い練習場

 電話の受け答えは、相手の対話を3手先まで推測する良い練習の場数(ばかず)となります。私達の目標は「相手の立場で最悪を想定できる段取リスト」となることであります。3手先が予測できるように頑張りましょう。


「はい、◯◯会社△△部ですが」
「ええ、Cですが、行き先には何も書いていないのでおそらく社内にいるはずなので、すぐ戻ると思います。お電話があったことを伝言いたしましょうか。はい。念の為にお名前と会社名をもう一度よろしいでしょうか。まるぞう会社の丸山さま。はい。電話番号はCは存じておりますでしょうか。念のために頂けますか?090はいXXXXのXXXX。繰り返します。まるぞう会社の丸山さま。お電話番号は090−XXXX−XXXX。はい、ではCに伝えますのでよろしくお願いいたします。」


 相手の対応を3手先を読むスキルは、本当に人生で、あなたの財産となることと思います。営業マンであれば売り上げを上げる基本でありますし、技術者であればプロジェクトの炎上を防止することに多いに役に立ちます。そういう人材であれば、突然リストラされることも確率はぐっと低くなります。また転職や再就職したとしても、役に立つ人として重宝がられる人材であることと思います。


 次回は4つのポイントの最後です。段取リストさんの一番大切な能力。「虫の知らせ」について考察します。



つづく



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« 新卒候補生の... 新卒候補生の... »
 
コメント
 
 
 
応対 (ハルカ)
2016-10-15 11:54:48
こういう内部をセミナーとか、本とかでいい値段で売ってますね。
三手先。私だとぱっと出てこないから誰?何時?何の用?で覚えておきます。
まるぞうさん、ありがとう(*ゝω・*)ノ
 
 
 
Unknown (美容部員)
2016-10-15 11:59:58
いつもありがとうございます。

何となく解ってきました!

ただでお知恵を教えてなので、いただけるなんて…

本当にありがとうございます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-15 13:11:25
人が足りない企業が増加しています。入社しても欠勤早退や突発欠勤も。職場のリーダー格も辞めているのが多いとか。企業は残業を無くすのを数年前から云われてましたが、「人が足りない」為にやむを得ず残業をしている企業もあります。近くの地元の若者女子は水商売で働いているそうです。(5年前くらいから今時の20代の若者女子は若者男子は付き合うのに疲れるからと中年を好んでいるとか)病人も増加と高齢化、若者に限らず、お金があれば働かないでネツトやゲーム依存で引きこもりも増加なのでは?‼
 
 
 
本を (晴天子)
2016-10-15 13:31:21
本日の日記を拝見する前に「まるぞうさん、本だしたら?」と思いました。ハルカさんに同感。いつかまとめてはいかがでしょうか。特に最近は良くて契約社員です。(私も何とか…でも時給、ボーナス無し)私より、ずっと若い男女が同じ状態です。心配。スキルを身につけて進められるように読ませてあげたいな。電子書籍とか。是非!
 
 
 
視点位置。 (真実一路)
2016-10-15 13:45:07


"伝授"すべては……、

「濁流の中」でも、「気持ちよく・スイスイ・無傷」で進む為の ライフジャケット なり。。。

怠っちゃ〜、そりゃ〜ケガもするわなっ…*


 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-15 15:07:12
国会議員のボーナスと給与が又、上がると決まったらしいですねぇ。小池都知事を見習うべきです。
 
 
 
これから求められる会社人 (うさぎのロン)
2016-10-15 16:47:34
まるぞうさん、私の新入社員時代にこのように言ってくれる先輩がいたらどれだけ良かったか…。思えば新人の数ヶ月を今日の記事のような先を読めない事で、どれだけ恥をかいていたことか…(汗)
 バブリーな時代で若い女の子というだけで大目に見てもらった事も沢山あったと今なら分かります。毎日の先輩達へのお茶出しやコピー取りは、その見返りになっていたのかしら…。
これからの時代は、企業間の電話の取り次ぎや日程調整までもA I のような人工知能型ロボットがする様になるのでしょうか? 
 少なくとも、私の時代よりも仕事そのものの完璧度は求められる事でしょうね。
 
 
 
本を出してください! (木曽三川)
2016-10-15 17:25:58
みなさんが、言われている通りといっては失礼かと思いますが、ぜひ!電子書籍での出版をお願いしたく存じます!救われる人がさらに増えるはずです!!
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-16 00:20:18
まるぞうさん、いつもわかりやすく大事な事を教えて頂きありがとうございます。昨日の無段取人間、まさに私です。旦那が亡くなり社会に出て初めて気づきました。こんなに仕事出来なかったのがショックでした。でも目の前のできる事を一生懸命やろうと心がけて頑張ろうと思ってます。
心配なのは息子がまるで私ソックリの無段取人間です。折を見ながら記事の内容を話し活を入れたいとおもいます。
 
 
 
田〇神から? (Unknown)
2016-10-16 11:57:52
ここ3年の間?‼一昨年~3月迄に勤務していた大手の下請け有名企業では、現場は直雇用の上司や社員と関連会社正社員と派遣でデスクワーク者含め、60人程いましたが現場は上司二人と現場の●の付く姓が10人くらいいました。確か●の付くのは彼方系統ですよね?
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。