goo

ホームレスの天使。


 昨日の動画です。

 公園のベンチで寝ているホームレスの男性が起きると枕元に紙幣が。回りを見渡しても誰もいません。きっとこれは神様からのプレゼントだろう。天を見上げて感謝する男性。
 彼はそのお金を握りしめて買ったのは寝袋と枕でした。これでもう硬いベンチで寝る痛みからは逃れられます。
 しかしそんな彼の横に何やら深刻そうな男性が。聴くとはなしに聞こえてくる会話。彼の娘さんが病気で、しかしお金がないため薬が買えない。そういう内容でした。

 その時そのホームレスの男性は理解したのでした。ああ、先程神様がくれたと思っていたあのお金は、この男性の娘さんを救うためのお金だったのか。
 彼は男性に「ちょっとここで待っててくれ」そう言い残し、買ったばかりの寝袋と枕を返品しにお店に戻ったのでした。そしてそのお金を彼に私、娘さんの薬を買ってくれ。そのように言ったのでした。



心の中の神様の声が聴こえる人

 もし私がこのホームレスの男性の立場だったら、買ったばかりの寝袋と枕を返品してお金を工面するだろうか。そのように疑問を持ちました。お釣りのお金ぐらいはカンパしたかもしれませんが、わざわざ買ったものを返品しにお店に行くような労力をしただろうか。と。
 特に、自分は硬いベンチで寝ることが本当に苦痛で、この寝袋と枕であの苦痛から逃れられる。という喜びのあと、それを全部捨てて、また自分があの苦痛の生活に戻るにも関わらず、返品という手間をかけてお金を彼に渡せるだろうか。



 彼は本当に神様の声が聞こえる人なのでありました。自分の心の中の神様の声をあれほど純粋に聞ける人がいるとは。
 隣に苦しんでいる人がいるのを見た瞬間、ああ、あのお金は自分のためではなく、自分を通してこの人に渡せという意味だったのか。そういう神様の気持ちであったか。と心の中の神様の声がはっきりと彼に聴こえたのでありました。
 そして彼がほとんど躊躇しなかったのも驚きです。返品する手間も、これからもまた硬いベンチかということよりも、彼にとっては自分の心の中の神様の声に従うことの方が、ずっとずっと大切なのでありました。



社会の底辺にいる天使

 私が次に思ったのは、どうしてそんなに「神様の声に純粋な人」がホームレスという生活をしているのか。ということです。これほど純粋で思い遣りのある人であれば、安定して安全な暮らしをして然るべきではないか。


 しかしこの世界では実はこういうことは良くあることなんだろうな。とも思いました。ベンチの男性は天使が受肉したような人柄であったように思います。そしてその天使の純度が高いほど、社会の底辺で暮らすことになってしまうことも多いのであります。
 私も長年いろいろな人と仕事をして来ました。私が知り合った人達の中には、やはり天使が受肉したというような人もおります。が、やはりどちらかというと日の当たらないキツイ仕事をしていることが多いように思います。
 まず彼らは人を押しのけないのでした。そして要領も良くないのでした。そんな彼らは、ババ抜き社会の中では、いつもババをつかまされ、日の当たらない仕事、苦労ばかり多い仕事に回されてしまう傾向がある。そのように感じておりました。


 この動画のホームレスの男性もまた同様だったのかもしれません。会社が傾き誰かが首にならなければならない。そういう時に真っ先に首切り対象にされても、静かに黙って受け入れてしまう人だったのかもしれません。家賃が払えなくなっても居座ることも当然できず、大家のいうまま着の身着のままで追い出されたのかもしれません。

 彼の心の中の声は、人と争って勝ってまで得るのなら、自分は手放して彼らに与えてあげたい。そのように言っていたのでしょう。なんせ天使がそのまま受肉した人でありますから、人が悲しむことは自分が悲しむことと同じなのであります。



心の中の神様の視点

 ホームレスで社会的には何も持たず、社会の底辺で一生を終えることになるかもしれないこの男性であります。が、彼はこの人生を終える時に、神様の王国に大歓声をもって迎えられることと思います。人が一生の人生で、あの世に持っていける宝とは、自分が自分の心の神様の声を聴いて行動した。その行動という事実のみです。

 彼は社会からは落伍したと思われているかもしれませんが、彼は自分の心の中の神様の声を最優先して生き続けたのでありました。
 同じ社会には、良い身なり、良い暮らしの人もいれば、住む家もない落伍した人もおります。しかし心の中の神様の視点でみると、オモテとウラが逆転して観えているかもしれません。もし私達の魂が進化して、神様の視点でこの社会を観ることができるようになると、オモテとウラが逆転して観えることでありましょう。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )
« あるホームレ... 悪魔の技術?... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ないすでい)
2017-05-20 12:15:25
深い話をありがとうございます。私も、すぐに返品行動できないかも。しかし、ずっと、そのことが気になって、枕も寝袋も使えなくて、ためらい、最後に返品にいくと思います。その間、私の心は、我よしと、神性の気持ちをいったり来たりして、のたうちまわり、苦しみまくることと思います。で、結局、返品して、そのお金を渡すことでしょうが、渡した相手が、感謝しないことにがっかりしてしまって、「やはり、寝袋と枕にしとけば良かったかな?私は馬鹿だったのか?」と、相手の「感謝」に期待する我欲が、邪魔することでしょう。今日の記事で、自分の行動パターンと、改善点が見えてきたことは、とても有難いです。
まるぞうさん、ありがとうございます。
 
 
 
底辺だからこそ見えるもの (Melati)
2017-05-20 12:27:39
まるぞう様 昨夜の我儘なつぶやきに記事でお答え下さいまして有難うございます。私が注目した点は、、、

※お金が天から降ってきたお金であった事。
(ここでまず神様のお試しが見え。自分のものにするか?届けるか?など)
※縁もゆかりも無い人を助けますか?自分が快適に過ごせる為の品物を放棄しても。
という2点です。でもやっぱりお試しを受ける《以前》に聞こえていたのでしょうね、神様の声がー。このお金は誰かを助ける為に貴方に預けたのだよ、と。

底辺で暮らす、心がささくれだってしまう人もいるでしょが、本当に優しかったり、心が奇麗な人もいるのは、
やはり自分が辛い境遇を実際に体験しているからで、他人の痛みや悲しみを、ありありと感じるのではないか?と思います。まるで自分の事の様に。私の中にある貴方の痛み、を感じる力が強いと言いましょうか、、。
居住国の人を見ていてもそう思います。
勿論、上の層の人の中にも心が奇麗な人はいますね。

でもフト考えてみれば私達も神様からこの様に、意識せずとも、常に人生の中で己の良心を試され、その動画を撮影中なのだーと思いました。死後にそれを見る訳ですが怖いですねやっぱり。自分の心は全てを知っていますから。また長くなりそうなのでこの辺で。
まるぞう様のお考えが聞けて良かったです。
重ねまして 本日も有難うございました。
 
 
 
回る動く。 (Unknown)
2017-05-20 12:27:39
地面が接点として、入れ替わる。動く。思いやりは大切大事で、もし自分ならはの思考は大切大事で、問題は、
もし自分はそこにはいないありえない。だから。いまこここと。なのだな~と思いました。自分の望んだ環境と意思。始めが大事で一本の線になるのですね。否定なき自己制定案。入口出口の方向生が和解すれば、面白いと思います。あたりまえはあたりうしろ。信じる事と信じられる事。自分を疑わず仕事がしたいです。
ありがとうございます。m(__)m。記事が量子の見せ方と答えだと思いました。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-20 12:29:22
昨日の読者さんたちのコメント、今朝、興味深く拝見しました。色々ですねえ。。。

私は、ホームレスに対して多くの人が持っている印象を払拭するような素晴らしい動画だと思いました。


ちなみに日本語訳が見つからなかったので、今日のブログでやっと事の顛末を理解できました!返品までしてきたのですね。そこが深いと思いました。



 
 
 
僕が一番欲しかったもの (sahimana)
2017-05-20 12:38:58
毎日、ありがとうございます。あちらのお話とも繋がるような昨日、今日のお話。涙がでます。悲しいとか可哀想とかじゃ無く、心の奥が感動してます。このホームレスさんの様子を見て槙村さんの歌を思い出しました。。。
 
 
 
Unknown (タマンサ)
2017-05-20 12:40:02
いつも有りがたく拝見させて頂いています。
皆さんのコメントに納得。
でも隠れて撮って動画にあげる行為に心が痛みます。
 
 
 
天使は遺伝する? (Unknown)
2017-05-20 13:25:35
私の家族が正にそういう人達です。周りの全ての悪いものを引き受けて自分達はいつも底辺で、人の陰になり支えているような人達です。たぶんこのようなドッキリをされたら、お金を使わないで警察に届けるか、そっと元のお金があった位置に戻して自分は別の場所に移動するでしょう。たまには自分をもう少し主張したらいいのにと、歯がゆく感じることもありますが、そのくらいばか正直で、仕事のミスを押し付けられても我慢して懸命に働く、損な役回りばかりしています。やってもいないことで怒られても、言い訳せずに受け入れます。そんな家族です。仕事もキツイ体を使う仕事です。子供たちは神経を使うキツイ仕事を低賃金でしています。まるぞうさんのおっしゃる通りかなあと思います。
 
 
 
Unknown (たま♪)
2017-05-20 14:08:59
昨日は眠くて動画を見ずに寝てしまいました。

まるぞうさんの記事を読んでも、その後、お金はどうなったのか?ちゃんとネタバレして、寝袋が購入できるようにしてあげたのか?動画の御礼をしたのか???
が気になって、動画を見ました。
お金が手元に戻ってくることになった時、路上生活者さんは泣いていました。すんなり行動されたとは言え、苦しい中の良心だったのだろうと思います。
カメラに撮られたことは気にされていらっしゃらなかったようですが、まだ、同じ生活をされているのか、とても気になります。これをきっかけに違う生活ができるといいのにな、と思います。

以前の通勤コースの金山駅にはホームレスの方々がいらっしゃいました。ホームレスの雑誌を売ってる男の子が、まだ若かったのもあり、とても気になって、職場に置いていた災害食やドリンクの期限の切れたものをいくつかあげたら喜んでくれました。お風呂には入っていないような身なりではあったけど、礼儀正しく明るい男の子でした。なんどかその子にいらなくなった食料をあげたりしていたのですが、他のホームレスの方に睨まれました。「なぜ、そいつにだけあげるのか?」と思われたのだと思います。彼以外の他のホームレスの人は、お酒を飲んでいて、私には怖かったのです。その男の子が、ホームレスのみんなにわけてあげてくれないかなあ、と思ったのだけど、それも言い辛くて。個人ができることには限界も危険もあるので仕方ないけど、後味の悪い思い出です。
名古屋の公園には、10年前に東京の人が追い出したホームレスの人々が居ます。名古屋までの新幹線代を出して追い出しただとかいう噂を関東の人から聞きました。どこまで本当かどうかわかりませんが。
ただの美談じゃなくて、何かが変わるといいなあ、と思いました。
 
 
 
Unknown (今日はとくめい)
2017-05-20 15:41:34
´ω`💧💧💧💧あ~~~~~!過去の自分はスタパに☕行ってるです💦見習わなければ。動画をありがとうございました。
 
 
 
心の貧者 (北信の実践者)
2017-05-20 17:06:53
こんにちは。このホームレス男性は優しい方ですね。私はさもしい人間ですから、寝袋と枕を肌身離さずに抱えてその場を離れると思います。手元に残ったお金も、これで最後かもしれないと考えビール等を購入してしまうかもしれません。もうこんな生活嫌だと思いつつも、生存本能で自我が勝ってしまいそうです。心に余裕が無いとは嫌なものですね。
 
 
 
いつもありがとうございます (Unknown)
2017-05-20 18:49:09
泣いています。
神様ありがとうございます。
 
 
 
やり方に違和感 (旅にゃんこ)
2017-05-20 19:01:20
不特定多数の感動または学びより、ひとりの尊厳の方が大切と感じます。
 
 
 
地上の天使 (Unknown)
2017-05-20 20:41:14
まるぞうさん、お話の続きをありがとうございます。
予想通りの展開でしたが、私が同じ立場であれば到底出来ない善行です。私は天使にはなれそうにないです。
そして、あまりに心が清くてお人好しすぎるホームレス男性に涙が出ます。
たま♪さんコメントで彼は号泣していたそうなので、本当に他人を救うか自身を救うか、心の中で葛藤していたんだと思います。やるせないです。
こういうギリギリの中で葛藤して打ち勝つのが彼のこの世での修行なのかもしれないけれど、あまりに不器用な彼にはもう少しこの世で幸せになって貰いたいなぁ〜と思わずにはいられません。
 
 
 
なるほど。 (にゃんぴー)
2017-05-21 01:11:11
本当の正解はこの世の中は現実に良いことをすべき世界ではあるけれどとても無慈悲でもあるから。ヒトラーなどのように。(一方的な無慈悲な暴行、暴力、通州事件、奴隷制度、残虐なことの前には神も仏もいない、誰も助けてはくれない、助けられるのは自分だけ。)
自分のできる精一杯でいいんですよね、自分にお金があれば余裕があれば相手に与えるべき。
まず自分が満足なお金を手に入れ、そしてたくさんのお金を手に入れる努力をすべきで、そしてもし余ったのなら寄付なりなんなりすればいい。なんで今日のご飯をかわずに今日生きていくためのものを相手にあげるのか、理解できません。人間は自分に神さまをもっているんだから自分をどんなことがあっても誰に何と言われようと何をされようと大事にすべき。

まだ私が未熟なのでしょうか。まだまるぞうさんの域にまでいけないようです。あの動画のおじさんはホームレスには見えませんでした。顔の垢があまりないようです。洋服もそんなに毎日着続けてはいないようです。
 
 
 
不掲載について。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-05-21 10:57:26
今回の記事にはたくさんのコメントを頂きました。どれもとても興味ぶかくありがとうございます。
ただいくつかのコメントは不掲載にさせて頂きました。その理由は他の読者のコメントに対する意見(ご本人はその意図はないかもしれませんが、どちらかというと批判的なコメント)であったからです。

同じ形式を見ても人それぞれの意見が出ます。そしてそれはとても興味深く貴重なことです。同じものを見ても、それぞれ御自身の心の中が外の世界に投射されるからです。それぞれみなさんは外の世界に対する感想を述べているようで、それは自分の心の中の模様を書いていらっしゃるのです。

ご自分の感想または特定の個人ではなく普遍化したコメントであれば全く問題ありませんが、そうでない場合は、不掲載とさせて頂くことがありますのでご理解ください。

特定の読者のコメントに反応される心がある場合は、「同じものを観ても人はその人の心の中を投射する」ということを思い出して頂ければ幸いです。
 
 
 
メッセージ性以前の問題として (ぐー)
2017-05-21 16:42:27
まるぞうさん、こんにちは。お久しぶりです。読者交流掲示板のほうでは大変お世話になりました。
ためになる記事や面白い記事を毎日読ませていただき、本当に感謝しています。
本題と全然違う次元で水を指すような意見をするのを申し訳なく思っています。この動画、いろいろ違和感を抱いたので、少なくとも5回は見ました。意見や感想を述べるのにも、決めつけや勘違いのないようにと。こうして自分の見解を述べたくなるのも、まだまだ私は自我が強いんだなと自覚しつつ、書かせてもらいます。不掲載で構いません、まるぞうさんに読んでいただければ十分です。
私はこの動画はフェイク(やらせ)だと思います。
海外生活25年、街でホームレスの人を見かけたことも何度もあります。"本当の"ホームレスの人の、見た目、所持品、挙動など、具体的に知っています。動画の男性は、ホームレス役を頼まれた素人さんが演技しているだけ(100歩譲って本当のホームレスの人だったとしても、ドッキリ風の撮影に協力してくれるように打ち合わせ済みの人)だと感じました。動画の会話の全部を理解できたわけではありませんが、会話は大まかな脚本に沿っていたとして、それ以外に「不自然だ」と感じる要素がかなりありました。詳細はカッツアイします、グダグダしますので。
そんなわけで、この動画の信憑性の方に興味が移ってしまい、UP主について調べてみたりもしました。というのも、モルデカイの『日本人に謝りたい』は日本人作家の書いたものらしい、と去年知って、天から突き落とされたような衝撃(虚しさ)を受け、それ以来、疑い深くなったわけではありませんが、違和感はスルーしないで気に留めるようになりました。これが、日本で撮影された、日本人素人さんのフェイクだったなら、きっと皆さんもいろいろツッコミ箇所に気がついたと思うのです、、、。
この動画を真実だと信じて純粋に感動して涙を流し、考えを改めるに至る人が多ければ多いほど、ああ、ここでもマインドコントロールが施されていく、、、と感じてしまいました。どうしてもまるぞうさんに自分の見解を伝えたかった未熟な私をお赦しください。これからも、毎日楽しみに拝読させていただきます。応援しています。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。