goo

あるホームレスの男性の話。


海外の動画です。一種のドッキリカメラでしょうか。



公園のベンチで寝ているホームレス男性の枕元にお金を置いてみます。一体彼はどうするでしょう。



枕元のお金に驚く男性。回りを見渡しても誰もいません。



お金を持った男性はどこかに向かいます。どこでしょう。スタバでしょうか。久しぶりにスタバでコーヒー一杯?いいえ、彼が向かったのは手前のホームセンターでした。



両手に荷物。どうやら寝袋と枕のようです。硬いベンチに寝るのはやはりきついことなのでしょう。これで今日から彼は柔らかい寝袋と枕で寝ることができます。



ベンチに戻った男性。そこに仕掛け人が再登場。何やら深刻そうに電話をしています。ホームレスの男性は聞くともなしに仕掛人の会話が聞こえてきます。
どうやら娘が大病でお金が急遽入り用になってしまったが、お金の工面の算段が全くつかず途方にくれているようでした。


このあとどういう展開になったかは、動画にお任せするとして、人間というものを考えさせられる内容でありました。


https://youtu.be/qS_yRy5EYQk

Homeless Man Does Breathtaking Act Social Experiment



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )
« 過去が変わる... ホームレスの... »
 
コメント
 
 
 
あったかい気持ちがみんなに広がればいいけど。 (Unknown)
2017-05-19 12:24:06
私は子供の頃から、ドッキリの番組が大嫌いです。自分が騙されると私なんか真に受けてしまって、大成功!周りは面白いしおかしいし、楽しいでしょう。でも私は冗談とわかっても虚しくなり、楽しめない気持ちが心の中に残ります。人が仕掛けられるのを見ていても、心の中になんか何とも言えないイヤーな気持ちの塊が残ります。だから、笑って見ていられないのでそういう番組や動画は見ません。ユーモアもあるつもりですし、冗談も通じます。私にイタズラした人を明るく許すこともできます。でもなんかダメなんです。こういうのって。人の良心とか器の大きさを試すような行為って。
 
 
 
Unknown (Melati)
2017-05-19 12:58:17
同じ様なドッキリTV番組が居住国であり、結構人気でした。ミンタ トロン(助けて下さい!)というタイトルで。少し迷惑で面倒なお願いを断る人が多い中、助ける人が最後に出てくる。そしてはい、これあなたに!と2万円位だったか、それ位の大金をいきなり助けてくれた人に渡してしまうー。受け取った人の反応は、やはり驚いて泣く、平伏すなどが多かった記憶です、、、。

タネ明かしのあと、「あなたも相当大変そうなのに、なぜ助けたのですか?」と必ず聞くのですが、答えは
「なぜって、、、イクラス(誠意)からです」と、
ほとんどの人がこの言葉で答えていました。辞書的には誠意という意味なんですが、しっくりくる日本語は、
駆け引きのない、見返りを求めない愛、などが合うかな、と個人的にはします。

不思議なのは皆が断る助けて!を助けるのは、なぜか大抵貧しい人でした。自分も充分困っているが、同じ様に困っている人を見捨てておけない人もいる。記事の動画はどこの国か分かりませんが先進国でもここと同じ様な光景があるんだ、、と思いました。ちなみに居住国のその番組は、人気が出たあまり、皆が気付くように成ってターゲット確保が難しくなった?またはヤラセ疑惑?の為かもう終了してしまいました。
人間の持つ《人情》というものについて、考えさせられます。いつも有難うございます。
 
 
 
補足で書かせて下さい (Melati)
2017-05-19 19:22:29
すみません、少し追加で。
居住国の番組テーマは《自分が少々損しても人を助けますか?》というのだったと思います。助けて欲しい事、お願いの内容は「お金がなくて学校の靴が買えないので、この僕が持ってるボールを買いとってくれませんか?」とお願いする。そして必要のない、その汚いボールを買ってあげる。靴屋に連れて行ってくれ、とまたまたのお願いに、市場まで一緒に行き、靴を一緒に選んであげて買うところまでつきあってあげるーそんな内容が多かったです。途上国ならではの設定です。

私もイタズラ系、人を試す様なドッキリは全然笑えないし嫌いです。でもこの番組は、自分がちょっと損しても誰かの役に立とう、助けよう、という人情ある人もここには居るんだなぁと教えてくれて、笑えないけど、泣けてくる事はある不思議な番組でしたー。
でも人を試している事には変わりませんね、、、。
試されなくても《人情はある》という事を信じられる世の中であって欲しいです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-19 21:09:34
うん…。好きじゃないです。
 
 
 
今回は (旅にゃんこ)
2017-05-19 21:44:37
まるぞうさん、いつもありがとうございます。

いつも感心するばかりですが、今回のドッキリカメラは、
ホームレスの方に失礼なのではないかと思いました。
「人間というものを考えさせられる」とは、そういうことですか?
 
 
 
八百万の神々よ (はっちゃん)
2017-05-19 22:08:37
まるぞうさん、こんばんは!

今日の書き込みとは関係ないと思ったらあると思うのですが、神道博士の小野善一郎先生はご存知でしょうか?
youtube DHC馬渕睦夫先生『和の国の明日を造る』 第45回に出演してらっしゃいます。
よろしかったら、というか是非ご覧ください!
私は聖書に書いてあることと本質的には同じだと思っているのですが、日本人の今後の明暗はこのあたりにカギがあるのではないかと思っております。

無料で視聴できるのは期間限定で後は有料になってしまうみたいです。
 
 
 
最後です! (Melati)
2017-05-19 22:41:34
しつこく今日は何度もすみません~。
まるぞう様、あえてお書きにならなかったかも知れませんが、この動画をご覧になってまるぞう様が《人間というものを考えさせれました》この辺をちょっと知りたかったなぁ~と思いました。
良心を故意に試す、という点で見ればいい感じは誰も持てないのだろうけど、某グロクでも最近《与える事と受け取る事》のお話しがありましたが、私にとってもこちらの生活でその様に試される?機会が多いので、難しいなと思う面もあり、課題でもあります、、、。
何だか自我全開の投稿でごめんさない。

あと昨日は、出来の悪い頭で考えた事をほとんど同じ、とお返事頂ましてこちらこそ有難うございまた(本文を書くのに超集中してしまい、名前とタイトルを入れ忘れした~)夜分に何度もすみません、重ねまして有難うございます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-20 01:05:49
このYouTubeの字幕は、音声を拾って自動生成されているのか、それとも?というのは、ごく一部、しゃべる前に字幕が入っていたからです。関係ないけどそんなことが気になりました。
個人でやったドッキリみたいな感じでしょうか。好い人だったのでさらに500ドルあげたみたいですね。僕だったら普通に嬉しいですね。ネットで流されることも不名誉にはなりませんし・・・ただ、無断で流されるのはキツいですね。特に振る舞いが善人じゃなかった場合は、おとり捜査みたくなります。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-20 01:37:11
小池都知事の会の代表Nが公金横領でA猪木氏に訴えられたらようですね。ホントに小池さんの周囲の人間は役立たずか足引っ張る人ばかり。起死回生の策はあるのか心配だわ。
 
 
 
真夜中に失礼します (Unknown)
2017-05-20 03:14:34
こんばんは、まるぞうさん。
私もあんまり人の良心を試すドッキリは好きではありません。
もしも私がホームレスの方の立場だったら、本当にお金を渡せるかなぁ?と真剣に思ってしまいました。
ホームレス生活に至るまでの自分自身にも色々な失敗や悪かった点があったにせよ、寝る家はおろか、寝具にも事欠く生活をしている横で、携帯片手に話をしている人の窮状を聞いていて胸は痛むけれど、自分に誰かがくれたお金を素直に渡す事が出来るかしら?と真剣に思ってしまいます。(携帯を持てる時点で裕福と思えますので)
釈尊は富める者の寄付よりも、貧者のなけなしの施しを最上とされていたのも分かります。
けれども恐らく家族も無く、住む場所にも事欠く孤独なホームレスの方に対して、こういうドッキリを仕掛けるのって本当に罪悪なんじゃないか?
ヤラセであってもホームレスという立場の人に対して、見下した内容じゃないのか?と思ってしまいます。
番組の話ですが、軽い憤りと違和感を感じます。
すみません、視点が違う話で…。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-20 06:02:18
安全な所で衣食住を営める所からホームレスを見ているから、人を可哀想だと言えるのです。
無防備に外敵に晒されて時間を過ごす人が、更に弱い存在をどう思うか、扱うかが大事なのでは。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。