goo

人はなぜ原理主義に傾倒するのか。後編。


心の奥底にある「認められなかった怒り」が「原理主義」に育つ

 原理主義に傾く人の心には「怒り」がある。自分をもっと認めて欲しいという欲求が、外側への攻撃性となり、その「怒りの衝動」こそが、「原理主義」の根本であります。

・原理主義とは「人に勝たなければならない闘争主義」です。
・「自分が一番正しい」として相手を打ちのめす攻撃思想です。
・自分の正義を達成するためなら非合法でも許されるという暴力主義です。


 とにかくお題目は何であれ、「自分が正義であり、敵対するものは闘争で潰さなければならない、社会全体が私の正しさを認めなければならない」という極端な思想が「原理主義」です。

 その「原理主義」に傾倒する人の心を観察するならば、そこには、自分が社会(=親)から認められなかった悔しさと怒りがあるように思います。

 なぜ原理主義者が「極端」であるかというと、それは心の奥底からの「自分自身が失われてしまう」という恐れとそれに対する怒りが原動力であるからです。



心が満たされている人は原理主義の芽は育たない

 ですから自分自身に対して満足をすることができる心の強さを持っている人は、原理主義に惹かれることはありません。暴力をもってでも、他人に自分の正しさを強制させるという欲求がないからです。他人が自分を正しいと認めるかどうかは、その人にとっては根本の問題ではないからです。



原理主義者は「お題目」に自分の怒りをすり替える

 しかし心の中に「怒り(=他人は俺を認めるべきだ)」がくすぶっている人は、極端な原理主義に惹かれていきます。

 社会人であれば「自分を認めろ。自分を認めて。」と周囲に叫んでも誰も共感してくれないことは、経験上知っています。ではどうすれば、他人は自分の正義を認めてくれるのか。それはその社会が「正義」と認めるお題目を旗として振ればいいのです。

 社会の多くが認めざるを得ないお題目とは。まず一つにそれは「神」や「宗教」であります。
 シオニズム原理主義、キリスト教原理主義、イスラム原理主義、その他もろもろ新興宗教原理主義。とにかく「神や宗教」は原理主義のお題目に祭り上げられやすいです。
 私こそ本当の神を信じている。私の宗教こそ本当の宗教である。そのようにお題目を先鋭化し、他者より自分が正義だ(=本当の神に近い)と自分を正当化して他者を攻撃していきます。相手も自分の方が神に近いと考えていますから、お互いが合意することはありません。神の名の元に相手を殲滅するしかない。というようにどんどん先鋭化していきます。本当は「神の名の元」ではなく「自分の心の満たされない怒りの名の元に」であります。終わることのない宗教原理主義の闘いの輪廻。
 神の正義を達成するのであれば、非合法も暴力も許されると考えるのが原理主義者であります。

 彼らの心の奥底にあるのは「満足」ではなく「不満と怒り」であります。もし彼らの信じる「神や宗教」が本物であるのなら、他人は関係なく、本人の心の中だけの問題となるはずです。本物の「神や宗教」であるならば、人にその正しさを認めさせたり、人に布教する必要も、他の宗派や宗教と闘争することなど有りえません。



労働者の闘い。共産革命というお題目。

 また宗教が社会のお題目にならない場合はイデオロギーがお題目になります。労働者を守ろう。ブルジョアを倒せ。という共産革命は感染力の強いお題目です。
 それは人の嫉妬心を上手にカモフラージュさせるからです。人々は自分の中の嫉妬心に目をつぶったまま、心の奥底にある、「他者への怒り」を爆発させることができるので、共産革命という原理主義は人々の間で感染拡散しやすいです。


 左翼組織がなぜ分裂を繰り返すのかというと、それは彼らの行動原理が「他人への嫉妬」「他人への怒り」であるからです。お題目は美辞麗句でキレイであればあるほど、心の奥底の闇の衝動は変質して表面に出てきます。だから左翼の団体は必ず内ゲバを繰り返します。

 もし彼らが心から「他人との協調」を目指す衝動で共産革命を行うのであれば、内ゲバなど起こるはずもありません。
 共産革命原理主義に惹かれる人間は「他人を認めたい」のではなく「自分を認めてほしい」という強い強い心の衝動の持ち主でありますから、必ず組織の活動の中で、内ゲバが発生するのです。



天皇原理主義という心の硬さ 

 日本人の多くにとっては、一神教や労働者革命は馴染みがありません。しかしそれに代わる価値観として「天皇」「皇室」「日の丸」がお題目になりやすいです。
 
 しかし日本人の大多数は、静かで穏やかな「天皇陛下と御皇室への敬愛の念」を持っております。それは他人に強制したり他人を叱咤するものではなく、本当に尊敬と親しみという暖かで優しい感情であります。

 しかし自分を認めてもらいたい。という心の黒い欲求を持つ原理主義者は、「天皇」「皇室」「日の丸」をお題目にして、それらを侮辱する人間は許せない。と怒りの行動をとる人達もおります。その「天皇」をお題目とする怒りの人々は、天皇原理主義と言えます。

 古くは226事件が天皇原理主義者のクーデターでありました。このクーデーターは鎮圧されましたが、軍部の中では、その流れは皇道派として脈々と続き、太平洋戦争の一因であると言われます。

 また最近は激減していますが、街宣右翼なども天皇原理主義者でありました。街宣右翼者は、彼らの行動の凱旋行動の裏には「自分が認められなかった怒り」透けて見えます。彼らは静かに御皇室を敬愛しているのではなく、自分の満たされない思いを暴力的に拡散するのに、「天皇」「皇室」「日の丸」を利用しているだけでありました。



 おかきを作っている代表者が街宣車を回しておりますが、やはりこの人も天皇原理主義者でありましょう。自分の満たされない怒りを天皇の権威を利用して、他者をコントロールしようとしている黒い衝動が感じられます。






柔らかい人が本物の強さの人

 何年も前、日本会議という団体が主催する講演会を聴きに行ったことがあります。しかしその時司会されていた方には「ある種の硬さ」を感じられました。真面目そうな方でありましたが、原理主義者に共通する「ある種の硬さ」でありました。
 ひょっとしたらこの司会の方の心の奥底には「小さな怒り」があったのかもしれません。日本会議といっても大きな組織でありますから、いろいろな方がいらっしゃることでしょう。


 しかし講演された元海自の方で現在防衛大学の教授をされていた方は、印象がとても柔らかい方でした。
 その頃はまだ南シナ海がこんな状態になるとは私は知りませんでしたのでとても有益な講演会でした。多くの国民が南シナ海に無関心なその数年前、海自は中共の侵出に対して強い危機感を持っておりました。講演で聴くこと、使用されたスライドの情報などは、初めて知ることばかりで、大変参考になる講演会でありました。

 そしてその講演内容以上に、その元海自の方は、雰囲気が本当に静かで柔らかでありましたから、この方は強いな。と思いました。
 そう。こういう方たちが日本を守っているのなら安心だな。と思いました。原理主義者とは正反対の「柔らかい強さ」を自衛隊の元幹部の方がお持ちであることは本当に発見でありました。



 私達日本人の多くは、日本を愛し、天皇陛下や御皇室を敬愛しておりますが、それはこの元海自の幹部の方のように、静かで柔らかなものであります。
 目を三角にして「不敬だ!」と叫ぶ硬い人がいるとするならば、その人の心の中には、ご本人の気づかない「原理主義者」の芽が育ち始めているのかもしれません。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )
« 人はなぜ原理... フラクタルの詩。 »
 
コメント
 
 
 
おかき (Unknown)
2017-03-30 11:16:07
まさかここであのおかき屋さんが出てくるとはねー。
私はよく通販で頼みますよ。たしかに印刷物は入ってますが。
まああれはあれでよいのだと思っています。
わたしもまだまだ怒りをコントロールできてませんね。
今日の記事を参考にします。ありがとうございます。
ナンにしても怒りは大敵なのはよく理解できます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-30 12:08:19
私にもそういうところがあります。無理に押さえても、どこかで爆発しそうなので、どうしようかと悩みます。
 
 
 
保守速報落ちてる (Unknown)
2017-03-30 12:48:08
Dos攻撃だって。最近面白すぎてよく見てたのに残念。ミラーサイトないかな?
 
 
 
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-03-30 12:59:50
面白かったです。
ただやっぱり、美辞麗句という言葉ははまってませんね。私は嫌いです(笑)
 
 
 
Unknown (最初はみみ)
2017-03-30 13:06:31
原理主義も拒否反応示すことなく、冷静に見てみると矛先が違うだけで誰の中にも存在する心の陰なのですね。まるぞうさん、分かりやすい記事をありがとうございます。
大なり小なり自分の中にもあるのですよね。極端に偏ると、犯罪になったり。
今回の森友事件の件では、嘘や攻撃性に気分を悪くしがちでしたが、他のサイトでも怒りをテーマにした記事を拝見し、ここは日本や世界の為に、自他共の怒りにも優しい愛情を向けるか否かでしょうか。確かに、職場でも社長の心の闇、上司の心の闇を知り、ずるい部分やその他一部拒否していた時を経て、仕方ないと気にしなくなってから、もどかしさが消えると心から許せ、また楽になりました。
自分が心の中で、否定する部分を反省してからでした。見えなくとも、否定をしている事実が、他の社員に悪影響と反省し、誰のことも否定しない努力を始めました。
MINSHIN,KYO-SAN,課題です。

 
 
 
愛着障害 (いずみ)
2017-03-30 13:36:49
現象から読み解く誰しもにとって本質的な「問い」を、ありがとうございます。
人はなぜ自分の「心の硬さ」の原因や理由を主義主張や宗教の中に求めるのか。いえ、なぜ「問い」を自分の中に立てて、その「答え」を求めようとしないのか、と置き換えて考えます。すると「自分が親から愛されなかったことを問うことは死ぬほど怖いこと」だからという考察が得られ、それを「愛着障害」と呼ぶことを知りました。誰しもが愛されているから存在していると、命が尽きるまでに感じる一瞬があると思います。
 
 
 
皇室原理主義 (Unknoun)
2017-03-30 14:13:45
いつも楽しみに拝見させて頂いております。
この頃は少なくなりましたが、天皇陛下万歳!
などと大音量で街宣車で街中を走り回っていたのは
極左だと聞いた事があります。
印象を悪くするた為に。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-30 14:26:46
おかきってなんだろう…?あ、言えないことだったら仰らないで下さいね。
まるぞうさんはさぁ。まるで空からこの世を見ている人みたいですよね。
毎日読みにきていますが、知らなかったことばかりです。色々なことを分りやすくお話して下さって有り難うございます。
勿論すべてを鵜呑みにして、何も考えない人になってまるぞうさんにぶら下がるつもりはないです。今の自分が受け取れるものだけを受け取らせて頂き、参考にさせて頂きます。まるぞうさんいつも有り難うございます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-30 14:34:58
まるぞうさん、こんにちは。
ミロクの世には、原理主義の人々(極端に怒りを溜め込んでいる人々)は、居なくなってしまうのでしょうかね。それとも、一定数はいるのかな。
沖縄県の高江のヘリパットの反対運動の人々は、大阪弁の人達が多数混じっているという話ですが、関西生コンから来てるのかなあと単純に思ってしまいます。動画を見たことがありますけど、凄まじく暴力的で、威圧的で、とても一般市民には見えません。自分達が正義であるという思い込みの成せるわざですね。それでも、救い(?)があるのは、「ニュース女子」の報道に噛み付いてきたところを見ると、悪いことをしている自覚があるのでしょう。
もしかすると、一人一人は、いいところもある人かも知れませんが、集団の暴力的な雰囲気に飲み込まれて、思考が停止してしまうかも知れません。
自己責任ではありますが、自分の感情を冷静に見ることのできる、意識というか思考が大切ですね。それこそが本当の自由なんだろう、と思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-30 15:20:30
こんばんは。天皇陛下を大事に思い結果がどうであれ陛下がそう望まれたのならばそれでいいと思うのが大半の日本人だと、そしてその考え方は世界的には希有なのかも知れないですね。ところで、英が脱退し、曖昧な感じの仏が色々と試されてるようです、今朝は在仏拉麺人への対応が不当だったと仏内に待機?していた拉麺人が一斉デモ、デジャブ感覚で見ていました。どんなに気をつけていても仕掛けてこられたら大変だなと人事で無い思いでおります。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-30 16:42:25
むしろ皇道派が潰されなければ、戦争回避の目は在りました。保守が保守を騙ったエセ右翼に潰されたんです。2.26の後に皇道派を語ったのがいわずもがな、ですので、あ(察し
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-30 19:59:19
京都の御所のすぐ西にありますね〜初めはおかき無料と飲み物も無料に釣られて2回くらい行きましたが、だんだん言ってることおかしーと思うようになって行くのやめました。まだやってるのかなあ
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-30 21:51:21
おかきはとっても美味しいのに…残念。

人の性格を9つに分類したエニアグラムは、その人が何に囚われているかを教えてくれます。
質問に答えて自分のタイプを探っていきますが、本当に自分を見つめて見つめて、見たくない部分も見ていかないと自分の囚われって見えてきません。
囚われ=満たされない思いなんだと思います。
エニアグラムはグルジェフさんも参考にしたとか。
自分の囚われに気づき、大きな愛で溶かしていくのが大切なんだと思います。
 
 
 
質問です^^/ (たま♪)
2017-03-30 22:31:31
原理主義の人には興味がもてません。頭のおかしな人にしか見えないからです。
なので、しばらく読まないでおこっかな~と思ったのですが、まるぞうさんが「自分への考察」から原理主義について書いてみる、と仰っていたことを思い出して読んでみました。
ふーん、原理主義ってそういう理由からそおなるのですかあ、という記事はおいといて。
まるぞうさんの中の原理主義とはどういう場面で呼び起こされるのですか?
私のイメージでは、ハクサンダーさんの中には原理主義の衝動があるのはunknownで文句を書くような一部の人くらいという印象しかありません。
まるぞうさんに、そのような要素があるよーには全く見えないのです。
ちなみに無料のおかきって名古屋の栄にもあるあのおかきのお店なのでしょうか。めっちゃ美味しいのに、変なお店だったとは。。。
って、おかきの話は質問ではありません。
えっと、まるぞうさんの原理主義な要素って、本当にあるのですか?
多分、ほんのちょっとのことなのだろうとは思うのですが、差し支えなかったら、どういう場面でそれを意識されたのか教えて下さい。
あー、スルーOKです^0^/
 
 
 
宣伝カーを、……。 (Unknown)
2017-03-31 01:41:20
おかき美味しそう!東京のど真ん中にそんなお店が・・・
でも、街宣車ヤバそう!そのうち突っ込むんじゃないかってぐらいのオーラ
これだけやってても、取り締まれないとは。
関係ないけど、マリ●カート軍団なら、一度だけ東京で見ました。任天堂は認めていないんけど裁判で勝ったとか?なんか黒人が乗っていましたけど、みんなにこやかに手を振ってきて楽しそうでした。街宣車はまだどす
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-31 06:19:38
今、ネットで噂になっているのは○論弾圧ですね。前回の記事のかんなま関連で出てきた議員さんの名前が何故か報道されず。これに関連して、とある議員さんが”そういえば、あの人って、とうほくの震災とかのぎえんきん(三六00億円だったかな?)を管理する一人だったけど、その使い道の報告あったっけ?”みたいな内容をつぶやいたそうです。この呟きをupしたからなのかなぁ、有名なブログは、ことごとく落ちているらしいです。
今は落ちてるブログのコメント欄には、こんなのがありました↓

メラ速報‏ @merasoku
サーバー会社からメールきてた
下記時間帯に外部のIPアドレスより、DDoSを確認致しましたため、弊社ネットワークより緊急にて断線を実施しております。
発生時間:3/30 10:40 – 10:45
トラフィック:3Gbps程度
パケット:400Kpps
以下、送信元IPズラー
メラ速報‏ @merasoku
DDoS、いわゆるサイバー攻撃ってやつですね。
メラ速報‏ @merasoku
DDoS送信元IPのごくごく一部
103.76.50.154 62.43.216.131 91.202.104.105 66.103.131.17 24.149.218.1 177.84.165.151
まぁ、予想通りウクライナとかブラジルとか多国籍バラバラだわ
 
 
 
原理主義 (ハロハロ)
2017-03-31 07:14:33
私の読解力が足りないのか?タマさんのコメントにあるような、まるぞうさんに原理主義の要素があると書いてあるようには、どうしても読み取れません。
自分が正しい他は間違っている、自分を認めてほしい、というのは多くの人の中にいつもいつもではなくても 、時にわく感情でしょうが、それが原理主義につながって行くのは、いつもそんな感情に強くとらわれて行ってしまうという事なのでしょうか?

まるぞうさんは自分にそのような原理主義的要素が自分にあるとは、書いていらっしゃらないんじゃないかなぁ?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-31 10:38:37
つぶやいたのは、元議員さんでした。ごめんなさい。
 
 
 
たま♪さんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-03-31 12:26:19
原理主義の根本は「自分が(親から?伴侶から?上司から?社会から?)認められなかったことへの怒り」であるというのが私の仮説であります。

私が誰かに怒りの感情を持つ時(そしてそれは日常では頻繁に発生しますが)、私が自分が正論正義だと思って、誰かを攻撃しようとする時、原理主義者の心の闇と同じ芽が自分の心に生じていることを知ります。

自分自身が正しいと信じ、誰かのためというお題目で、怒りをその人に向ける日常生活の中、私の心の中は極端な原理主義者の闇と同じになります。もちろん彼らとは大小の差はありますが、大小の差はあまり問題ではありません。
 
 
 
ハロハロさん~ (たま♪)
2017-03-31 22:50:14
こんばんは。
まるぞうさんは、「大人の対応」の記事にて下記のように書いていらしたのです~

--------------------キリトリ
人類の心の闇

 関西生コンについては、人間の心の闇とは何か。を考えさせられます。機会があったら書いてみたいです。それはどこか他所にある誰か他の人の心の闇ではなく、今ここにある私自身の心の闇の話です。

------------------キリトリ

この文章に興味を持ったので、原理主義の記事も読んでみたのでした~。
ミニストップのハロハロって美味しいですよね♪
ではでは、返信不要です~m()m
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。