goo

一般参賀の記録。


==========
 天皇陛下が83歳の誕生日を迎えられた23日、皇居で一般参賀が行われた。

 陛下が今年8月に退位の意向を示唆する「お言葉」を表明されたこともあり、この日の参賀者数は、平成で最多の3万8588人に上った。即位20年と結婚50年が重なり、それまで最多だった2009年の3万560人を大きく上回った。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161223-OYT1T50030.html
==========


 昨日は初めて天皇誕生日に皇居に参賀に参らせて頂きました。5〜6年前に新年参賀には参ったことがありますので、一般参賀としては2回目でありました。
 皇居は東京のど真ん中であり、東京駅や大手町駅など交通の要所であるすぐそばであるため、東京近辺に住んでいる多くの人は1時間前後で皇居に足を運べるはずなのですが、いつでも行けると思うとなかなか来ないものなのでありましょう。
 私も天皇誕生日の参賀も新年参賀も毎年行きたい行きたいと思いつつ予定が入って行けなかったのですが、今年はちょうど午前中の予定がぽっかり空いたので、再度参賀に参らせて頂くことといたしました。

 宮内庁のホームページを見ると開門は9時30分。第一回目のお出ましは10時20分とあります。これに合わせて皇居に向かいます。
 一般参賀の場合は特別に普段は許可されない皇居正門から二重橋を渡って皇居宮殿前まで入ることとなります。最寄りの駅は、東京駅の丸の内中央口か、地下鉄なら大手町、二重橋前、日比谷、桜田門の駅となります。



 皇居に入ると日の丸を配っているボランティアの方々が出迎えてくれます。そう私達は手ぶらでも大丈夫なのです。この日の丸を配っているのは「皇居参賀協力委員会」という団体の方々だそうです。


http://i0.wp.com/www.n-innovation.net/nextinnovation/wp-content/uploads/2014/12/IMG_0073.jpg より



 私達の生活では日の丸を振ることなど滅多にありませんから、このように日の丸を渡されるとワクワクします。




 皇居に着いたのはちょうど9時半です。すでに大勢の人達が正門から二重橋に入り始めています。
 参賀者はテロの警戒のため、手荷物検査とポケットなどの身体検査を受けなくてはなりません。ちょうど飛行機搭乗のセキュリティチェックと同じです。もう何万人という人が一斉に集まりつつあるのに、ほとんど列は滞ることなく、粛々と列が進んでいきます。宮内庁も警察も無駄なく効率よく群衆をさばくノウハウは流石だと思います。
(この場面の写真は撮り忘れたので、下記の写真5枚はネットからの借り物です。)


http://話題ネタ.com/wp-content/uploads/2015/01/CIMG0085-e1420296196742.jpg


http://www2u.biglobe.ne.jp/~hidemi_t/travel/PHOTO/sanga/PIC00004.jpg


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-28-c0/lunatic_rosier/folder/1474706/61/21324661/img_1?1163205947


http://inakappemaster.blog.fc2.com/img/DSC_0929.jpg/


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bb-81/supercub1987/folder/432275/93/26307593/img_0_m?1419310352



 運営側の手際が良いため、そう長く待つことなく私達も正門に向かって移動することができます。
 前回5〜6年前の新年参賀の時は、右翼っぽい人達もチラホラおりましたが、今回はそういう人達は私が見た限りはおりませんでした。その代わり外国人観光客が多いのが驚きです。欧米白人の外国人だけでなく、中国語を話す観光客も楽しそうに日の丸を持って並んでいます。




 正門をくぐると皇居内です。緑が多いためか門をくぐると一気に空気が変わるようです。昨晩の暴風が晴れたせいか、大地から緑の匂いが強く立ち上っています。



 しかしやはりここは東京大都会のど真ん中であります。



 そして宮殿に到着です。10時頃です。



 ここで20分ほどじっと待ちます。後ろの方から君が代を合唱している団体?がおります。いよいよお出ましのようです。






 多くの人達が「天皇陛下、万歳」「万歳」「万歳」と叫んでおります。昨日の一般参賀は、「天皇誕生日」としては平成に入ってから最多の人数だったとのことです。
 右翼団体のように思想的に偏った人達が減りながら、純粋に日本と御皇室を敬愛する日本人や縁ある外国の方たちが増加しているのは、喜ばしいです。
 これから国際情勢がきな臭くなる時代に向けて、一人でも多くの日本人が日本に対して敬愛を持てていることは、本当に幸運なことであろうと思います。



 ありがとうございます。
※本日は新月週間ですね。




下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )
« 快晴。 クリスマスの日。 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (五十路女子)
2016-12-24 14:05:15
いつも素晴らしい記事をありがとうございます。私も昨日参賀に行きました。私は11時の部でしたが、ここ3年連続して行っておりますが一番の人混みで、前の人に遮られて正直あまりお姿は見えない程でした。ただ直接お言葉が聞ける機会はあまり無いもので本当に暖かいお言葉にいつも感動しています。また確かに年々外国人の姿が目立つようです。皆さん静かに日本語は分からずとも聴き入っておられました。陛下の素晴らしさは国際的なのですね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-24 14:24:23
一般参賀に行ったことがないので勉強になりました。読んでいて熱い想いが込み上げてきました。涙がこぼれました。なかなか遠くて皇居に行くことさえもできないのでお写真で拝見できただけでも嬉しい気持ちです。いつも勉強になる記事もありがとうございます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-24 14:52:49
手ぶらで良いのですね。日の丸を配られるとは知りませんでした。あとで返すんですかね?

年々、天皇家への関心が強くなってきています。皇室日記も録画で拝見するようになりました。

天皇陛下が、お元気で、心おだやに過ごされることをお祈りします。
 
 
 
Unknown (みきぷる)
2016-12-24 15:01:16
あ~、あたしも行きたかった~!! 東京に近い方、いいな~! 大阪から心だけ御祝い申し上げます。
 
 
 
勉強になりました (松柏の性)
2016-12-24 15:26:15
何時も啓発されるブログを頂き有難うございます。残された時間のうちに一度は参賀したいと思います。有難うございました。
 
 
 
ばんざーい(地球の片隅から) (三月の桃日和)
2016-12-24 17:18:02
一般参賀にたくさんの人が来られたようで嬉しいです。

>もう何万人という人が一斉に集まりつつあるのに、ほとんど列は滞ることなく、粛々と列が進んでいきます。宮内庁も警察も無駄なく効率よく群衆をさばくノウハウは流石だと思います。

…これは、本当に外国人に驚かれます。空港でも、何かの大きなイベントでも、必ずきちんとした対応が成されていて、またそれがちゃんと機能している!もちろん日本人の群衆をさばくという企画力の高さですが、集まった人々がそれにさっさと従うことにもあるからでしょう。
先日連れて行ったスイスの友人(60代・男性)はこんな感想をもらしました。
「(駅や博物館等で)整然と並んで、指示を待って従い、みんなで一斉に移動し建物に入ったり、乗り物に乗る…、なんか子供みたいに扱われた気がしてムっときた!どうにもムカムカしてけったくそわるかったが…不思議なもんだなぁ。とりあえず従ってみたら、そんな感情はスーと消えて、こりゃラクだ!と快感に変わってきた。不思議な国だな〜日本は」スイス人は元々、公の規律にきちんと従う国民性を持っていますから(国民皆兵だし)比較的日本のやり方に順応し易かったかもしれませんが、最初は時間がかかったみたいでした。

ところで、読売新聞は「退位」をまだ使っているのですね。産経は「譲位」に変わっていました。
強風の後の晴天に日の丸、まるぞうさんの写真をとおして読者の私も、ちいちゃく一般参賀に参加している気分になれました〜。ぱたぱた。万歳。^o^/
 
 
 
Unknown (うさぎのロン)
2016-12-24 17:26:58
 まるぞうさん、羨ましいです~。皇居は行った事がないのですが広いのですね。日の丸の小旗をまるぞうさんも振ってお祝いしたのですか? 上手く言えませんが、陛下のいらっしゃる所は空気感が違いますよね。何故か懐かしいような体にスゥーと入ってくる清涼感。
 2000 年以上も皇室が続いているって、凄いですよね。2000年にわたる皇室に対する敬愛。もしかして、何千年という時をかけて日本人は本当に陛下の……いえ、畏れ多くてとても言えないわ。素晴らしいフォトをありがとうございます。今度、東京にいく事があれば皇居まで行ってみます。
 
 
 
 
Unknown (チャメゴン)
2016-12-24 17:55:01
まるぞうさんはご自身もですが、遠くて行けない私たちのために参加してくださったのですね! ありがとうございます。
純粋に天皇皇后両陛下をお慕いする国民が増えてきて、嬉しい限りです!!
天皇陛下を、ご皇室の皆々様を生かして頂いてありがとうございます。
 
 
 
初めての一般参賀 (いとう52)
2016-12-24 18:00:33
以前から一度は行きたいと思っていた一般参賀。今年ついに決行しました。妻と娘を伴って、木曜の夜福岡発、金曜の夜福岡着。東京滞在22時間の弾丸小旅行でありました。
お風邪を召されたとのニュースもあったので心配しておりましたが、とてもお元気そうで安心しました。遠い位置におりましたので、失礼ながら小さい双眼鏡でお顔を拝見させていただきましたところ、なんとも言えない素晴らしい笑顔をされていました。お言葉も本当にわれわれに語りかけておられることがひしひしと伝わってきて、なんだか涙ぐんでしまいました。
短い時間でしたが、天皇陛下がいらっしゃることの喜びをしみじみと感じることができました。ありがとうございます。
 
 
 
ありがとうございます。 (Unknown)
2016-12-24 18:41:54
天皇皇后陛下。万歳。\(^o^)/\(^o^)/。ありがとうございます。有難う御座います。m(._.)m。
 
 
 
外国の方々も日の丸を振るんですね (Unknown)
2016-12-24 19:20:01
どんな気持ちになるんでしょうね。多分ですが、天皇陛下のような存在をいただく国は世界に無いと思いますので、感覚として理解できるのかなあ、と思いました。陛下の存在は特別です。先日の、太陽を描いた際の色の違いのこともありますし、理屈を超えた部分かなと思います。もしかして海外の方は憧れの気持ちもあるのかもしれませんね。なのに、国内に日本を憎み破滅に導こうとする人たちがいるというのは、本当に残念なことです。
 
 
 
ヒャハー((((*゜▽゜*)))) (ハルカ)
2016-12-24 21:22:55
行事は年末だったと知りませんでした。
皇族方が登場されたら、私はタイトル通りの気分でしょう。
まるでもう一人の私に逢っているような。
Represent Japanese Peopleだからかな。
海外の方ももう一人の私に逢っているだろうか。
肉体を持つその国のルーツなる存在がいる国は珍しいのかしら。リベラルの名の下、ごちゃ混ぜになった世界はまた逆のベクトルに動いています。
 
 
 
Unknown (最初はみみ)
2016-12-24 23:30:57
まるぞうさん
一般参賀の記事をありがとうございます。
また糸魚川の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
本当に、昨日は一夜明けると快晴で、日の丸が輝かしい想いでした。
この三連休は私共社員の三連勤なので、まるぞうさんや皆さまの天皇陛下に対する(日本)お心に触れ嬉しくほっとした心地でした。
昨日早朝、出勤前に自宅にて心よりお祝いを申し上げました。
日本を大切に守れるよう、自分に出来ること重ねたいです。
ありがとうございます。
 
 
 
Unknown (とま)
2016-12-25 00:22:36
こんばんは。
知り合いの90歳のおばあちゃんが、一緒にごはんを食べるときに「天皇陛下おめでとうございます」と手を合わせてから食べていました。
聞こえないけど大事だよー、と笑っていました。
戦争世代の自然な敬いに触れた昼ごはんでした。
 
 
 
マロンママ (Unknown)
2016-12-25 00:50:17
いつも気づかせていただける記事に感謝いたします、
一般参賀は関西在住の私は遠い世界のことのように思い込んでいました、
来年は是非行きたいです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-25 10:23:17
まるぞうさん、私も天皇皇后両陛下のご尊顔を拝しながら、日の丸の旗を振りたいです。
1日は近くに居りますので、年始の参賀に並んでみようかしら。ご先祖様が喜ぶだろうな。
 
 
 
Unknown (どんどん)
2016-12-25 10:30:52
おはようございます。
まるぞうさんのブログでずいぶん勉強させて頂き自分を励ましております。
ありがとうございます。

地方なので東京までは行くことはできませんが全国植樹祭にて両陛下のお顔を初めて拝見させていただき日の丸をふったことは一生の想い出となっています。
車窓でのお顔でしたが本当にお二人のオーラというかなんとも言えない光を放たれており数秒の出来事でしたが胸が一杯になりました。
五十代の私ですが日本人で本当に良かったと心がら感謝いたしました。
日本の神様そのものです。
あのようなオーラを感じたのは初めてのことで幸せでした。
まるぞうさんは東京におられるので羨ましいです。

両陛下のご健康を心から御祈り申しております。
 
 
 
ありがたいです。 (音分とん)
2016-12-25 12:17:56
こんにちは。糸魚川は実家のそばで、妹が住んでいるので、今回の事故はとても身近な事でした。中華屋の店主を責める事はできませんが、沢山の家や、歴史ある酒蔵など、本当に沢山がなくなりました。亡くなった方はいなかったけど、大切な財産、帰る場所が無くなった方々を思うととてもかなしいです。前をむくしかないですが、今はそれも言葉にできません。天皇陛下の記事に心が暖かくなります。癒されて涙が出ます。ありがとうございます。
 
 
 
新年参賀。 (まる(=・3・=)ぞう)
2016-12-26 01:11:39
皇居の新年参賀は2日です。1日ではありませんのでご注意を。
詳しくはこちらを御覧ください。
http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga01.html
 
 
 
外国人も日の丸 (万次郎)
2016-12-26 19:16:21
外国人も日の丸をふるんですねって書いた方がいらっしゃいました、そうなんです、我が夫かの宗教の大本山の出身なんです、大阪万博のとき、美智子妃、皇后様をお迎えしその素晴らしさに感動したそうです、以前本家が、皇后様は天照大御神を宿していらっしゃるというようなことをおっしゃっていたと思います。何年か前、我が町に福祉特区の様な処がありそこを見学なさいました、なんと私は知りませんでしたが、主人が日の丸の旗を持って帰ってきました、ドナ井下んときいたら、皇后様が見えるからお出迎えといいました、情報通です、いそいそとお迎えにいったそうです、とにかく皇后様の大ファンで憧れです、日本に生まれて見えない人、外国に生を受けても見える人この差はなんなんでしょう。子供も七五三は明治神宮でした、もちろん主人もいっしょでした、鳥居をくぐらせない宗教もあるとか。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。