goo

「官邸ちゃんねる」17。大掃除。



 下記は非常に興味深い記事です。要約を抜粋しますが、興味のある方は是非本文もお読みください。

http://diamond.jp/articles/print/136478

==========
安倍首相もハマった、マスコミが疑惑だけで罪人を作る3つの方法

<テクニック1>
「争点」を変えていくことで「消耗戦」に持ち込む

<テクニック2>
「発言の矛盾」を追及して、「嘘つき」のイメージをつける

<テクニック3>
「納得のいく説明がされていない」と食い下がる
・・・
 問題は、こういう「勝利パターン」に、安倍首相をはじめ国の舵取りをおこなう人々がまんまとハマってしまう、という危機意識の乏しさだ。
 確たる証拠でもない「疑惑」なのだから、はじめからしっかりと対応をしていればボヤで済んだのに、ここまでの「大炎上」を招いてしまった、というのは、よく言われる「安倍一強のおごり」としか思えない。
 これまで紹介した「マスコミの勝ちパターン」があるということが常識化している欧米では、政府は「報道対応のプロ」を雇う。といっても、どっかの大学で勉強してきました、みたいな人ではなく、「マスゴミ」の性質を知り尽くしたタブロイド紙の編集長などが一般的だ。


http://diamond.jp/articles/-/136478
==========

そう。相手の攻め口は決まっている

 非常に興味深い記事であります。
 しかしマスコミが政権を叩く主たる戦法はこの3つでありますから、ああ、相手はこういう戦法で来るのだな。と心構えておけばいい。ということになります。

 私は官邸から発信する報道番組「官邸ちゃんねる」で、マスコミを使って倒閣しようとしている主犯者たちと、堂々と討論をすれば良いと思います。しかしそれは相手を言い負かす討論ではなく、眠っている6割の国民への魂の揺さぶりを目的として。

 また「討論なら今のテレビ局でもいいじゃないか」という声もあるでしょうが、それは違います。「官邸ちゃんねる」とは、表の「安倍首相のメッセージ」とウラの「青山議員の慟哭の警告」が1セットになっているのです。

 安倍首相と倒閣主犯格の討論は、多くの人を引きつけることでしょう。場合によってはNHKなどでも放送されるかもしれません。しかしその討論番組と対にななる「官邸ちゃんねる=八咫烏からの日本への警告」が、日本人に届くことが重要なのです。カア。

 ですから、NHKの党首討論や田原総一朗の朝まで番組に出るのは意味がありません。彼らは編集しますし、ましてや八咫烏の警告など報道するわけがありませんから。



「官邸ちゃんねる」対談シミュレーションをしてみる

 さてでは安倍首相が「官邸ちゃんねる」で田原総一朗氏とタイマンで討論する場合、どのように受け答えするべきなのでしょう。

 ヒントは合気道の間合いにあります。
1,相手を攻撃し打ち負かすのではない。相手との共感から「場をつかむ」。
2,目の前の相手が倒すべき相手ではない(本当の呼びかけは視聴者の日本人の魂に)。
3,静かな心の奥底には、大望を果たせないのであれば、この相手と刺し違えても良いという覚悟。

 田原総一朗氏が日経ビジネスに寄稿したこの記事は、現在安倍政権を叩いているマスコミの手口そのものですから、これをベースに架空の討論シミュレーションをしてみましょう。

稲田防衛相辞任、安倍内閣に打つ手なし
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/072700031/



==========
司会「本日の官邸ちゃんねるは、安倍政権の疑惑に迫ると題しまして、ジャーナリストの田原総一朗さんと、自由民主党総裁であり内閣総理大臣である安倍晋三首相との対談を行って頂きたいと思います。
ではお二方、よろしくお願いいたします」

田原「安倍さん、まず先日稲田防衛大臣が辞職た件についてお話を伺いたい。」

安倍「はい。」

田原「南スーダンPKOに派遣されていた陸上自衛隊の日報は「破棄した」とされていたが、実際は保管されていた。
 しかも、この文書の対応を協議した幹部会議に、稲田氏も出席していたというきろくもあり、そしてその会議では、保管の事実を非公表とする方針に決まったという。つまりこれは稲田氏も了承していたという証拠なわけだ。

 ところが、3月16日の衆議院安全保障委員会で、稲田氏は「幹部から報告されなかった」として、それを全否定した。ということは、防衛省側の文書がインチキだったと言っている。
 防衛省からの記録の通りであれば、稲田氏は国会で明らかな虚偽発言をしたことになる。逆に、もし稲田氏がその会議に出席していなかったとすると、防衛省の稲田氏に対するクーデターということになる。

 安倍さん、これはいずれにしても、大問題で、稲田さんは、防衛大臣としての資格がないと言える。一体どうしてこんな人を大臣にしちゃったの」

==========
まるぞう注記)

 さてここで、今回田原氏が問題にしている日報とは、実は一ヶ月前にすでに防衛省が公開されているもの。もともと稲田さんは日報の公開を防衛省に指示していた。など正攻法で、相手にこちらの理屈(真実)を理解してもらおうと討論をするのが一番ダメなパターンです。

 なぜならそのやり方では、眠っている6割の日本人には届かないからです。合気道の間合いでは、相手の攻めにおいてはそのまま反撃せず、受け止めます。相手の虚をつくことにより、その「場の空気」をつかむことが大切であります。

 では討論のシミュレーションを続けてみましょう。

==========
安倍「おっしゃるとおりこれは大問題です。田原さんがおっしゃったように、稲田大臣が虚偽を述べているのか、あるいは自衛隊のクーデターだ。多くの国民はそのように思っていることでしょう。」

田原「!!」

安倍「そもそもPKO日報は、当初は破棄したと発表され、その後稲田大臣が探すように指示するとやっぱりありました。と事実が変わっているわけです。そういうことが起きれば、国民からすると「ほらまた隠蔽しているのではないか」という疑いが出るのはある意味当然のことであろうと思います。」

田原「その通り。安倍内閣は隠蔽内閣だと国民はみんな思っている。支持率の下がり方はそれを示している。」

安倍「おっしゃる通りです。安倍政権が隠蔽体質だという国民みなさんの疑いがこの支持率低下という事実を招いている。私もそのように思います。」

田原「!!」

安倍「・・・」

田原「安倍総理。今御自身がおっしゃったように、安倍政権が国民から信頼されていないという結果が出ているわけです。ここは国民の意思を受け取って総辞職するのが本筋ではないでしょうか。」

安倍「田原さんのおっしゃることは理解しました。国民から支持の得られてない安倍内閣は早期に退陣するべきだ。」

田原「そのとおり」

安倍「また田原さんはこのことも良くご存知のはずです。内閣総理大臣は解散と辞職についてはコメントできないことも(ニヤリ)」

田原「(ニヤリ)」

==========
まるぞう注記)

 田原氏の攻撃を「そのとおりです」と肯定で受け答えすることで、田原氏は意表「!!」をつかれますが、これを繰り返していくと、議論がこのようにどんどん本質に移動していきます。あちらの土俵から、こちらの土俵に空気が移動していくのがお分かりになりますでしょうか。
 そう。田原氏らマスコミが捏造していた小さな疑惑を大きく報じるという彼らの土俵から、もう田原氏も視聴者も、すでにはずれております。

 このように相手の主張を肯定した返答をオウム返しすることで、場を共鳴させながら、議論を枝葉末節から本質へと掘り下げていっています。

 ではシミュレーションを続けてみましょう。

==========

安倍「安倍政権がいつ退陣するのか、衆議院をいつ解散するかということは別にしても、一つだけハッキリしていることがあります。
 私達安倍政権が、次の内閣にバトンタッチする前にやらなければならないことがあります。」

田原「それは・・・」

安倍「・・・」

田原「それはずばり憲法改正ですね。しかしこれだけ国民が安倍政権を支持していな状況で憲法改正はそれ自体無理な・・・」

安倍「それは大掃除です」

田原「?」

安倍「私達が次の内閣にバトンタッチする時、その時には掃除だけは行っておく。それだけは私達安倍政権の国民に対する義務だと思っています。」

田原「その大掃除とは?・・・」

安倍「・・・」

田原「・・・」

安倍「・・・」

田原「安倍さん、その大掃除とは?・・・」

安倍「それは近いうちにわかることになるでしょう。
(安倍首相がカメラを向いて国民に向かって語りかける)
多くの国民のみなさまから「安倍政権は支持しない」というご意見が私達に突きつけているということは、内閣にとって反省すべき問題であると思います。

 田原さんがおっしゃるように、安倍政権は退陣せよ。そのようにお考えの国民の皆様も少なからずいらっしゃるのかもしれません。

 ・・・ただし現政権が交代するのであれば、その前に私達はきちんと大掃除を行なってから、次の内閣に政権を引き渡すべきである。それが私達の義務であると考えています。」

田原「その大掃除とは?総理、ズバリ・・・」

安倍「・・・」

田原「・・・」

安倍「それは近いうちに田原さんの目にもわかることです。」

==========

 シミュレーションをではありますが、対談は私も事前に思いもかけなかった方向に進んで行きました。

 ただいずれにせよ、このような討論番組では、マスコミが捏造している疑惑を一つひとつ説明しても意味はないことはおわかりになるかと思います。なぜなら彼らマスコミの手口として、論点をずらして、最終的には「疑惑は晴れなかった」とレッテルを貼るだけですから。
 彼らは別に真相を知りたいわけではないです。ただただ相手を陥れる(おとしいれる)言質(げんち)をとりたいだけです。

 ですから、まずマスコミがでっち上げた冤罪を彼らに一つひとつ証明して行こうとするのは、意味がありません。マスコミ討論とは公平な裁判ではなく、結論が決まっている魔女裁判でありますから。真実が何かは関係ありません。



相手の意見を肯定的に返すことを繰り返すことで近づく本質

 ですから安倍政権側として行うことは、相手との討論で一々反論するのではなく、相手の主張を肯定して返していく。という合気道の間合いをこの討論の場で実行することです。そうすることで、論点は必ず本質に向かわざるを得ないからです。

 つまりマスコミとの討論の本質は「アベいつ辞めるのか」に帰着します。

 これはモリカケ問題でスタートしても、必ずこの本質「アベいつ辞めるのか」に行き着きます。彼らの捏造主張の本質が「そこ」であるからです。



場の空気を支配するということ

 この時、安倍首相は「辞める時期については絶対に言葉で言及することはできません。」と大前提の柱を崩すことはしません。これはどんな相手の挑発にも乗ることはありません。
 そして逆に「辞める前には大掃除をする」という謎の発言で、場の空気を一気にこちらに引き込むわけです。一から十までこちらが説明する必要はありません。どうせ説明しても曲解切り取りするだけですから。
 それより、まず、世論の6割の眠った日本人を「官邸ちゃんねる」という「直接の官邸の発信源」に繋がせることが重要です。これができるかどうかで、「大掃除」が成功するかが決まります。

 ここで言っている大掃除とは「偏向マスコミの既得権を大掃除する」という意味なのですが、それは最後まで伏せておきます。ナゾはナゾのままの方が、低俗なマスコミはキャンキャン吠えるからです。
 マスコミが大掃除されることで、日本を貶めたいと考えていた永田町や霞が関の人物も掃除されることとなります。



6割の国民が「官邸ちゃんねる」にアクセスする日

 マスコミは「大掃除発言」で騒ぎ立てることでしょう。
 ぶらさがり会見などで、「大掃除とは何ですか」と質問が出るでしょうが「大掃除の内容については、今後も官邸ちゃんねるの中で説明していきたいと思います」とだけ淡々と返していけばいいのです。
 多くの人が「官邸ちゃんねる」を直接観ようとすることでしょうし、「官邸ちゃんねる」は、NHKでも放送されるようにするべきです。次の総務大臣はそれができることでしょう。


 官邸ちゃんねるでは毎週、安倍首相がいろいろな人と対談して頂きたいと思います。対談の相手は、田原氏のように偏向マスコミの代表者は理想的ですし、マツコ・デラックスや北野武のような、マスコミのご意見番的な人も理想的です。
 そして彼らが「大掃除とは何か」と聞いてくるとき、逆に安倍首相は「あなたにとって、今日本で行われなければならない大掃除とは何だと思いますか」という質問を返して、あとは上記と同じように相手の意見を肯定して返していけばいいのです。討論は本質に近づきます。

 本当に掃除しなければならないことは何なのか。その安倍首相の問いは、6割の眠ったままの日本人を「日本が今ある危機」に引き込む鍵となります。



首相官邸へのご意見
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

安倍首相のFacebook
https://www.facebook.com/abeshinzo
(Facebookの仕組み上、コメント投稿時は投稿者の名前も公開されます)

自民党への安倍首相応援コメント
https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.247766276.2038314964.1501028960-2110744341.1501028960


 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )
« 「官邸ちゃん... お知らせ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 12:03:46
まるぞうさま
すごいです!!!
すごいお知恵ですね。
見えない力が働いているようですね。
ありがとうございます。

暑さの折どうかお身体ご自愛ください。
 
 
 
Unknown (Kokoro-utau)
2017-07-31 13:03:19
まるぞうさん、いつも鋭い斬り込みをありがとうございます。青山繁晴議員とは、反日思想の方達は本当はマンツーマンでは討論したくないでしょうね!怖くて、本当は心の奥底の良心が疼いて、騒いで…。
 
 
 
実現したら良いな (saboten69)
2017-07-31 13:06:01
まるぞうさん、いつも拝見しています。
本当「凄い!」の一言です。
まるぞうさんの案が採用されてTVで見る日が来ることを願うばかりです。
毎日暑いのでお身体に気を付けて。
明日も楽しみにしています。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 13:13:52
今日もありがとうございます。かなりのスピードで相手は攻めてきています。早急に日本を取りたいのでしょう。洗脳状態のうちに。危機です。手の内はわかっているのに歯がゆいです。本家は静観と言われているようですが、できる努力は必要とも言っておられますね。冷静にがんばりたいと思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 13:14:54
スポーツと政治は違いますが、ラグビーのエディー・ジョーンズの戦略はすごいです。今ではイングランドを率いNZを追い詰め世界一のコーチという評価を受けています。彼は協会とか内部には厳しいが、宣伝してくれるメディアには優しくサービス精神を発揮していました。政治的にも勝敗を左右する審判を味方にしています。餅さんも毒饅頭でもいいからメディアに餌を与えてもいいと思います。
 
 
 
聴くが共感しない。 (Unknown)
2017-07-31 13:23:57
面白いです。私は親業というプログラムを学んだことがありますが、それと本質は似ています。話しをしている相手、悩みを相談してきている相手、その話の内容を絶対否定することはなく、聴くのです。相手の気持ちを汲み取り相手の気持ちを言葉に出して、~だからーなんだね。とこちらが肯定して伝えてあげるのです。そんなことを繰り返していくうちに相手は自分の心の中にある本当の気持ちや感情と向き合い、自分はこうしたいんだ!と気づいていきます。つまり、こちらが相手を否定せずに相手の話しをよく聴いて肯定的に受け取っていくと相手は自分自身で本心をさらけ出していきます。そういう風な手法ですね。相手は決して悪い気はしません。たぶん自分に負い目もなく罪悪感を感じることなく本音をさらけ出していくことでしょう。これ、意外と使えると思いました。ですがこちらが相手に共感しないように、腹を立てないようにじっくり相手に話しをさせるという作業ができなければなかなか難しいものです。安部首相ならできる人だと思います。
 
 
 
敬服いたしました。 (Unknown)
2017-07-31 13:27:57
この官邸ちゃんねるの連載を総理ご自身にお読み頂きたいです。

まるぞうさん、これは本当に壮大なプロジェクトですよ。

この官邸ちゃんねるが実現したら、かのブログで語られている目覚めの一撃を回避出来るかもしれません。
外からの力に拠って、強引に国民を目覚めさせるのではなくて、国民が自律的に目覚めていく未来かも知れません。

これから、益々、倒閣の動きは激しさを増すことでしょう。
早急に、実現させなくてはなりませんね。
ひたすら、拡散につとめます。
なんとしても、総理に届けなくては!
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 13:30:34
敵ももしここをみていても大丈夫ですか。手の内を明かしても大丈夫なのですか。北の土地が買われているように法の目をかいくぐることにも長けて、長い歴史の攻防で戦術にも大変長けているんです。そういう前提で国は動かないといけないです。でも毎日ありがとうございます。
 
 
 
親業。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-07-31 13:43:09
はい。ご指摘のように、この討論のシミュレーションは、親業のテキストにあるやり方を踏襲しています。

相手の意見に反論せず肯定で返すこと。そして今回のシミュレーションでは、親業のノウハウ以外にもう一つ大切な要素があります。それは無言「・・・」であります。

こちらからベラベラしゃべり過ぎるのは、相手の思う壺です。
ですからもうこちらは刺し違えてもいい。何も失うものはない。状態ですから、1分間の沈黙でも30分の沈黙でも全然平気という気構えです。

「沈黙」を使ってその「場の空気」を掴むことも大切なワザです。胆力がないとできないワザですね。
 
 
 
手の内を明かしても。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-07-31 13:48:05
このブログは知る人ぞ知る。というかほとんど表には知られていないブログであります。
ただ万一彼らがこのブログの記事を読んだとしても、問題はありません。

結局相手がいくら警戒しても、この方法を続ける限り、討論は「本質」に向かわざるを得ないからです。

そして目的は彼らに討論で論破することではなく、眠っている6割の日本人の魂を揺さぶることです。討論が「本質」になれば、多くの日本人の魂は、しっかり揺さぶられることであろうと思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 16:34:40
敵は日本人よりもはるかに組織的に計画的に動いていると思います。横の繋がり縦の繋がりが、縦横の人間関係で疲れきっている現代の日本人とは違って強く協力しあっている気がしますので注意してください。
 
 
 
Unknown (P+○)
2017-07-31 16:53:28
このコラム、他の掲示板でも紹介されていて、多くの人に届くといいなぁと思っていました。
とてもわかりやすいですし。
実現したらいいな、カァカァ〜

 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 17:20:32
民進党が与党時に国防の機密情報を漏らしてしまっていたって噂があるけどこれ本当だったら大変なことじゃないかな。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 17:35:41
仮に中国に日本が取られたらネットで中国を非難しまくってきた私は言論統制の名目で真っ先に殺られるだろう。特殊警察がくるのかな。
自分たちの民族を虐殺して、おぞましい方法で中国を統一してきた人たち。日本はとんでもない化け物から自国を守らないとならないですね。中国にだけは絶対負けたくない。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 18:30:11
近隣諸国4国に狙われているわけですから、そんなに甘くはないと思っています。内部にももう前から潜んでいるだろうし。6割を目覚めさせることも大事ですが、まずマスコミ対アベという次元を何とかしないといけないかもしれないですが、既に敵が大勢いすぎると感じています。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 18:30:39
まるぞうさん、はじめまして。まるぞうさんの深い洞察力、鋭い意見にいつも勉強させて頂いています。お礼が言いたくてコメントしました〜ありがとうございます〜官邸ちゃんねる、是非実現して欲しいですね。日本の為に。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 18:43:11
野党やマスコミは国民の代弁者みたいに振る舞っているけど、野党である時点で国民の多数の声じゃないんですよね。新聞の支持率の調査もその新聞の読者層が解答者かもしれずその新聞の読者層が支持率を決めちゃっているみたいなもので、本当に支持率が落ちているか、正確な数値といえるのか、疑った方がいいですよね。自民党内の動きもマスコミの作った少数派の世論に振り回されているから、崩れちゃうんじゃないでしょうか。まずマスコミの情報や調査自体を疑う視点も大事ですよね。
 
 
 
すっばらしい! (Unknown)
2017-07-31 19:23:52
まるぞうさん すっばらしいです!
本当に反発からは敵対心ですが 肯定されると あれ?どうしたの?今ので良いの?って なぜか 腹が立ちません!これ 夫婦の会話でも同じですよね?
官邸メール頑張ります!
 
 
 
相手に良心があれば (うむむ)
2017-07-31 20:21:58
マルぞうさんの合気道案、確かに善意がある程度発露気味の方には通じますでしょうが、田●さんには通じないと思います。そんなに簡単には行くならこんな偏向報道しないでしょ。悪魔に自身のハートを売ってる事すら解ってないと思います。
最終的に時期が来たら出すべき案では?
相手がノリノリの今、対談も受けるべきでない。受けるかなーとはぐらかし、向こうをイラつかせる方が良いのでは。宮本武蔵風案。
最初に記載の、相手を知り尽くすタブロイドプロの味方を餅陣営のブレインに置くのは賛成。是非、実用化希望。但し、ここで合気道の法則は使用すべきです。一緒に堕ちるので無く。
でも、具体的にはどうすれば?
餅さんが消えれば魔の3年は最悪に。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-07-31 21:47:24
たまにまるぞうさんからコメント頂くことがありますが、猫の様にフニャフニャになるときがあります。よくわからんのですがとても暖かくポカポカとしてて訳もなく居心地がよいのです。素直にはい!そうします!といっねしまうんですね。
 
 
 
Unknown (猛獣使い)
2017-08-01 01:58:36
はじめまして。まるぞうさんのブログの読者です。まるぞうさんの記事のお陰でお花畑から目が覚めました。情報は自分で精査しなければならない。最近本当にそう思います。
私は、人生でサイコパスに2人会いました。なかなかダメージを受けましたが、反撃はしませんでした。
そのうちに1人は認知症が酷くなり社長職を解かれ、もう1人は横暴な振る舞いで周囲から人が離れて自滅していきました。残念ながら死人もでましたが。
感謝をする、その考えを知らなければ私が潰れていたかもしれません。
何故かまるぞうさんに聞いていただきたくなって投稿しました。どうもお邪魔いたしました。
 
 
 
支持回復 (Unknown)
2017-08-01 05:46:34
昨日、羽鳥さんの番組で 安倍さんが支持率回復のため、何か冒険を考えているらしい。との話が。
それは何か?
とても気になります。
 
 
 
階層が違うし日本語が通じない人々 (Unknown)
2017-08-01 11:17:07
まるぞうさん、有り難うございます。お仕事の合間にアイディア練って、文字に落とすことは、時間労力の要する至難の作業と思います。でもそのお陰で、なるほどと思うし、お花畑から目覚める一般人が増えますから、有り難い限りです。

さて「大掃除」、面白いです。しかしながら階層、レベルの違うマスコミは、全く興味も疑問も持たないのでは?と懸念します。彼らは自分の脳内にあるワード以外は拒否する民族です。「自ら身を引く」「身の潔白を示す」「日本国籍取得はいつか」これらも他人事でした。ネットでは「おまえがナー」「ブーメラン」とその都度、突っ込まれていますが、ご覧の通り、地上波では一切報道しないので、想定外の大掃除ワードも「理解できないことは無視する」パターンが彼らの行動では?と思います。彼らの中には『Z日は何をやってもセーフの法則』があるようにしか思えません。

かれらのくろ膜は、みソだソそ宇れン、ここでしょうか。この2組織は国内ではツーカーな仲で、結局、一民族の二組織に過ぎないようです。ここがZ日会員リストから、日本の行政、司法、警察、優良企業や団体の幹部に人材を送り込んでいるらしいです。リストでは、次はこのポストにこの人を・・・という風に職種と所属が明記され、いかにもな人を送り込みます。どなたかのコメントに、上下、縦横の強力な組織・・・、とありましたが、その具体的な補足と思ってください。
地方にもよくある、国家免許の団体(医師会や弁護士会、etc)でさえ、新しい役員に、なぜか知らないところからやってきた○○氏が就任、というパターンがあります。
もし読者の皆さんの知る組織の、役員より上に外部から配置された人がいたら、まず怪しんでよいかと思います。(顔や名前から、だいたいZ日系だと判ると思いますが)
通常、組織の役員は、その会で活躍した会員がなるポジションですから、他所から入り込んで、シレッと役職に居座ること自体が異常なことです。これを異常と思わない日本人は、まさに茹でガエルです。「あんた誰やねん!」と思うのが危機意識のある正常な人間の反応です。
 
 
 
単純。 (BARTH)
2017-08-01 13:14:00
アメリカの某、シンクタンク出身ならば、どれほど的確なパターンで人心操作の手口を乱用し、実効支配しているのか?が都知事選挙にも加担したのか?までも、その裏側の意図までも一目瞭然です。

腐れ外道らの実効支配力とは、石(月)の文明(現状逃避、現実逃避、目覚めたくない!生命に帰りたくない!)のが特徴です。


まるぞうさん?
イギリスの一部と、日本人にしか地場とゆう発想も意識もなく、地場を意識できるのは石の文明の特徴なのですよ。


日本国土に、金星と火星から地場の封印をした愚かなる石の文明を持ち込み、実効支配を繰り返してきた狂気とは、真の日本人の目覚めにより、月のモノたちが大生命へと還元されることにより、正常化されます。石の文明(月の砂漠、アトランティス)とは、日本人を日本国土から追い出しましたがね。


地場に、石に自分の魂を塗り込めた堕天とは、すべて丸ごと消去されますから、日本国土を不法占拠を繰り返してきた腐れ外道の血を守る偽りの皇室と天皇の系譜は、根本から崩れさります。

皇恩とは、生かされている原点であり、本当に真から守るべきは、生命と命の進化()なのですから。

現行の皇室が抱え込む、負の因子とは、破滅の病根を直すには、まるぞうさん?生命と命の進化の流れに還元するのが唯一の方法だと思い知るでしょう。

自分の心や魂とは、生命活動、生活行為であり、種族でも血やDNA、遺伝子ではありません。

日本人とは、その当たり前とは、人が、人として生きる、人間としての働きを世界と生命に還元する生活行為ですよ。

月の祭祀のように、神宮や氏神神社、仏閣を建てたり、祈願や祈祷ではありません。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-01 14:27:31
かなり左寄りの家内が先日「メディアっておかしいね」と言ったので驚きました。というのは僕名義のスマホを共有していて僕が保守系のユーチューブをよく見ているのでユーチューブのアプリを開くと保守系の番組が上位にきて見てしまうと。さらに聞くと桜より虎8のほうが笑いがあり分かりやすく面白いと言っていました。僕はエッチなものもたまに見るのでヤバイと思いましたがそれは心配ないみたいです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。