goo

新卒候補生の君たちへ。その7。予兆は必ずある。


 私が学校を卒業して最初に配属されたのは、ある大手電機系メーカーの工場内の設計室でした。いろいろな部品を設計するのですが、自分が描いた図面が製品になるのは喜びでもありました。
 しかしながら自分が設計した部品が市場で故障するということも何度も経験しまし。きちんとテストをして世の中に送り出されているはずなのに、どうして故障してしまうのでしょう。


 実はトラブルが起きる部品は、開発中には必ず予兆があるのでした。
 たとえば後輩くんが私に報告しに来ます。「まるぞうさん、試験結果がNGでした」「え?おかしいなあ。そんなはずはないよ。ちゃんと設計したのに。ねえもう一度テストしてよ。」
 ともう一度試験をしてもらうと果たして今度は問題なくパスします。そうだよね。最初のは後輩君の何かミスだよ。と問題なかった方の試験結果を資料に貼り付けて検査を通してしまいます。しかし市場で出た問題はまさしくその部分でありました。


 あるいは設計中たまたま通りがかった先輩が、「まるぞう君のその部品は◯◯のところを問題ないか確認した方がいいかもね」とチラっと言ったりします。しかしそんなチェックしてたらとても設計の期間に間に合わないし、そんなの設計マニュアルにもないし、直属の上司からはやれと言われてないし、はいはい。と無視していると、やはり市場で問題が出た箇所は、まさしくその先輩がふと話した箇所の部分でした。もし私がきちんと検討していれば。。。


 時は経て、サラリーマン設計者だった私は、今は小さなITのベンチャー会社の経営をしておりますが、お客さんに納入して炎上するプロジェクトも、必ず開発中に予兆があるのでした。社員がふと言っていたことだったり、販売代理店のエンジニアが言っていたことに、全て事前の予兆があったのでした。





 もし私達がそのかすかな「予兆」に耳を傾けることが出来るのであれば、段取リストとしてもう一人前である。と言えるのではないでしょうか。
 そしてその聴き逃しやすい予兆には実は共通点があるのです。


1,予兆はもみ消そうと思えばもみ消せる相手の言葉の中にある。

 後輩君であったり、直属ではない先輩であったり、他社のエンジニアであったり、とにかくその声を聞かなかったことにしても問題ない人の声に隠されています。


2,予兆は、そんな確認はいつもはやっていない。というところにある。

 たとえばあなたが「あの納期大丈夫かな?」とチラッと心配がよぎったとします。この「チラッ」という心配が「予兆」であります。本来であるならその担当者に「納期大丈夫ですか?」と確認の一報をいれるべきであります。
 ただ、いつもはあの人にはそんな確認してないからな。今回だけするのは面倒くさいな。と思い、確認を怠り、結果として納期遅れという事故を防げなくなってしまうかもしれません。
 そう。つまり、そんな確認は普段はやっていないから、今回だけやるのは変だからやめておこう。というところに「予兆」は潜んでいます。いつもはやらない確認であっても、いや、いつもはやらない確認であるからこそ、「チラッ」と不安がよぎったら、それは確認するべきなのです。


3,問題は問題児のところに隠されている。

 長い仕事生活の中では無段取りの人と付き合うことになることも起きるでしょう。そして予兆はこの無段取りの問題児の中に隠されています。なぜか。
 確かに大体8〜9割が無段取りの相手が悪いです。伝え方が悪い。呑み込みが悪い。想定の仕方が悪い。などなど。しかし1〜2割はこちらが悪い点もあるのです。
 もし相手が立派な段取リストであれば、こちらの不手際がすぐ明確になります。しかし相手が無段取りだと、相手の不手際だけに目が言ってしまい、本来自分が確認するべき注意がおろそかになるのです。
問題があった時に、「自分が悪いのでは」と思うところが、すぐに「どうせ今回も無段取りのあいつが悪いんだよ」と思いこんでしまうところに自分の心の隙ができてしまいます。
 本来なら小難で消し止められる火が、大炎上してしまうのは、無段取りの人に対する自分の慢心が原因でありました。



 企業の新人となる皆さんは、仕事のトラブル炎上に関しては、それが結果的に相手の責任か自分の責任かの問題ではなく、それは必ず予兆として自分に知らされていた。ということを知って頂きたいと思います。



以上が私が苦い経験をして得てきた段取リストとしての4つの点でありました。
1,「(相手が)聞いてない」は無いように
2,「(自分が)聞いてない」も無いように
3,三手先を読む
4,予兆は必ずある


 明日はいよいよ「段取リストになるため」のまとめに入ります。



つづく



 ありがとうございます。
本日は大潮ですね。




下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 新卒候補生の... 新卒候補生の... »
 
コメント
 
 
 
現代組織 (Unknown)
2016-10-16 12:27:04
いつも、まるぞうさんの記事は
楽しく拝見させて頂いています。

サイコパスの記事も今回の記事も
体験してきた為、物凄く分かりやすかったです。

しかしながら、実態は
組織って臭いものに蓋、報告しても
それが?何?
上司がしないといけない事もせず
責任は一切とりません。という姿勢。の上司は結構いますよ。
しかし、事が大きくなると
泣いてアピール。なんじゃそりゃ?!
すべてを把握してないと気が済まないくせに、問題に対しては何もせず。
だんだん、報告、相談しても無駄と思わせるテクニックなのか?
上層部へは、自己アピール。上手く行ってますと。

サイコパス
ターゲット決めたら
その人が辞めるか異動するまで
とことん追い詰め
その人がいなくなれば
次のターゲット。
自分の周りを固め、味方をつけるやり方
自分達が辞めさせ、人材不足。
それを、人が足らない、どうにかしろの繰り返し。
上層部はわかっていても対応できず。
もう、何十年も。
やられた人の心の傷は癒される事はあるのかな?…。

労働を守る組織も
守り方が間違ったら大変。
言ったもん勝ち。
そして、本来やらないといけない業務まで、変な転換してしまい
一緒懸命、真面目にやろうとしてる人の足を引っ張る

何が正しくて、何が間違ってるのか?
若いスタッフは
その判断も出来ないまま、
強い人、強い人の言いなりに
なってしまう。

まるぞうさん…
その中でも自分を見失わず
自分のやらないといけない事
目標を持ち続けながら
働く人って、凄いですね。
 
 
 
善玉菌の道。 (真実一路)
2016-10-16 15:01:54
あらゆる組織は、まるで人体 "腸内フローラ" ね。。。

善玉菌が、少数&力弱けりゃ、悪玉菌が"波場(幅)" 利かせ……、

善玉菌が、多数&力強けりゃ、駆逐され変容せざるをえない悪玉菌。

世界の中の日本、日本の中の"日本人"‥ の 写し鏡ね……

悶々としてる場合じゃないよ∞。新人類はきっと [善玉菌界からの使者] なりョ。

瀬戸際の今、、、ブレイク・スルー(変容突破)の創造に 翔てみたいと思いませんか?

奥底に眠っている "魂の目的" を 興す時が来たと思うョ‥(何故、今の時代にわざわざ生まれてきたと思う?)

冷静に 中庸道(神様の正中線に通じる人の道)を進めば、きっと神様が見守っててくれる事に 気づくョ。。。

絵空事なんかじゃないからね〜 & 善玉菌の正念場だよ〜
 
 
 
予兆 (うさぎのロン)
2016-10-16 19:25:52
予兆…まるぞうさん、今日も大事な示唆をありがとうございます。そうですね。気にせずに過ぎてしまいそうな予兆程見逃してはいけないのですね。
 今回のシリーズが、継続する中で電通の事件は過労死についても抜き打ち調査が入ったり、鬼十則なる社訓の存在が出てきたりしています。会社の膿みが出る事でご本人様やご遺族様の鎮魂になることを祈らずにはいられません。
 日経の記事ですが、一昨年12月に旧本社ビルを売却し241億円の売上計上し、その一月後に300人の早期退職をさせています。天下の電通もお金が無かったのでしょうね。この時点でマンパワーに無理があったのでしょう。まるぞうさんが、大きな会社でないから良いとされる点は、ここにもあるように思います。 
 でも、予兆が察知出来るようになるのは難しいですね。
 
 
 
 
Unknown (ミミロル)
2016-10-16 19:26:17
明日の記事が楽しみです。
 
 
 
Unknown (バカボン)
2016-10-16 21:20:33
まるぞうさん、いつも有難うございます。
今、NHKで人類が今迄経験した事がない事態になっているそうです。資本主義が崩壊するそうです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。