goo

未来のエネルギー技術。前編。


日本のエネルギー技術

==========
メタンハイドレートからガス採取 4年ぶり成功

2017/05/04
資源エネルギー庁は、日本の近海に分布する、天然ガスと水が結びついたメタンハイドレートについて、4年ぶりにガスの取り出しに成功したと発表しました。
・・・
メタンハイドレートは、天然ガスと水が結びついてシャーベットのような状態になった天然資源で、日本近海に広く分布していると見られ、純国産のエネルギーとして実用化が期待されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970831000.html
==========

 メタンハイドレートが実用化されると日本は資源国家になると期待されています。そしてメタンハイドレートと共に、日本のエネルギー問題を解決すると言われているのが核融合です。こちらもつい先日朗報がありました。

==========
1億度超えるプラズマ生成 核融合研、発電実現へ前進

2017/04/21
物質同士が融合する核融合反応で生じるエネルギーを利用した発電の実現を目指す自然科学研究機構核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は21日、実用化に必要とされる1億2千万度に近づく、1億度を超える高温のプラズマを作り出すことに成功したと発表した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H0Z_S7A420C1000000/
==========

 核融合とは今私達が使っている核分裂の原発に比べてはるかに大きなメリットがあると言われています。

1,原料がウランやプルトニウムという希少鉱物ではなく、海水からとれる水素(トリチウム)である。

2,核融合は暴走しない。福島の核分裂原発は非常電源がなくなることで暴走しメルトダウンしました。核融合は核分裂とは逆ですから、電源がなくなると放置するとたちまち停止してしまうので、安全と言われています。

3,核分裂原発と異なり核融合は高放射性廃棄物は出ません。したがって六ケ所村のように「廃棄の目処が立たないのにとりあえず誤魔化して置いておきます。」ということが不要です。



 しかしメタンハイドレートも核融合も巨額の予算を投じられて研究開発を進めることが許されているということは、逆説的にそれはまだまだ実用化にほど遠いということの証であります。残念ながら。
 なぜならもし実用化に近い技術なのであれば、エネルギーを牛耳っている世界の支配層がその研究を許さないと私は妄想しています。そう、それはSTAP細胞のように既得権を脅かす技術は抹殺されることになる。なんちゃって。



ひょっとしたら世界を変える? 町工場の発明。

 しかしひょっとしたら本物のエネルギー技術かもしれないという技術が東京大田区の町工場で発明されたと一時期ネットで話題になりました。これは酸素と水素の混合ガスですが水から電解する時に低周波をかけながら行うため、水分子と酸素分子がそれぞれクラスター状になったガスとなります。このガスを燃焼させると当然水素と酸素なので爆発して水に戻るのですが、その時のエネルギーが、このガスを生成する時に投入される5倍になるということです。

 簡単に言うと投入したエネルギーより取り出すエネルギーの方が多いのです。これはエネルギー保存の法則からはあり得ないので、おそらく常温核融合のような原子核から転移されるエネルギーが使われているのかもしれません。

 もしこの技術が本物であれば、エネルギー資源としての石油は不要となります。もちろんメタンハイドレートも核融合炉も。一家に一台、会社に一台。洗濯機ぐらいの大きさのオオマサガス発生機があれば、水からエネルギーを取り出すことができます。

 しかしもしこの技術が本当であれば、現代のこの社会では巨大エネルギー利権業界によって潰されることでしょう。あのSTAP細胞のように。

 このオオマサガスを発明したのは、80近い高齢経営者です。小さなメッキ町工場であります。したがって経産省は実用化の許可を与えずそのまま飼い殺しにするつもりなのかもしれませんね。

酸水素ガス


2011年前後に一時マスコミに取り上げられましたが、その後ぱたっと封印されたかの如くです。以前水からエネルギーを生む生む詐欺の技術がありましたが、このオオマサガスは詐欺のうさんくささが感じられません。どちらかというと商売下手な職人魂。だからこの社長は暗殺されずにまだご存命なのかもしれまえん。



未来のエネルギー技術とは。

 このガスが本物かどうかはわかりませんが、もしここ数十年の間に本当のエネルギー革命が人類に出現するとしたら、このオオマサガスと共通点があると思います。



1,職人のひらめき

 今回のオオマサガスは元々はメッキの設備を開発する過程の副産物でした。職人である社長が心血を注いだ結果、机上の理論を越えたところから生み出されたのでした。

 日本では道を極めた職人が、机上の理論を超える現実を創りだすことが普通にある国でありました。今回のオオマサガスもまたそんな職人魂が産んだ奇跡の技術かもしれません。



2,実現化するとごくごく自然

 この宇宙からエネルギーを取り出す技術は、国家予算何兆円もかかる大きなプロジェクトではなく、もっと小規模で可能である技術となると思います。

 もしそれが実現された未来を私達が見ると、本当に「そんな簡単な装置でエネルギーが無尽蔵に取り出せるの?」と驚くことでしょう。技術が世界を変えるというのはこういうことです。



 オオマサガスはまさにそのような技術に思えます。
 水に電気を流して水素と酸素に分解するという小学生でも知っている技術であるのだけれど、電気分解時に低周波によるマイクロナノバブル状の水素ガスでも酸素ガスでもない結合クラスター構造のガスとするだけ。この電気分解時の振動による共鳴作用が、クラスターガスを高いエネルギー位置に移動させるのかもしれません。



 人類の文明が大きく変わるとき、このようなエネルギーに関する技術の封印も一斉に解け、何でこんなアタリマエの現象に何千年も人類は気が付かなかったんだろう。という未来になるかもしれませんね。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )
« 法則。 未来のエネル... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (しづか)
2017-05-06 12:37:05
まるぞうさん、こんにちは。いつも興味深く記事を読ませていただいています。今日のような記事を時々目にしますが、悲しいことですね。地球や人類にとってよいことを研究したり開発したりがんばっている人たちが、一部の利権既得者によって潰されていくというのは。領民がどんなに社会のためになることをがんばっても、潰されていくのであれば、やはり、人類は滅亡へ向かっていくしかないのでしょうか。そんなことを考えて、きょうは少々悲しくなりました。ありがとうございました。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-06 12:55:08
陰謀論では、もうすでにフリーエネルギーは見付かっていると言ってましたね。私もメタンハイドレートのニュースを見ましたが、これが潰されなきゃいいなと思いました。とくにここ数年問題が出てきてるソーラー発電は廃れていくのかな。プラスチックや化粧品、洗剤にも石油由来物質が使われていますが、そのうちその分野でも代替品が見つかるのでしょう。プラスチック製品には大麻樹脂が代用でき、しかも廃棄しても自然に返るといわれてます。
そういえば、青山〇晴氏がメタンハイドレートのエネルギー活用を推進すべく議員になられたという動画の中で語られていました。日本が良くなっていくようにとの思いが感じられました。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-05-06 16:36:18
日本の技術がまたしても国やマスゴミや海外の利権屋によって潰されないかと思ってしまいます。新しい発明・発見は既得利権集団によってこれまでも何度も潰されてきたり、奪われてきたりした経緯があります。また、スパイがその技術を盗んだり、会社ごと乗っ取ってしまったりと、日本人はその脇の甘さに気をつけるべきであると思います。日本を支配するものは世界を支配することと同じであります。
 
 
 
切れ目からわんさか。 (ハルカ)
2017-05-06 20:47:21
今年は色々動き始めると本家に書かれてあったような。
世界情勢だけでなく自然も、埋もれた技術もダムの放水のように溢れ出てきてるかのようです。

我が国も晴天と嵐が交互にやってくる時代に入ったんだと感じます。
そういう中を行動し、楽しめば漫画もドラマもVRも必要ない。
だって一番面白いのは自分自身の人生だからです。
主人公になると決めるか、エキストラとして振り回されるのか、我々は自由に決められます。
 
 
 
凄いですね。 (Unknown)
2017-05-06 21:12:05
ルール次第で、出るか出ないかなのでしょうね?。見えない形の戦争ですね。人類のルールとおかみのルール。
永遠の欲望との戦いは、尽きることがなく、従うことでしか生きれない。結局は天を動かす事でしか生き残れないと思いました。人間同士でもエネルギー問題があるし。奪うものは奪われるもの。エネルギーの性質に未来をイメージしますね。アメリカ次第ですね。勝つことは負ける事より幼い。と僕は思考します。
未来は誰のために在るのか。太陽と地球に訪ねたい。きっと………。
 
 
 
エエチェンコ. (Unknown)
2017-05-06 21:57:47
禁断の技術なんですね。また、色々、不思議な事も気になります。
 
 
 
無題 (Unknown)
2017-05-07 08:30:19
この記事を拝見して思ったのですが、もしかして日本人の生み出す、人類にも自然にも負担が掛からないエネルギーを開発、実用化を世界の巨大利権グループが潰しにかかる時、自然界から鉄槌(巨大隕石、自然の大災害)が起きるんじゃないかと思いました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。