goo

ヨーロッパから距離を置くアメリカ。


==========
トランプ氏、パリ協定離脱を正式表明「米国に不利益」
2017/6/2 4:47

 【ニューヨーク=清水石珠実】トランプ米大統領は1日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると正式表明した。ホワイトハウスのローズガーデンで開いた会見で、トランプ氏はパリ協定が「米国にとって不利益になっている」と語り、米経済の重荷になっていることを離脱の理由に挙げた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN01H1V_R00C17A6000000/
==========


 アメリカがパリ協定を正式に脱退したということは、私達一般日本人が思うよりずっと大きな歴史的転換点になるかもしれません。



しつこいようですがもう一度おさらい

 人間が出す二酸化炭素が地球温暖化の原因になっているというのは、21世紀の人類が信じている壮大なデマの一つであります。とニュースのたびに私が言うので家族は「もうその話飽きた。あんた以外にそんなこと言っている人いない。」と言われてしまうので、最近は家庭内でも話題にすることを控えることといたします。

 地球温暖化研究で世界で一番権威のあるIPCCの報告書においても、第4次報告書の第1作業部会報告書の原本の第6章の「6.4.1氷河期-間氷期サイクルにおける気候強制力と応答」では、
==========
・・・最後の42万年にわたるCO2の変動は広範囲にわたって、典型的には数世紀から1000年の差で南極の気温の後を追っている(Mudelsee, 2001)。氷河後退期(完全な氷河期の状態から温暖な間氷期への移行期)の気候強制力と応答の連鎖はよく証拠が残っている。氷河後退期の気温代替物(重水素変動(δD))とCO2の高分解能氷床コアの記録は、南極の気温がCO2より数百年前に上昇を始めていることを示している
==========

 このように地球温暖化が始まってから数百年後に二酸化炭素が増えている。と述べられております。
 わかりやすく言うと、二酸化炭素が増えて温室効果ガスで南極の気温が上がったのではなく、何らかの理由で南極の気温が上がった結果、おそらく海水の温度が上がるなどの理由で、二酸化炭素が増加した。ということです。



 さてアメリカは地球の異常気象についてはかなり前から研究が進んでいるようです。地球が温暖化していることと、それによる異常気象。そしてその後の急激な寒冷化。そのような予想も立てられていると言われています。
 そしてその原因は、人間が排出する二酸化炭素などではなく、太陽活動とそれに呼応した地球内部の温度上昇であるところまで突き止めている。ように思われます。



パリ協定脱退が意味する深い対立

 さて今回のアメリカのパリ協定脱退が意味するところは、一重にお金の問題です。
 なぜ地球温暖化の原因が、人間の排出する二酸化炭素のせいにする茶番が広められたかというと、それを理由にお金を集めやすいからです。そういう国際的な金儲けの枠組みを作るのが得意な人たちが伝統的にいるのです。

 そして今回のパリ協定とは、二酸化炭素排出量の多いアメリカ国家が、彼らに莫大なお金を供出する。ということであり、今回の脱退とは、トランプ政権が「お前たちにお金を出すことはやめたよ〜ん。」という意味なのでありました。

 私達は世界の経済を牛耳るグループ二つが対立していることを、このようなニュースで間接的に知ることができます。

 つまり今回の「脱退宣言」は、アメリカの経済牛耳グループが、ヨーロッパの経済牛耳グループに宣戦布告したようにも思えます。
 今回のイタリアG7では、ヨーロッパ牛耳グループからトランプ大統領に直接交渉があったかもしれません。お互い上手くやっていくために、アメリカもお金出してね。と。
 しかし帰国した大統領が出した結論は「NO」であったということです。

 これとは対照的に、中国は「パリ協定を重んじますよ」と宣言しています。アメリカが欧州離れをするのに呼応して、中国が欧州との結びつきを強めると宣言しています。先の一帯一路政策と同様、反アメリカを基軸に、中国は欧州との結びつきを強めるチャンスと見ているように思われます。
 ただ中国が温暖化対策に彼らにお金を貢ぐというのは、ドルという外貨で払うのではなく、人民元を刷って当てるというようなトリックがあるかもしれません。キツネとタヌキのバカ仕合いかも。

 欧州牛耳るブループ「なんや、ドルかユーロで払うかと思うたら、毛沢東の葉っぱやないけ」



==========
米大統領、NATOの集団防衛支持を表明せず
加盟国に国防費増額を要求

【ブリュッセル】
北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議に出席するためブリュッセル入りしたドナルド・トランプ米大統領は25日、NATO主催の式典で演説し、
NATOの北大西洋条約の中核をなす集団的自衛権条項への支持表明を控える一方で、加盟各国に対し国防費の増額を強く要求した。

加盟国への攻撃を同盟全体への攻撃とみなす集団的自衛権を規定した北大西洋条約第5条への支持をトランプ氏が明確に示さなかったことに、
欧州各国の外交官は困惑し、昨年の米大統領選中に高まった米欧間の緊張が再燃した形となった。

http://jp.wsj.com/articles/SB11885244261179044396204583168100702819668
==========

日本に対する態度とは180°正反対。手のひらを返すアメリカ

 アメリカは日本に対しては「集団的自衛権の行使」を希望しておりましたが、逆にヨーロッパに対しては「もうお前たちには関わらない方針と考えているんだけど」とトランプ氏は意思表明をしました。

 今後欧州NATOの加盟国が、たとえば中東やアフリカに派兵することがあっても、たとえばロシアと軍事対立することがあっても、アメリカは多分引きづられて参戦することはないかも。と言っています。
 しかし会費だけはきちっとアメリカに払ってね。と言っています。


 トランプ氏の今回の欧州訪問は、経済的にも安全保障上的にも、アメリカはヨーロッパと距離を置きます。と宣言した旅でありました。
 トランプ政権が日本に対して距離を詰めて来ているのとは対照的です。


==========
米英はもう頼りにできない、メルケル独首相が警告

【AFP=時事】アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相は28日、ドイツ南部ミュンヘン(Munich)での選挙集会で、
英国の欧州連合(EU)離脱やドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の就任で欧米の同盟関係に亀裂が走る中、
欧州は「その運命を自ら握らねばならない」と訴えた。
・・・
 メルケル首相は、27日までイタリアで開催されていた先進7か国(G7)首脳会議(サミット)から帰国したばかり。サミットでは温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(Paris Agreement)」をめぐり、米国とその他6か国の意見が対立し、合意に至らなかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13127833/
==========



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« ボク、運命の... 大地に還る。 »
 
コメント
 
 
 
綺麗ごとには「うんざり」。。。ですね。 (Unknown)
2017-06-02 11:50:01
どんな人間でも「ウンコ」もすれば鼻水もたらす。
貧すれば鈍する。人権もほどほどに。明日食べられるかどうかの人間には。。。。。。。
 
 
 
葉っぱやないけ、が面白くて (Unknown)
2017-06-02 12:04:20
紙幣をそんな風に表現することがあるんですね、結構乱暴な感じですが。最近テレビのニュースを殆ど見なくなってますが、何となく頭スッキリしています。あんな偏向報道に付き合ってられないという気分です。ドキュメンタリー系も胡散臭いし、あんまり酷いとテレビに向かってツッコミ入れてしまいます。自分だけで情報を入手しようとすると、直ぐに限界がくるので、まるぞうさん情報は本当に貴重です~。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-02 12:17:24
こんにちは。いつもブログをありがとうございます。
少し前のお話になりますが、都知事選挙で小池さんの選挙カー周囲のお写真を何枚か掲載されていましたよね。一目みて、必ず近くにいる気になる人がいました。一般の方でしょうが、今、思えば共産党の女性ではなかったかとふと気付きました。
 
 
 
如来さま以外にへこたれない人なんていない (Unknown)
2017-06-02 14:37:45
お互い様です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-02 18:19:10
下記は旧約聖書ダニエル書の記述;-
11:40 終の時にいたりて南の王彼と戰はん北の王は車と馬と衆多の船をもて大風のごとく之に攻寄せ國に打いりて潮のごとく溢れ渉らん
11:41 彼はまた美しき國に進み入ん彼のために亡ぶる者多かるべし然どエドム、モアブ、アンモン人の中の第一なる者などは彼の手を免かれん
11:42 彼國々にその手を伸さんエジプトの地も免かれがたし
11:43 彼は遂にエジプトの金銀財寳を手に入れんリブア人とエテオピア人は彼の後に從はん
11:44 彼東と北より報知を得て周章ふためき許多の人を滅し絶んと大に忿りて出ゆかん
11:45 彼は海の間において美しき聖山に天幕の宮殿をしつらはん然ど彼つひにその終にいたらん之を助くる者な
かるべし

 もっと前の方から見て行くとどうやらここに言う【北の王】とはキリスト教のローマ(帝国から東西に分裂して中心勢力は交替しつつも勢力は維持してアメリカにまで至る)即ち欧米。【南の王】とはギリシャ(プトレマイオス、セレウコス等を経てサラセン帝国、イスラム文化圏)。
 知っての通り欧米の文化的影響、経済的圧迫で【アラブの春、エジプトの崩壊】を経てこの勢力圏は今や大混乱の中にある。一方欧州も移民、難民で危機に瀕している。つまり間もなく『北の王は倒れる』
 その北の王の代表アメリカは『東と北からの報せに驚いて』軸足を西太平洋海に移した。これまた知っての通り。且つシナ、北朝鮮包囲の【大いなる天幕】をしつらえ【麗しき聖山(日本)】に接近する。今は消極的になったがTPPとその内実の軍事的包囲網。

続いて12章:-
12:1 その時汝の民の人々のために立ところの大なる君ミカエル起あがらん是艱難の時なり國ありてより以來その時にいたるまで斯る艱難ありし事なかるべしその時汝の民は救はれん即ち書にしるされたる者はみな救はれん

地中海で、サハラで、難民が遭難した姿、ギリシャ、イタリア、ハンガリー、ドイツ等を放浪する難民、子供達の悲惨な姿、核をオモチャに捻くりまわす狂犬ブタ電話を見ると『是艱難の時なり國ありてより以來その時にいたるまで斯る艱難ありし事なかるべし』がウソでないことが判る。
 ともあれ、鉄の結束であったローマが分裂崩壊を始めた。東ローマのロシアは既に離れ、今また英米が離れる!聖書は言う『誰も助ける者は居ない』

 そうです、70年前にこのローマに衝突した石があった。それによって彼らは食邑を失ってその時から衰退は始まっていた。

 その石がやがて全地に満ちる。最も早く日本化するのはアメリカかもしれない。続いて欧州。シナ共産党、半島亜人等は聖書を見て居ると地球から追い出されるのではないかな?との感じがする。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-02 19:00:20
欧州のメディアや日本の大新聞は大陸の環境破壊や人権侵害や南シナ海は知っていて知らないフリをしています。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-03 01:45:13
地球温暖化(という方便)があったからこそ人類は低炭素社会実現(これも方便か?)に向けてLED、EV車などが生まれたというのも有りますよね。
ゴミの分別というのもそうなのかな?
アメリカが離脱するということは欧州と距離を置く話とは別に何か秘策(フリーエネルギー、ゴミを原子レベルまでに分解する技術等の公開)でもあるのかなと裏読みしたくなりますね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-03 08:26:38
パリ協定を米国が離脱するということが、欧州経済牛耳るグループに宣戦布告の意味に捉えられるということは、
アメリカ ファーストを宣言するトランプさんには当然の判断とも言えますね。
ここへきて、今まで、CO2排出基準を守ろうとしなかった中国がパリ協定を遵守するとは。中国は、一路一帯経済を目指しているから、欧州経済牛耳るグループの方なのか…。何か、世界のグループ分けに入っているような…。安部さんでなかったら、日本は乗り切れなかったですね。
麻生さん、米国をそこまでの国とか言って非難してる様にも取れる発言してるけど、今、米国と距離を置いちゃいけないのは一番分かってる人だと思ってるんだけど。
 
 
 
まるぞうさん、どう思われますか? (Unknown)
2017-06-03 08:41:19
最近、マンガの太平記を借りて読んでました。
住まいが鎌倉に近いので感謝想起しながら、たくさんのお寺を5月に3度足を運んでまわっておりました。
ネットで改めて調べていたら、自宅すぐの王子神社は護良親王をお祭りしていて、近くに首洗い井戸もあったんです。鎌倉の妙法寺にも南の方と子どもの墓と山の上に護良親王のお墓がありましたし、甲府の方にのがれて、岩船神社としてミイラがあるともあります。
そして、太平記の中で
紀伊の国の野長瀬兄弟が夢見で老松という童から「宮が危険な目にあうので助けて欲しい」と告げられたと語り、不思議に思い宮が肌身につけた北野天神のお守りをみると老松明神の足に土がついていた。
とありましたので調べてみようと 野長瀬兄弟 で検索しましたら、なんと! 現代の野長瀬兄弟がいらっしゃったようでして、南方熊楠さんとの繋がりがあったんです。
野長瀬兄弟 で検索して上から2つ目の
野長瀬兄弟の画像の緑色のがそれになります。
南方熊楠顕彰館で2014年に
第39回月例展「野長瀬忠男・弘男(晩花)兄弟」
があった模様です。

なにか転写のような不思議なきがするんです。
あと、戸塚には古代のポイントがあるとのことなんですが、富塚八幡宮・古墳あります。東峯八幡宮、増威八幡社は古い創建らしく、これからまた調べてみようかとおもいます。
長々すみませんでした。
どこに吐き出したらた思案してまるぞうさんだ!
と勝手に思い書きました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。