goo

職場。精神の健康。その4。幸運。


 先輩のいる大企業では精神を病む人が増えていると言います。うむ〜。パワハラセクハラの上司によるブラック企業であれば、心を病む社員が増えるというのならまだ理屈は通ります。しかしあの会社はいまやホワイトの権化でありました。どんなに仕事ができなくても、一度就職すると定年まで給料が貰えます。無理な残業もありません。みんな決められた時間に出社して決められた時間に退社します。

 もちろん花形部署は仕事はキツいようです。しかしそうではない閑職に回されてから精神のバランスを崩す人が多いと言います。うむ〜。


■ハングリー環境が生命力の秘密

 我々には「長生き遺伝子(サーチュイン遺伝子)」というものがあるそうです。この遺伝子が活性化すると細胞が若返るそうです。誰もが持つこの「長生き遺伝子」がONになるには、一つの条件があるそうです。それは何か。
 それはハングリーであることなのです。
 身体がいつも満腹だと、肉体は老化していくのでした。しかしお腹空いた〜という飢餓状態が身体に生じると「長生き遺伝子」が活性化して、身体は若返るのです。

 これは身体だけではなく、精神にも言えるように思います。つまり肉体のバランスを正常に保つには、適度な「ハングリー状態」が必要なのです。同じように、精神のバランスが正常に保たれるには、やはり精神的にも「ハングリーな状態」が必要であるということです。



 仕事の成果をあげなくても、タイムカードさえ押せば定年まで給料を貰える仕事は、誰しも羨ましいと思うかもしれませんが、実は「ハングリーさの欠如」は、その人の精神のバランスを崩しやすい環境となっていくのでした。


■人が思い出すこと〜宿題

 私達はきっとそれぞれの人生を始める前に、自分がその人生で解決したい宿題があったのではないかと思います。
 それは、もっと自分の内面の声を大切にして生きたい。とか、もっと謙虚に丁寧に生きたい。とか、人の陰にまわって人を助ける人生を生きたい。とかとか。とかとか。

 しかしそういう自分に課した宿題を実現できない生き方をするようになってしまうと、内側の心が警鐘を発して、それにより精神のバランスが徐々に崩れていくという人が存在するのかもしれません。逆にそういう人は良心の声が強い人であると言えるかもしれません。



■幸運

 もちろん犯罪行為や暴力行為のセクハラ・パワハラからは私達は自分の心と身体、家族を守る義務があります。しかしそうではない場合、たいてい厳しい職場環境とは、自分の精神のバランスを保つのに自分に丁度良い「ハングリーさ」を与えてくれているように思います。

 周囲の問題だと思っていたことは、実は全て自分の内側の問題でありました。自分の内側の課題が、丁度よく外側に起きる問題として私達に鏡のように見せてくれていたのでした。

 だからどんな仕事であっても、外の評価に右往左往しそうな時は、自分が内面の心(良心)に忠実かどうかが、その人を救います。
 同じように自分一人の損得ではなく、自分に関わる人たちを助けてあげたいという覚悟が、その人を救います。
 ふむう。なるほどね〜。



このシリーズ終わり



 ありがとうございます。
※本日は新月週間ですね。




下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« 職場。精神の... 思い出すこと... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-29 11:47:13
いつも読ませていただいていますありがとうございます。私ももしかしたら長生き遺伝子が発動しちゃったかもしれないです。必要に迫られ午前中は掃除屋午後はヘルパーしています。死ぬまで働く覚悟だし働かなければ食べていけません。でも60過ぎて二つの仕事が楽しいです。疲れても一晩寝ると回復します。40代の頃より元気のような気がします。
 
 
 
Unknown (最初はみみ)
2016-10-29 12:22:24
最後から6行目から8行目。
本当にその通りですね。今、正にそんな真っ只中です。
そして、最後の文面、自分に関わる人たちを助けてあげたい覚悟。これですよね。
似ていて微妙に違う部分に力が入ろうとすると、鏡が映し教えてくれます~。
自分を見つめる、大切ですね。。
なんのために生きるのか、仕事するのか。
人をおもうのか。
では、昼休み終りで行ってきますです。
 
 
 
いつもありがとうございます。 (nam)
2016-10-29 13:10:41
いつもためになるお話をありがとうございます。
これからも、残り少ないサラリーマン人生を縁の下の力持ちになれるよう益々精進して生きたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
 
 
 
ありがとうございます。 (事実一路)
2016-10-29 13:29:51
精神の健康シリーズは、本当に重要だと思います。
このシリーズでは、現役舞台でのお話しが主でしたが、、、この先社会がAI・ロボット化した場合や、、特に仕事一本ヤリで自分のアイデンティテーを保ってこられた男性がリタイアの場合、、 何で自分を満たしたらよいのか‥で シボンでしまわれるようです。認知症などは、その延長上にあるように見受けられます。

このような対策として、若い現役世代のうちから、"内面の人生の意義哲学"のようなものを見つけて 自分にしっかり馴染ませておき、仕事上でも人間関係上でも それがまずありきで臨むと安心の境地に包まれるように思いす。

その場合、何に意義を見いだすかは、例えば"神様との直の対話"に主眼を置かれると最強に力が湧いてきたりします。人様だけを対象にすると、相手の心変わりやら 離別が来るからです、必ず。。。神様なら、一人ぼっちになったとしても大丈夫(*^^*)
これも又ひとつの「最悪の想定」でありま〜すm(_ _)m
 
 
 
どなたか教えてください。 (げんた)
2016-10-29 14:26:32
突然で申し訳ありませんが、9/30を最後にまるぞうさんからの防災意識リマインダーメールが受信できなくなってました。

ブログ記事最後の、詳しくはこちら。のリンクに飛んでも受信の仕方がわかりません。
どなたか詳しい方教えていただけませんでしょうか?
当方、ガラケーです。
最近受信しないなーとのんきにしてました。
宜しくお願いします。(;;)
 
 
 
Unknown (田舎のおばさん)
2016-10-29 15:19:39
自分が内面の心(良心)に忠実かどうかが、その人を救います。

はい。

今日も更新していただき ありがとうございます。
 
 
 
げんたさんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2016-10-30 00:32:51
ご連絡が遅くなって申し訳ありません。メール配信に利用していた「メルモ」のサービスが終了してしまったので、残念ながらメール配信が出来なくなっています。今はtwitterでの配信だけです。他の方法を考えてみます。
 
 
 
Unknown (げんた)
2016-10-30 11:38:21
まるぞうさん、ありがとうございます。
そうでしたか、メール配信サービスが終わってたのですね。他の方法を考えていただけるなんてありがたいです。
でも、お忙しいので無理はされないで下さいね。
カレンダーを見て自力で防災意識致します。
もしもガラケーでもまた利用出来るときが来たらそのときはお願いしたいと思います。
記事は毎回楽しみに拝読させて頂いています。
お返事ありがとうございました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。